Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

UiFes 2021【UiPathセッション】秋の自動化 大感謝祭! ユーザーと創るオートメーションの未来

UiFes 2021【UiPathセッション】秋の自動化 大感謝祭! ユーザーと創るオートメーションの未来

UiPath Friends Festival 2021 UiPathセッション資料
セマンティック・オートメーションが切り拓くこれからの自動化とは?
待望の新リリース!進化の止まらないUiPathプラットフォーム最新バージョン2021.10 LTSからイチ押し製品を交えてご紹介します。さらにUiPathがコミュニティから学んだ現場のパワーが組織を変える、ユーザーと共に創る未来について、4人のUiPathのプロフェッショナルたちが熱く語ります!

UiPath Friends

October 30, 2021
Tweet

More Decks by UiPath Friends

Other Decks in Technology

Transcript

  1. 原田 英典 夏目 健 早坂 俊彦 遠藤 哲重 @HarataHidenori @KenNatsume

    @Toshi_RPA @TetsujiEndo 【UiPathセッション】 秋の自動化 大感謝祭! ユーザーと創るオートメーションの未来
  2. 2 【UiPathセッション】 秋の自動化 大感謝祭! ユーザーと創るオートメーションの未来 エバンジェリスト 担当製品 発見 管理 コメント・ご質問等

    Twitter にてお待ちしてます。 #UiPathFriends #UiFes を忘れずに!
  3. 3 UiPath株式会社 プロダクト & イベント マーケティング部 原田 英典

  4. 4

  5. 5

  6. 6

  7. 7

  8. 8 The UiPath 2021.10 の 4つの製品テーマ さらに進化した クラウド ネイティブ な運用環境

    もっと つくりやすく つかいやすく UiPath Integration Service 提供開始 高度な自動化基 盤の大規模展開 と統合運用
  9. 9 9 UiPath Integration Service 提供開始 複雑なアクセス管理を一元的に運用 01 02 03

    あらゆるシステム連携を容易にする API Automation コネクターライブラリ システム側のイベントをトリガーにして UiPath の自動化プロセスを実行可能に UiPath の UI Automation とシームレスに連携可能な 最先端の API automation を提供 API Automation をより多くの場面で スムーズに活用することを可能にする機能強化
  10. 10 10 高度な自動化基盤の大規模展開と統合運用 ガバナンス & セキュリティ • エンドポイントでのセキュリティ検知と対応実施 • ガバナンスとソース管理の強化

    01 02 03 運用管理 & レジリエンシー • ロボットとクライアントの自動更新 • Robot self-healing サポートライフサイクル • 2021.10 に含まれる製品は 2+1 年の製品サ ポート対象に 企業の基幹情報基盤としての自動化運用の実現
  11. 11 11 もっとつくりやすく・もっとつかいやすく UiPath Apps のデザイン機能、制御機能、データ サービス対応を強化 01 02 03

    ロボットのクロスプラットフォーム対応 Process Mining のコネクターとフレームワー クの強化 UiPath 開発者と利用者向けの機能強化 04 05 Forms AI (preview) AI による開発支援機能やAIソリューションテ ンプレート
  12. 12 さらに進化したクラウドネイティブな運用環境 容易な展開とバージョン管理 01 02 03 エンドツーエンドの自動化基盤の統合運用 インフラ管理を統合 低コストと高可用性の実現 クラウドとオンプレで運用可能な

    モダンな自動化基盤 ユニバーサルプラットフォームに向けた さらなる進化 04 Automation Suite Automation Cloud 01 Test Manager と Process Mining の提供
  13. 13 まだまだあります LTS21.10 の強化点 Task Mining • On-premises deployment •

    Integrations with Automation Hub and Task Capture • PII Masking Process Mining • TemplateOne • Support for Automation Cloud Automation Hub • Customize the detailed assessment • On-premises support • Automation Hub and Studio Integration Task Capture • Detect and merge same-screen actions • Import from Microsoft Visio • Combine two documents • Updated diagram editor Studio Family • Cross platform automation • Object repository in StudioX • Studio X - Source control with GIT • StudioX – Citizen developer experience improvements • Capture all elements with Computer Vision • Feeds management with Automation Ops • API activities via new UiPath Integration Service Document Understanding • Forms AI (Preview in Cloud) • New out-of-the-box models • Automation Suite support for simplified on- premises deployment Marketplace • Integration with Assistant • Ready-to-go automations • Marketplace templates will be available in Studio template feed • Monetization for custom activities Integration Service - New • Large library of connectors for the systems you use • Extensibility for simple creation of additional connectors • Robust connection management with separate design and runtime support • Server-side triggers to support wide range of automation scenarios • Connector governance Automation Cloud •Support for additional products in Migration Tool •Click try buy experience for cloud service •Additional auth & governance options Automation Suite- New •Enterprise-Ready Suite •Flexible Installation, Easy Update •Integrated Infrastructure and Cluster Management Orchestrator •Package, User, and Machine management made easy •Robot, Studio and Assistant Auto Update AI Center •Improved on-premises install experience •Email AI solution template to simplify adoption •Project level Access Control •New and improved out of the box models •Robust data labeling Test Manager •Support for Automation Cloud Insights •Ingesting of all Robot logs •Advanced Reporting •Cross-tenant reporting •Revamped Experience Robots •Endpoint Protection Integration •Robot Auto Healing •Runtime Governance • Linux support IT Automation • Support for additional container and VDI technologies • Google Cloud (GCP) activity pack for Identity and Access Management Assistant •Support for Integration Service •Discover and install ready-to-go automations from UiPath Marketplace and internal Automation Store •Ability to run automations from the Windows start menu •Integration with Task Capture and Automation Hub Apps •Support for on-premises •More controls including File Upload •Expressions •Data Service integration •Performance improvements Action Center •Bulk handling of actions •Action management portal •More options to resume a workflow Manage Run Engage Build Discover The 2021.10 Release - 100s of customer-driven new platform capabilities
  14. 2021年12月1日(水) Reboot Work Festival 2021 Japan https://uipath-today.eventos.tokyo/web/portal/278/event/3760/

  15. 15 自己紹介 UiPath 株式会社 ソリューション本部 エバンジェリスト 夏目 健 エバンジェリスト 担当製品

    発見 管理
  16. 16 現在 未来 セマンティック・オートメーション プロセス主体の自動化から目的主体の自動化への進化 <請求書処理の自動化設計の例> 細部まで 人が指定 細部は ロボットが

    自己設計 RPA セマンティック オートメーション 主要部分 のみ 人が指定 請求書データを指定 SAPにログイン 例外があれば報告 請求内容を判別 アカウント名を抽出 日付を抽出 金額を抽出 アカント名を検索 日付と金額を入力 消費税を計算 保存を実行 すべてを ロボットが 設計 請求書データを指定 SAPにログイン 例外があれば報告 請求内容を判別 アカウント名を抽出 日付を抽出 金額を抽出 アカント名を検索 日付と金額を入力 消費税を計算 保存を実行 請求書データを指定 SAPにログイン 例外があれば報告 請求内容を判別 アカウント名を抽出 日付を抽出 金額を抽出 アカント名を検索 日付と金額を入力 消費税を計算 保存を実行 © 2021 UiPath K.K.
  17. 17 UiPath 「発見」 フェーズ製品 業務フローの可視化と監視 • ITシステムのログから自動的に 業務フローを可視化 • 事実ベースで業務課題を見つけ出す

    • 継続的な業務監視の活用 自動化案件を管理 • 全社的に業務担当者からの自動化 アイデアを収集 • 優先付けを行い開発を進め、RPA プロジェクトを効率化 • 再利用可能なコンポーネントの 管理 業務定義書の自動生成 • ユーザー作業をキャプチャし、 業務フロー図を生成 • 業務手順書を自動的に生成 UiPath「発見」フェーズ製品を活用し、ITシステムデータ、ユーザーデスクトップ、 業務担当者のアイデアから自動化対象となる業務の選定と管理をサポート RPA 化候補を選定 • 日常のユーザーの作業を 自動的にレコーディング • 自動化に向いている作業を AI により自動的に選定 2022年日本販売開始予定
  18. 18 業務担当者と開発者が別の場合 業務の詳細フローの説明ドキュメント 作成されたドキュメントの品質が低く、追加ヒアリングが何度も 発生する ドキュメントのテンプレートを作成するが、入力項目数が多いなど、 手間になることで自動化を断念される

  19. 19 ビジネス プロセス マッピング ドラッグ&ドロップにより、簡単に包括的なプロセスダイアグラムを作成 ドキュメントによる共有 業務プロセスドキュメントの価値をビジネス全体へ広げる 編集ツール 業務詳細などの重要な情報を簡単に編集/追加 ビジネス

    プロセス レコーディング 業務プロセスの実施方法をステップごとに自動的に記録 開発の加速化 UiPath プラットフォームとの統合 正確で高度なビジネス プロセス ドキュメントを作成
  20. 20

  21. 21

  22. 22

  23. 23 RPA の活用効果の報告 定量的な効果で説明ができない 個人の時間削減だけでは説得力がでない 効果の伝え方が難しい

  24. 24 Process Mining は IT システムのデータを読み込み、直感的なプロセスグラフや各種ダッシュ ボードへ変換を行い、課題の発見、業務改善、監視において継続的に役立てることができます。 SLA/コンプライアンス違反の特定 RPA による解決

    ➢ 違反のチェックを自動化 ➢ 処理の自動化により違反を防止 承認を スキップ 時間のかかる処理の特定 RPA による解決 ➢ 自動化により時間短縮 RPA による解決 ➢ 申請前のチェックを自動化 ➢ ミスの原因となる処理を自動化 ミスなどによる処理のやり直しの特定
  25. 25 改善効果の確認 実施した改善効果について、自動化の活用状況、処理時間の改善などの観点から定量的に確認 2019年Q1 2019年Q2 2019年Q3 自動化活用状況 (自動化) 0%→99% スループット時間

    (請求書の処理) 9日→1.7時間 スループット時間 (全体) 15日→8日 自動化導入 自動化定着
  26. 26 製品のスコープの違い 業務フロー全体 目指す改善効果 • 複数部門や複数担当者を含む 業務全体の改善 • 全体フローの自動化(無人化) •

    企業/組織にとっての価値の創出 特定ユーザー/グループのタスク 目指す改善効果 • ユーザーの業務負荷の改善 • 特定の担当者/部門/タスクの 業務パフォーマンス改善
  27. 27

  28. 28 是非製品を試してみてください 何から始めていいか 分からない UiPath Academy の 敷居が高い UiPath はじめ方シリーズ

    UiPath 製品の入門ハンズオンシリーズ • デベロッパーブログにて公開中 https://www.uipath.com/ja/blog/developer • 無償ですべて試せます
  29. UiPath StudioXで実現! 個人イキイキ・企業躍進

  30. 30 自己紹介 UiPath株式会社 セールスコンサルティング第1部 早坂俊彦 元メーカー勤務の事務系人材 2018年~RPAの虜 独学→社内導入→運用/教育 2019年~UiPathコミュニティー 初心者向けに情報発信

    2020年~UiPath MVP受賞 ビジネスユーザー向け開発ツールStudioX愛 2021年~UiPath 入社 もっと多くの人に届けたい! © 2021 UiPath K.K.
  31. 31 ①自動化の部品を 選択 ②ドラッグ &ドロップ ③部品の設定 © 2021 UiPath K.K.

    ビジネスユーザーでも直感的に操作が可能なRPA開発ツールです とは まえおき
  32. 32 プログラミング 知識不要 日常使いのオフィス アプリと強い連携 シンプルで より直感的 DateTime.Now.Date.toString (”yyyy/MM/dd”) str.Substring(str.Length-2,1)

    変数 の特徴 まえおき © 2021 UiPath K.K.
  33. 33 2020 MVP受賞時の実現したい世界 © 2021 UiPath K.K.

  34. 34 1年間で分かったこと ①想定通り! ②ここが成功のPointだ! ビジネスユーザー × StudioXの効果 • 本当に簡単 •

    プログラミング知識不要 • 身の回りの作業をじゃんじゃん 多くの企業で成功事例 • 誰もが使う必須のツール • 社員が自主的な改善でイキイキ • RPAが企業文化 実現ストーリーは? © 2021 UiPath K.K.
  35. 35 今日お伝えしたいこと 個人がイキイキ ??? ??? 企業の躍進 ビジネスユーザー×StudioX成功の秘訣 で © 2021

    UiPath K.K.
  36. 36 「個人のイキイキ」が 「企業の躍進」 を実現するストーリー © 2021 UiPath K.K.

  37. 37 「個人がイキイキ」→「企業の躍進」ストーリー © 2021 UiPath K.K. 1.「個人の業務改善」の先に「企業のトップ構想」 2. デジタル人財力 Point

  38. 38 「個人がイキイキ」→「企業の躍進」ストーリー © 2021 UiPath K.K. 1.「個人の業務改善」の先に「企業のトップ構想」 2. デジタル人財力 Point

  39. 39 「個人がイキイキ」→「企業の躍進」ストーリー 例;友愛道株式会社の需給担当 販売予測 今月◦◦コ 売ります! 在庫 生産計画 月末までに ××コ完成します!

    今月100コ 追加生産お願いします 在庫Excel 販売Excel 生産Excel 計算Excel 売れなかった。。 部品の遅れで 200コ減ります! 売りたいのに 在庫ない。 すぐ作って! ずっと売れて ない在庫! 生産トラブル! 緊急対応に追われ、 通常ルーチーンの時間が無い © 2021 UiPath K.K. システムとシステムの間を 人間が繋いでいる
  40. 40 2030年 在庫・物流革命で 在庫ゼロオペレーション! 企業のトップ構想 © 2021 UiPath K.K.

  41. 41 販売予測精度 90% リードタイム 50%短縮 リアルタイム修正 営業 製造 需給 管理

    販売予測精度 90% リードタイム 50%短縮 リアルタイム修正 営業 製造 需給 管理 各本部の中期計画 © 2021 UiPath K.K.
  42. 42 調達 ◦◦%UP 生産 外注 配送 ××日短縮 営業 ◦◦%UP パートナー

    営業 営業 企画 ××日短縮 △△%UP ◦◦%UP ◦◦%UP 需給 企画 ◦◦%UP 需給 1課 ××日短縮 需給 2課 各部の中期計画 © 2021 UiPath K.K.
  43. 43 各課の中期計画 各人の中期計画 © 2021 UiPath K.K.

  44. 44 担当者 ◦◦製品群の 生産計画 リアルタイム修正 担当者 © 2021 UiPath K.K.

  45. 45 個人の 改善 各本部の 中期計画 企業の トップ構想 「企業のトップ構想」に繋がる自動化を StudioXでの改善 システムからダウンロード

    Excel計算 システムへのアップロード © 2021 UiPath K.K.
  46. 46 でも革命はそんなに簡単じゃない・・ 現状の改善だけでは辿り着かない →AIを初めとする”別のデジタル技術”や”新しい何か”が必要 2030年 在庫・物流革命で 在庫ゼロ! リードタイム 50%短縮 リアルタイム修正

    営業 製造 需給 管理 販売予測精度 90% お客さんの 都合で変わるし・・・ 夜間バッチだし 商品多いし 絶対無理 すでに精一杯! © 2021 UiPath K.K.
  47. 47 「個人がイキイキ」→「企業の躍進」ストーリー © 2021 UiPath K.K. 1.「個人の業務改善」の先に「企業のトップ構想」 2. デジタル人財力 Point

  48. 48 革新に必要な新しいデジタル技術 AI IOT ブロックチェーン NO! ビジネスユーザーみなさんの力が必要です! その道のプロに任せよう © 2021

    UiPath K.K. 量子コンピューター
  49. 49 StudiXから目指すデジタル人材像 業務改善 ワークフロー 改革 企業 革新 StudioX ロジカル シンプル

    商品企画 営業 受発注 革新 商品 AI のプロ 企画 のプロ 受発注 のプロ IOT のプロ 革新 ワーク フロー 営業 のプロ AI のプロ 受発注 のプロ 革新 サービス © 2021 UiPath K.K.
  50. 50 デジタル人財力が企業を革新 バリューチェーン内の全ての人が「デジタル人財として価値を創造」 企業の革新・躍進 © 2021 UiPath K.K.

  51. 51 「個人がイキイキ」→「企業の躍進」ストーリー © 2021 UiPath K.K. 1.「個人の業務改善」の先に「企業のトップ構想」 2. デジタル人財力 Point

    ビジネスユーザー×StudioXが企業を変える! おさらい
  52. 52 できるかなぁ・・? © 2021 UiPath K.K. はい。できます!

  53. 53 担当者から 自動化アイディアを募集 ビジネスユーザーでも使える ツールがたくさん 直感的に RPA開発! ・自動化案件の集中管理 ・再利用コンポーネント 業務プロセスを

    サクッと文書化 ツールの進化がすごい! © 2021 UiPath K.K.
  54. 54 一緒に学べる楽しい仲間がいる!

  55. 55 UiPath StudioXで 個人イキイキ・企業躍進 Fin

  56. 56 自己紹介 ◼ 名前 遠藤 哲重 / Endo Tetsuji ◼

    好きなアクティビティ ピボットを更新 ダウンロードを待つ IfElse ◼ 趣味 ✓ ヨガ、ワークアウト、ボルダリング ◼ 前職 Web開発, ビッグデータ, アドテク, アジャイル等 ◼ 現職 プロフェッショナルサービス本部 副本部長 技術サポート、開発、ベストプラクティス作成 管理職になってからも技術が好きで勉強中 ◼ コミュニティ活動 ※今日はここの話 もくもく会 各種イベント視聴 Twitter (@TetsujiEndo) Notes
  57. 57 好きなアクティビティ 【ダウンロードを待機】 v2020.4~ ダウンロード完了を待ってくれる ※ 以前は完了チェックの自作が面倒だった 【Else If】 v2021.10~

    If (条件分岐)を縦に複数並べて実装出来る ※ 従来だと入れ子になった時に見づらい
  58. 58 突然ですが… さて、なんでしょう?

  59. 59 答え:遠藤 勤続3周年 遠藤さん11月1日付けで 勤続3周年らしいで~ 自分の話か~い!

  60. 60 コミュニティ活動を始めてちょうど1年 でも、コミュニティ活動歴は ちょうど1年らしいで~ はじめたの 意外と最近なんやな~

  61. 61 実は去年の UiPath Festival がきっかけ! なんでも、去年のUiFesが きっかけで始めたらしいで~ なんやて~!?

  62. 62 1年前に思っていたこと 入社から2年経ったし 何か新しい事したいな~ コミュニティ活動楽しそう! 自分も誰かの役に立ちたい コミュニティで活躍する皆さんから勇気を貰って1歩踏み出す事が出来ました!!

  63. 63 コミュニティ活動 Twitter (914 tweet) #uipath, #UiPathFriendsで tweetするとすぐに大勢フォローしてくれた。 歓迎、助け合い、教え合いの文化。タイムラインが温かい。 イベント登壇

    2020.12のクリスマスイベントで初登壇。めちゃくちゃ緊張。 いろんな人からコメント頂けてやって良かった。知り合いが増えた。 ブログ執筆 ご質問を頂く事が多いネタをたまに記事で発信。 (役立つリンク集、モダンフォルダの設計・移行、ワークフローの品質、など) ⚫ 飽きっぽい私ですが、応援して貰ったり、交流を楽しんだりして続けて来れました(感謝!) もくもく会 ※今日はここを掘下げて話します 2月から毎月参加(9回) 参加者の方の質問・相談に答えたり、みんなで雑談・ディスカッションしたり
  64. 64 もくもく会とは? 勉強ってどんな事をしているの? ✓ アカデミーや本で勉強 ✓ ブログを書く ✓ UiPath本を読む ✓

    開発 ✓ その他なんでも(自由!) いつ、どこでやっているの? ✓ 毎月 第4土曜日 ✓ 9:00-12:00 (途中入退室可) ✓ リモート(Zoom会議) もくもく勉強部屋 雑談・相談部屋 (通称:遠藤部屋) ⚫ 同じ場所に集まり、各自が勉強や作業を自由に黙々と進める会の総称。名前の由来は「黙々と」 ⚫ Zoomを使って、勉強部屋と、雑談・相談部屋の2部屋で運営中。 各自好きな方の部屋に参加。移動自由。
  65. 65 雑談・相談部屋(通称:遠藤部屋)のうわさ スナック遠藤の遠藤ママが RPAの悩みを何でも聞いてくれる場所 ⚫ 参加者の口コミなど、Twitter上でささやかれているうわさ ⚫ 信じちゃダメなやつ 相談すると何でも 遠藤が即答してくれる場所

  66. 66 雑談・相談部屋(通称:遠藤部屋)のリアル 正直、ちょっとスナックな所はある。 困っている事をみんなで共有しながら 「あるある~」ってなったりする憩いの場 ⚫ 「交流」「学び合い」「助け合い」の場 One for All,

    All for One !! みんなの体験談を共有しあいながら それぞれの悩みをみんなで解決する場所 MVPの人とも お話しできるんやで~ 結局スナックやん!
  67. 67 雑談テーマ - 開発者・プロマネ編 (1/2) ⚫ 公式資格の試験を受けた方の体験談 ⚫ 最近UiPath始めたんですが、何から勉強すれば良いですか? ⚫

    将来変更やテストがしやすいワークフローにするには? ⚫ テストってどのくらい細かくやってる? ⚫ ライブラリってどうやって開発・運用すればいいの? 資格受験申込みサイトにある無料の模試で勉強すると良いらしい。 (模試で自信がない所があったらアカデミーで勉強) 豆知識
  68. 68 雑談テーマ - 開発者・プロマネ編 (2/2) ⚫ オブジェクトリポジトリってみんなつかってる?便利なの? ⚫ プロジェクト管理が上手く行かないんだけど皆さん工夫している事ありますか? ⚫

    みんな、工数見積りってどうやってる? ⚫ 要件定義が上手く行かないんだけどどうしたらよいかな? StudioのオブジェクトリポジトリはStudioXと同じ方式でセレクタ指定が可能 (安定化の為の様々な仕組み。最初戸惑うけど慣れると超便利。) 豆知識
  69. 69 雑談テーマ - 管理者・推進者 ⚫ Orchestratorのモダンフォルダって何が便利なの?管理の仕方はかわるの? ⚫ バージョンアップでつまづきやすいのってどこ? ⚫ クラシックフォルダからモダンフォルダに移行する時の注意点は?

    ⚫ 今度クラウドに移行するんだけど何を気にすれば? ⚫ Orchestrator入れたいんだけど、社内で上申する時にどうやって説明したら良いかな? ⚫ 将来ロボットが増えた時に大変なのってどんなところ?予め気にしておくべきことは? モダンフォルダにはロボットグループ(Env)がありません。でも大丈夫。 サブフォルダで同じ事ができるので、こっちを使って管理しましょう。 豆知識
  70. 70 コミュニティの醍醐味 - 人と関わり学び合う ⚫ 座学で学べない事を、リアルな体験共有から学ぶ ⚫ ダイバーシティ(多様性) ✓ 会社の外の人と話して、違った立場、価値観の人との関わりから成長する

    ⚫ Humbleness(謙虚さ) ✓ UiPathで大切にしている4つのValue(価値観)の1つ ✓ 常に初心を忘れず、お客様、同僚、関わる全ての方から素直に学ぶ姿勢
  71. 71 コミュニティの皆さんにお礼 ⚫ 皆さんに教わったリアルなご意見はかけがえのない宝物 ⚫ 皆さんからの学びは、別な誰かにおすそ分けしていきます ⚫ 製品開発チームへフィードバックさせて頂いています ⚫ 皆さんとの交流や応援から元気を貰っています

  72. 72 まとめ ⚫ 温かく迎え入れてくれたコミュニティの方々へ感謝! ⚫ みんなで学ぶと楽しい。新しい発見がいっぱい。 ⚫ 毎月 第4土曜日、もくもく会やってます! ⚫

    お申込みは UiPath Friends のページから https://uipath-friends.doorkeeper.jp/