Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

Kubernetes で実践するクラウドネイティブ DevOps / Cloud Native DevOps with Kubernetes (DevOps, CloudNative and GitOps)

Kubernetes で実践するクラウドネイティブ DevOps / Cloud Native DevOps with Kubernetes (DevOps, CloudNative and GitOps)

コンテナと Kubernetes の到来によりソフトウェアをデプロイおよび運用する方法は大きく変わりました。ソフトウェアはコンテナ化された分散システムとなり、Kubernetes(または類似の基盤)の上で自動化を通じて動的に管理されるものになっています。そうしたアプリケーションを開発し、本番(プロダクション)に高頻度でデプロイしながらも安定した運用を実現することが今求められています。

本セッションでは Kubernetes でのアプリケーションの開発、デプロイにおける継続的インテグレーションや継続的デプロイから、運用、監視におけるメトリクスやオブザーバビリティまで DevOps のプラクティスを実践する方法と具体的に利用できるツールを紹介します。

OpenShift Meetup Tokyo #9 - DevOps/GitOps編 (2020/5/29) https://openshift.connpass.com/event/174426/

Kazuki Suda

May 29, 2020
Tweet

More Decks by Kazuki Suda

Other Decks in Technology

Transcript

  1. @superbrothers
    OpenShift Meetup Tokyo #9 - DevOps/GitOps 編 (2020/05/29)
    Kubernetes で実践する
    クラウドネイティブ DevOps

    View full-size slide

  2. @superbrothers
    Kazuki Suda / @superbrothers
    ▶ ソフトウェアエンジニア
    ▶ Kubernetes Meetup Tokyo, Prometheus Meetup Tokyo ほか、共同主催者
    ▶ CNCF Ambassador
    ▶ 「Kubernetes実践⼊⾨」、「みんなのDocker/Kubernetes」共著書
    ▶ 「⼊⾨ Prometheus」、「Kubernetes で実践するクラウドネイティブ DevOps」監訳書
    2

    View full-size slide

  3. @superbrothers
    Kubernetesが標準プラットフォームである
    クラウドネイティブの世界でアプリケーションを開発
    し運⽤する⽅法を解説する書籍です。Kubernetesの
    基本から、継続的デプロイ、機密情報管理、
    オブザーバビリティなどの⾼度なトピックを扱う本書
    は、サーバ、アプリケーション、サービスを管理する
    IT運⽤者、クラウドネイティブサービスの構築や
    移⾏を⾏う開発者必携の⼀冊です。
    3
    https://www.oreilly.co.jp/books/9784873119014/

    View full-size slide

  4. @superbrothers
    アジェンダ
    1. DevOps とクラウドネイティブ
    2. GitOps: クラウドネイティブな継続的デリバリの実践
    3. 実践 GitOps
    4

    View full-size slide

  5. @superbrothers
    DevOps とクラウドネイティブ

    View full-size slide

  6. @superbrothers
    旧来の開発と運⽤
    ▶ ソフトウェアの開発と運⽤は本質的に2種類の異なる仕事
    + 開発者(Dev)の職責: ソフトウェアを実装する
    + 運⽤者(Ops)の職責: 現実のユーザがソフトウェアを利⽤できるようにする
    ▶ 2つの部⾨は⽬標や動機が⼤きく異なっており、対⽴することが少なくない
    + 開発者(Dev)の⽬標: 新しい機能をできるだけ早くリリースしたい
    + 運⽤者(Ops)の⽬標: サービスの⻑期的な安定性や信頼性を実現したい
    6

    View full-size slide

  7. @superbrothers
    DevOps の夜明け
    ▶ クラウドの登場
    + システムの運⽤に必要となる専⾨事項をシステムの設計、アーキテクチャ、実装から切り離し
    て考えることが容易ではなくなってきた
    ▶ システムは⾃分のソフトウェアだけでは成り⽴たない
    + クラウドサービス、ネットワークリソース、ロードバランサ、ファイアウォール、DNS など幅
    広い要素で構成される上、これらすべてが緊密に相互作⽤され、相互に依存し合っている
    いかに早く成果をユーザに届けフィードバックを得られるかがビジネスの成功を左右する。
    ⼀⽅で、ユーザは信頼性の⾼い安定したサービス提供で望んでいる。
    7

    View full-size slide

  8. @superbrothers
    開発(Dev)と運⽤(Ops)がコラボレーションして理解を共有し、システムの信頼性と
    ソフトウェアの正確性に関する責任を共有するとともに、ソフトウェアシステムとそれを構築する
    ⼈々のチームとのどちらについても拡張性を改善する⽂化であり、協⼒的な取り組み
    DevOps: 開発と運⽤がともに学ぶ
    8
    開発(Dev) 運⽤(Ops)

    View full-size slide

  9. @superbrothers
    DevOps がもたらすもの
    ⾼い品質を確保しつつ、システムへの変更をコミットしてから通常の運⽤に移るまでの時間を
    短縮することを⽬的とした⼀連のプラクティス
    ▶ ⾃動化・セルフサービス化された信頼性の⾼いインフラやツール
    ▶ 開発から運⽤までエンドツーエンドで⽀える CI/CD パイプライン
    ▶ 継続的な学びや素早いリカバリにつながるフィードバックループ
    ▶ モダンな開発⼿法をインフラに取り⼊れた Infrastructure as Code
    ▶ 開発者のコードがインフラにおよぼす影響の把握
    ▶ 本番環境におけるモニタリングやトラブルシューティング
    9

    View full-size slide

  10. @superbrothers
    クラウドネイティブ / Cloud Native
    クラウドネイティブ技術は、パブリッククラウド、プライベートクラウド、ハイブリッドクラウド
    などの近代的でダイナミックな環境において、スケーラブルなアプリケーションを構築および実⾏
    するための能⼒を組織にもたらします。 このアプローチの代表例に、コンテナ、サービスメッ
    シュ、マイクロサービス、イミュータブルインフラストラクチャ、および宣⾔型APIがあります。
    これらの⼿法により、回復性、管理⼒、および可観測性のある疎結合システムが実現します。 これ
    らを堅牢な⾃動化と組み合わせることで、エンジニアはインパクトのある変更を最⼩限の労⼒で頻
    繁かつ予測どおりに⾏うことができます。
    Cloud Native Computing Foundationは、オープンソースでベンダー中⽴プロジェクトのエコシステ
    ムを育成・維持して、このパラダイムの採⽤を促進したいと考えてます。 私たちは最先端のパター
    ンを⺠主化し、これらのイノベーションを誰もが利⽤できるようにします。
    10

    CNCF Cloud Native Definition v1.0 / https://github.com/cncf/toc/blob/master/DEFINITION.md

    View full-size slide

  11. @superbrothers
    こういった専⾨⽤語の例に漏れず⼈により定義は異なるが、ほとんどの⼈に同意してもらえるだろう
    クラウドネイティブなシステムの特性は次のとおりです。
    11
    ⾃動化可能 アプリケーションを⼈間の代わりにマシン、ソフトウェアによってデプロイおよび管理する
    ポータブル
    ディスクなどの物理リソースやマシンに関する詳細な知識から切り離すことで、
    マシンやクラスタ間、さらにはクラウド間で容易に移動できる
    分散化
    コードを単⼀のエンティティ(モノリスと呼ばれます)としてデプロイする代わりに、協調して動作す
    る複数の分散化されたマイクロサービスから構成される傾向がある
    スケーラブル
    分散化されたアプリケーションは、冗⻑性や優雅な劣化(グレースフル・デグラデーション)を通じて
    ⾼度な可⽤性を実現する
    ダイナミック
    コピーを数多く実⾏して⾼可⽤性を実現することや、ローリングアップデートを実施して、
    トラフィックを取りこぼすことなくサービスを円滑にアップグレードできる
    観測可能
    分散システムの性質上、プロファイリングやデバッグが難しくなるため、オブザーバビリティ
    (可観測性)が重要な要件になる
    クラウドネイティブとは!
    インパクトのある変更を最小限の労力で頻繁かつ予測どおりに行い、
    開発した成果をできる限り早く本番に届け、かつ安定した運用を実現するため!

    View full-size slide

  12. @superbrothers
    クラウドネイティブを実践する
    12
    https://github.com/cncf/trailmap
    その1つの方法の入り口が「Kubernetes」です!

    View full-size slide

  13. @superbrothers
    ”Kubernetes で実践する”クラウドネイティブ DevOps
    ▶ GitOps: クラウドネイティブな継続的デリバリ
    ▶ 頻繁なデプロイに耐えうるワークロードの実⾏
    ▶ オブザーバビリティ: アプリケーション、インフラを観測可能にする
    13
    このセッションでは3つのトピックをお話したかったんですが、
    GitOps だけになっちゃいました;;
    クラウドネイティブという新たな世界における

    DevOps の実践

    View full-size slide

  14. @superbrothers
    GitOps
    クラウドネイティブな継続的デリバリの実践

    View full-size slide

  15. @superbrothers
    GitOps とは
    継続デリバリの⼿法の1つで宣⾔型なインフラとアプリケーションの信頼できる情報源
    (source of truth)として Git を使⽤し、Git に加えられた変更からインフラ、アプリケーションの
    更新を検出して展開する
    15
    短いサイクルでソフトウェアを開発し、最新バージョンがすぐにでも

    リリース可能な状態を維持する手法です
    Git オーケストレータ
    オーケストレータ側からGit の変更を監視して

    自身に適用する「プルモデル」を採用することが特徴のひとつ!
    プル

    View full-size slide

  16. @superbrothers
    GitOps ツールが Kubernetes クラスタの現在の状態を Git にバージョン管理された
    マニフェストファイル(望ましい状態)に⼀致させる。
    GitOps を Kubernetes で実践する
    16
    プル
    GitOps ツール
    マニフェストファイル
    自身に適用

    View full-size slide

  17. @superbrothers
    GitOps を Kubernetes で実践する
    1. Git リポジトリに Kubernetes リソース設定(マニフェストファイル)の全てを格納する
    2. Git リポジトリの更新は(必要なら)プルリクエストを通じて⾏う
    3. ⼀度 Git リポジトリが更新されたら直ちに⾃動的にクラスタに変更を適⽤する
    4. リポジトリに格納された現在の状態が望ましい状態と⼀致していない場合、
    望ましい状態に⼀致するように正すか、GitOps ツールがアラートで通知する
    17
    コンフィグ repo
    もう少しはっきりいうと!

    View full-size slide

  18. @superbrothers
    GitOps の CI/CD パイプライン
    18
    CI
    コード repo
    コンフィグ repo
    イメージ
    レジストリ
    継続的インテグレーション(CI)
    継続的デリバリ(CD)
    開発者

    View full-size slide

  19. @superbrothers
    GitOps の開発者(Dev)への恩恵
    Git を⽤いたソフトウェア開発プロセスによるインフラの管理
    ▶ Infrastructure-as-Code
    ▶ セルフサービス
    ▶ コードレビュー
    ▶ プルリクエスト / マージリクエスト
    19
    コンフィグ repo
    開発者
    ソフトウェア開発のノウハウを取り込める!
    レビュア

    View full-size slide

  20. @superbrothers
    予測可能な信頼性の⾼いシステムの構築
    ▶ 宣⾔的でイミュータブル
    ▶ 信頼できる情報源(source of truth)
    ▶ ロールバック
    ▶ 問題があった場合にいつ誰がどんな⽬的で加えた変更なのかを追跡できる
    GitOps の運⽤者(Ops)への恩恵
    20
    20
    コンフィグ repo
    運⽤者

    信頼できる情報源と
    差分があることを
    アラートとして通知もできる
    ロールバックは以前のリビジョンに戻すだけ
    (ツール自体がロールバックに対応している場合もあります)
    git revert

    View full-size slide

  21. @superbrothers
    GitOps と CIOps
    旧来の CI システムからデプロイする CI/CD パイプラインは、「CIOps」と呼称され、
    GitOps と⽐較して問題点が指摘されている。
     CIOps は、CI システムはデプロイに必要なクレデンシャルを与える必要がある
      GitOps は、プル型なのでクレデンシャルを外部に出すことがない
     CIOps は、デプロイ先を管理する必要があるため、パイプラインが複雑になる
      GitOps、デプロイ先となるシステム側からプルするのでスケールしやすい

    21
    CI RW
    CIOps
    RO
    GitOps

    View full-size slide

  22. @superbrothers
    代表的な GitOps ツール for Kubernetes
    22
    ツール 概要 主な開発 ライセンス
    Flux
    GitOps を提供した Weaveworks 社が開発するシンプルな
    ツール。新しいコンテナイメージが利⽤可能になると
    マニフェストを更新する機能なども持つ。
    CNCF Sandboxプロジェクト。
    Weaveworks 社 Apache 2.0
    Argo CD
    マルチテナントに対応し、複数のアプリケーションを管理で
    きる。Argo プロジェクトの1コンポーネントだが単体でも
    使⽤できる。CNCF Incubating プロジェクト。
    Intuit 社 Apache 2.0
    Jenkins X
    イメージのビルドとプッシュといった CI ツールとしての
    機能も持ち、開発サイクルのより広い範囲をカバーし、
    プレビュー環境を⾃動で作成するなどの機能を持つ。
    Continuous Delivery Foundation (CDF) プロジェクト。
    Cloudbees 社 Apache 2.0

    View full-size slide

  23. @superbrothers
    デモ / Flux・Get started
    23
    Get Started - Flux https://docs.fluxcd.io/en/latest/get-started/

    View full-size slide

  24. @superbrothers
    実践 GitOps

    View full-size slide

  25. @superbrothers
    実践 GitOps
    1. 環境管理 ・Namespace /クラスタ編
    2. 環境管理・マニフェスト編
    3. シークレット管理
    4. Git 戦略
    5. デプロイ戦略
    6. セキュリティ
    25

    View full-size slide

  26. @superbrothers
    環境管理 ・Namespace /クラスタ編
    開発、QA、e2e、ステージング、本番をどう管理するか
    ▶ Namespace レベルの分離: RBAC、NetworkPolicy、ResourceQuota、LimitRange
    ▶ クラスタレベルの分離
    26
    development
    qa
    e2e
    stage
    production
    本番以前と本番でクラスタを分離する場合の例です

    View full-size slide

  27. @superbrothers
    マニフェストの環境差異をどのように管理するか
    環境管理・マニフェスト編
    27
    ConfigMap Kubernetes の標準リソースで設定をアプリケーションから分離する。
    Helm
    Kubernetes パッケージマネージャで、チャートというパッケージとしてアプリケーションを管理
    する。テンプレートからマニフェストを⽣成する。
    Kustomize
    パッチなどを使⽤してマニフェストをカスタマイズするテンプレートフリーなツール。kubectl に
    ビルトインされてもいる。
    Jsonnet
    JSONテンプレート⾔語。JSON を拡張し演算や関数、ライブラリ等が使えるようになっている。
    Google が開発している。
    Kpt
    Kubernetes パッケージツールで、設定をコード(テンプレートや DSL)ではなくデータとして扱
    うことで⼈間とマシンの双⽅から扱いやすくしている。Google が開発している。
    cbk8s
    AWS CDK の概念を適⽤し、TypeScript や Python といった使い慣れたプログラミング⾔語を使⽤
    してマニフェストを⽣成する。頻出パターンをライブラリとして共有もできる。
    最初からツールを手を出さずに

    ConfigMap でやっていくのがオススメ!
    いくつかの GitOps ツールは、

    これらのツールをネイティブでサポートしてます

    View full-size slide

  28. @superbrothers
    シークレット管理の戦略
    どこにどのように管理するか(場所、⽅法、ローテーション)
    ▶ ⼿動で Secret オブジェクトを作成し、クラスタに保存
    ▶ データを暗号化してマニフェストとして Git リポジトリに保存
    + github.com/mozilla/sops
    ▶ リモートの専⽤の機密情報管理ツールに保存
    + Hashicorp Vault、Keywhiz、AWS Secrets Manager、Azure KeyVault、GCP Secret Manager
    + github.com/godaddy/kubernetes-external-secrets
    + github.com/GoogleCloudPlatform/berglas
    + github.com/kubernetes-sigs/secrets-store-csi-driver
    28
    ちなみに「Encrypting Secret Data at Rest」を使えば

    Kubernetes オブジェクトを保存時に暗号化できます!

    View full-size slide

  29. @superbrothers
    Git 戦略
    環境ごとにどのようにブランチを管理するか
    ▶ シングルブランチ(複数ディレクトリ)
    + master ブランチに全環境のマニフェストが格納されている
    + 各環境の差分をパッチで管理できる kustomize が有効
    ▶ マルチブランチ
    + 個々のブランチが各環境(開発や QA、本番など)に相当する
    + 複雑になりやすいが各環境への変更が容易にトラックできる
    29
    シングルブランチ戦略は GitHub flow, 

    マルチブランチ戦略は GitLab flow になるのかな?
    ソフトウェア開発のプラクティスですね!
    master
    stage
    production
    デプロイ デプロイ

    View full-size slide

  30. @superbrothers
    Git 戦略 / コードとマニフェストでリポジトリを分ける
    ▶ GitOps ツールにコードを取得させる必要はない。セキュリティリスクになる。
    ▶ デプロイに関連しないコミット履歴が監査上のノイズになる。
    ▶ ⼈間の権限の分離。コードの編集権限と本番へのデプロイ権限はしっかり分ける。
    30
    コード repo コンフィグ repo
    コード repo に含まれるマニフェストを

    コンフィグ repo に PR する運用はアリだと思います!
    開発者 運⽤者

    View full-size slide

  31. @superbrothers
    Git 戦略 / マイクロサービスとモノレポ
    マイクロサービスなアプリケーションの全体をどう管理するか
    ▶ それぞれのリポジトリで管理する
    + 個々のポリシーを柔軟に設定できる
    ▶ モノレポ: 1つのリポジトリの各ディレクトリで管理する
    + サービス全体の現在の状態が完全に把握できる
    + 統⼀されたポリシーを全体に確実に適⽤できる
    + 中央チームが必要になる
    31
    app-c
    app-b
    app-a
    app-c
    app-b
    app-a
    これもソフトウェア開発のソレですね。

    View full-size slide

  32. @superbrothers
    デプロイ戦略 新しいバージョンをどのように展開するか
    32
    戦略 概要 Pros Cons ⼿段
    ローリング
    アップデート
    徐々に新しいバージョンに変えていく。 シンプルで簡単に利⽤可能
    展開やロールバック
    に時間がかかる
    トラフィックの制御
    はできない
    Deployment
    ブルーグリーン
    現バージョン(ブルー) を落とさず、新バー
    ジョン(グリーン)をデプロイし、問題なけれ
    ばトラフィックを⼀気に切り替える。
    短時間に展開、ロールバック
    できる
    複数バージョンが混在しない
    ⼀時的に2倍の
    リソースが必要
    Deployment + Service
    Flagger, Argo Rollouts
    カナリア
    現バージョンを落とさずに新バージョンをデプ
    ロイするが、トラフィックを徐々に切り替え
    る。エラー率やパフォーマンスに問題があれば
    ロールバックする。
    問題の影響が最⼩限のうちに
    ⾼速にロールバックできる
    展開やロールバック
    に時間がかかる
    Flagger, Argo Rollouts
    プログレッシブ
    デリバリ
    現バージョンを落とさずに新バージョンをデプ
    ロイしするが、⼀部のユーザにのみ届けられて
    主要なメトリクスの値に問題があるときは⾃動
    的にロールバックする。
    問題の影響が最⼩限のうちに
    ⾼速に⾃動的にロールバック
    できる
    展開やロールバック
    に時間がかかる
    Flagger, Argo Rollouts

    View full-size slide

  33. @superbrothers
    DevSecOps? セキュリティを⾃動化して、環境全体とデータ、CI/CD プロセスを守る
    ▶ 権限管理
    + Git リポジトリ
    + コンテナイメージレジストリ
    + Kubernetes RBAC
    ▶ シークレット管理
    ▶ コンテナイメージスキャン
    + github.com/quay/clair、github.com/aquasecurity/trivy
    + GCR Vulnerability scanning、Amazon ECR イメージスキャン、Azure Security Center
    ▶ マニフェストのバリデーション
    + conftest、kubeval、Pod Security Policy、OpenPolicyAgent、Gatekeeper、Grafeas + Kritis
    CI
    33
    セキュリティ
    セキュリティをアプリケーション開発の隅々まで組み込む!

    View full-size slide

  34. @superbrothers
    頻繁なデプロイに耐えうる
    ワークロードの実⾏
    34
    オブザーバビリティ
    アプリケーション、インフラを観測可能にする
    https://youtu.be/FSwctW3AdaM
    https://speakerdeck.com/superbrothers/introduction-to-prometheus
    https://speakerdeck.com/superbrothers/production-ready-pods-plus

    View full-size slide

  35. @superbrothers
    まとめ

    View full-size slide

  36. @superbrothers
    まとめ
    ▶ DevOps: 開発と運⽤がともに学び、システムの信頼性とソフトウェアの正確性に関する責任を
    共有する⽂化であり、協⼒的な取り組み
    ▶ クラウドネイティブ: クラウドネイティブなシステムの特性は、「⾃動化可能で」「ポータブル
    で」、「分散化でき」「スケーラブルで」「ダイナミックで」「観測可能」
    + インパクトのある変更を最⼩限の労⼒で頻繁かつ予測どおりに⾏い、開発した成果をできる限
    り早く本番に届け、かつ安定した運⽤を実現するため!
    ▶ GitOps: Gitを信頼できる情報源(source of truth)として、Git に加えられた変更からインフラ、
    アプリケーションの更新を検出して展開する継続的デリバリの⼿法の1つ
    + メリットに、ソフトウェア開発プロセスによるインフラの管理や予測可能な信頼性の⾼いシス
    テムの構築が実現できることがある
    36

    View full-size slide

  37. @superbrothers
    DevOpsの第⼀歩は、最先端のソフトウェア開発はコードをリリースしたら終わりで
    はないと認識することです。それは、コードを書く者とそれを使⽤する者との間の
    フィードバックループを短くします。
    運⽤とインフラのスキルは、クラウドネイティブ⾰命によっても決して陳腐化する
    わけではなく、現にかつてないほど重要であり、今後もさらに重要性が⾼まります。
    ソフトウェアエンジニアと運⽤エンジニアの明確な区別は今後なくなるでしょう。
    今ではソフトウェアがすべてであり、誰もがエンジニアです。
    「Kubernetesで実践するクラウドネイティブDevOps」第⼀章 1.8節より
    37

    View full-size slide

  38. @superbrothers
    「Kubernetes で実践するクラウドネイティブ DevOps」の
    そのほかのトピック

    View full-size slide

  39. @superbrothers
    そのほかのトピック
    ▶ コンテナと Kubernetes の基本的な使い⽅
    ▶ Kubernetes 環境の選択
    ▶ サーバレスプラットフォームへの理解
    ▶ Kubernetes リソースへの理解
    ▶ Kubernetes クラスタのコスト最適化
    ▶ Kubernetes クラスタの運⽤
    ▶ Kubernetes のツール郡
    ▶ Pod の⾼度なスケジューリング
    ▶ Kubernetes コントローラとオペレータ
    ▶ Kubernetes クラスタのバックアップ
    ▶ オブサーバビリティとメトリクス監視
    39

    View full-size slide

  40. @superbrothers
    Thanks / Question?
    ▶ Kazuki Suda, @superbrothers
    ▶ Slide: https://speakerdeck.com/superbrothers/
    40

    View full-size slide

  41. @superbrothers
    参考資料
    ▶ GitOps - Operations by Pull Request https://www.weave.works/blog/gitops-operations-by-pull-request
    ▶ "GitOps": WeaveworksがCI/CD実践に使⽤する開発者モデルを公開 https://www.infoq.com/jp/news/2018/11/gitops-weaveworks/
    ▶ GitOpsで絶対に避けて通れないブランチ戦略 - ⽔底 https://amaya382.hatenablog.jp/entry/2019/12/02/192159
    ▶ Kubernetes anti-patterns: Let's do GitOps, not CIOps! https://www.weave.works/blog/kubernetes-anti-patterns-let-s-do-gitops-not-ciops
    ▶ DevOps チェックリスト - Azure Design Review Framework | Microsoft Docs https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/architecture/checklist/dev-ops
    ▶ Guide To GitOps https://www.weave.works/technologies/gitops/
    ▶ Introducing Argo Flux - A Weaveworks-Intuit-AWS Collaboration https://www.weave.works/blog/argo-flux-join-forces
    ▶ Best Practices - Argo CD - Declarative GitOps CD for Kubernetes https://argoproj.github.io/argo-cd/user-guide/best_practices/#separating-config-vs-
    source-code-repositories
    ▶ 11 Reasons for Adopting GitOps https://blog.container-solutions.com/11-reasons-for-adopting-gitops
    ▶ Automate Progressive Deployments to Kubernetes with Flagger and Linkerd https://www.weave.works/blog/automate-progressive-deployments-to-
    kubernetes-with-flagger-and-linkerd
    ▶ Six Strategies for Application Deployment ‒ The New Stack https://thenewstack.io/deployment-strategies/
    41

    View full-size slide