Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

Cloud Nativeの世界でもJava EEを使える! OSSの実行環境 Open Liberty

Cloud Nativeの世界でもJava EEを使える! OSSの実行環境 Open Liberty

2022年6月28日に開催されたLiberty Dojo第一回の発表資料になります。
セミナーの詳細については,以下のURLを参照ください。
https://ibm-developer.connpass.com/event/250329/

Takakiyo Tanaka

June 28, 2022
Tweet

More Decks by Takakiyo Tanaka

Other Decks in Technology

Transcript

  1. @2022 IBM Corporation
    IBM Automation Software
    https://openliberty.io
    Liberty Dojo 第⼀回
    Cloud Nativeの世界でも
    Java EEを使える︕
    OSSの実⾏環境
    Open Liberty

    View full-size slide

  2. @2022 IBM Corporation
    IBM Automation Software
    Liberty Dojo
    1
    開催⽇・時間 タイトル 担当
    6/28(⽕) 17-18時 Cloud Nativeの世界でもJava EEを使える︕
    OSSの実⾏環境 Open Liberty
    ⽥中 孝清
    7/12(⽕) 17-18時 Libertyの基本的な構成⽅法 ⽥中 孝清
    7/20(⽔) 13-14時 tWASからLibertyへのモダナイズ カスタマー
    サクセスマネージャ有志
    8/2(⽕) 17-18時 MicroProfileを触ろう ⾺場 剛
    申込はIBM Tech / Developer Dojoへ
    https://ibm-developer.connpass.com/

    View full-size slide

  3. @2022 IBM Corporation
    IBM Automation Software
    ⾃⼰紹介
    n
    ⽥中 孝清
    n ⽇本アイ・ビー・エム株式会社
    オートメーションソフトウェア テクニカルセールス
    n WebSphere Application Serverなどの
    テクニカルセールスを20年以上担当
    n Twitter @TTakakiyo
    2

    View full-size slide

  4. @2022 IBM Corporation
    IBM Automation Software
    Cloud Nativeの世界
    n ITシステムのアジリティを向上
    させるために多くの新技術が登場
    – コンテナ・Kubernetes
    – マイクロサービス・アーキテクチャー
    – Serverless, Functions
    – イベントストリーム etc.
    3
    Azureアーキテクチャーセンター「クラウドネイティブ アプリケーションを構築する」より
    https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/architecture/solution-ideas/articles/cloud-native-apps
    n 今まで慣れ親しんできたJava EEから
    脱却しなければいけないの︖
    → Cloud Nativeの世界でも
    Java EEを活⽤することはできます

    View full-size slide

  5. @2022 IBM Corporation
    IBM Automation Software
    Java EE / Jakarta EE が Cloud Native に向かない(と思われている)理由
    n アプリケーションサーバーのサイズが⼤きい・起動時間が遅い
    n 仕様が古くて,マイクロサービス・アーキテクチャーなどに対応しにくい
    n DevOps / Platform as Codeがやりにくい
    n コンテナへの対応が⼤変
    4
    Open Libertyは,これらの課題を解決できます

    View full-size slide

  6. @2022 IBM Corporation
    IBM Automation Software
    Open Liberty とは
    n IBMはWebSphereを,完全に作り直しました
    –従来から提供されているWebSphere︓WebSphere Traditionalランタイム
    –2012年から登場した新WebSphere︓ WebSphere Libertyランタイム
    n WebSphere Libertyを2017年にOSS化して,Open Libertyに
    –EPL(Eclipse Public License)で公開・誰でも無料で利⽤できる・ビジネスで使いやすい
    n Jakarta EE 9.1仕様ではReference Implementation(参照実装)
    https://www.openliberty.io/blog/2017/09/19/open-sourcing-liberty.html

    View full-size slide

  7. @2022 IBM Corporation
    IBM Automation Software
    Open Liberty と WebSphere Liberty の関係
    n 新しい機能はOpen Libertyで開発され,それを取り込んでWebSphere Libertyとして製品化
    n バージョンは完全に同期
    – 4週間ごと,年に12回,新しいバージョンが出る(2022年は22.0.0.1〜22.0.0.12)
    – Open Liberty version 22.0.0.4で追加された新機能は,
    WebSphere Liberty version 22.0.0.4でも,すぐに利⽤可能
    n 主な違いは提供されているFeature(モジュール)の差
    – 古いAPIを提供するFeature,zOSと連携する機能,安定化された統合管理機能などは製品版のみで提供
    – Java EE / Jakarta EEやMicroProfileなどの標準仕様は,すべてOpen Libertyでも提供
    n アプリケーションや構成ファイルなどは,両者で全く同じものを使⽤できる
    6
    製品化

    View full-size slide

  8. @2022 IBM Corporation
    IBM Automation Software
    Java EE / Jakarta EE が Cloud Native に向かない(と思われている)理由
    n アプリケーションサーバーのサイズが⼤きい・起動時間が遅い
    n 仕様が古くて,マイクロサービス・アーキテクチャーなどに対応しにくい
    n DevOps / Platform as Codeがやりにくい
    n コンテナへの対応が⼤変
    7
    Open Libertyは,これらの課題を解決できます

    View full-size slide

  9. @2022 IBM Corporation
    IBM Automation Software
    Java EE / Jakarta EE は ⼤きな仕様群
    n アプリケーションサーバーが
    対応しないといけない仕様が多い
    n これら全てに対応した実⾏環境は,
    「重く」なりがち
    8 https://jakarta.ee/specifications/platform/9.1/jakarta-platform-spec-9.1.html

    View full-size slide

  10. @2022 IBM Corporation
    IBM Automation Software
    完全にモジュール化されている Liberty
    n サーバー構成ファイル(server.xml)で使⽤する機能だけを有効化
    –メモリ使⽤量の最⼩化・起動時間の短縮
    n 使⽤する機能だけを選んで
    本番環境にコピーしたり,
    コンテナに⼊れたりすることも可能
    –導⼊イメージも最⼩化
    n カーネル機能だけの導⼊ZIP
    約11.6Mバイト
    n 右図のFeatureだけいれたLibertyの
    展開後のサイズ
    約56Mバイト
    9

    jsp-2.3
    jdbc-4.1
    jaxrs-2.0
    sessionDatabase-1.0
    ssl-1.0

    構成ファイル server.xml
    Servlet
    JSP
    JDBC
    SSL
    JAX-RS
    sessionDatabase
    依存関係も
    ⾃動的に解決
    JSON

    View full-size slide

  11. @2022 IBM Corporation
    IBM Automation Software
    Java EE / Jakarta EE が Cloud Native に向かない(と思われている)理由
    n アプリケーションサーバーのサイズが⼤きい・起動時間が遅い
    n 仕様が古くて,マイクロサービス・アーキテクチャーなどに対応しにくい
    n DevOps / Platform as Codeがやりにくい
    n コンテナへの対応が⼤変
    10
    Open Libertyは,これらの課題を解決できます

    View full-size slide

  12. @2022 IBM Corporation
    IBM Automation Software
    MicroProfile
    n Javaでマイクロサービスを
    実装するための標準仕様群
    n 世の中では,Java EEと
    排他的な選択肢と思われている
    例)
    – MicroProfileで⼗分なアプリ
    → MicroProfileを使う
    – Java EEが必要なアプリ
    → Java EEを使う
    n 実際には,
    Java EEで使っても
    有⽤な機能が多い
    11
    https://microprofile.io/

    View full-size slide

  13. @2022 IBM Corporation
    IBM Automation Software
    MicroProfile
    n Javaでマイクロサービスを
    実装するための標準仕様群
    n 世の中では,Java EEと
    排他的な選択肢と思われている
    例)
    – MicroProfileで⼗分なアプリ
    → MicroProfileを使う
    – Java EEが必要なアプリ
    → Java EEを使う
    n 実際には,
    Java EEで使っても
    有⽤な機能が多い
    12
    https://microprofile.io/

    View full-size slide

  14. @2022 IBM Corporation
    IBM Automation Software
    Javaアプリケーションから「構成情報」を取得する⽅法は,さまざま
    13
    ResourceBundle rb = ResourceBundle.getBundle("myProps");
    String s = rb.getString("hoge");
    Properties props = new Properties();
    props.load(new FileInputStream(”/config/myProp.properties"));
    String s = props.getProperty("hoge");
    String s = System.getProperty("hoge");
    String s = System.getenv("hoge");
    リソース・バンドルで取得
    プロパティファイルから取得
    システム・プロパティから取得
    環境変数から取得

    View full-size slide

  15. @2022 IBM Corporation
    IBM Automation Software
    MicroProfile︓Config APIなら
    14
    ResourceBundle rb = ResourceBundle.getBundle("myProps");
    String s = rb.getString("hoge");
    Properties props = new Properties();
    props.load(new FileInputStream("/config/myProp.properties"));
    String s = props.getProperty("hoge");
    String s = System.getProperty("hoge");
    String s = System.getenv("hoge");
    @Inject
    @ConfigProperty(name = "hoge")
    private String s;
    Config Sourceさえ切り替えれば
    同じ書き⽅であらゆる場所から構成情報を取得できる

    View full-size slide

  16. @2022 IBM Corporation
    IBM Automation Software
    Libertyならば,いますぐJava EEとMicroProfileを使⽤できる
    n Config APIは,Jakarta EE 11に含まれる予定
    –けれど,Jakarta EE 9以降に移⾏するには,パッケージの変換(javax→jakarta)などが・・・
    n Libertyであれば,Java EE 7/8とMicroProfileを,いますぐ組み合わせて使える
    –構成ファイルで両⽅のAPIの機能を提供するFeatureを有効にするだけ
    15

    servlet-4.0
    cdi-2.0
    mpConfig-2.0

    Servlet
    CDI
    Config

    View full-size slide

  17. @2022 IBM Corporation
    IBM Automation Software
    Java EEアプリからMicroProfileのAPIを使⽤する例
    16
    例) Servletの中からConfig APIを使⽤
    @ApplicationScoped
    @WebServlet("/config")
    public class ConfitTestServlet extends HttpServlet {
    @Inject
    @ConfigProperty(name = "PWD")
    private String pwd;
    protected void doGet(HttpServletRequest request, HttpServletResponse response)
    throws ServletException, IOException
    {
    response.setContentType("text/plain; charset=utf-8");
    response.getWriter().append("Currend working directory: ").append(pwd);
    }

    View full-size slide

  18. @2022 IBM Corporation
    IBM Automation Software
    Liberty の Jakarta EE 9.1 / MicroProfile 5.0 / Java 17,18 対応
    n 2021年10⽉︓Java SE 17対応
    n 2021年12⽉︓Jakarta EE 9.1対応
    (業界最速,参照実装)
    n 2022年1⽉︓MicroProfile 5.0対応
    n 2022年4⽉︓Java SE 18対応
    17
    さまざまな新仕様に
    業界最速で対応

    View full-size slide

  19. @2022 IBM Corporation
    IBM Automation Software
    ところで・・・
    「Open LibertyはJakarta EE 9.1の参照実装なんだよね︖」
    「Jakarta EE 9.1に含まれてるのはServlet 5.0ですよね」
    「どのバージョンまでがServlet 4.0で,どのバージョンから5.0なの︖」
    18

    servlet-4.0
    cdi-2.0
    mpConfig-2.0

    Servlet 4.0は,
    Java EE 8 / Jakarta EE 8のAPI

    View full-size slide

  20. @2022 IBM Corporation
    IBM Automation Software
    ゼロマイグレーション・ポリシー
    n 最新版のOpen Libertyは
    Java EE 7のServlet 3.1も
    Java EE 8のServlet 4.0も
    Jakarta EE 9のServlet 5.0も
    全部対応しています
    n Libertyでは,基本的に
    ⼀度提供されたFeatureは
    削除されません
    n 構成ファイルを書き換えれば,
    (Upper Compatibilityでなく)
    昔のAPIがそのものが動きます
    19
    % ./productInfo version
    製品名: Open Liberty
    製品バージョン: 22.0.0.3
    製品エディション: Open
    % ./productInfo featureInfo
    acmeCA-2.0
    adminCenter-1.0
    appClientSupport-1.0
    (中略)
    servlet-3.1
    servlet-4.0
    servlet-5.0
    (後略)

    View full-size slide

  21. @2022 IBM Corporation
    IBM Automation Software
    Liberty では,新機能への対応は Feature の「置き換え」ではなく「追加」
    20
    Version 8.x
    Servlet-3.1
    Version 9.x
    Servlet-4.0
    Version 10.x
    Servlet-5.0
    Version 8.5.5
    Servlet-3.1
    ⼀般的な
    アプリケーションサーバー
    Liberty
    Version 8.5.5.6
    Version 21.0.0.1
    Servlet-3.1 Servlet-4.0
    Servlet-5.0
    Servlet-3.1 Servlet-4.0

    View full-size slide

  22. @2022 IBM Corporation
    IBM Automation Software
    Liberty は,アプリに合わせたランタイムを⾃由に構成できる
    21

    jaxrs-2.1
    cdi-2.0
    mpConfig-2.0
    mpJwt-1.2


    servlet-3.1
    jsp-2.2
    jdbc-4.0


    jakartaee-9.1

    Java EE 7時代の
    アプリも
    MicroProfileを使った
    アプリも
    新しいJakarta EE 9.1の
    アプリも実⾏できる

    View full-size slide

  23. @2022 IBM Corporation
    IBM Automation Software
    Java EE / Jakarta EE が Cloud Native に向かない(と思われている)理由
    n アプリケーションサーバーのサイズが⼤きい・起動時間が遅い
    n 仕様が古くて,マイクロサービス・アーキテクチャーなどに対応しにくい
    n DevOps / Platform as Codeがやりにくい
    n コンテナへの対応が⼤変
    23
    Open Libertyは,これらの課題を解決できます

    View full-size slide

  24. @2022 IBM Corporation
    IBM Automation Software
    従来型の Java EE アプリケーションサーバーの運⽤
    24
    24
    ⼿動で
    構築
    設計書
    サーバー
    時間経過 .
    修正
    修正
    修正忘れがあると・・・
    ⼀致すると限らない
    書類ベースの運⽤
    ⼿動で同期
    パラメーター変更・アプリ更新・パッチ適⽤ etc.

    View full-size slide

  25. @2022 IBM Corporation
    IBM Automation Software
    従来型の運⽤の問題点
    25
    n ⽂書と⼿作業によるシステム構築・変更管理
    n Excelによる設計書
    n Wordによる⼿順書
    n ⽇付のついたバックアップによる変更管理
    • 書類とシステムの⼆重管理
    • 書類とサーバー環境の設定が⼀致しない
    →実際の環境をみないと正確な構成がわからない
    • テスト環境と本番環境の設定が異なっていることも
    • 属⼈化された⼤量の暗黙知
    • 担当者の異動・退職でシステムがブラックボック化
    • 運⽤するベンダーの変更が不可能
    • 履歴の参照性が悪い
    • 誰が,いつ,なぜ追加した設定なのかわからない

    View full-size slide

  26. @2022 IBM Corporation
    IBM Automation Software
    Platform as Code / Immutable Infrastructure
    26
    n サーバー環境をコード(構築スクリプト・テンプレート・レシピなど)として定義
    n コードをバージョン・コントロールシステムで履歴管理
    n 変更する場合は,コードを変更し,再ビルド・デプロイしてサーバー環境を作成
    ビルド
    デプロイ
    コード
    時間経過 .
    修正
    ビルド
    デプロイ
    修正
    ビルド
    デプロイ
    修正
    ビルド
    デプロイ
    修正
    ビルド
    デプロイ
    機械的に⼀致が保証

    View full-size slide

  27. @2022 IBM Corporation
    IBM Automation Software
    従来の Java EE アプリケーションサーバーは・・・
    27
    n GUIによるインストーラーでの導⼊
    導⼊メディアのサイズも⼤きく,導⼊にかかる時間も⻑い
    n GUI画⾯や専⽤ツールによるサーバー構成の管理
    n 外部ツールによる管理を想定しておらず,
    ⾃動化ツールとの連携が難しい
    ビルド
    デプロイ
    コード
    修正
    ビルド
    デプロイ
    修正
    ビルド
    デプロイ
    毎回,サーバー環境を
    最初から作成するのが
    現実的ではなかった

    View full-size slide

  28. @2022 IBM Corporation
    IBM Automation Software
    Liberty は Platform as Code がやりやすい
    n アーカイブファイル(ZIP, JAR)を展開するだけの導⼊
    – 導⼊メディアのサイズも数百Mバイト
    – 初期構成の作成もコマンド⼀⾏の実⾏で完了
    n 構成は,ファイルを指定された場所に置くだけ
    – デフォルトから変えるものだけを記述するので簡潔に記述できる
    – 環境に依存しない,可搬性のあるので,あらゆる環境にコピー可能
    – 環境変数や追加ファイルによる環境固有のカスタマイズも⽤意
    n 既存環境を,まるごとアーカイブファイル(ZIP, JAR)にパッケージ可能
    – 展開するだけで,ランタイム・構成・アプリケーション・リソースを導⼊可能
    – 既存環境をコマンドでパッケージ化することができるほか,
    統合開発環境Eclipseや,ビルドツールMaven/Gradleでもパッケージを作成することも可能
    28

    View full-size slide

  29. @2022 IBM Corporation
    IBM Automation Software
    Liberty の導⼊はアーカイブファイルを展開するだけ
    n ZIPファイルをダウンロードし,展開するだけで導⼊は完了
    n 同梱されているFeatureの種類によって何種類かのアーカイブが提供
    – カーネルのみ︓ 11M
    – Jakarta EE 9︓ 105M
    – Web Profile 9︓84M
    – MicroProfile 5︓48M
    – 全部⼊り︓ 279M
    n ⾜りないFeatureは
    あとから追加導⼊できる
    – featureUtilityを使⽤する
    29

    View full-size slide

  30. @2022 IBM Corporation
    IBM Automation Software
    簡潔で可搬性の⾼い Liberty の構成ファイル
    n 全ての設定項⽬にデフォルト値が存在し,デフォルトから変更するもののみ記述
    ­ デフォルト値はバージョンが上がっても変更されない(ゼロマイグレーション・ポリシー)
    n 絶対パスや固有IDなど,環境固有の情報を可能な限り排除
    n 環境変数や内部変数を
    構成ファイル内で
    参照可能
    n Libertyの構成はコピー可能
    – 開発・テスト・本番環境で
    共通のファイルを使⽤可能
    – 災対環境の構築も容易
    – 複数のプロジェクトで
    共通の構成を利⽤することも
    30


    jsp-2.3
    jndi-1.0
    jdbc-4.1
    localConnector-1.0













    View full-size slide

  31. @2022 IBM Corporation
    IBM Automation Software
    詳しくは次回で
    31
    開催⽇・時間 タイトル 担当
    6/28(⽕) 17-18時 Cloud Nativeの世界でもJava EEを使える︕
    OSSの実⾏環境 Open Liberty
    ⽥中 孝清
    7/12(⽕) 17-18時 Libertyの基本的な構成⽅法 ⽥中 孝清
    7/20(⽔) 13-14時 tWASからLibertyへのモダナイズ カスタマー
    サクセスマネージャ有志
    8/2(⽕) 17-18時 MicroProfileを触ろう ⾺場 剛
    申込はIBM Tech / Developer Dojoへ
    https://ibm-developer.connpass.com/

    View full-size slide

  32. @2022 IBM Corporation
    IBM Automation Software
    既存の環境を丸ごとパッケージ可能
    n Liberty実⾏環境+構成+アプリを単⼀のZIP/JARファイルにパッケージ可能
    – 展開するだけで,同じWAS Liberty環境が構築される
    – 最⼩限のFeatureだけを含めることで,展開後のランタイムのサイズも必要最⼩限に
    n ビルド環境で作成したパッケージをテスト環境・ステージング環境・本番環境などに
    – 全ての環境の同⼀性を機械的に保証
    – 「アプリケーションの更新」と「WASの構成変更」「Fixpack適⽤」が同じフローに
    32
    変更・履歴管理
    設定
    ファイル
    アプリ
    ケーション
    配布
    テスト・本番環境
    テスト・本番環境
    Java SDK
    Liberty ランタイム
    サーバー構成
    アプリ
    ①インストール
    ディスク
    ②サーバー構成
    ③アプリ開発
    テスト・本番環境
    Java SDK
    Liberty ランタイム
    サーバー構成
    アプリ
    ディスク
    ZIP/JARファイル
    ④パッケージ ⑤展開
    サーバー構成で指定した機能だけがパッケージされるので
    ランタイムのサイズを最⼩限にたもつ効果もある

    View full-size slide

  33. @2022 IBM Corporation
    IBM Automation Software
    アプリだけでなく,ランタイムや構成も,コードとして開発可能
    アプリ サーバー構成
    導⼊可能
    イメージ
    ランタイム
    ビルド・ツール
    アプリ サーバー構成
    導⼊可能
    イメージ
    ランタイム
    統合開発環境

    View full-size slide

  34. @2022 IBM Corporation
    IBM Automation Software
    Maven Liberty プラグイン
    ├── pom.xml
    ├── src
    │ ├── main
    │ │ ├── java
    │ │ │ └── jp
    │ │ │ └── test
    │ │ │ └── HelloServlet.java
    │ │ ├── liberty
    │ │ │ └── config
    │ │ │ ├── jvm.options
    │ │ │ └── server.xml
    │ │ └── webapp
    │ │ ├── WEB-INF
    │ │ │ └── web.xml
    │ │ └── index.html
    │ └── test
    │ └── java
    │ └── jp
    │ └── test
    │ ├── ApplicationTest.java
    │ └── it
    │ └── EndpointIT.java
    └── target
    ├── LibertySample.war
    ├── LibertySample.zip
    プロジェクト構成ファイル
    アプリケーションの
    Javaソースファイル
    アプリケーションの
    Webコンテンツ
    アプリケーションを実⾏する
    Libertyサーバーの構成ファイル
    アプリケーションWARファイル
    アプリ+Liberty+構成ファイルのZIP
    ビルド

    io.openliberty.tools
    liberty-maven-plugin
    3.2

    guideServer


    アプリケーションをビルドするだけでなく
    WAS Liberty環境をまるごと⽣成することができる
    (Liberty本体もMavenがリポジトリから取得)
    Javaのビルドツールのデファクトスタンダード「Maven」でLiberty環境をビルド

    View full-size slide

  35. @2022 IBM Corporation
    IBM Automation Software
    Java EE / Jakarta EE が Cloud Native に向かない(と思われている)理由
    n アプリケーションサーバーのサイズが⼤きい・起動時間が遅い
    n 仕様が古くて,マイクロサービス・アーキテクチャーなどに対応しにくい
    n DevOps / Platform as Codeがやりにくい
    n コンテナへの対応が⼤変
    35
    Open Libertyは,これらの課題を解決できます

    View full-size slide

  36. @2022 IBM Corporation
    IBM Automation Software
    Liberty は,コンテナ環境での実⾏にも最適
    n 軽量・⾼速なランタイム
    – コンテナ環境では,メモリやディスク・フットプリントの⼩ささや,起動時間の短さが,
    コストや運⽤の柔軟性に直結する
    n 公式コンテナイメージをレジストリ上で公開
    – Docker HubやRed Hatレジストリで,最新のFixpackを適⽤したイメージを毎⽉公開
    – イメージを作成したDockerfileもGitHub上で公開されているため,
    カスタマイズや独⾃イメージの作成も容易
    n コンテナ環境に対応したライセンス
    – OpenShiftやKubernetes環境に,IBM License Serviceを導⼊することで,
    コンテナライセンスを利⽤可能
    – IBM License Serviceの稼働確認が取れたパブリック・クラウドをEligible Public Cloudとして公開
    BYOSL(ライセンス持ち込み)によるクラウド上での利⽤が可能
    36

    View full-size slide

  37. @2022 IBM Corporation
    IBM Automation Software
    Liberty の利⽤⽅法を学習する
    n https://openliberty.io/guides/
    – JDK,Git,Mavenがあれば実⾏できる
    チュートリアルを多数提供
    n英語での提供だが
    ブラウザの翻訳機能で
    きれいに⽇本語化される
    37

    View full-size slide

  38. @2022 IBM Corporation
    IBM Automation Software
    現在つかっている Java EE アプリが Liberty で動くか確認する
    n Migration Toolkit for Application Binaries
    – https://www.ibm.com/support/pages/migration-toolkit-application-binaries から無料で⼊⼿可能
    n JDK上で稼働するJavaアプリケーション
    – EAR / WARファイルを調査して,アプリで使⽤しているAPIがLibertyで利⽤できるか,修正は必要かなどを調査
    – 結果をHTMLで出⼒,ブラウザで開いて結果を確認
    n コマンドラインから以下のように実⾏
    $ java -jar binaryAppScanner.jar
    --sourceJava=[oracle5|oracle6|oracle7|oracle8|ibm7|ibm8]
    --sourceAppServer=[weblogic|jboss|tomcat|was90|was85|was80|was70]
    --targetJava=[ibm8|java11|java17]
    --targetAppServer=liberty
    38

    View full-size slide

  39. @2022 IBM Corporation
    IBM Automation Software
    まとめ
    n Open Libertyは,無料で利⽤できるエンタープライスJavaの実⾏環境
    n ⾼速・軽量で,モダンな開発・運⽤スタイルにも対応
    クラウド・ネイティブの世界でもJava EEを活⽤できる
    n 最新のJakarta EE仕様やMicroProfile仕様にも,いちはやく対応
    n ⼀⽅で,バージョンアップしても昔のAPIが使⽤できるため,
    作ったアプリケーションを,より⻑く活⽤することができる
    n Platform as Codeやコンテナ環境にも最適で,
    いままでの資産を引き継ぎつつ,エンタープライズJava環境のモダナイズが可能
    39

    View full-size slide

  40. @2022 IBM Corporation
    IBM Automation Software
    Liberty Dojo
    40
    開催⽇・時間 タイトル 担当
    6/28(⽕) 17-18時 Cloud Nativeの世界でもJava EEを使える︕
    OSSの実⾏環境 Open Liberty
    ⽥中 孝清
    7/12(⽕) 17-18時 Libertyの基本的な構成⽅法 ⽥中 孝清
    7/20(⽔) 13-14時 tWASからLibertyへのモダナイズ カスタマー
    サクセスマネージャ有志
    8/2(⽕) 17-18時 MicroProfileを触ろう ⾺場 剛
    申込はIBM Tech / Developer Dojoへ
    https://ibm-developer.connpass.com/

    View full-size slide