Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

QAとDevで作る自動化テスト

Toshinari
November 08, 2022

 QAとDevで作る自動化テスト

Toshinari

November 08, 2022
Tweet

Other Decks in Technology

Transcript

  1. QAとDevで作る自動化テスト Toshinari⚡ (@10shinari) 1

  2. 自己紹介 2 • Toshinari(@10shinari) • サイボウズ株式会社 開発本部 kintoneチーム • QAエンジニア/スクラムマスター

  3. チーム紹介 3 • kintoneのフロントエンドを Closure ToolsからReactへ 技術刷新するチーム(通称:フロリア) • 『フロリア Cybozu』で検索すると、

    エンジニアブログにヒットします! • 4つの小さなチームに分かれて活動 • 1チームあたり6~7名 PO Dev SM QA Dev Dev
  4. 本日ご紹介する取り組み 4 QAのテスト仕様書をもとに、 Devがテストを実装 テスト仕様書とは 機能試験(要件や外部仕様をシステムが満たしている ことを確認する試験)のテスト仕様書のことを指す。 手動での操作を前提とした手順で構成されている。

  5. QAとDevのコミュニケーション 5 Devにテスト仕様書を渡して終わりではなく、 QAとDevでコミュニケーションをとりつつ進める • テスト目的のすり合わせ • QA内で暗黙的に実施している手順があると、DevとQAでテスト目的の認識にズレが生じる可能性があるため • テストのレイヤー決め(E2E/Integration/VRT)

    • 適切なレイヤーでテストを実装するため ※ Unitテストに関しては内部実装の把握が必要なためDevの観点でテストを実装 • 自動化するかどうかの判断 • 実装のコストが高い、テストが安定しない、自動化しても意味がない項目等は自動化しない
  6. メリット 6 • QAのテストのノウハウをテストコードとして品質に組み込め る • Devのテストスキルに依存せずに一定の品質を担保できる • Devからの実装視点のフィードバックにより、テスト仕様書 がブラッシュアップされる

  7. デメリット 7 • Devがテスト仕様書を解読するのに苦労する • DevとQAでテスト目的の認識にズレが生じるとQAの意図した テストでなくなる可能性がある • テスト仕様書の全ての項目を自動化できるわけではないので、 自動化するかどうかを判定する議論が必要

  8. チーム内の声 8 テスト仕様書をみることでQAのテストのノウハウを感じられた。 テスト仕様書をベースにしてテスト自動化してみて、率直にどんな感 想を持ちましたか? 安心してリファクタリングができる。 Dev Dev QA 私

    Devにテスト観点を説明することで、暗黙的に実施していたテスト観 点を再考するきっかけになった。
  9. 9 クロスファンク ショナル 完全分業ではなく、 QAとDevがお互いの領域 に踏み込んでいくことで、 チームにとって最適なフ ローを作り上げる。

  10. クロスファンクショナルな事例① 10 • Dev⇔QAのコミュニケーションコストを下げたい。 • Devの負担を減らしたい。 QAがソースコードにテストファイルを作成し、 予めテストファイルにテストの目的や自動化に寄り添ったテスト 手順をコメントアウトで記載する。

  11. クロスファンクショナルな事例② 11 • QAによるテスト設計の待ちをなくしたい QAはDevにテストのノウハウを伝授。Devがテスト設計⇒実装し、 QAがレビューをする体制をとる。

  12. 最後に 12 • 各チームの詳細な取り組みは、ブログや社外発表の場でアウト プットしていきますので、是非「フロリア」をチェックしてみ てください! • 質問や相談、雑談希望の方はお気軽にTwitterでDMをくださ い!(@10shinari) •

    サイボウズでは一緒に働いてくれるメンバーを募集しています。 ご応募お待ちしております!