Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

アジャイルって何が美味しいの? (白熱塾版)

yattom
August 23, 2018

アジャイルって何が美味しいの? (白熱塾版)

アジャイルの基本的な、前提とする考え方について。価値、コミュニケーション、技術、人という要素の大切さ。

yattom

August 23, 2018
Tweet

More Decks by yattom

Other Decks in Technology

Transcript

  1. アジャイルって なにが美味しいの? やっとむ こと 安井力 Copyright© 2017, 2018 by 安井力

    / やっとむ tsutomu.yasui@gmail.com
  2. 安井 力 / やっとむ twitter:@yattom https://www.facebook.com/yattom プログラマー Java Python Ruby

    JavaScript テスト駆動開発 アジャイルコーチ ワークショップ 現場導入 技術支援 ゲームを作って一緒に遊ぶ 宝探しアジャイルゲーム、 カンバンゲーム、 心理的安全性ゲーム
  3. None
  4. 宣伝 • 9/8 XP祭り2018 • 心理的安全性ゲーム(新作)やります • 『テスト駆動Python』 (Brian Okken著、翔泳社)

    • 監修・監訳 • 8月末発売
  5. アジャイルって なにが 美味しいの?

  6. https://www.facebook.com/photo.php?fbid=10155038510584035&set=a.496846469034.272330.561819034&type=3&theater

  7. コード書いてますか?

  8. 何のために コード書いてますか?

  9. None
  10. 何のため=価値 • 価値とは ほしいもの • ただでは手に入らない

  11. プログラム 機能 フィーチャ 価値 コスト

  12. C B どれを選ぶ? A D

  13. B A D 価値が大きく 早くできるものから C 1 2 3 4

  14. コスト≒時間 B A D C コスト

  15. 価値は時間累積 B A D C 時間 価値 累積価値

  16. A A A A A

  17. 価値とはほしいもの • 顧客価値 • 情報、リスク対策 • 生産性

  18. 機能/フィーチャ/PBIは価値がある ……本当に? PBI=仮説

  19. None
  20. https://anagileway.wordpress.com/2016/10/07/modern-agile-jp/ Joshua Kerievsky “Modern Agile”

  21. 早いほうがいい 細かいほうがいい 数手先まで考えたほうがいい 常に学ばないといけない learn

  22. learn 1 If you learn something, you obtain knowledge or

    a skill through studying or training. 2 If you learn of something, you find out about it. 3 If people learn to behave or react in particular way, they gradually start to behave in that way as a result of a change in attitudes. (Collins COBUILD Advanced Learner’s English Dictionary から抜粋) 1 勉強と訓練 → 知識やスキル 2 発見すること 3 態度の変化 → 行動の変化 unlearn = 脱学習
  23. 早いほうがいい 細かいほうがいい 数手先まで考えたほうがいい 常に学ばないといけない learn

  24. 簡単 ですね♪

  25. 簡単な わけがない

  26. コード書いてますか?

  27. 誰のために コード書いてますか?

  28. コミュニケーション

  29. 情報帯域

  30. コミュニケーションパス パス=3本 1人2本 パス=10本 1人4本 パス=66本 1人11本

  31. コミュニケーション劣化

  32. 価値を提供するすべてのスキルを一緒に ビジネスも技術もマネジメントも一緒に ユーザーも顧客も開発も一緒に できるだけ少人数で

  33. 簡単な わけがない

  34. 品質

  35. 潜在バグ 手戻り 直したいけ ど直す時間がない 障害バッ クログ 回帰テストがない IE11 手動リリース セキュリ

    ティパッチ 新機能の追加に 時間がかかる OSアップデー ト 年次切り替えが未テスト 仕様書がない 口先だけア ジャイル 情報漏洩
  36. 技術的負債

  37. 変更容易性 • 設計がシンプル • 変更箇所と内容が自明 • 依存関係が少ない • 特に隠れた依存関係 •

    実装もシンプル • 誰でも安心して変更できる • 自動化したテスト • リグレッション • 常にこの状態を維持する • 厳しい規律 • だんだん難しくなる
  38. 品質と規律 「品質とは誰かにとっての価値である」 (G.M.ワインバーグ)

  39. None
  40. 何のため=価値 • 価値とは ほしいもの • ただでは手に入らない • KPI/KGI • 機能

    • 情報 • 組織 • 品質 • 幸福?
  41. 簡単な わけがない

  42. こんなに難しいことを実現する 仕組みを作るのは困難 こんなに難しいことを実現する 人は作れる

  43. モチベーション3.0 • 自律 • 熟達 • 目的 好きなことに集中することで より上手になり、できることも広がり そうして大きな目標を目指せれば

    モチベーションが上がる
  44. トヨタウェイの2つの柱は、「知恵と改善」 と「人間性尊重」である。「知恵と改善」は、 常に現状に満足することなく、より高い付 加価値を求めて知恵を絞り続けること。 そして「人間性尊重」は、あらゆるステー クホルダーを尊重し、従業員の成長を会 社の成果に結びつけることを意味してい る。 (トヨタウェイ2001 https://www.toyota.co.jp/jpn/company/history/75years/data/conditions/

    philosophy/toyotaway2001.html )
  45. 4. 企業としての赤福 赤福の会社は創業が1707年 (宝永4年)、設立は1954年(昭和 29年)である。事業内容としては和 菓子の製造・販売、店舗の企画・運 営があげられている。 (中略)赤福 のビジョンとして「続けることが進 化する業(なりわい)であり、進化

    することが続ける業である」という 言葉があげられている。 「赤福追跡」 http://www.ritsumei.ac.jp/~t-ito/otakara/otakara1/akahuku-conte.htm
  46. チームによる学習

  47. 幸福 楽しさ 喜び モチベーション

  48. •価値 •コミュニケーション •技術 •人

  49. 簡単な わけがない

  50. http://agilemanifesto.org/iso/ja/ Kent Beck Mike Beedle Arie van Bennekum Alistair Cockburn

    Ward Cunningham Martin Fowler James Grenning Jim Highsmith Andrew Hunt Ron Jeffries Jon Kern Brian Marick Robert C. Martin Steve Mellor Ken Schwaber Jeff Sutherland Dave Thomas
  51. アジャイルソフトウェア開発宣言 私たちは、ソフトウェア開発の実践 あるいは実践を手助けをする活動を通じて、 よりよい開発方法を見つけだそうとしている。 この活動を通して、私たちは以下の価値に至った。 プロセスやツールよりも個人と対話を、 包括的なドキュメントよりも動くソフトウェアを、 契約交渉よりも顧客との協調を、 計画に従うことよりも変化への対応を、 価値とする。すなわち、左記のことがらに価値があることを

    認めながらも、私たちは右記のことがらにより価値をおく。 http://agilemanifesto.org/iso/ja/
  52. アジャイルソフトウェア開発宣言 私たちは、ソフトウェア開発の実践 あるいは実践を手助けをする活動を通じて、 よりよい開発方法を見つけだそうとしている。 この活動を通して、私たちは以下の価値に至った。 プロセスやツールよりも個人と対話を、 包括的なドキュメントよりも動くソフトウェアを、 契約交渉よりも顧客との協調を、 計画に従うことよりも変化への対応を、 価値とする。すなわち、左記のことがらに価値があることを

    認めながらも、私たちは右記のことがらにより価値をおく。 http://agilemanifesto.org/iso/ja/