Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

各地で活動して得られた経験、デモや紹介をしたあれこれ / DojoCon Japan 2020

Cd931bc05e7cee46b9a950a63e47ba4c?s=47 yo-to
December 27, 2020

各地で活動して得られた経験、デモや紹介をしたあれこれ / DojoCon Japan 2020

Cd931bc05e7cee46b9a950a63e47ba4c?s=128

yo-to

December 27, 2020
Tweet

Transcript

  1. 各地で活動して得られた経験、 デモや紹介をしたあれこれ CoderDojo メンター 豊田 陽介 とよた ようすけ かくち しょうかい

    かつどう けいけん え
  2. 自己紹介(じこしょうかい) 豊田 陽介(とよた ようすけ) 普段は、某通信会社の研究所勤務 大人の技術者のひと向けのイベント 子ども向けのプログラミング以外の活動 (たとえば、科学実験・バルーンアート・  マジックなどのパフォーマンスなど) 仕事の他にやっていること

    おとな ぎじゅつしゃ む しごと ほか む
 こ
 いがい かつどう かがくじっけん
  3. こんなこともやりました
 この後のセッションで話に
 でてくる「Hello Dojo?」


  4. こんなこともやりました
 micro:bit と組み合わせて使う
 ロボットカー「micro:Maqueen」に関する 部分を書きました


  5. こんなこともやりました(CoderDojo以外)
 ・3人で共同主催している toio の
  ユーザコミュニティで出展
 Maker Faire Tokyo 2020 出展


    
 ・音の機械学習(Googleさんの
   Teachable Machine)+ toio
 
 ・ビジュアルプログラミング
  (Scratchベース)との組み合わせ
 自分が展示した作品 2つ

  6. 音の機械学習やビジュアルプログラミングを使って
 https://www.youtube.com/watch?v=Ve6TyzzmXck

  7. 画像の機械学習に関するもの
 〜 Dojoでデモしたものの例〜 
 突然ですが


  8. 手を認識する機械学習を使って(Handpose2Scratch)
 https://www.youtube.com/watch?v=qUS15suiDHc Scratch上のネコを
 手でつかまえて動かす


  9. 口を開けると星がとびだす(Facemesh2Scratch)
 https://www.youtube.com/watch?v=T-VdYQV9DkA 口をあけると、口の
 部分から星が飛び出す


  10. CoderDojoとの出会い


  11. 「TEDxKids@Chiyoda 2014」での宮島さんの登壇
 【登壇のタイトル】
 
 地域におけるプログラミング教育
 〜僕がCoderDojo Kashiwaをやって思ったこと〜
 【引用元】
 •SPEAKERS –

    TEDxKids@Chiyoda 2014 | NOV/30/2014(SUN) 3331 ARTS CYD   http://tedxkidschiyoda.com/speakers-list/

  12. ちなみにこのイベントで自分がやっていたこと
 【引用元】
 •20141130_WScoding_SK-120 | TEDxKids@Chiyoda | Flickr
 https://www.flickr.com/photos/89311026@N03/15797801347/in/set-72157647348197884
 •20141130_WScoding_SK-59 |

    TEDxKids@Chiyoda | Flickr
 https://www.flickr.com/photos/89311026@N03/15797551839/in/album-72157647348197884/
 
 
 
 IT系のワークショップ担当: 中学生主導の子ども向けワークショップ

  13. CoderDojo でのメンター
 としての活動


  14. コロナ禍前: 2019年の1年間
 ▼ 東京
  御茶ノ水
  五反田
  池袋
  赤羽
  末広町
  西新宿


     まちだ
  品川御殿山
 
 「来訪していた Dojo や関連イベント」を集計してみた!
 ▼ 神奈川
  横浜
  小机
  保土ケ谷
  鴨居
  長津田
  でかドージョー
 ▼ 千葉
  発表会のイベント
 
 ▼ 埼玉
  さいたま
  でかドージョー
 
 
 【参加回数】
 
 1-3月: 12回
 4-6月: 10回
 7-9月: 10回
 10-12月: 9回 

  15. コロナ禍含む: 2020年になって
 関東以外の3県など含め2020年に
 初来訪だった Dojo
 【2020年の参加回数】
 ※ 左記のDojo以外も含めて
 
 1-3月:

    6回
 4-6月: 19回
 7-9月: 9回
 10-12月: 10回 
 ▼ 愛媛
  伊予
 
 ▼ 愛知
  瑞穂
  瀬戸
 ▼ 三重
  伊勢
 
 ▼ 埼玉
  新座志木
 
 ▼ 神奈川
  港北ニュータウン
 
 4月のとある週末(土日 2日間)
 
  4/11(土) AM 瀬戸
 PM オンライン
 CoderDojo
 
 
 4/12(日) AM 瑞穂
 PM 伊勢

  16. Dojoでデモしたものの例
 〜 Scratchやmicro:bit 〜


  17. Scratch 3.0 と micro:bit用の拡張機能を使って
 https://www.youtube.com/watch?v=pvRWWltAq2M ピースをはめると動物
 の鳴き声がするパズル


  18. micro:bitを使ったシンプルなもの(ダイヤルで色を変える)
 https://www.youtube.com/watch?v=Fk1eIQiLwQY micro:bit でたくさんの
 LEDを光らせたり等


  19. micro:bit の無線機能でロボットカーを操作
 https://www.youtube.com/watch?v=bYhV7epltRo micro:bit の無線機能で
 ロボットカーを遠隔操作


  20. 各Dojoの違い・共通のもの、他
 ※ 私の目線で見て個人が感じたことです


  21. よく見かけると思われる共通点
 ・Scratch の作品が多い!
 ・Hour of Code の併用
 ・発表・共有の時間
 ニンジャのみんながやっていること
 ・初心者向けに「ネコあるき、ネコにげ」


    (※ 使うものが共通でも、それを担当するメンターの方に
    よって、特色がでていたりもする)
 ・Scratchコーディングカードを準備
 多くの Dojo で見かけること

  22. 各Dojoでのニンジャの様々な取り組み
 ・Scratch
 ・ScratchJr
 ・Hour of Code
 ・MakeCode for micro:bit
 ・MicroPython(micro:bit)


    ・MakeCode Arcade
 ・Viscuit(ビスケット)
 ・Python
 ・JavaScript
 ・Makeblock(Halocode等も)
 Dojo で使われていた言語・環境など(全部書き切れないけど)
 ・HackforPlay(ハックフォープレイ)
 ・スマホアプリ(Swift 等)
 ・Unity
 ・Minecraft(マインクラフト)
 ・Arduino
 ・Raspberry Pi(ラズベリーパイ)
 ・IchigoJam
 ・HTML+CSS
 ・Adobe Illustrator
 ・ロボット系のガジェット
 

  23. 様々な取り組み


  24. どのやり方が良いとか良くないとい う話ではないです
 もちろん


  25. 各Dojoでの様々な運営・進め方
 ・プレゼン形式で発表
 ・まわりにニンジャ・メンバーが
  集まって席で発表
 ニンジャの発表
 ・今日やりたいことを最初に書く
 ・今日やったことの振り返りを書く
 
 (ニンジャだけでなくメンター・
  チャンピオンも)


    取り組みを宣言・振り返り
 もちろん、どれが良いか
 といった話ではないです
 ※ オフライン限定の 話も混じりつつ
 オフラインでは
 ・ホワイトボードに
 オンラインでは
 ・オンラインで付箋的なものが
  使えるサービスで

  26. 各Dojoでの様々な運営・進め方 〜つづき〜
 ・参加している保護者の方の交流
 交流の機会
 ・タイピングゲームを一斉に行って
  毎回の記録を残していく
 毎回実施して記録を残す
 ・メンターネタ見せタイムが独立
 ・ニンジャの発表に混じって
 


    メンターの発表
 ・プログラミング経験、Dojo で
  やりたいこと
 事前のヒアリング
 ・Slack、Facebookグループ
 チャンピオン・メンター情報共有
 ・終了後の振り返り会
 活動の振り返り

  27. Dojoでデモしたもの
 〜 画像・音の機械学習 〜


  28. 手を認識する機械学習を使って(Handpose2Scratch)
 https://www.youtube.com/watch?v=jxgwA770qOQ 手を開いたり閉じたりする動作
 や指を立てている本数を認識


  29. Scratch x 音の機械学習(Teachable Machine)
 https://www.youtube.com/watch?v=Z9pkF4HZ9lk ハンドベルの音色の違い
 でロボットカーを操作


  30. Scratchでの音声認識でロボットカーを動かす
 https://www.youtube.com/watch?v=DLnfNYDvmtw しゃべった内容を認識させ
 ロボットカーを声で操作


  31. 自分が作っている作品等の話


  32. 試作してみている作品・仕組みの傾向
 ・動く、声をだす、さわる、手で操作する
 
           ↓
 
 ・行動に応じて何かが起こる
 
   • 楽器を鳴らす・声をだす

    ⇒ ロボットが動く
   • パズルのピースをはめる ⇒ 動物の鳴き声の音
   • ノブを回す ⇒ LED の光り方が変化する
   
 圧倒的にこんな流れのものが多い
 ⇒ 分かりやすい、試したくなる
 特に子ども向けには 
 ・小さい子でも
   すぐに分かる
 ・入手しやすい
 ・小さい子でも
   扱えるサイズ
 イベント向けには 
 ・非日常感

  33. 今回紹介したようなもの以外に
 初心者向けのものも多数
 Dojoで


  34. 心がけていること
 〜 作品に関する話 〜


  35. 作品を作ってみるとき
 ・ビデオモーションセンサー ⇒ 触ると動く・消える・音が鳴るだけ
 ・micro:bit 用拡張 ⇒ スプライトを動かすシンプルなコントローラー
 ・ゲームで使えそうなスプライトの動き ⇒

    スプライトのジャンプ
 最小限の構成の分かりやすい作例も作る
 ・ビデオモーションセンサー ⇒ 触る対象がたくさん降ってくる、
                触る対象を増やして音を奏でる
 ・スプライトのジャンプ ⇒ 2段ジャンプ、アニメーション付き
 最小限のものに少し手を加えたものも作ってみる

  36. 心がけていること
 〜 Dojo の中での動き 〜


  37. Dojoの参加者のいる場の中で
 ・サポートが必要そうか、というのはもちろんありつつ
 ・自分が思いつかなそうなことを見つける
 ・自分が知らないことを見つける ⇒ そしてニンジャから学ぶ
 
 ニンジャの状況を見つつみんなに声をかけてみる
 オンラインでは
 難しいけど


    ・ニンジャへの声がけや発表タイムの質問(やり方、着目する
  ポイントの違いなど)
 ・同じものを説明する場合のやり方
  ⇒ 同じ「ネコにげ」でも進め方や説明のやり方がいろいろ
 自分以外のメンター・チャンピオンの方の対応を見てみる

  38. 引き続き活動を
 続けていければと!


  39. 資料の中で紹介した動画をまとめたプレイリスト
 https://youtube.com/playlist?list=PL0FZI-a dVbWZpVbMgCOJALd5kb_inCRTi 短縮URL: http://bit.ly/3pn5YuM