$30 off During Our Annual Pro Sale. View Details »

ローコード開発がもたらすソフトウェア開発の変化

 ローコード開発がもたらすソフトウェア開発の変化

本資料は2022年9月7日開催のPE-BANK Webinarでの登壇資料になります。

Taiji HAGINO
PRO

September 07, 2022
Tweet

More Decks by Taiji HAGINO

Other Decks in Technology

Transcript

  1. ローコード開発がもたらす ソフトウェア開発の変化 Taiji Eddie Hagino Lead Community Manager, Developer Advocate

    @ OutSystems
  2. Taiji Eddie Hagino @taiponrock Please follow me! Lecturer, University of

    Tsukuba Lead Community Manager, Developer Advocate - APAC My books for low-code programming: “Hajimete-no Node-RED”, “Node-RED Katsuyo Manual” (Kogakusha) “Practical Node-RED Programming” (Packt Publishing), etc. My books for developer relations: “Developer Marketing DevRel Q&A”, “Developer’s Career with English” (Impress R&D), etc. My books for OutSystems: “Rapid Application Development with OutSystems” (Packt Publishing) * Foreword Hairdressor Musician Software Engineer Web Designer Product Developer R&D Developer IT Architect Tech Evangelist Dev Advocate Dev Advocate & Community Manager 1997 GLUONS Inc. CEO Accurate Systems SOS Factory Udagawa Office Beaux Cheveux Co-Founder, 理事 ⼀般社団法⼈ エンドユーザーコンピューティング協会 EUCA–End User Computing Associate
  3. 3 Agenda 1. OutSystems会社紹介 2. ローコード開発とはなんなのか 3. Node-REDとローコード開発 4. OutSystemsとローコード開発

  4. 会社紹介 4

  5. 本社 • ポルトガル:リスボン • 米国:ボストン • 1,700 名の従業員 (2021年3月) 製品開発およびR&D

    (ポルトガル) 2001年 ポルトガル リスボンで設立 約20年の歴史と実績を持つ ローコード開発分野のリーディングカンパニー ※ 記載の数値は2021年11月現在 OutSystems 会社概要 OutSystemsジャパン • 設立:2017年1月 • 代表取締役社長:アーノルド・コンセンコ • オフィス:東京都港区六本木1-4-5 アークヒルズサウスタワー9F • 社員数:45名+α (2022年4月現在) 525K⁺ Community Members 22 Industries 400⁺ Global Partners 87⁺ Countries 弊社六本木一丁目オフィス
  6. ローコード開発とは なんなのか 6

  7. コーディングする理由 アプリを作るにはコード書かなきゃでしょ? みんなコーディングしてるよね? 他にどうやってアプリ作るの? 7

  8. Software is handcrafted

  9. AUTOMATION

  10. Low-Code/No-Code 開発: レガシーソフトウェア開発: • 開発に時間がかかる • 運用保守にも高いコストが必要 • 気軽に仕様変更できない •

    手離れが悪い(コード解釈が必要) • 迅速でアジャイルな開発 • 高い生産性 • 変更や保守が比較的容易 • 複雑なコードが無いので可読性が良い
  11. 11 65% 35% ローコード開発 w/Low-Code Only Legacy “65% of all

    software development will include low-code by 2024” https://timitsolutions.com/65-of-application-development-activity-will-be-low-code-by-2024-gartner/ https://www.gartner.com/en/documents/3956079/magic-quadrant-for-enterprise-low-code-application-platf
  12. Welcome to the Low-Code World!

  13. Why Use Low-Code tools? アプリ開発をより生産的にするため? イノベーションに集中するため? 13 コードやモジュールの抽象化 生産性の向上 パーツの共通化

    エラー発生率の低下
  14. Node-REDと ローコード 14

  15. • 1970年代初期のIBMのJ. Paul Morrison によって発明された。 • 構造化データチャンクのストリームによ って通信する⾮同期プロセスのネットワ ーク。 •

    各プロセスはブラックボックス。それ以 前に何が来たのか、後に来るのかはわか らない。 受信したデータに作⽤し、結果 を渡す。 Flow based programing
  16. ブラウザベース UI Node.js で動作・軽量 機能をカプセル化してNodeとして利⽤ 独⾃Nodeを作成・追加可能 IBM Cloudのサービスが簡単に利⽤可能 Node-RED ハードウェアデバイス,API,

    オンラインサービスが画期的 な ⽅法で結合された“仮想環境 をブラウザ上で実現したもの
  17. 2013年、IBMのNick OʼLeary、Dave CJを始めとするIBM Emerging Technologyチームによってオープンソースとして 発明された。 Node-RED

  18. https://flowforge.com/

  19. 処理 処理 処理 OUT IN {;} JSON データのかたまり(データチャンク)を処理して次の処理へ渡す

  20. Node.js実⾏環境 Node-REDフローエディタ( Node.js App ) Node.js App アプリケーションの実態はNode.js

  21. 21 WHY use it?

  22. Internet of Things Device Gateway Platform Analytics Application Security

  23. かんたんにIoT向けNode.jsアプリを作る Why Node-RED?

  24. 24 Demo

  25. OutSystemsと ローコード 25

  26. アプリ開発は複雑で⼤変 26 X X X X

  27. UI ロジック プロセス データ フルスタック 開発者を強⼒にサポート IT以外の部⾨にリーチを拡⼤ Web、 モバイル API、

    Webサービス チャット、音声、 SMS、メール エクスペリエンス あらゆるタッチポイントに対応 最も幅広いデジタルエクスペリエンス DevOps 開発 テスト 本番 フルライフサイクル アジリティの向上と継続的な変化 自動化されたソフトウェアライフサイクル CI/CD、監視、 ユーザーフィードバック、 ガバナンス 27 REST, SOAP, OpenAPI クラウド サービス エンタープライズ システム データベース 3,900以上の オープンソースコンポーネント 統合と拡張 ゼロからの開発が不要 制限がなく簡単な統合 スケール セキュリティ パフォーマンス 柔軟なデプロイ
  28. 28 OutSystemsの適用範囲 バックエンド・基幹システム モバイルアプリ Webアプリ & ポータル 顧客向け アプリ セールス系

    アプリ 業務支援 アプリ B2C アプリ B2B アプリ CRM ERP 社内 業務 アプリ
  29. OutSystemsの生産性 デザイン コード テスト 導入 メンテナンス 開発プロセスに ユーザストーリー キャプチャを統合 テンプレートによる

    UX/UIデザイン 事前にビルドされた アーキテクチャデザイン パターン コードをすぐに検証可能 コードの品質を高める 統合された バージョン管理 コード変更が簡単 に すぐ使える コンポーネント アクセス管理、ユーザプ ロファイル、ログ、ウェ ブサービス統合、Excelへ の出力など テスト、修正、 再テストの サイクルを短縮 業務の理解度が高い機能 的なリソースとの関係を 深める。素早いテスト、 修正、公開、そして再テ ストをプラットフォーム の機敏性で実現 統合された 構成管理 アプリケーション 層の一元管理 プレゼンテーション、ビ ジネスロジック、プロセ ス、データ 1-Clickで公開 データベース、コンピレーシ ョンを自動的に生成 OutSystemsで 生産性を向上 2x-4x 2.5x 2x-4x 2x-4x 従来のコーディングと比較して、全体の開発から導入までの生産性を3~4倍向上 Source: KPMG
  30. OutSystemsの生産性 医療スタッフ支払管理 システム 34ヵ月+ 19ヵ月 基幹システム リプレース システムモダ ニゼーション モバイルアプ

    リケーション E コマース ポータル サイト ノーツ リプレース 従来の開発手法 Microsoft .NET 5.5ヵ月 OutSystems 6ヵ月 デジタル・トランスフォーメーションを実現 フライト管理 ダッシュボード 11ヵ月 OutSystem s 1st release 17か月 グループ工場向け 生産管理システム 日系 総合建設機械メーカー 36ヵ月 従来の開発手法 18ヵ月 OutSystems
  31. 31 生成 コンパイル パッケージング DBスキーマ変更 Visual Model <XML /> Service

    Studio で 設定した情報 C# DDL SQL ASP.NET JavaScript CSS DB IIS .NET Framework Windows Server ASP.NET + React.js App ※Mobile AppのクライアントはCordova + React.js
  32. 32 OutSystems Platform コード生成・ビルド バージョン管理・デプロイ 監視・管理・分析 実行環境 Windows Server・IIS .NET

    Framework・DBMS
  33. 34 OutSystemsの無料アカウント https://outsyste.ms/3xKaU4t

  34. • コーディングが不要 (拡張コードも書けます) • データモデル作成にDDL/DMLは不要 • Reactive Web App や

    Mobile App がか んたんに作成可能 OutSystems 35
  35. 36 Demo

  36. Congratulations 🎉 みなさんは、代表的な2つのローコード開発ツー ルを使って、従来型開発との違いをざっくりと 理解することができました︕ 今後、これらのツールを使っていろいろなアプ リケーションを開発してみてくださいね 👋 37

  37. コミュニティの紹介

  38. 39 Node-RED Forum https://discourse.nodered.org/

  39. 40 Node-RED Slack https://nodered.jp/slack/

  40. 41 Node-RED Facebook Group https://www.facebook.com/groups/noderedjp

  41. 42 OutSystems Community Site https://www.outsystems.com/community/ Documentation Training

  42. 43 OutSystems User Groups (OSUG) https://usergroups.outsystems.com/

  43. 44 OutSystems Slack https://outsyste.ms/osug-jp-slack

  44. 45 OutSystems Facebook Group https://www.facebook.com/groups/outsystemsjp

  45. 46 OutSystems Focuses on Developers and Community

  46. Thanks! Taiji Eddie Hagino Lead Community Manager, Developer Advocate -

    APAC @taiponrock Please follow me!
  47. ワークショップ、セッション、および資料は、OutSystemsまたはセッション発表者によって準備され、それぞれ独自の見解 を反映したものです。それらは情報提供の目的のみで提供されており、いかなる参加者に対しても法律的またはその他の指 導や助言を意図したものではなく、またそのような結果を生むものでもありません。本講演資料に含まれている情報につい ては、完全性と正確性を期するよう努力しましたが、「現状のまま」提供され、明示または暗示にかかわらずいかなる保証 も伴わないものとします。本講演資料またはその他の資料の使用によって、あるいはその他の関連によって、いかなる損害 が生じた場合も、OutSystemsは責任を負わないものとします。 本講演資料に含まれている内容は、OutSystemsまたはその サプライヤーやライセンス交付者からいかなる保証または表明を引きだすことを意図したものでも、OutSystems製品の使用 を規定する適用ライセンス契約の条項を変更することを意図したものでもなく、またそのような結果を生むものでもありま せん。

    本講演資料でOutSystems製品、プログラム、またはサービスに言及していても、OutSystemsが営業活動を行っているすべ ての国でそれらが使用可能であることを暗示するものではありません。本講演資料で言及している製品リリース日付や製品 機能は、市場機会またはその他の要因に基づいてOutSystems独自の決定権をもっていつでも変更できるものとし、いかなる 方法においても将来の製品または機能が使用可能になると確約することを意図したものではありません。本講演資料に含ま れている内容は、参加者が開始する活動によって特定の販売、売上高の向上、またはその他の結果が生じると述べる、また は暗示することを意図したものでも、またそのような結果を生むものでもありません。 ユーザーが経験する実際のスループ ットやパフォーマンスは、ユーザーが有する数多くの要因に応じて変化します。したがって、個々のユーザーがここで述べ られているものと同様の結果を得られると確約するものではありません。 記述されているすべてのお客様事例は、それらのお客様がどのようにOutSystems製品を使用したか、またそれらのお客様が 達成した結果の実例として示されたものです。実際の環境コストおよびパフォーマンス特性は、お客様ごとに異なる場合が あります。 OutSystems、OutSystems ロゴ、outsystems.comは、 OutSystemsの商標です。他の製品名およびサービス名等は、それ ぞれOutSystemsまたは各社の商標である場合があります。