Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

3分でわかるatama plusのコンテンツ/about atama plus contents

F0a8d07597a19192791bf663504d2a17?s=47 atama plus
December 17, 2021

3分でわかるatama plusのコンテンツ/about atama plus contents

atama plusのコンテンツチームの紹介資料です。(2021年12月17日更新)

新しい教育を創り、社会を変えていく仲間を募集しています。
ご興味もっていただいた方はぜひご応募ください!

▼採用サイト
https://recruiting.atama.plus/

▼募集職種一覧
https://herp.careers/v1/atamaplus

F0a8d07597a19192791bf663504d2a17?s=128

atama plus

December 17, 2021
Tweet

More Decks by atama plus

Other Decks in Business

Transcript

  1. Contents 2021.12.21

  2. atama plusとは 01 2

  3. 会社概要 • 01 3 atama plusとは 社名 atama plus株式会社 (アタマプラス

    カブシキガイシャ) 本社 東京都港区三⽥1-4-1 住友不動産⿇布⼗番ビル3F 代表者 稲⽥ ⼤輔 設⽴ 2017年4⽉3⽇ 社員数 170名(2021年12⽉現在) 資⾦調達額 82億円 株主 創業陣、DCMベンチャーズ、ジャフコ グループ、Pavilion Capital、T. Rowe Price など 事業内容 AI(⼈⼯知能)を活⽤した 教育プロダクトの開発および提供 01
  4. 教育に、⼈に、社会に、 次の可能性を。 教育を新しくすること。それは、社会のまんなかを新しくすること。 私たちは学びのあり⽅を進化させます。 学習を⼀⼈ひとり最適化し、「基礎学⼒」を最短で⾝につける。 そのぶん増える時間で、「社会でいきる⼒」を伸ばす。 それが私たちの⽬指すもの。⾃分の⼈⽣を⽣きる⼈を増やし、 これからの社会をつくっていきます。 01 atama

    plusとは 4 M i s s i o n
  5. Wow students. ⽣徒が熱狂する学びを。 勉強をワクワクするもの、⾃分からやりたいものに変え、 ⽣徒⼀⼈ひとりの可能性を広げる。 私たちのあらゆる⾏動は、ただ、そのためにあります。 01 atama plusとは 5

    私たちが何よりも⼤切にしているのは、 そのために⽇々全員でプロダクトを磨いています。 「⽣徒が熱狂する学び」を提供するということ。
  6. ⼤切にしている3つの⾏動 01 atama plusとは 6 仲間の多様性を楽しみ、認めあい、刺激しあいます。 いつも遊び⼼を忘れず、 笑顔とユーモアの⼒を信じます。 楽しくなくっちゃ。 「なぜ?」を突きつめ、「どうやって?」を変え、

    今までにない価値を次々と⽣みます。 常に、当たり前の先へいきます。 常識は、さておき。 話そう、とことん。 みんなでオープンな場を築きます。 ひとつの⼤きなチームとして意⾒をぶつけあい、 わかちあいます。 楽しくなくっちゃ。 仲間の多様性を楽しみ、認めあい、刺激しあいます。 いつも遊び⼼を忘れず、 笑顔とユーモアの⼒を信じます。 atama+ culture code atama+ culture code の閲覧は上記QRコードから 3つのValuesを体現するために必要なことを定めたもの。
  7. AI教材「atama+」を 全国の塾・予備校にSaaSモデルで提供しています。 atama+は、AIが⼀⼈ひとりの得意、苦⼿、伸び、つまずき、忘却 度などの情報を収集・分析して、 ⼀⼈ひとりに合った「⾃分専⽤カリキュラム」を提供します。 01 atama plusとは 7 参考リンク

    atama plus サービスサイト atama+ プロダクト紹介動画
  8. 3つのプロダクト 8 ⼀⼈ひとりに100%合わせたカリキュラム。 最短ルートの学びを提供。 学習状況に応じた宿題を配信。 塾外の学びをサポート。 塾 家 atama+ 全⽣徒の状況をリアルタイム把握。

    最適なコーチングが可能に。 atama+ COACH atama+ HOME 3つのプロダクトの連携により⽣徒⼀⼈ひとりに合わせた学習を提供。 atama plusとは 01
  9. オンライン模試の開発・提供を開始 9 2020年7⽉より、駿台予備学校と共にオンライン模試をスタートしました。 ⾼1・2向けに「学⼒判定テスト」、⾼3・既卒向けに「共通テスト模試」を提供しています。 atama plusとは 模試に、 進化を。 テクノロジーを。 01

  10. 3つのアプローチで模試を最も効率のよい復習に 今までの模試は、順位・偏差値・志望校判定など「実⼒判定」が主⽬的で、 受験後に、どんな学習によりどう⾃分を伸ばしていくか、という「次の学び」に結果をうまくいかせていませんでした。 駿台atama+共通テスト模試では、模試を最も効率のよい復習につなげることが可能です。 01 atama plusとは 10 その場フィードバック 学習レコメンド

    パーソナルカリキュラム 受験直後に結果を確認。回答プロセ スを覚えているうちに復習につなげ られます。 ⼩問ひとつひとつから、複合的に弱 点を分析。学習すべき単元まで具体 的にレコメンドします。 atama+を使って、ひとりひとりに 合わせたカリキュラムで学習し、模 試の結果を最短の学習につなげます。
  11. atama plusのコンテンツ開発 02 11

  12. atama+の「コンテンツ」とは? 02 atama plusのコンテンツ開発 12 講義 (動画) 問題 ・ 解説

    atama+のコンテンツとは、⽣徒の学習の要となる「atama+の中⾝」全般のことです。 例えば講義動画。著名な講師陣にご協⼒いただきながら作成します。 また、問題や解説なども作成し、⽣徒のよりよい学習のために⽇々改善をかけています。
  13. atama+の「コンテンツ」とは? 02 atama plusのコンテンツ開発 13 AIとの掛け合わせで、適切な教材を適切な順に学習できるように設計 AI 学習体験の設計 atama+のコンテンツは、問題や解説だけはありません。 atama+ではAIによって、⽣徒の苦⼿分野を分析し、適切な教材を適切な順に学習できるしくみになっています。

    各単元で扱う内容の設定や単元間の関係の設定など、⽣徒の学習体験の設計に関わる部分もコンテンツの⼀部です。
  14. 早く、いいものを作り、アップデートし続ける 14 atama plusでは、プロダクトをなるべく早く提供し、現場からのフィードバックを得ることを⼤切にしています。 そのため、Contentsチームでは、それぞれのメンバーが得意なことを担当しながら連携する職能制をとることで、 改善のサイクルを素早くしています。 atama plusのContentsチームには、主に Planner, Director,

    Editor, Partner Management などの職種があります。 各メンバーの得意分野を活かしながら、互いの作業成果を 尊重・信頼しつつ、フィードバックをし合い進めることが 全体的な業務の質の向上にもつながっています。 02 atama plusのコンテンツ開発 課題の特定 仮説検証 企画 動画制作 先⽣との調整含む 問題制作 先⽣との調整 パートナー会社 との調整含む 学習状況のモニタリング *現場での学習状況の観察は全員で⾏います Planner∕ プランナー Director ∕ ディレクター Editor∕エディター PM∕パートナーマネージメント #all_gemba 現場で感じたこと、気付き、学びを共有す るためのチャンネルがあり、現場に⾏って いない⼈も、現場の状況を把握することが できます。
  15. 15 チームで共通理解を もちながら開発する 専⾨的な職種と思われそうな教材開発ですが、実は教育業界未経験者も多く活躍して います。それぞれの視点から⽣徒を熱狂させるコンテンツ制作に取り組んでいます。 アプリチームの構成と役割 TO∕チームオーナー コンテンツの戦略策定と開発の優先順位付け Director∕ディレクター 主に講義動画制作・改善を担当。執筆

    者の先⽣とのやりとり窓⼝ Editor∕エディター 主に問題の制作・吟味校正、リリースまでの ⼯程を担当 RM∕理系マスター 理系コンテンツの品質責任 BM∕⽂系マスター ⽂系コンテンツの品質責任 Planner∕プランナー 主に「atama+」内の教材コンテンツの課題 の特定〜仮説検証・企画を担当 Contentsチームの構成 02 atama plusのコンテンツ開発 PM∕パートナーマネージメント ※Editor兼務 パートナー会社とのやりとりを担当 質問管理 ⽣徒さんからの質問対応の管理 Contents dev コンテンツまわりのプロダクト開発 未経験者 経験者 その他 Planner Director Editor その他 ⽂系 理系 その他 教育業界 経験者∕未経験者 ⽂系チーム∕理系チーム ⼈数割合 役割別⼈数割合
  16. 追加する情報、アプリでの⾒せ⽅などの案を検討 必要に応じて Director、Editorに連携 16 必要なのは 課題解決⼒ 現場からの定性情報と⽣徒の学習状況などのデータからの定量情報をもとに、課題を特定し、仮説を ⽴て、調査します。教育業界での経験がなくても⼤丈夫。必要なのは⽣徒の抱える課題を正確に把握 する⼒と、その解決策を考えられる⼒です。 例)⽬的:英単語をより効率的に覚えるためにはどうしたらよいか?

    Planner仕事例 02 atama plusのコンテンツ開発 課 題 特 定 仮 説 ⽴ て 調 査 企 画 英単語を覚えるのに 時間がかかる 「記憶定着を促進する情報」 に関する論⽂・⽂献などを調査 ⽣徒にダミーを使って もらい調査する場合も 単語にプラスアルファの情報を 付けると記憶しやすくなるのでは? 課題特定から企画までの流れは、コンサル、研究職、企画職、SEなどでの仕事の流れと似ています。 同様の経験があれば、活躍できます。
  17. 17 プロジェクトマネージメント の経験があればOK 先⽣に伴⾛しながら、主に講義動画の制作を担当するDirector。第⼀線で活躍する 先⽣と企画を詰め、⽣徒にわかりやすい教材づくりを⾏います。教育業界での経験 がなくても⼤丈夫。必要なのは⽬標達成に向けた的確なマネージメント⼒です。 Director仕事例 02 atama plusのコンテンツ開発

    制 作 依 頼 ・ 講 義 内 容 の す り 合 わ せ ス ラ イ ド の 作 成 ・ 動 画 講 義 撮 影 準 備 動 画 撮 影 ・ 編 集 より良いコンテンツを制作するため 先⽣と徹底的に議論を⾏う 各種制作ディレクター職 、ソリューション営業の法⼈営業の経験者 、コンサルタント 、SE、 各種プロデューサーやディレクター経験者の⽅などが、活躍できます。 各先⽣の特徴に合わせて サポートの仕⽅を変える ⼆⼈三脚で信頼を勝ち取り 完全納品まで導く 撮影は⼀発勝負。⼊念な準備と 的確な現場判断が肝要 わかりやすい動画のためなら ⼤幅なカットも⾏う
  18. 18 編集⼒と マネージメント⼒を活かす 教材作成の最後の⼯程を担うのがEditor。ミスのないコンテンツ作りに⽋かせない 役割です。作成フローは紙の教材と⼤きく違いはないので、デジタルコンテンツの 作成が初めての⽅でも、教材作成の経験があれば活躍することができます。 Editor(PM兼務)仕事例 02 atama plusのコンテンツ開発

    企 画 内 容 の 把 握 ・ 連 携 パ ー ト ナ ー の ⼯ 程 調 整 な ど 問 題 の 作 成 ・ 吟 味 校 正 PlannerやDirectorと連携。 課題を理解しPlannerが ⽴てた施策を把握 教材作成の流れは、紙などの教材の編集と似ています。同様の経験があれば、デジタル教材の 作成が初めてでも活躍できます。 最 終 チ ェ ッ ク リ リ ー ス 施策を実⾏に移すために何が 必要か考え、計画する パートナーの編集の フォローをしてくれる 会社の予定を調整する 問題にミスがないか チェックする システム的な設定や ミスのチェックを⾏う *問題は先⽣が作成する場合、 社内とパートナー会社で協⼒ して作成する場合があります
  19. 19 事業∕教育への課題 +Missionへの共感 コンテンツチームでは、とくにPlannerのほとんどが教育業界未経験者です。社会⼈⽣ 活で実感した教育への課題やMissionへの共感がきっかけで、Joinを決めています。 教育業界未経験Plannerの転職動機 02 atama plusのコンテンツ開発 コンサルタントを経て、⽂系Planner(BM兼務)になりました。

    今までにないプロダクトをつくるのはおもしろいです。でも もっとスピード速く実⾏できるところで仕事がしたかった。教 育業界に強いこだわりがあったわけではなかったのですが、全 然勉強しなかった学⽣時代にもっといい教材があればと思いま したし、Missionにものすごく共感したので⼊社しました。 ⽥中 康介 ⽂系Planner -経歴- ケンブリッジ・テクノロジー・パートナーズ等
  20. 20 事業∕教育への課題 +Missionへの共感 コンテンツチームでは、とくにPlannerのほとんどが教育業界未経験者です。社会⼈⽣ 活で実感した教育への課題やMissionへの共感がきっかけで、Joinを決めています。 教育業界未経験Plannerの転職動機 02 atama plusのコンテンツ開発 メーカーの研究職を経て、今は理系Plannerをしています。前

    職では、研究職としての仕事に慣れていくにつれて会社に⼊る 前によりよい教育を受ける機会があると今よりもっと成⻑でき た の か も し れ な い な と 思 っ て い ま し た 。 ⼤ 学 同 期 が atama plusで働く様⼦もいいと思ったし、Missionに納得した状態で 働けると思いました。 ⼤島 ⼩春 理系Planner -経歴- ⼭崎製パン
  21. 21 以下のような思いをお持ちではありませんか? 02 atama plusのコンテンツ開発 □ 教育のことはわからないが、⾃分が教育を受けてきた⽴場から、思うところがある。 □ 教育業界での経験はない。でも、教育に興味はあって、⽣徒の課題を解決したい。 □

    ⼦どもがうまれたことをきっかけに、教育に興味をもった。 ⼦ども達のつくる未来をもっとよいものにしたい。 □ コンサルタントとして活躍してきたが、問題解決⼒をより顧客のために役⽴てられる仕事がしたい。 □ クライアントごとのプロジェクトをマネージメントしてきたが、 ⾃社プロダクト(コンテンツ)の開発に関わってみたい。 □ 企画職として活躍してきたが、企画⼒を活かして教育をよくしたい。 □ 紙の教材を作成していたが、紙でできることに限界を感じる。 もっと個々の⽣徒に合った、感動的な学習体験を届けたい。 1つでも当てはまる⽅は、 Contents チームで活躍できる可能性があります!
  22. 働く環境・制度 03 22

  23. 働き⽅ 23 できるだけルールは設けず、 ミッション実現のために各⾃で最適な形を考えて働くというコンセプト フルフレックス制度 (コアタイムなし) ⼟⽇祝⽇休み オフィス内の好きな場所で 仕事してOK 芝⽣の上で仕事しているメンバーも

    社内コミュニケーションは Slackを活⽤ できる限り対⾯でのコミュニケー ションを⼤切に ※2021年10⽉現在、新型コロナウイルスの 感染状況をふまえ、リモート勤務とオフィス 勤務を組み合わせています。 ⽉に1回みんなで⽴⾷パーティー ※現在はオンライン開催 03 働く環境・制度
  24. 働き⽅ 24 Contentsチームの⼀例 11:00までに勤務開始します。全体mtg.は11:00〜にしか⼊りません。 また、18:00〜20:00の間に勤務終了するメンバーが多いです。 atama plusでは、アジャイル開発、スクラムを機能させる ために、対⾯でチーム開発することを⼤事にしています。 各チームでパフォーマンスが⾼くなる働き⽅を考え、実現しています 勤務開始・終了時刻に決まりはありませんが、開始・終了

    時刻を含めた働き⽅は、開発状況や各⾃のご都合等をふま えてチームで相談して決めることになります。 atama plusは、すべてのメンバーがプロフェッショナルで あるとの前提に⽴ち、⾃律した働き⽅を追求しています。 03 働く環境・制度
  25. さまざまなワークスペース 25 執務エリア 執務エリアでは、チーム単位で座っていま す。イスはアーロンチェアです。近くに ミーティングスペースがあり、すぐに議論 が可能です。 ミーティングスペース ほぼすべてのミーティングは、間仕切りの ないフリースペースで⾏われます。通りが

    かりのメンバーが加わり、新たなアイデア が⽣まれることもあります。 広場 たくさんのYogibo(クッション)やバラン スボールが置かれた広⼤なエリアです。全 社ミーティングや休憩など、さまざまな シーンで利⽤されています。 オフィスにはさまざまな種類のワークスペースがあり、良いプロダクトをつくるために各⾃が最適なワークスペース を選択できるようになっています。 03 働く環境・制度
  26. 社内制度 26 制度もアジャイルに改善しています ・チームをまたいだメンバーでの⾷事代補助 ・部活動費補助 など 社会保険完備 交通費⽀給 ⾃転⾞通勤可 PC等のデバイスは各⾃必要なものを購⼊可

    ウォーターサーバー、コーヒーマシーン コミュニケーション促進施策 03 働く環境・制度
  27. 給与や昇給の考え⽅ 27 マーケット⽔準を考慮した給与に加え、ストックオプションを付与 給与はスキルに基づき決定 給与改定機会(年2回) 賞与⽀給(年2回) ストックオプション付与 03 働く環境・制度

  28. 業務上必要なものは各⾃で判断して購⼊可 28 atama plusでは、業務に必要であるとチームもしくは⾃⾝が判断すれば、 必要なデバイスや書籍など会社経費で購⼊することができます。 #物品購⼊ 必要な物品を発注するSlackチャンネル キーボード ディスプレイ 書籍

    03 働く環境・制度
  29. メンバー紹介・インタビュー 04 29

  30. 多様な経験・スキルをもった開発チームのメンバー 30 メンバー紹介・インタビュー ※メンバーを抜粋して紹介しています メンバー⼀覧 ⽥中 康介 -経歴- ケンブリッジ・ テクノロジー・

    パートナーズ等 森井 聡 -経歴- ⽇本ヒューレッ ト・パッカード等 井上 拓也 -経歴- ベネッセ等 ⼤島 ⼩春 -経歴- ⼭崎製パン 鈴⽊ 朝⼦ -経歴- EYアドバイザ リー・アンド・コ ンサルティング等 北村 瑛 -経歴- バンダイ 湯川 将吾 -経歴- 産業能率⼤学 横⼭ 太⼀ -経歴- ベネッセ 前⽥ 光佑 -経歴- リクルート 礒⽥ 真⾥ -経歴- ベネッセ 辻 康介 -経歴- 代々⽊ゼミナール 合⽥ さやか -経歴- コーエイリサーチ& コンサルティング等 TO(チームオーナー) 1名 Planner(プランナー) 7名 Director(ディレクター) 4名 Editor(エディター) 6名 うち PM(パートナーマネージメント)3名 04 BM(⽂系マスター) 1名 RM(理系マスター) 1名
  31. 経歴:バンダイ 東京⼤学⼤学院教育学研究科修了 Contents社員インタビュー(Planner) 31 ⽣徒の9割が中学受験をする都会の公⽴⼩、中⾼⼀貫進学校を経て、学校で ⼦供が抱える閉塞感に疑問を抱く。結果、⼤学・⼤学院と教育学を専攻。⼦ 供が楽しく学べるプロダクトに関わりたく、バンダイに⼊社してキャラク ターグッズ等の企画開発を担当したが、より直接教育に関わる仕事をしたい と考えるようになる中、atama plusと出会い、Missionに共感して⼊社。

    北村 瑛 開発と営業が、こんなに 信頼し合っている会社は 他にないと思ってます。 atama plusでのPlannerのやりがいは? 今この時もプロダクトを使っている⽣徒さんがいると 思いながら働けること。その⼦にとって⼀度きりの中 ⾼⽣時代にatama+で勉強してくれていると思うと⾝ が引き締まります。 今なにに注⼒している? 中学⽣の英語コンテンツをさらに良くするべく、注⼒ しています。語学はこれを⾝につけたら次はこれ、と いかないのが難しくもあり、何をどう積み重ねれば最 適な学びになるのかという答えのない問いへの挑戦が とても刺激的です。 何を実現したい? 学ぶ楽しさに誰もが触れられる仕組み、プロダクト作 りです。その先で、勉強につきまとう「⾟いこと」 「苦しいこと」「ダサいこと」というイメージを世の 中から払拭したいです。 メンバー紹介・インタビュー 04
  32. ⼤学では機械⼯学を専攻。クリエイティブに関わる仕事がしたく、⼤学卒業後 は広告業界に就職。⼊社後⼀貫して新卒採⽤に関わる広告制作のプランニン グ・ディレクションに従事する。その中で、働く、つまり“社会でどう⽣きる か”という選択に潜む本質的な課題を解決するためには、教育のあり⽅や社会 ⾃体を⼤きく変えていく必要があると考え、⼀⽅でatama plusが掲げる世界 観やそれを体現するサービスに強く共感し、⼊社。 経歴:リクルート 慶應義塾⼤学理⼯学部卒 前⽥

    光佑 Contents社員インタビュー(Director) 32 atama plusでのDirectorのやりがいは? Directorという仕事は業界・業種によって様々⽴ち位置 が異なると思いますが、atama plusのDirectorはプロダ クト開発の最前線で、コンテンツ制作と改善に⾼速で取 り組めるところがやりがいです。 今なにに注⼒している? やらされ勉強からの脱却の仕組みづくりです。それを実 現させるには、常識にとらわれずに既存の勉強のあり⽅ を⾒直しながら、プロダクトを作りたいと思っています。 どんな⼈と⼀緒に働きたい? 「Wow Students.」にエネルギーを注げる⼈。そのスタ ンスがあればある程度スキルは⾃ずとついてくるものだ と思っています。atama plus のメンバーは、本当に全 員が「Wow Students.」のために毎⽇汗⽔を流している。 職種に縛られない、そのワンチーム感が魅⼒なんです。 メンバー紹介・インタビュー 04 「Wow Students.」を かなえるために集った 最強の One Team !
  33. 新卒で⼤阪の中⾼⼀貫校に数学教師として2年間勤務したが、海外への憧れか ら⻘年海外協⼒隊に参加しガーナに派遣される。そのまま国際協⼒の道を進み、 開発コンサルタントとしてウガンダやニカラグアで教員研修や教材開発のプロ ジェクトに従事する。2児の⺟となったことをきっかけに、これからは国内で の教材開発に従事したいと思っていたところ、atama plusに出会う。「教育 を通じて社会を真ん中から変える」⼀員になりたいと思い、⼊社を決意。 経歴:コーエイリサーチ&コンサルティング等 京都⼤学教育学部卒 合⽥

    さやか Contents社員インタビュー(Editor / Partner Management) 33 既存のルールに縛られず 柔軟に仕事の仕⽅を 変えていける会社です。 メンバー紹介・インタビュー 04 atama plusの好きなところは? ⽣徒のWowを基準に意思決定がされるところが素敵で す。本当にこれって必要?こうした⽅が良いのでは?と いった意⾒もその都度議論できて、合理的かつ柔軟に作 成⽅針などが変えていけるところが魅⼒です。 ⼤変なことをどんなふうにのり越えてる? 2児の育児×夫は単⾝赴任×両実家とも遠⽅でハードな 働き⽅をしている⽅だと思いますが、家で会社の話をし たり、⼦どもを会社に連れて⾏ったり、リモート会議で 顔を出させてもらったりと、⼦どもとatama plusを近 づけることで⾃分が仕事しやすい環境を作っています。 atama plusでのEditor/PMのやりがいは? 企画を、実際にコンテンツとして形にして⽣徒に送り出 す仕事だと思っています。⽣徒のWowに直結する問題 作りをしているところに責任とやりがいを感じます。
  34. Contentsチームメンバーに聞きました 34 atama plusに⼊社して感じた ギャップは? ベンチャーなので研修はほぼないものと 思っていたが、かなり丁寧かつ⼿厚い オンボーディングがあった 想像していた以上に、 多種多様なバックグラウンドの

    メンバーで構成されている 情報の透明性が⾼いこと。 社員を信頼して、情報を共有してもらえる 開発のスピード感が、 想像していたよりも速かった ミスが起きても 誰がやったかを責める⼈がおらず、 改善策にフォーカスして議論が⾏われる メンバー紹介・インタビュー 04
  35. Contentsチームメンバーに聞きました 35 atama plus の好きなところ、 気に⼊っているところは? プランに動かされているのではなく、 ⾃分たちでプランを組み⽴てていると 感じられるところ 全員が

    Mission に共感し、 Wow students.のために 仕事をしているところ 基本的に同じ⽅向を向いて同じ価値観を もっているので、建設的に話し合えること 信頼できる仲間が多いところ。 他チームどうしでも、こんなに信頼し合って いる会社は他にないと思っています! 異なる職種、⽴場でも互いの⽴場と意⾒を 尊重して議論ができるところ メンバー紹介・インタビュー 04
  36. Contentsチームメンバーに聞きました 36 数ある教育系の会社の中でも、 なぜ atama plus を選びましたか? 全員が Mission に共感し、

    みんなが同じ⽅向を向いて 仕事をしているから 価値を世の中に⼤きく拡げるという観点で、 開発の考え⽅が合理的だと感じられたから Missionに対する真摯さと、 それに⾒合う⼿段を適切に⽤いている印象が強かったから Mission や Values が 素直に共感できるものだったから ⼈がいいなと感じたから。 ここで働く仲間なら、いいものを作ることが できるし、教育を変えられると思ったため メンバー紹介・インタビュー 04
  37. 採⽤について 05 37

  38. 今後やりたいこと 38 まだまだMission実現に向けてやりたいことがたくさんあります。 Mission実現に向けて 課題がまだまだたくさんあります。 もっとプロダクト・ビジネスを 磨いていく必要がありますが、 ⼈が全然⾜りていません。 まずは その先には…

    塾マーケットにおいて、 よりよい学びを多くの⽣徒に届けたい 基礎学⼒だけでなく、 社会でいきる⼒の習得に向けた 取り組みもしていきたい 国内だけでなく、 海外の⼦どもたちにも より良い学びを提供していきたい 採⽤について 05
  39. atama plusを楽しめる仲間 39 atama plusを楽しめる仲間と⼀緒に働きたいと思っています! ・事業を通して社会をよくしたい ・Missionに向かう中で⾃分⾃⾝も成⻑したい ・Mission実現に向かうことにわくわくする atama plusを

    楽しめる仲間 ・atama plusのMission、Valuesに共感 きっとatama plus じゃない⼈ ・会社を探す主な軸が、「伸びているスタートアップ」 ・キャリアアップのための経験を積みたい ・チームでの成果より個⼈の評価が気になる ・atama plusのMission、Valuesに共感しない 採⽤について 05
  40. © atama plus Inc. atama plusは、Mission driven company. ミッションの実現に向けて、常識にとらわれずに考え、議論し、 互いを尊重しながら楽しむ集団です。

    ⼈が全てなので、採⽤にはとてもとてもこだわってきました。 開発チームはもとより、ビジネスチームもコーポレートチームも、 全員で良いプロダクトを創る。 ⼀つの⼤きなチームとして意⾒をぶつけあいながら ⽣徒が熱狂する学びを創っていく。 そんな想いの船に⼀緒に乗って、 新しい教育を創り、社会を変えていく仲間を募集しています。 We are hiring ! 参考リンク 3分でわかる atama plus 求⼈⼀覧
  41. © atama plus Inc. We are hiring ! ◆Contentsチームについてもっと知りたい方はこちら note:

    「早く、いいものを作り続ける」 ために⾛り続ける atama plusコンテンツチームのお仕事 note: 「育休を取得した男性社員に聞いてみました」 ◆Contentsチーム以外についても知りたい方はこちら 3分でわかるatama plus エンジニアチーム編 3分でわかるatama plus QA編