自分が挑戦したこと / My Challenge

A430184e6133a56ece24c30df869f115?s=47 akrolayer
February 11, 2020

自分が挑戦したこと / My Challenge

A430184e6133a56ece24c30df869f115?s=128

akrolayer

February 11, 2020
Tweet

Transcript

  1. 自分が挑戦したこと
 無限LT #5 


  2. 出した本
 ゲームセンターの楽しさを思 い出す・新しく知る本。基盤 蒐集の話は必読! ホームポジションから手を放 さずにカーソルキーを押すな どキーカスタマイズする本

  3. 初めて同人誌書いた時の話


  4. 始まりは突然に
 • あるイベントで技術同人誌界隈では有名な人の撤収作業 を手伝った後、飲みに行った
 ◦ 「あれ、ごまなつさんは本書かないんですか?」
 ▪ 「書くネタないし」「趣味は」「ゲーセン」「じゃあそれ 書こう!」
 ◦

    単著で書けないし・・・
 ▪ 「じゃあ合同誌にしましょう」
 
 • もろもろの準備はしていただいた
 ◦ 外堀は埋まった
 
 

  5. 合同誌の進め方
 • 書く内容を決める
 • 書いてくれる人を集める(自分も書く)
 • 表紙のイラストをどうするか決める
 • 細切れに締め切りを決める
 ◦

    人類は締め切り直前に取り掛かるから・・・
 
 • 詳しくは、技術同人誌を書こう を読むと良い

  6. 自分の場合
 • 自分の内容を書くことはそんなにつらくなかった
 ◦ まえがき・あとがき、4章分8ページ
 
 • 他に書いてくれる人を探すのが大変だった
 ◦ ゲーセンだけでは、定義があいまいだった


    
 • 広告はちゃんとしよう
 ◦ 書いてくれた内容は面白かったのに・・・
 
 • 印刷所に依頼する経験ができたのは良かった

  7. 意外と書けるじゃん。
 単著書いてみよ。

  8. 単著の進め方
 • 書く内容を決める
 • 書く(ここが一番つらい)
 ◦ 締め切り設定(早割り使う?内容の充実?)
 ◦ 著者の方はかなり頑張ってます
 


    • 自分は早割りを選択
 ◦ もっと内容を充実させた方が良かったのではと思う
 ▪ 多くの人にレビューしてもらうと良い

  9. 売ってみた感想
 • 合同誌より、単著のほうが売れると嬉しい
 ◦ 自分で考えた内容が認められた気がする
 
 • 内容の質は、合同誌のほうが良くなる可能性が高い
 ◦ 複数の著者の集合知だから


    
 • 宣伝はちゃんとしよう
 ◦ 在庫抱えるのつらいよ・・・

  10. コストについて
 • イラスト依頼(8000~)、原稿料
 • イベントのサークル出展費(5000,6000前後)
 • 印刷費
 ◦ ページ数と数量で変動
 ◦

    数量が多いほど1冊あたりは安くなる
 
 • このあたりを考えて値段を設定する
 ◦ 売れるか、どのあたりを損益分岐点にするか
 ◦ イベントでは見本誌が回収されることも
 

  11. 持ってきてるので、
 良かったら買ってください!


  12. ご清聴ありがとうございました。