$30 off During Our Annual Pro Sale. View Details »

コロプラを支える社内システム開発の在り方/ColoplTech-08-01

 コロプラを支える社内システム開発の在り方/ColoplTech-08-01

※資料内の参照リンクを選択し閲覧する場合は、ダウンロードをお願いいたします

\積極的に技術発信を行なっております/
▽ Twitter/COLOPL_Tech
https://twitter.com/colopl_tech

▽ connpassページ
http://colopl.connpass.com

▽ COLOPL Tech Blog
http://blog.colopl.dev

COLOPL Inc.

August 15, 2022
Tweet

More Decks by COLOPL Inc.

Other Decks in Technology

Transcript

  1. コロプラを支える 社内システム開発の在り方 2022/08/09

  2. アジェンダ 1. インターナルグループとは 2. インターナルグループの歴史 3. これまでの取り組みの紹介 4. まとめ 2

  3. 3 2016年に株式会社コロプラに新卒入社(7年目) クライアントエンジニアとしてインゲーム周りの開発に携わる。 その後、バックエンドエンジニアとしてインターナルグループに配属。 社内システムの開発・運用を行う。 Laravel/Vue.jsがメイン。Webに限らず幅広く経験。 氏名  : 部署名 :

    たじゅ 技術基盤本部 第2バックエンドエンジニア部 インターナルグループ 自己紹介
  4. インターナルグループとは 4

  5. 社内の課題をエンジニアリングによって解消するチーム 現在は7人構成(全員エンジニア) 主な業務 • 内製社内システムのスクラッチ開発+運用 ◦ 要件定義〜開発〜テスト〜運用 ◦ UI/デザインの検討 ◦

    インフラ構成の提案 • 外部システムの拡張 ◦ 外部のAPIの利用したシステム開発 ◦ Chrome拡張開発など 5 インターナルグループとは システムを作る上での全てに携わる
  6. 6 主要技術スタック サーバーサイド インフラ デスクトップ・モバイルアプリ その他 フロントエンド Compute Engine Cloud

    Run App Engine
  7. インターナルグループの歴史 7

  8. 8 会社の規模拡大に適応すべく発足された 在宅業務でのスムーズな情 報伝達を目的に動画共有 サービスを作成 会社の『変化』を支えるシステムを開発してきた 日報システムや、社内情報 を整理するポータルサイト の作成 2016

    新卒社員が増加 誰がどこにいるか把握する目的 で社内マップ/人事管理システム を作成 2015 オフィス移転 デザイン関連の成果物を 管理するシステムや、デ バッグをサポートするシス テムの作成 2016~2020 業務規模の充実 社内のお問い合わせを一元 管理するリクエストセンター を作成 2014 グループ発足 2021 コロナ禍対応 お問い合わせ増加に合わせ てメール応対システム を作 成 2014 白猫リリース
  9. これまでの主な取り組み① - お問い合わせメール返信効率化 - 9

  10. 10 お問い合わせメール返信効率化 メール返信効率化のためにメールシステムを構築 コロプラ製メールシステムの特徴的な機能 形態素解析でのメール自動分類 ユーザーデータ参照機能 ストアレビュー連携 エスカレーション/承認機能 表記ゆれ/個人情報・社内情報漏洩 を防止する機能

    KPI/アンケート アクティブユーザーが増えることによりお問い合わせが増加し対応が困難に
  11. 11 メール自動分類 MeCabを用いてメール内容を解析 メール内の単語を抽出 教師データとの近似度を求めて分類 分類を行うコストが15%削減 メールを分類するコストを抑えたい

  12. 12 ユーザーデータ参照機能 受信時にユーザー情報が紐づく • アカウント作成日 • ゲーム内ランク • 秘密の質問   (パスワード検証目的)

    …などをすぐに確認できる • ユーザー属性の把握 • 回答効率の向上 ユーザー情報の確認にかかる工数を削減したい
  13. 13 ストアレビュー連携 ストアのレビューをより有効的に活用したい APIを利用して期間毎の評価を取得 • いつのイベントが高評価か • 低評価がついた理由 • OSごとの違い

              …などを集計 • より分析しやすく • レビューコメントへの返信効率化 期間毎のグラフが 表示されます
  14. 14 機能実装の背景 メール総数+ 仕分けコストの増加 ユーザーのプレイ状況を 調査したいが工数がかかる 自動分類/ステータス管理が行 えるようにしたい AIを使った自動分類 ステータス管理

    各サービスの情報を可視化 開発チームへの通知 ゲームサーバにAPIを用意し ユーザ連携 課題 実際に利用する人のイメージにあった機能を作ることで 最大限の価値提供に繋げていく サポートチームの要望 お問い合わせやレビューの 有効活用 メールの受信画面から 確認出来ると最も効率がいい 期間毎の確認 レビューコメントの把握 技術的な解決対応
  15. これまでの主な取り組み② - より多くの要望に応えるために - 15

  16. 16 新しい開発フローの導入 ・Skeleton/Extensionコードの用意 インフラ関連の裁量を増やす 開発工数を減らす ・VM環境 (都度インフラグループに構築を依頼) ・既存システムからコピー これまで ・GAE

    / CloudRun を中心とした マネージドな環境構成 ・IaC(Terraform)の導入 現在 現在 運用システムが蓄積されていき、新規開発にリソースが割けない状態になった これまで ・手軽に環境を作ってテストが出来る ・ファイルベースの管理で把握しやすい ・不要なファイルがノイズにならない ・過去に作った関数の再利用 すばやく新規開発に取り組める仕組みを 2つの観点で検討
  17. 17 開発フローの見直しで実現したシステム サポート用アンケートシステム 動画共有システム • 実装期間2週間 • アクセス数が不明瞭なためオートスケール が効果的なGAEを採用 •

    既存システムと比較し運用コストも削減 • 実装期間3ヶ月 • コードを再利用しつつ無駄な実装を削減 • 動画エンコードにCloudRunを利用することで運用コストを抑えた 新しい仕組みやプラットフォームを積極的に導入して工数を削減した
  18. 18 今後対応していきたいこと ナレッジシステムのリニューアル ・検索精度・権限管理・費用面に課題がある ・新しいシステムの導入 or 内製化を検討し、より社員が情報を探しやすくする マイクロサービス化 ・それぞれのシステムで認証経路を用意していたり、権限管理が分散していたりする。 ・役割ごとにサービスを細分化していけば、

    より開発しやすくする
  19. 19 まとめ コロプラが大切にしている考え方を引き継ぎながら、 ユーザー=社員 に最高の開発体験を提供しようと尽力しています 社員ファーストで 利用者に寄り添う開発 新しい技術の導入を 率先して行い課題を解決