Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

仕様ワークショップ

Cyan
October 18, 2018

 仕様ワークショップ

Cyan

October 18, 2018
Tweet

More Decks by Cyan

Other Decks in Technology

Transcript

  1. 仕様ワークショップ
    2018/10/18

    View full-size slide

  2. EXAMPLE











    Specification by Example
    ビジネス目標
    スコープ
    代表的な例
    例による仕様
    実行可能な仕様
    生きているドキュメント
    スコープを抽出
    協力して特定する
    仕様リファインメント
    仕様の自動化
    頻繁にチェックする

    View full-size slide

  3. EXAMPLE
    送料無料
    VIP会員は5冊以上の本を購入した場合、送料を無料にする。一般会員もしくは本以
    外の商品を購入したVIP会員は対象にならない。

    View full-size slide

  4. EXAMPLE
    送料無料
    カスタマータイプ 購入品 送付タイプ
    VIP 書籍5本 無料/標準
    VIP 書籍4本 標準
    一般 書籍10本 標準
    VIP 洗剤5本 標準
    VIP 書籍5本、洗剤1本 標準

    View full-size slide

  5. WHAT
    - みんながすでにわかっている当たり前な仕様向けじゃない
    - だれもわからない仕様向けじゃない
    Given-When-Thenを意識し
    上記の二段階の間にある仕様を対象とする

    View full-size slide

  6. WHAT
    目的
    ● 適切な実例を練り出し、不明確な仕様
    (ルールとワークフロー)をはっきりする
    ● 用語を統一する
    ● ドメイン知識を伝達する
    ルール
    ワークフロー
    技術詳細

    View full-size slide

  7. WHY
    ● 仕様策定を協力式にすることで、仕様の完全性が高くなる
    ● ワークフローをはっきりすることで実装のしやすさの向上が
    期待できる

    View full-size slide

  8. WHEN
    ● 1~3時間(時間を延長するより、もうひとつのワークショップ
    を入れたほうが良い)
    ● 食事時間の前後にワークショップを入れないこと(集中でき
    ない為)

    View full-size slide

  9. WHEN
    ● 準備を当スプリント内に完成させ、次スプリントのプランニン
    グ時ワークショップを開く
    ● もしくはPBR(プロダクトバックログリファインメント)に入れる

    View full-size slide

  10. WHERE
    ● ホワイトボード
    ● フリップチャート
    ● マーカー
    さえあればOKです!

    View full-size slide

  11. WHO
    ロール
    ● プロダクトオーナー
    ● 開発者
    ● ステークホルダー

    View full-size slide

  12. WHO
    分野
    ● ビジネスドメインの分析に携わっている方
    ● プロダクトのマネジメントを行っている方
    ● 機能を開発している方
    ● 品質を担保している方

    View full-size slide

  13. HOW
    ワークショップ前
    ● 背景と疑問を収集する
    ● 考えられる重要なシナリオとスコープを書き出す
    (やり過ぎないように)
    ● アジェンダを作成する
    ● 場所を予約する
    ● ステークホルダーに上記の情報を送信する

    View full-size slide

  14. HOW
    ワークショップ中
    ● ゴールとユーザを明確にする
    ● 視覚上の補助道具(Visual Aids)を有効に利用する
    ● 話が広がる内容は一旦ペンディングして後でまとめて議論
    する

    View full-size slide

  15. HOW
    ワークショップ中
    ● 開発チームの作業内容が信頼できるようになったら、ソ
    リューションの部分はスキップして開発チームに任せても問
    題ない
    ● 明確的で完全性と現実性を持ち、自己解釈できる例が望ま
    しい

    View full-size slide

  16. HOW
    ワークショップ後
    ● 参加者に感謝の気持ちを伝える
    ● ドキュメントを整理する
    ● 必要であれば、後続のワークショップを計画する

    View full-size slide

  17. WHAT











    Specification by Example
    ビジネス目標
    スコープ
    代表的な例
    例による仕様
    実行可能な仕様
    生きているドキュメント
    スコープを抽出
    協力して特定する
    仕様リファインメント
    仕様の自動化
    頻繁にチェックする

    View full-size slide

  18. リファレンス

    View full-size slide

  19. Adzic, G. (2012). Specification by example: How successful teams deliver the right software.
    Shelter Island: Manning.
    Adzic, G. (Nov 12, 2008). Specification workshops - an agile way to get better requirements.
    Retrieved from
    https://gojko.net/2008/11/12/specification-workshops-an-agile-way-to-get-better-requireme
    nts/
    Adzic, G. (Sep 17, 2008). Fitting agile acceptance testing into the development process.
    Retrieved from
    https://gojko.net/2008/09/17/fitting-agile-acceptance-testing-into-the-development-process/
    Cai, L. (Jan 9, 2012). Practical way to experience of Specification by Example. Retrieved from
    https://www.slideshare.net/larrycai/practical-way-to-experience-of-specification-by-example
    Famuyide, S. (Feb 28, 2013). Organizing Effective Requirements Workshops: Before, During
    & After. BA Learnings. Retrieved from
    https://businessanalystlearnings.com/blog/2013/2/28/organizing-effective-requirements-wor
    kshops-before-during-after
    Keogh, L. (Nov 18, 2012). How to be successful at BDD Specifications Workshops?. Software
    Engineering - StackExchange. Retrieved from
    https://softwareengineering.stackexchange.com/a/176277
    Nofre,D. (Oct 28, 2016). Specification By Example: learning Agile through experimentation.
    eDreams ODIGEO Tech. Retrieved from
    https://tech.edreamsodigeo.com/specification-by-example-learning-agile-through-experime
    ntation/
    リファレンス

    View full-size slide