Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

ソフトウェア開発の中心にあるのは情緒である

28a19450561110941fa841ad97489037?s=47 araratakeshi
February 16, 2017

 ソフトウェア開発の中心にあるのは情緒である

デブサミ2017講演スライド
【16-B-7】視点移動~ビジネスと組織と人の狭間で越境し続けるエンジニアの物語、その彼岸

28a19450561110941fa841ad97489037?s=128

araratakeshi

February 16, 2017
Tweet

Transcript

  1. 株式会社ヴァル研究所 開発部 部長 新井 剛 2017年2月16日 ソフトウェア開発の中心にあるのは 『情緒』である 【16-B-7】 視点移動~ビジネスと組織と人の狭間で越境し続けるエンジニアの物語、その彼岸

  2. 本日のルート 2

  3. ◦ 自己紹介 ◦ カイゼン: ◦ 部署活性化: ◦ 会社見学ツアー: ◦ 個人の想い:

    ◦ 情緒: ◦ ラスト・メッセージ 3 「見える化」作戦 「いと楽し」作戦 「つながり」作戦 「よろこび」作戦 「自分を信じる」作戦
  4. 自己紹介 4

  5. •前々職 • 船舶をITシステム化(南極観測船にも乗船) •前職 • プロダクトマネージャー・Java関連雑誌執筆/登壇 •オーストラリアの大学院(仕事を辞めて武者修行) •ヴァル研究所 • 開発部部長

    • 緊急地震速報、駅すぱあとミドルエンジン開発 • 認定スクラムマスター・プロダクトオーナー ・コミュニティ • 一般社団法人アジャイルチームを支える会 • DevLOVE、Agile Samurai BaseCamp • JAWS-UG中央線、CoderDojoすぎなみ • 翔泳社CodeZineAcademy ScrumBootCampPremiumチューター 5
  6. 6 1988年2月22日(昭和63年) 業界初の「路線・運賃早わかりソフト」 「駅すぱあと首都圏版(MS-DOS)」の発売から29年 皆様と一緒に、製品・サービスを成長させてまいりました。 History

  7. 『見える化』作戦 7

  8. 設立41年 社員年齢:21歳〜60+歳 プロセスや組織も成熟 落ち着いた雰囲気 8

  9. • 組織の壁 • 古いパイプライン • 品質を下げられない • 疲弊 9

  10. 習慣化されたもの、馴染みのもの、心地よいものを 体系的に破棄する仕組みをもたなければならない P・F・ドラッカー 10

  11. 11 アジャイル推進委員会 (げんばあつめ)

  12. 12 • 議論・情報交換 • ミツバチの他花受粉・アイデア交換

  13. 13

  14. 14 評価も上下関係もなし

  15. 15 共感 (not 問題解決)

  16. 透明性 16

  17. 見える化・カンバン・カイゼン・自己組織化 17

  18. どんだけ? 社員数 160人弱!! ※会議室のホワイトボード除く! • ホワイトボード: • 小さいホワイトボード: • ふすま型:

    • 模造紙型: • ホワイトシート: • そのほか: • 合計: 35枚 12枚 22枚 8枚 15枚 3枚 95枚 18
  19. 19 総務 http://www.slideshare.net/pupupopo88/ss-52697782

  20. 20 総務 http://www.slideshare.net/pupupopo88/ss-52697782

  21. 21 プロモーション・広報 賞賛の壁・ニコニコカレンダー ラーメンドリブン メンバーのその日の気分の数値があったらラーメン ラーメン店舗候補 使い終わった付箋が千羽鶴

  22. 22 営業 目標売上の予実表

  23. 23 コンテンツ バス制作のカンバン 鉄道制作のカンバン

  24. 24 CRM・サポート カンバンボード

  25. 25 インフラ カンバンボード

  26. 26 検査 検査カンバン

  27. 27 開発 KPTボード カンバンボード 利用ツール関係図

  28. 28 開発 緊急重要マトリクスでバックログ リリーストレイン時刻表  天井まで埋め尽くし

  29. 29 いろいろ バーンダウンチャートをレゴで表現

  30. 30 RaspberryPiでいろいろ ホワイトボードを撮影 ダースベイダーが監視(XFD)

  31. 『いと楽し』作戦 31

  32. 32 ワクワクする会社がこんなにも

  33. 33 毎月・部署誕生会

  34. 34 3時退社日(月1回)

  35. 焼肉メソッド 高級なもの食う (ポケット・マネー) 35

  36. 36 部署・MVP

  37. 37 駅すぱあと父「宮本塾」

  38. 38 感謝の手紙

  39. 規定にはないけど 上司評価(360度評価) 39

  40. 40 人材交流・交換 • 部署間で • 2wスプリントだけ交換 • スキル・文化の相乗効果

  41. 41 try100 100件の大小様々な 問題解決で社内に貢献 100件の大小様々な 問題解決で社内に貢献 • 奉仕 • 見える化

    • カイゼン • 越境 • いと楽し
  42. 42 半期で300越え!

  43. 『つながり』作戦 43

  44. 会社見学ツアー 44 1年半 90社 250人以上

  45. 45

  46. 46

  47. 47

  48. 48

  49. 49

  50. 50

  51. 51

  52. 52

  53. メリット メンロー! Spotify! ファン醸成・情報交換・業界の成長 53

  54. アジャイルコミュニティ繋がり 54

  55. セミナー・勉強会・会場提供 55

  56. 56

  57. 57

  58. 58 つながっている

  59. Fearless Journey―48の影響戦略カード http://waicrew.thebase.in/items/37055 59 Fearless Change

  60. 60 著名人を招いて会社で講演 • 息切れタイミングでオファー(適切な時期) • 応援動画 • セミナー・ワークショップ・読書会 • 小田理一郎さん、牛尾さん、Harada

    Kiroさん、角さん、Ryuzeeさん、Kyonさん、 天野さん、nawotoさん、papandaさん、上野さん、t-wadaさん、ちゃちゃきさん、 DDD増田さん、西谷さん、AWSのSAの方々……
  61. 61 正しく考える循環がうまれる 社内問題 賢者からの問い

  62. 62 • 自ら動く・自己組織化 • 言われないと動けない人・減る • ルールが自分事 • 行動特性UP •

    チェンジ・エージェント増加 • カイゼン・マインドの浸透
  63. 『よろこび』作戦 63

  64. なぜ喜びのほうがいいんですか? • 生産性が高そう • きっと積極的 • 一緒に働きやすそう • いい仕事をしそう •

    結果のことをちゃんと考えてる 64 p.11
  65. 65 https://www.holstee.com/pages/manifesto これはあなたの人生です。自分が好きなことをやりなさい。 ... 人生は短い。情熱を身にまとい、自分の夢を生きよう

  66. 66 • なんでも屋 • いっぱい勉強 • 熱量、権限、予算 • リード・並走・サポート・移譲 限りある時間の中で

  67. 人生の時間を費やす 踏み込んで生きていく 67

  68. 役職や組織・権限・立場を超えて 自分と会社と社会に喜びが溢れるように 68

  69. 69 P.7 アジャイルサムライ -達人開発者への道-

  70. 『自分を信じる』 70

  71. 同じことを言っている 71

  72. 72 内面に向き合う 自ら脳内バリアをぶち破り 未来を自分たちの手で引き寄せる

  73. 73 理由は?やる意味は? 理解できても納得いかない? 同意したけど感情がついてこない?

  74. 74 私も理屈っぽかった

  75. 75 岡 潔岡 潔(1901~1978) 世界的数学者 故郷の紀見村にこもる 農耕と数学研究に明暮れる 多変数解析函数論 (この論文で世界的な業績) 生涯で僅か10編の論文

    (本質的な結果以外発表しない) 文化勲章受賞(1960)
  76. 数学の中心にあるのは 『情緒』である by 岡 潔 76

  77. 77 数は五感で感じられない C言語で意味する所の実態は? int i;   /*実態*/ int *p;   /*ポインタ */

  78. 78 記号でしかなく実態がない 色/匂い/味/叩いた音/感触?

  79. 79 感覚・感情・こころと同じ

  80. 80 マネジメント 悩みは人間関係に依存

  81. 実態がないのに 先に分かろうとする・分析過多 81

  82. 意味を先に教わろうとする 何の役にたつんですか? 82

  83. 83 古代ギリシャの 極度な論証主義

  84. 相互作用の中で(もがいていると) 後から意味が立ち上がってくる 84

  85. 日本文化では 経験として知っていることを重視した 85

  86. 例えば他の悲しみだが、これが本当にわかったら、自分 も悲しくなるのでなければいけない。 ...他の悲しみを理解した程度で同情的行為をすると、か えってその人を怒らせてしまうことが多い。... このわかり方を道元禅師は「体取」と言っている。 「理解」は自他対立的にわかるのであるが、 「体取」は自分がそのものとなることによって、 そのものがわかるのである。 pp.140-141 数学する人生

    86
  87. 情のいとぐち(情緒) 87

  88. 関心を持ち続ける 88

  89. 心をつくる 89 心になる コンピューターの概念を初めて理論化 天才数学者 アラン・チューリング 10編しか論文を書かなかった 天才数学者 wikipediaより引用 「岡潔

    日本のこころ」より引用
  90. 数学が数の記録・計算・論証など 道具と技術で発達してきたように チューリングから派生した 道具と技術が支え合い続け成長する生態系に 生きている 90

  91. ラスト・メッセージ 91

  92. 見えないものに真実がある 92

  93. 他との間に、心が通い合う。 その通い合う心が、情緒である (P.146 数学する身体) 93

  94. マネジメントは人である 94

  95. 95 カルチャーは戦略を凌ぐ P・F・ドラッカー

  96. 楽しく・面白いと思うことを手がけてみる 96

  97. 自ら一歩でも足を踏み出すと、 何かが変わった世界が現れる 97

  98. そのためには『妄想』という 内面の心からスタートする 98

  99. 発見が後からついてくる 意味が後からついてくる 99

  100. 自分でコントロールする枠を徐々に広げる 100

  101. 次の時代において既存の枠組みに 縛られた働き方や生き方にあまり意味はない 「働く=人生の時間を費やす・選択」 101

  102. 「情緒を清め、深める」ことが人間の仕事 (P.174 数学する身体) 102

  103. 繋がっていく・喜びがある 103

  104. 自他を超えて「通い合う心」の中にこそ 生きる喜びがある by 岡 潔 104

  105. 105 越境し、好きになり もの・人と同化し 関心を持ち続けていく

  106. Do Agile?  Be Agile? 106

  107. 心を知るためには、まず心に「なる」こと 数学を知るためには、まず数学「する」こと そこから始めるしかないのである (P.187 数学する身体) 107

  108. ふっと視線をそらした時に現れる地平線 108

  109. 109 ITの時計の針を少しでもすすめるために

  110. 薄氷の上をただ歩く 110

  111. 目指すべき地は、解いてみるまで分からなくても 111

  112. 五感で触れることのできない数学的対象に関心を集め 続けてやめないこと。 自他の別も時空の枠すらをも超えて大きな心で数字に 没頭しているうちに 「内外二重の窓がともに開け放たれることに なって 『清冷の外気』が室内にはいる」 のだと、彼は独自の表現で数学の喜びを描写する 112 by

    森田 真生
  113. 113 数学とは... 自らの情緒を外に表現することによって 作り出す学問芸術 (P.8 岡潔 日本のこころ)

  114. ソフトウェア開発とは 人と技術と文化が織りなす道 114

  115. 何事にも通じる「道」 時空を超えた「道」 自分と向き合い続ける「道」 115

  116. 本日のルート 116 よろこび 情緒 道 見学ツアー(つながり) 見える化(会社) いと楽し(部署)

  117. そのルートで迷ったら…… 117 ご清聴ありがとうございました。