Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

イノベーションの基礎知識

 イノベーションの基礎知識

今はオープンイノベーションってあちこちで言われてるけど、そもそもオープンイノベーションって一体なに?なぜ取り組まないといけないの?という疑問に答えるべく作りました。
職場用に作ったものをリメイクしたものですが、一部スライドはCC-BYで公開しております。

40638b9e3a098313234f358d35103735?s=128

Sayaka Ishizuka

March 03, 2020
Tweet

Transcript

  1. イノベーションの基礎知識

  2. プロフィール 本業:横浜市経済局成長戦略推進部新産業創造課ICT専任職 (局内外におけるICT活用に関するアドバイス、研修などを担当) 副業:総務省地域情報化アドバイザー、ユニバーサルメニュー普及協会研究員 サードプレイス:Code for Japan/Code for YOKOHAMA、よこはまYYラボ 番外:地方公務員が本当にすごい!と思う地方公務員アワード2017受賞

    GovInsider アジアでGovtechを推進する女性55人 石塚 清香 -Sayaka Ishizuka-
  3. オープンイノベーションとは 2 意図的かつ積極的に内部と外部の技術やアイデア などの資源の流出入を活用し、その結果、組織内で 創出したイノベーションを組織外に展開する市場 機会を増やすこと Henry W. Chesbrough, “Open

    Innovation – the New Imperative for Creating and Profiting from Technology”, 2003 要は「自前主義の限界」
  4. 国際的なデジタルデータ量の増加予測 3 出典 総務省「平成26年版情報通信白書 (ICTコトづくり検討会議報告書)」 ⇒この裏でなにが起こっているか。

  5. 限界費用ゼロ社会の到来 4 財・サービスの生産量を1単位増やした ときに追加的にかかる費用 テクノロジーの進化により、最少コストで財を生産 できる世界が到来 限界費用とは

  6. 実例:あるITサービス企業Mの決算 5 売上原価(仕入、原材料)が 非常に少ない 単位:百万

  7. どんなコストが削減されたか 6 テクノロジー 削減されたコスト ブロードバンド 情報流通コスト 半導体チップ処理性能向上 ハードウェア・データ処理コスト クラウドコンピューティング データ蓄積コスト

    オープンソース、API システム構築・バージョンアップコスト ソーシャルメディア 情報発信コスト クラウドファンディング 資金調達コスト 3Dプリンタ プロトタイプ・部品製造コスト センサー技術・AI 人的コスト
  8. 限界費用ゼロがもたらすもの 7 コミュニケーション、エネルギー、交通などが限りなく無料に近付き 中央集権型の資本主義から分散型の共有経済へ移行する Youtube メルカリ Airbnb カーシェアリング Uber シェアエコノミーの台頭

    (出典)H27情報通信白書 PwC「The sharing economy - sizing the revenue opportunity」 シェアリング・エコノミーの市場規模 ※金融・人材、宿泊施設、自動車、音楽、ビデオ配信の5分野を対象
  9. 限界費用ゼロがもたらすもの 8 生産消費者(プロシューマー)の時代 生産消費者=生産活動を行う消費者 大資本を必要とせずに誰でもが生産者になれる あらゆる人が「イノベーションの種」を持つ世界 クローズドからオープンなイノベーションへの変革

  10. イノベーションを理解するポイント 9 インベンション (発明) イノベーション (新結合) 時代 技術のハードル 顧客のハードル 以前(高度成長期)

    高い (多くの資本が必要) 低い (作れば売れる) 現在(限界費用ゼロ時代) 低い (センサー1つ数百円) 高い (ライフスタイル多様化) 別物 ⇒ ハードウェアプロトタイピングが普及
  11. イノベーションを理解するポイント 10 中心にあるのは「ワクワク感」 ウェアラブルチリンチリン

  12. イノベーションの種類 11 業務効率化 (プロセス・イノベーション) 新商品・サービスの開発・提供 (プロダクト・イノベーション) 社会的課題への対応 (ソーシャル・イノベーション)

  13. オープンイノベーション推進のために 12 市内経済において市民・企業目線で、社会的に新たな価値・インパクトを生み出せる環境 づくり 行政においては、企業活動を行う方々が、オープンイノベーションをその一手段、あるい は最良な手段を導く上での選択肢とできるような各種施策を展開することが必要 様々な課題がある状況で、高難度の目標・戦略をスピード感を持って達成するために、 「自前主義」から外部の組織と連携し自組織にない要素を取り込む体制へと変換を 図ることが必要 何を目指すのか(WHAT)

    方法(HOW) なぜオープンイノベーションか(WHY)
  14. オープンイノベーション成功要因 13 要因 大項目 小項目 組織 戦略 戦略・ビジョン 全体戦略・経営戦略の明確化 自社の組織的能力を越えた目標設定

    全体戦略におけるオープンイノベーション戦略の位置づけ 仕組み オープンイノベーションツールの開発・活用 進捗管理・評価(ステージゲート)における徹底管理 外部連携を促進するためのインセンティブ制度の設定 オペレーション 組織 オープンイノベーション専門組織の設置 外部ネットワーク 外部ネットワークの構築 外部仲介業者の活用 ソフト 人材 トップ層の理解・コミットメント ミドルの「コーディネーター人材」としての機能 現場における「イノベーター人材」 文化・風土 組織文化・風土の醸成 成功体験の付与
  15. イノベーションの構成要素 14 研究・探究/知見/アイデア 課題検討/問題点抽出/対応策検討 リリース/認証/特許/商標登録 作成/検証 ベンチャーピッチ/アイデアソン・ハッカソン トレーニング/評価 求人募集/PR(働きやすさ、健康経営) 補助金・助成金/VC/ファンド・クラファン

    スポンサー/売り上げ 意見交換/イベント WEB/SNS 技術・プロダクト (モノ) 人材 (ヒト) 資金 (カネ) 市場 (フォーラム) 研究・探究 育成 イニシャルコスト プロトタイプ 知財獲得 改良・改善 発掘 獲得 ランニングコスト 人材交流 マッチング
  16. イノベーションの構成要素 研究・探究/知見/アイデア 課題検討/問題点抽出/対応策検討 リリース/認証/特許/商標登録 作成/検証 ベンチャーピッチ/アイデアソン・ハッカソン トレーニング/評価 求人募集/PR(働きやすさ、健康経営) 補助金・助成金/VC/ファンド・クラファン スポンサー/売り上げ

    意見交換/イベント WEB/SNS 技術・プロダクト (モノ) 人材 (ヒト) 資金 (カネ) 市場 (フォーラム) 研究・探究 育成 イニシャルコスト プロトタイプ 知財獲得 改良・改善 発掘 獲得 ランニングコスト 人材交流 マッチング 15 イノベーション推進のために どこをどうカバーするかが重要
  17. そうは言ってもどうしたら? 16 日本は全体をシステムとして俯瞰的視点から捉え、 整合性のある解を求めることが苦手? ✓ Appleのサプライヤーリストのうち、 約2割が日本企業 ✓ しかし、iphoneが発表された時の 日本はガラケー全盛

    ✓ 日本は「部品は一流、システムは 三流」?
  18. イノベーティブな発想とは 17 Volkswagen「Fun theory」

  19. イノベーティブな発想のために 18 モノと人の動作の裏にある人の価値観や欲求に着目 どのような感性を求めているか?誰から誰へと連鎖しているか? 人を動かす「要因」はなにか? WHY HOW ✓ 集合知により知的パフォーマンスが向上 ✓

    グループに参加するメンバーの社会的感受性やより多くの人が交代で発言して議論に参加しているか、 さらにグループ内の女性の割合が知的パフォーマンスと正の相関 Science 2010.9.(Williams Woolley et al.(2010)) https://natgeo.nikkeibp.co.jp/nng/article/news/14/3199/ 人が動くための「WHY」「HOW」を理解する イノベーションには「チーム」と「多様性」が必要
  20. チーム作業のために様々な可視化ツールを利用 19 例1)顧客価値連鎖分析(CVCA) Customer Value Chain Analysis = CVCA 目に見えるお金や物品、サービスなどの「価値」のやり取りに注目して分析

  21. チーム作業のために様々な可視化ツールを利用 20 例2)欲求連鎖分析(WCA) Wants Chain Analysis = WCA 目に見えるお金や物品、サービスなどの「価値」のやり取りに注目して分析

  22. イノベーティブなサービスとは 21 「絵にかいた餅」を「食べられる餅」に したもの

  23. 印象的だった言葉たち 22 ➢ イノベーションはひとりでは起こせない ➢ Science と Art の違いは「再現性」の有無 ➢

    枠(規格)への挑戦 ➢ 止まり続けるためには走り続けないといけない ➢ 否定を肯定に 「Nowhere 」から「Now here」へ
  24. Let’s Open Innovation !! 本スライドのうち、クリエイティブコモンズライセンスの表示があるスライド については、以下のクレジットを入れていただくことで二次利用が可能です。 © Sayaka Ishizuka :2020