Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

AJG2016_PGISSession

 AJG2016_PGISSession

日本地理学会特別セッション

E19e33bd30954fc1846f3d64863b7846?s=128

Toshikazu SETO

March 22, 2016
Tweet

Transcript

  1. 2016/03/22 日本地理学会「参加型GIS」シンポジウム@早稲田大学 1 ஍Ҭ՝୊ղܾʹ޲͚ͨ஍ཧۭؒ৘ใͷ ׆༻ͱγϏοΫςοΫ ੉ށ णҰ ౦ژେֶۭؒ৘ใՊֶݚڀηϯλʔɾಛ೚ॿڭ

  2. 2016/03/22 日本地理学会「参加型GIS」シンポジウム@早稲田大学 2 Contents • シビックテックとは何か? –シビックテックと地理情報科学・地理学 –海外・アメリカ(Code  for  America)での状況

    • 日本におけるオープンデータ・シビックテック –日本のオープンデータの概要 –Code  for  Japanを中心とするシビックテックの実 践・事例 • まとめ・課題
  3. 2016/03/22 日本地理学会「参加型GIS」シンポジウム@早稲田大学 3 γϏοΫςοΫͱ͸Կ͔ʁ

  4. 2016/03/22 日本地理学会「参加型GIS」シンポジウム@早稲田大学 4 Source:  http://hackforchange.org/

  5. 2016/03/22 日本地理学会「参加型GIS」シンポジウム@早稲田大学 5 ࢢຽͷ࣏ࣗͱ ΦʔϓϯͳςΫϊϩδʔɾσʔλΛ௨ͯ͡ ஍Ҭ՝୊΍ࣾձ՝୊ͷղܾΛ໨ࢦ͢ Knight  Foundation  (2013):  The

     Emergence  of  Civic  Tech:  Investments  in  a  Growing  Field
  6. 2016/03/22 日本地理学会「参加型GIS」シンポジウム@早稲田大学 6 Review  of  Policy  Research  31(4),  pp.349–357,  2014

  7. 2016/03/22 日本地理学会「参加型GIS」シンポジウム@早稲田大学 7 Government  Information  Quarterly  32  (2015)  308–315

  8. 2016/03/22 日本地理学会「参加型GIS」シンポジウム@早稲田大学 8

  9. 2016/03/22 日本地理学会「参加型GIS」シンポジウム@早稲田大学 9 AAG2015:    Civic  technology:  governance,  equity  

    and  inclusion  considerations • シビックテックを支える組織・ツールのあり方/ 行政へのサポート課題は? – オープンデータは無料と捉えられがちだが、実際には整 備に際し、費用や手間がかかっていることを認識する – ハッカソンを通したビジネスの確立(成果)を求めがちだ が、それは真の市民参加なのか? – 行政と市民エンジニアの仲介(アカデミックやNPO)が必 要 • シビックテックによる社会的影響を評価する方法 は? – 費用対効果(例えば、オープンデータ化で情報公開請求 が減るなど行政の人的コストの削減) – 行政内機構をテクノロジーで変えられるか?
  10. 2016/03/22 日本地理学会「参加型GIS」シンポジウム@早稲田大学 10 Source:  http://www.codeforamerica.org/

  11. 2016/03/22 日本地理学会「参加型GIS」シンポジウム@早稲田大学 11 Source:  https://www.codeforamerica.org/brigade/

  12. 2016/03/22 日本地理学会「参加型GIS」シンポジウム@早稲田大学 12 Github:ツール&データに対する Web上でのオープンな共有(≒二次利用可能)プラットフォーム Source:  https://github.com/codeforamerica/

  13. 2016/03/22 日本地理学会「参加型GIS」シンポジウム@早稲田大学 13 Adapt-­‐a-­‐Hydrant:消火栓維持管理 (fork  193) Source:  http://adopt-­‐a-­‐hydrant.herokuapp.com/

  14. 2016/03/22 日本地理学会「参加型GIS」シンポジウム@早稲田大学 14 Streetmix:  道路マネジメントデザイン(fork  44) Source:  http://streetmix.net/

  15. 2016/03/22 日本地理学会「参加型GIS」シンポジウム@早稲田大学 15 Transitmix:  交通計画のマネジメントツール →remix社として起業 Source:  http://getremix.com/#platform https://www.codeforamerica.org/blog/2014/07/07/transitmix-­‐design-­‐your-­‐perfect-­‐bus-­‐system/

  16. 2016/03/22 日本地理学会「参加型GIS」シンポジウム@早稲田大学 16 Source:  http://chihacknight.org/

  17. 2016/03/22 日本地理学会「参加型GIS」シンポジウム@早稲田大学 17 Open  Gov  Hack  Night  #152@2015.04.21 基本的に毎週火曜夜に開催 https://www.flickr.com/photos/91210421@N03/161

    46831300/
  18. 2016/03/22 日本地理学会「参加型GIS」シンポジウム@早稲田大学 18 ೔ຊʹ͓͚Δ ΦʔϓϯσʔλɾγϏοΫςοΫͷঢ়گ

  19. 2016/03/22 日本地理学会「参加型GIS」シンポジウム@早稲田大学 19 Global  Open  Data  Index  2015 http://2015.index.okfn.org/place/

  20. 2016/03/22 日本地理学会「参加型GIS」シンポジウム@早稲田大学 20 • 県:21県/47県(44.7%) • 市町村: 116地域/1,718地域(6.7%) • うち、政令指定都市:14都市/都市20(70.0%)

    • うち、中核市:15都市/45都市(33.3%) • 区(横浜市、大阪市など): 26区 ▪:県 ◆:政令指定都市 ◆:中核市 ◆:市町村 (2015年8月末の公開時点から集計) 合計163団体で公開
  21. 2016/03/22 日本地理学会「参加型GIS」シンポジウム@早稲田大学 21 Data.go.jp公開 Code  for  Japan  Summit 電子行政 オープンデータ戦略

    世界最先端IT国家創造宣言 G8  OpenDataCharter 鯖江市 静岡県 金沢市 横浜市 千葉市 会津若松市 石川県白石市 埼玉県戸田市等 静岡県静岡市 データ数:18,245 (2015年8月末までに開設された オープンデータサイト)
  22. 2016/03/22 日本地理学会「参加型GIS」シンポジウム@早稲田大学 22 都市 団体 位置情報有 (%) 位置情報無 (%) 合

    計 都道府県 21 1,825 10.0% 3,097 17.0% 4,922 政令指定都市 14 836 4.6% 4,516 24.8% 5,352 中核市 15 705 3.9% 644 3.5% 1,349 市町村 87 1,576 8.6% 4,718 25.9% 6,294 区部 26 96 0.5% 232 1.3% 328 合 計 163 5,038 27.6% 13,207 72.4% 18,245
  23. 2016/03/22 日本地理学会「参加型GIS」シンポジウム@早稲田大学 23 カテゴリ 都道府県 政令市 中核市 市町村 区部 合計

    位置 情報有 (%) 統計 305 2,776 66 2,299 0 5,446 109 2.0% 人口 713 1,071 585 838 16 3,223 532 16.5% 子育て・教育 333 222 85 592 34 1,266 463 36.6% 観光 707 272 31 115 11 1,136 766 67.4% 産業 857 54 40 72 0 1,023 101 9.9% 行政一般 245 223 49 461 8 986 710 72.0% 福祉・医療 316 86 95 430 6 933 488 52.3% 防災 284 128 61 398 8 879 378 43.0% 環境 277 82 106 152 3 620 227 36.6% 施設 98 87 75 152 10 422 382 90.5% 財政 258 34 16 89 0 397 59 14.9% 農林水産業 299 0 31 63 0 393 95 24.2% 交通 42 179 29 123 3 376 350 93.1% 広報 3 32 31 64 227 357 28 7.8% 選挙 70 3 19 236 0 328 54 16.5% インフラ 90 67 21 103 0 281 209 74.4% 防犯・事故 21 24 4 61 1 111 19 17.1% AED 4 12 5 46 1 68 68 100% 合計 4,922 5,352 1,349 6,294 328 18,245 5,038 27.6%
  24. 2016/03/22 日本地理学会「参加型GIS」シンポジウム@早稲田大学 24 Photoed by  Fumihiko Kato 現在38+24(認定準備中)

  25. 2016/03/22 日本地理学会「参加型GIS」シンポジウム@早稲田大学 25 2015年11月14日「アーバンデータチャレンジ2015  in  金沢ハッカソン」(約20名参加)

  26. 2016/03/22 日本地理学会「参加型GIS」シンポジウム@早稲田大学 26 Source:  http://5374.jp/ Code  for  Kanazawa:  5374.jp  (fork

     395)
  27. 2016/03/22 日本地理学会「参加型GIS」シンポジウム@早稲田大学 27 FixMyStreet:  街の不具合報告ツール(fork  136) 英国発祥のオープンソースプロジェクト Source:  https://www.fixmystreet.jp/ •

    愛知県半田市・大分県別府市で本運用 • 大阪市・北海道室蘭市・福島県郡山市等で試験運用
  28. 2016/03/22 日本地理学会「参加型GIS」シンポジウム@早稲田大学 28 Code  for  Sapporo:  さっぽろ保育園マップ(fork  27) Source:  http://papamama.codeforsapporo.org/

  29. 2016/03/22 日本地理学会「参加型GIS」シンポジウム@早稲田大学 29 まとめ・課題 • シビックテックx  オープンデータ – 地域課題に対するオープン(二次利用可)データの有効性 –

    オープンソースやGithub(ソーシャルコーディング)を介した ツール・事例の共有 – ハッカソン・アイデアソン等のイベントを通じた知識創出→一 限的にならないように • シビックテックx  オープンデータx  地理学・地理情報科学 – 地域課題=地理空間情報の整備/読み解くためのスキル – アプリケーション+地理空間情報の加工・解析・可視化の技 術を活用すること – シビックテック継続のネットワーキング・担い手育成 • ex.  LOCAL  GOOD  YOKOHAMA,  Code  for  America/Japanの Fellowship?
  30. 2016/03/22 日本地理学会「参加型GIS」シンポジウム@早稲田大学 30 Thank  you  & Questions ? tosseto@csis.u-­‐tokyo.ac.jp http://researchmap.jp/tosseto

    This  research  was  supported  by  JSPS  KAKENHI  Grant  Numbers  25870907,  25244042,  15K03008.
  31. 2016/03/22 日本地理学会「参加型GIS」シンポジウム@早稲田大学 31

  32. 2016/03/22 日本地理学会「参加型GIS」シンポジウム@早稲田大学 32 0 20 40 60 80 100 120

    140 0 20 40 60 80 100 120 140 160 180 200 adopt,a,hydrant codeforamerica.org click_that_hood ohana,api honolulu_answers codeofconduct brigade bizfriendly,web ohana,web,search annual citygram CutePets cfapi streetmix beyondtransparency recordtrac cityvoice opencounter follow,all trailsy srtracker adopt,a,siren city,analytics,dashboard public_art_finder CutePetsDenver balance cfa_coder_sounds textizen councilmatic howto congress open311dashboard promptly oakland_answers brigade,alpha civic,tech,patterns naics,api cfawp2012 blightstatus Transit,Map,in,TileMill trailsyserver somerville,teacher,tool office,screen OpenReferral transpochoices open311 straymapper OpenTrails wheresmyschoolbus prepared.ly three civic,issue,finder skillshares denver,schedules US,Census,Area,API hello,dog cfa,orgchart Forks Issues CfAの提供ツールの集計:全575種類、57のツールが10 fork以上
  33. 2016/03/22 日本地理学会「参加型GIS」シンポジウム@早稲田大学 33 市民 行政 参加型GIS =意思決定 支援ツール Neogeography =先端のITジオツー

    ル、可視化手法 VGI =地域情報の収 集・テーマ型マッピ ング オープンデータ (特に地理空間 情報) シビックテックを介した市民x行政の可能性 アカデミック?
  34. 2016/03/22 日本地理学会「参加型GIS」シンポジウム@早稲田大学 34 2013年年から始まり、 今年年で三回⽬目! 他コンテストとの 重複応募も⼤大歓迎! 5 http://urbandata-­challenge.jp/ 34

  35. 2016/03/22 日本地理学会「参加型GIS」シンポジウム@早稲田大学 35 アーバンデータチャレンジ2015実行委員 実⾏行行委員⻑⾧長 関本義秀(東京⼤大学⽣生産技術研究所) 事務局 伊藤顕⼦子(⽇日本⼯工営㈱)、東修作 (Open  Knowledge

     Foundation  Japan)、 瀬⼾戸寿⼀一・⽮矢崎裕⼀一(東京⼤大学空間情報科学研究センター)、⼭山本尉太(国際 航業㈱)、関治之(合同会社Georepublic Japan) ⾃自治体、 省省庁、公的 団体 三好洋久(千葉葉県流流⼭山市総合政策部⾏行行政改⾰革推進課)、関⼝口昌幸(神奈奈川県横 浜市政策局政策課)、宮⾥里里孝則(経済産業省省商務情報政策局情報政策課)、 坂下哲也・郡司哲也・飯⽥田哲・恩⽥田さくら(⼀一財 ⽇日本情報経済社会推進協会) ⼤大学、 有識識者 浅野耕⼀一(秋⽥田県⽴立立⼤大学システム科学技術学部)、河⼝口信夫(名古屋⼤大学⼤大学 院⼯工学研究科)、川島宏⼀一(筑波⼤大学システム情報系社会⼯工学域)、神武直彦 (慶應義塾⼤大学システムデザイン・マネジメント研究科)、⼩小林林亘(東京電機 ⼤大学)、仙⽯石裕明(NPO法⼈人伊能社中)、⻑⾧長井宏平(東京⼤大学⽣生産技術研究 所)、⻄西沢明(東京⼤大学空間情報科学研究センター)、⻑⾧長⾕谷川瑶⼦子(東京⼤大学 ⼤大学院⼯工学系研究科修⼠士課程) ⺠民間 企業 ⼤大伴真吾、嘉⼭山陽⼀一(朝⽇日航洋 ㈱)、伊藤誠敏・濱⾥里里学(㈱ インターネットイ ニシアティブ)、⾼高橋陽⼀一(㈱ インディゴ)、⻘青島⻯竜也(NTT空間情報㈱)、 ⼭山⼝口章平・藤津克彦(㈱建設技術研究所)、政⽊木英⼀一・⽯石井邦宙(アジア航測 株式会社)、⼭山本尉太・和⽥田陽⼀一・野路路桂⼦子(国際航業㈱)、⽚片柳柳貴⽂文(⽇日本 ⼯工営㈱)、鈴鈴⽊木茂雄・久保⽥田優⼦子(ESRIジャパン㈱) データ提供 ⽀支援拠点 橋詰秋⼦子(国⽴立立国会図書館電⼦子情報部電⼦子情報流流通課) 太⽥田恒平・野津直樹(株式会社 ナビタイムジャパン) 35
  36. 2016/03/22 日本地理学会「参加型GIS」シンポジウム@早稲田大学 36 「地域の課題解決?」とはいえ簡単ではない… アーバンデータチャレンジが注⽬目する重要なリソース (1)Place:各地域のキーパーソン・場 20の地域拠点で活動、活動経費の補助 (2)Collaboration:エンジニア・デザイン・ 専⾨門知識識を持った⽅方々による「多様な」連携 (3)Data:地域に関わるオープンデータの

    流流通量量を質・量量ともに増やせるか そもそものUDCの⽬目指すところ 36
  37. 2016/03/22 日本地理学会「参加型GIS」シンポジウム@早稲田大学 37 Powered  by  CartoDB 2015 2014第1期拠点ブロック 2015第2期拠点ブロック ▪第2期拠点

    地域拠点コーディネータ⼀一覧 岩⼿手ブロック ⼩小野寺 正寿 ⼀一関市商⼯工労働部⼯工業課 福島ブロック 藤井 淳 会津若若松市総務部情報政策課 福島ブロック 猪股 秀⾏行行 公益財団法⼈人郡⼭山地域テクノポリス推進機構 滋賀ブロック 楠・柳柳井 ⼤大津市役所政策調整部情報システム課 奈奈良良ブロック 佐藤 拓拓也 Code   for  IKOMA 和歌⼭山ブロック 三嶋 信史 橋本市企画部企画経営室 ⿃鳥取ブロック ⽥田中 健⼀一 ⿃鳥取県総務部情報政策課 ⿃鳥取ブロック 東野 正幸 Code   for  Tottori/⿃鳥取⼤大学総合メディア基盤セン ター ⿃鳥取ブロック 井上 仁 ⿃鳥取⼤大学総合メディア基盤センター ⼭山⼝口ブロック ⽶米冨 ⻯竜太 ⼭山⼝口市総務部情報管理理課 愛媛ブロック 兼久 信次郎郎 Code   for  DOGO 愛媛ブロック 中川 祐治 愛媛⼤大学・Code   for  DOGO 佐賀ブロック ⽜牛島 清豪 Code   for  Saga ⿅鹿鹿児島ブロック 中窪 悟 肝付町企画調整課 ▪第1期拠点 地域拠点コーディネータ⼀一覧 北北海道ブロック 丸⽥田 之⼈人 室蘭市企画財政部企画課[⾼高度度情報推進] 北北海道ブロック 川⼝口 陽海 室蘭市企画財政部企画課[⾼高度度情報推進] 茨城ブロック 北北條 佳孝 ⽔水⼾戸市市⻑⾧長公室情報政策課 東京ブロック 中平 健⼆二朗 ⽇日野市企画部地域戦略略室 神奈奈川ブロック 関⼝口 昌幸 横浜市政策局政策課 神奈奈川ブロック ⽯石塚 清⾹香 ⾦金金沢区地域振興課 ⽯石川ブロック 福島 健⼀一郎郎 ⼀一般社団法⼈人コード・フォー・カナザワ 静岡ブロック 浦⽥田 芳孝 静岡県企画広報部情報統計局情報政策課 ⼤大阪ブロック 古崎 晃司 ⼤大阪⼤大学産業科学研究所/LODチャレンジ実⾏行行委員 会関⻄西⽀支部 島根ブロック 野⽥田 哲夫 島根⼤大学法⽂文学部 徳島ブロック 吉川 満 徳島県政策創造部統計戦略略課 徳島ブロック 坂東 勇気 Code   for  Tokushima 徳島ブロック 新久保 渡 徳島県政策創造部統計戦略略課 福岡ブロック 坂本 好夫 公益財団法⼈人九州先端科学技術研究所プロジェクト 推進部(BODIK) 福岡ブロック 村上 和彰 九州⼤大学システム情報科学研究院/九州先端科学技 術研究所 福岡ブロック 梶原 信⼀一 福岡アジア都市研究所 福岡ブロック ⾦金金丸 宗継 福岡市総務企画局ICT戦略略室 福岡ブロック ⼤大森 絵美 福岡市総務企画局ICT戦略略室 (1)2015年年は、20地域拠点(都道府県単位)!
  38. 2016/03/22 日本地理学会「参加型GIS」シンポジウム@早稲田大学 38 38

  39. 2016/03/22 日本地理学会「参加型GIS」シンポジウム@早稲田大学 39 ※組織連携状況は,⼀一部推定を含んでいるため事実と異異なる可能性があります ブロック 中⼼心都市 参画時期 イベント 実施回数 組織連携(推定)

    OD 官 学 産 ⺠民 公開 北北海道 室蘭市 2014 3 ||| ◎ ◯ ✕ ◯ ◯ 茨城 ⽔水⼾戸市 2014 2 || ◎ △ ✕ ◯ ◯ 東京 ⽇日野市 2014 3 ||| ◎ ◯ ◯ △ ◯ 神奈奈川 横浜市 2014 3 ||| ◎ ◯ ◯ ◯ ◯ ⽯石川 ⾦金金沢市 2014 5 ||||| △ △ ? ◎ ◯ 静岡 静岡市 2014 2 || ◎ ◯ ◯ ◯ ◯ ⼤大阪 ⼤大阪市 2014 2 || ✕ ◯ △ ◎ △ 島根 松江市 2014 1 | ◯ ◎ ✕ ✕ ✕ 徳島 徳島市 2014 1 | ◎ △ ? △ ◯ 福岡 福岡市 2014 3 ||| ◯ ◯ ◎ △ ◯ 岩⼿手 ⼀一関市 2015 5 ||||| ◎ ◎ △ ✕ ✕ 福島 会津若若松市 2015 3 ||| ◎ ◎ ◎ ◎ ◯ 福島 郡⼭山市 2015 4 |||| ◎ ◯ ◎ ◎ ✕ 滋賀 ⼤大津市 2015 3 ||| ◎ ? △ ◎ ◯ 奈奈良良 ⽣生駒市 2015 3 ||| △ △ ? ◎ ◯ 和歌⼭山 橋本市 2015 1 | ◎ ◯ ? ◦ ◯ ⿃鳥取 ⿃鳥取市 2015 2 || ◎ ◎ △ ◎ ◯ ⼭山⼝口 ⼭山⼝口市 2015 1 | ◎ ✕ △ △ △ 愛媛 松⼭山市 2015 2 || △ ◯ ? ◎ ✕ 佐賀 佐賀市 2015 2 || ◯ △ ? ◎ △ ⿅鹿鹿児島 肝付町 2015 1 | ◎ ✕ ✕ △ ✕ 39
  40. 2016/03/22 日本地理学会「参加型GIS」シンポジウム@早稲田大学 40 (2) 強力な専門家パートナー 国⽴立立国会図書館 デジタルコレクション 経路路検索索条件など データ提供 地域拠点(3拠点)+協議会

    として、活動⽀支援&特別賞 オープンガバメント推進協議会 (9県市協議会) 40
  41. 2016/03/22 日本地理学会「参加型GIS」シンポジウム@早稲田大学 41 2015年年8⽉月8⽇日「NDL利利活⽤用ワークショップ」 2015年年9⽉月30⽇日「⼈人の流流れ研究会ワンデイセミナー」 41

  42. 2016/03/22 日本地理学会「参加型GIS」シンポジウム@早稲田大学 42 (3)データポータルによる提供(DKAN): 47地域・約2,500件(2014)→153都市・約5,000件 (調査では18,000件以上のデータを確認) Powered  by  dkan http://udct-­data.aigid.jp/

    42
  43. 2016/03/22 日本地理学会「参加型GIS」シンポジウム@早稲田大学 43 賞⾦金金総額 200万円!* アーバンデータチャレンジ2015 作品概要:平成27年年12⽉月25⽇日(⾦金金)まで 作品締切切:平成28年年1⽉月29⽇日(⾦金金)まで *  賞⾦金金総額は、応募状況により変更更の可能性があります

    アプリケーション データ・可視化 アイデア ソリューション ⾦金金賞 50万円 10万円 10万円 10万円× 2〜~3作品程度度 銀賞 30万円 5万円 5万円 銅賞 10万円 -­-­-­ -­-­-­ ⾃自治体 特別賞 オープンガバメント推進協議会賞、⾃自治体特別賞(⽔水⼾戸市⻑⾧長特別賞、⽇日野 市賞、静岡市賞、橋本市⻑⾧長特別賞)、学⽣生奨励賞 ※各賞該当なしの場合もあります。 http://urbandata-­challenge.jp/ 43
  44. 2016/03/22 日本地理学会「参加型GIS」シンポジウム@早稲田大学 44 UDC2015作品応募概要 • 概要エントリー総数:194(前年度:76) • 作品本応募総数:158(昨年:56)・応募率81.0% • UDCシンポジウム&

    地域拠点開催イベントからの応募:71作品(45.0%) (福島:9,神奈川:8,NDL:6,東京:5,北海道・鳥取・静岡・奈良:4 …) 【本作品の応募内訳】 • アプリケーション部門:54作品 • データ・可視化:30作品 • アイデア部門:63作品 • ソリューション部門:11作品 44
  45. 2016/03/22 日本地理学会「参加型GIS」シンポジウム@早稲田大学 45 45 部⾨門 作品名 アプリケーション部⾨門・⾦金金賞 北北海道統計データ閲覧ツールseseki アプリケーション部⾨門・銀賞 ⼤大津祭曳⼭山ストーリーテラー

    アプリケーション部⾨門・銅賞 マプコXD  〜~マップでつなぐ、地域コミュニケーション!〜~ データ・可視化部⾨門・銀賞 さすけね降降雪情報登録システム データ・可視化部⾨門・⾦金金賞 交通量量計測器TRAPO アイデア部⾨門・⾦金金賞 陣痛ダイアリーによる男⼥女女共同参画社会をめざすKODOプロジェ クト アイデア部⾨門・銀賞 tenbin ソリューション部⾨門 写真で紐紐解くたまがわ ソリューション部⾨門 会津若若松市空間位置情報付き写真データの整備と普及 UDC2015受賞作品