Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

PMを孤立させない仕組みづくり(2019/12/12 JBUG 東京#13 LT資料)

PMを孤立させない仕組みづくり(2019/12/12 JBUG 東京#13 LT資料)

約1年半自社(ARI)で取り組んできたことをJBUG東京でLTさせていただきました。プロマネというハードワークに挑むPM達を組織としてどう支えるかべきか?まだ道半ばですが同じ課題に悩む方のお役に立てれば幸いです。

657ac87f75c375156e5f79cdadebed4d?s=128

中野康雄(ARI)
PRO

December 12, 2019
Tweet

Transcript

  1. PMを孤立させない仕組みづくり ~ぼくたちの500日間戦争~ JBUG東京#13 LT 2019年12月12日 ARアドバンストテクノロジ株式会社 中野康雄 @yasuoyasuo

  2. 自己紹介 twitter/note でPM関連コンテンツ更新中 良かったら覗いてみてください♥ 中野 康雄(なかのやすお) 兵庫県宝塚市出身 S49年生 ARアドバンストテクノロジ株式会社 取締役執行役員(事業担当)

    兼TechCoE事業室長  全社戦略、事業管理、PJ品質管理 人材育成、中途採用、一部PJ業務 などを担当  元流通経済大学 非常勤講師 (Eビジネス論)  PMP/情報処理安全確保支援士  BacklogWorld2020運営チーム
  3. ってどんな会社? 創業11年目のSIer(独立系) 社員数350名、国内3拠点 (渋谷、大阪、名古屋) 仮想化、音声、クラウド基盤、 アプリケーションへと領域拡大 近年はクリエイティブや ITコンサルティングチームも拡充 BTC三位一体提供型の 次世代ファームを目指し奮闘中

    ARI で検索!
  4. 「PMを孤立させない仕組みづくり」 ~ぼくたちの500日間戦争~ 今日のテーマ

  5. まったく関係ございません 【お詫び】

  6. 約500日間の 全社PJ品質改善に向けた取り組みを シェアさせてください

  7. 今日のお話 • 始めたきっかけ • やったこと • 結果 • 今後の取組み •

    まとめ
  8. そもそものきっかけは

  9. 2年前の炎上PJ

  10. 自分も約4ヶ月間 リカバリーにどっぷり浸かった

  11. 顧客への信頼失墜 経済的損害 そして 何より社員の離脱・・・

  12. 辛いプロジェクトだった

  13. 先のPJで起こっていたこと

  14. メンバーは自分の作業に没頭 パートナーは危機を察して 早々に離脱

  15. PMそしてPJとして孤立

  16. 私も 過去同じように孤立してしまった 苦い経験があった・・・

  17. もうこんな悲劇を 繰り返してはならない

  18. 全社タスクフォースを立ち上げ

  19. 現場の問題分析から着手

  20. 我々経営陣は決めた

  21. 売上 < 品質

  22. 「プロジェクト品質」 を会社の真ん中におく

  23. PMを会社組織として どう支えるか?

  24. PMに問題を抱え込ませない PMを孤立させない 2019年9月 全社PMO室を設立し活動開始

  25. 合言葉は

  26. 早く行きたいなら、一人で行け 遠くまでいきたいなら、みんなで行け by アフリカのことわざ

  27. ②標準モニタリングの仕組み やったこと ③プロマネ標準の作成と導入 ⑤個別モニタリングの運用(PJハドル) ④PM研修と全社PMOポータル設置 ①変更管理の必須化

  28. ②標準モニタリングの仕組み やったこと ③プロマネ標準の作成と導入 ⑤個別モニタリングの運用(PJハドル) ④PM研修と全社PMOポータル設置 ①変更管理の必須化

  29. 問題の大半が 仕様の握りの甘さからくる 仕様変更や追加

  30. 最前線で今も迫りくる実弾

  31. まずは各PJで チームを守る壁を築く

  32. この防御力にPJ差が出てはならない

  33. そこで

  34. 請負契約案件の全見積提 案に添付を必須化 (これがないと見積承認しない) ①変更管理の必須化 変更要求を受け付ける 標準テンプレBacklogを用意 全社公開&提供 (課題のテンプレ機能を利用) (変更管理用のカスタム属性も用意)

  35. ①変更管理の必須化 詳細はアドベンドカレンダー12/18にて

  36. ②標準モニタリングの仕組み やったこと ③プロマネ標準の作成と導入 ⑤個別モニタリングの運用(PJハドル) ④PM研修と全社PMOポータル設置 ①議事録と変更管理の必須化

  37. 大火事になる前に まずボヤを把握できる仕組みを作る

  38. ④KPI ③PJメンバ評価 ②リスク状況一覧(月1更新) ①PJ利益率推移 PM:プロジェクトマネジメント標準フォーマット使用 全社PMO PM・部門長・役員 PMO:KPI集計 アラート (リスク管理)

    ⑤ヒアリング 請負X千万以上 要望ベース ファシリテーター(全社PMOメンバ) PM PMO 部長 /U長 対策協議 (組織でのPJ管理) ②標準モニタリングの仕組み 基幹S 基幹S 全社員が月次勤怠登録時に アサインPJに対して状況評価
  39. ②標準モニタリングの仕組み やったこと ③プロマネ標準の作成と導入 ⑤個別モニタリングの運用(PJハドル) ④PM基礎研修 ①議事録と変更管理の必須化

  40. ③プロマネ標準の作成と導入 正直少しオーバースペックな面もある

  41. 将来に備えて 本来やるべきことを知った上で いまPJでどうすべきかを 各PMに考えてもらうため

  42. ②標準モニタリングの仕組み やったこと ③プロマネ標準の作成と導入 ⑤個別モニタリングの運用(PJハドル) ④PM研修と全社PMOポータル設置 ①議事録と変更管理の必須化

  43. 幹事をやったことがない人ばかりの宴会は 仕切るのが大変

  44. ④PM基礎研修 PMの仕事を 全員が知っていれば PMはもっとやりやすくなる はず

  45. 45 ガイドライン/テンプレートは 社内イントラにすべて格納 ④全社PMOポータル

  46. 「PMのすべてを置いてきた!」 とは言わないが

  47. プロジェクトマネジメントで 困ったらまずここを見よう という拠り所作った

  48. ②標準モニタリングの仕組み やったこと ③プロマネ標準の作成と導入 ⑤個別モニタリングの運用(PJハドル) ④PM研修と全社PMOポータル設置 ①議事録と変更管理の必須化

  49. 本来PJの品質管理責任は 技術組織上長

  50. ただPMと上長の関係性は 部門により様々

  51. ときには誰かが 間を取り持つことが 効果的なときもある

  52. PM PL PMO PL 営業 部長/課長 事業部長 役員 部長/課長 事業部長

    PMチーム 報告&レビューの関係ではなく 問題解決チームの一員として参加 (必要に応じ客先にも出向く) • 全社PMOによるファシリテーションの元、 主幹部署の上長とPMチームが隔週または 月1程度で定期的な問題解決の場を持つ (緊急招集有) • PJ解像度を高めると同時に、体制強化や 組織的な顧客交渉など、PJチーム単独で 解決できない問題を解決する。 ファシリテーター (全社PMOメンバ) PM PMO 部長/事業部長 “PJ Huddle” メンバーは 最大7名程度 ⑤個別モニタリングの運用(PJハドル)
  53. 40件以上から減らなかった課題が 常時5件以内に減った案件 6ヶ月解決しなかった問題が このハドルを開催したことで 1ヶ月で解決した案件

  54. この500日間 ざっとこんな施策をやってきた

  55. 結果どうだったか? • 赤字案件の撲滅 • 請負PJ収益率◦%アップ(現場の成果) • トラブル起因の退社ゼロ • 支援相談の増加 会社の仕組みとしてようやく定着してきた

  56. 今後の取組み • PM標準の継続的拡張 • 各部門への更なる浸透 「品質アンバサダー」を任命 • PM教育の拡張と継続 などなど

  57. まとめ PMを孤立させない仕組みによって 全プロジェクトの品質向上に取り組み中 PMの心理的安全性を担保することが PJメンバーの心理的安全性につながるはず PJが孤立し PMが問題を抱え込むことが最大のリスク

  58. 各PMやプロジェクトチームを 会社として全力で支える そんな組織でありたいと考えています

  59. 早く行きたいなら、一人で行け 遠くまでいきたいなら、みんなで行け by アフリカのことわざ

  60. 全社PMOチームメンバーに 心から感謝

  61. 最後に

  62. PJ品質を高めるために 優秀な仲間も欠かせません

  63. エンジニア・クリエイティブ・PM・ITコンサル 全職種仲間を募集中

  64. 今日のお話が 皆様の何かお役に立てれば幸いです ご清聴ありがとうございました

  65. PMを孤立させない仕組みづくり ~ぼくたちの500日間戦争~ <完> JBUG東京#13 LT 2019年12月12日 ARアドバンストテクノロジ株式会社 中野康雄 @yasuoyasuo