Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

13歳からのアート思考の紹介 / art thinking from 13

akrolayer
September 14, 2022

13歳からのアート思考の紹介 / art thinking from 13

akrolayer

September 14, 2022
Tweet

More Decks by akrolayer

Other Decks in Education

Transcript

  1. 「13歳からのアート思考」

    の紹介

    新しく学んだことをLTする会 #4


    View full-size slide

  2. What are you like?

    ● ごまなつ(@akrolayer)


    ● Power Autimate 難しい


    ● 趣味:ボードゲーム, カードゲーム, 音楽ゲーム

    ● 技術同人誌4冊書きました(自作キーバインドの本、
    ショートカットキーの本、ゲームセンターの本、

    PowerToysの本)


    View full-size slide

  3. 今日話すこと

    ● アートという植物


    ● 完全な正解


    ● まとめ


    View full-size slide

  4. 本に感銘を受けたので紹介


    View full-size slide

  5. 参考文献

    ● 「自分だけの答え」が見つかる13歳からのアート思考 

    ● 末永 幸歩 (著)


    ○ 今回触れるのは、ORIENTATIONのみ



    View full-size slide

  6. できるだけ完全なタンポポを

    5秒間で思い浮かべてみる


    View full-size slide

  7. タンポポという植物

    ● 地面から顔を出した鮮やかな黄色の花

    ○ それは一部でしかない

    ○ 地中には、根が伸びている


    ● タンポポの開花時期は、1週間

    ○ 1か月後、綿毛になり夏には根だけになり地中へ

    ○ 秋と冬には葉のみ地上へ


    ● タンポポの大半を占めているのは、実は目には見えてい
    ない地下の部分

    ○ 花は、空間的にも、時間的にも一部を切り取ったもの


    View full-size slide

  8. アート思考を植物に例える

    ● 表現の花

    ○ 地上にある、表現したもの


    ● 興味のタネ

    ○ 興味や好奇心、疑問が詰まっている


    ● 探求の根

    ○ 無数の根が生え、複雑に絡み合いつつ、脈絡なく広がる

    ○ 実のところ、地中深くで一つにつながる




    View full-size slide

  9. アート思考

    ● 興味のタネ、探求の根がアート思考


    ● アートという植物は表現の花、興味のタネ、探求の根で構成

    ○ タンポポと同じく、空間的にも時間的にも大部分を占める
    のは表現の花ではなく、興味のタネと探求の根


    ● アートで本質的なものは、作品が生み出されるまでの過程

    ○ アート=アート作品ではない


    View full-size slide

  10. アートは作品だけではない

    ● アートを考えるとき

    ○ 絵を描く

    ○ 物を作る

    ○ 作品の知識を得る

    ■ これらはアートという植物の花にしか着目していない


    ● アート鑑賞するとき

    ○ よくわからない

    ○ きれい、すごい

    ○ どこかで見聞きしたうんちくを語ることしかできない

    ■ 探求の根がないから


    View full-size slide

  11. タネと根があってこその植物

    ● アートという植物は興味のタネからすべてが始まる

    ○ タネと根があるから花が咲く


    ● アート活動を突き動かすのはあくまでも自分自身

    ○ 他人が定めたゴールに向かって進むわけではない


    ● 地上ではほかの人たちが次々ときれいな花を咲かせる

    ○ アートという植物は地下世界の冒険で成長する


    ● 探求の根は、ある時どこかで一つにつながる

    ○ ほかの人と異なる表現の花が開花し、堂々と輝く


    View full-size slide

  12. 真のアーティスト、花職人

    ● アートという植物を育てる人に一生を費やす人こそ、

    真のアーティスト

    ○ アートという植物にとって、花は単なる結果でしかない


    ● タネや根のない花だけを作り続ける人、花職人

    ○ 他人が定めたゴールに向かって手を動かす

    ■ 先人が生み出した花づくりの技術や花の知識を手に
    入れて再生産する


    View full-size slide

  13. 花職人になってしまう理由

    ● 誰もが最初から花職人になることを志していない

    ○ 道半ばで花職人に転向する


    ● 根を伸ばすには相当な時間と労力がかかる

    ○ これをやっておけば花が咲く確証はない

    ○ その間、周囲の花職人はそれなりの成功を収める

    ■ 途中まで伸ばした根を諦め、花職人になっていく


    View full-size slide

  14. 興味のタネを自分の中に見つけ、

    探求の根をじっくりと伸ばし、

    ある時に独自の表現の花を咲か
    せる


    View full-size slide

  15. 現実において完全な正解はあるのか

    ● 技術進歩が進んでいくにつれ、これまでの歴史が完全に
    適用されない問題も発生している

    ○ 完全な正解が見つからない


    ● 人生の様々な局面で、自分なりの正解を作り出す力が求
    められる


    ● アート作品には、作者なりの正解を見つけ出した作品が
    あり、自分なりの正解を作り出すことができる


    View full-size slide

  16. 補足(筆者の持論)

    ● 感覚的な話を聞いたけど、全く腹落ちしない

    ○ むしろ、しなくていいと考える


    ● 言語化できない感覚が、自分なりの正解に近づける機会

    ○ 言語化できる=普遍的な感覚でしかない

    ○ 新たな探求を進めていける


    ● いつか、ふとした瞬間、自分なりの正解が見つかる瞬間
    がある


    View full-size slide

  17. まとめ

    ● アートという植物

    ○ 興味の種、探求の根があってこそ、見事な表現の花
    が咲く

    ■ Connecting the dots.


    ● 完全な正解を見つけ出すのではなく、自分なりの正解を
    作り出す


    ● 自分なりの正解を作り出したアーティストの事例が掲載

    ○ ぜひ、読んでみてください


    View full-size slide