Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

220224 業務改革の体制づくりと抵抗勢力 PLAY与田さん

50bc42471d197d0dbef7171f2ef85bb6?s=47 comucal
PRO
February 24, 2022

220224 業務改革の体制づくりと抵抗勢力 PLAY与田さん

50bc42471d197d0dbef7171f2ef85bb6?s=128

comucal
PRO

February 24, 2022
Tweet

More Decks by comucal

Other Decks in Technology

Transcript

  1. 1 © 2021 PLAY Inc. 業務改革の体制づくりと 抵抗勢力

  2. 2 © 2021 PLAY Inc. 自己紹介 与田 明(よだ あきら) PLAY株式会社 代表

    RPA歴 5年目 プロセスマイニング歴 2年目 最近SFAが好きです HubSpot、Kintone 好きな食べ物 辛いカレー
  3. 3 © 2021 PLAY Inc. 今日のお話 1.体制づくりのベーシック 2.抵抗勢力を理解する 3.業務改革を前に進めるには

  4. 4 © 2021 PLAY Inc. 体制づくりの ベーシック

  5. 5 © 2021 PLAY Inc. 体制づくりの流れ ①業務改革を企画する ②賛同してくれる人を探す ③トップマネジメントに打診する ④必要なポジションを集める

    目的、現状の仮説、アクションの仮説を立てる(最初はざっくりで OK) ①でつくった企画をもとに賛同する人を仲間に入れる お墨付きをもらうことで、人と予算をアサイン 抵抗勢力も含めて推進に必要なポジションを招集
  6. 6 © 2021 PLAY Inc. ポジション一覧 ・プロジェクトリーダー ・トップマネジメント ・現場部門担当者 ・システム担当者

  7. プロジェクトリーダー 別名:PM、PL、責任者、推進担当者 etc. 役割:業務改革を前に進める →体制づくり →目的の設定・共有 →スケジュール管理 →人や業者のアサイン →予算管理

  8. トップマネジメント 別名:社長、執行役員、事業部長etc. 役割:業務改革の進退を判断する →プロジェクトの承認 →人や予算のアサイン

  9. 現場部門担当者 役割:現場の要望を伝える →現状業務の可視化への協力 →改善方針のアイデアだし →改善施策へのフィードバック →現場部門への浸透 全ての要望が反映されるとは限りませんが 現場にフィットしない施策は機能しません

  10. システム担当者 役割:情報リスクのマネジメント →施策実施による情報リスクの洗いだし →情報リスクの対処方法考案・実施 →ベンダーコントロール →システム連携の対応

  11. 11 © 2021 PLAY Inc. メンバー選びのポイント ・賛同的なキーマンと反対的なキーマンを巻き込む ・ポジションは兼務OK、誰がどの役割化明確に ・ボトムアップの場合でもトップマネジメントを 巻き込めると良い

  12. 12 © 2021 PLAY Inc. 抵抗勢力を理解する

  13. 抵抗勢力とは? 業務改革の取り組みに 何かしらの反対意見を持っている人

  14. 14 © 2021 PLAY Inc. 抵抗勢力がいることは問題か? 抵抗勢力がいない →誰も関心が無い。結果失敗しやすい 抵抗勢力がいる →プロジェクトの問題点を指摘してくれる。

    健全に進めて行くことが可能に
  15. 抵抗勢力≠敵

  16. 16 © 2021 PLAY Inc. 抵抗勢力は強力な味方になる プロジェクト開始時 プロジェクト完了時

  17. 17 © 2021 PLAY Inc. 抵抗勢力のレベル Lv1 無言の抵抗 Lv2 正面からの批判

    Lv3 屁理屈での抵抗 Lv4 話すら聞いてくれない Lv5 反対運動を繰り広げる
  18. 18 © 2021 PLAY Inc. Lv1 非協力的 言葉には出さないがあまり協力でない状態 ・会議で発言しない ・会議に不参加

    ・会議に遅刻 ・決定を先延ばす
  19. 19 © 2021 PLAY Inc. Lv2 正面からの批判 プロジェクトの問題点を言葉に出して伝えてくる状態 →問題点が洗いだされるため、より健全になる可能性がある ポイント

    ・批判されたからといって身構えない ・抵抗勢力の意見を無視せず、汲み取ったうえで進める
  20. 20 © 2021 PLAY Inc. Lv3 合理的でない批判 あまり合理的ではない批判を伝えてくる状態 →キーマンがこのレベルになると危うい 例)

    ・理屈はわかるが今やらなくても ・会社としては良いと思いますが、うちの部署はやりません ・大変になる人がいるからよくない 対応方法は根気強く合理的な反論を伝え続けるしかない
  21. 21 © 2021 PLAY Inc. Lv4 話すら聞いてくれない 信頼を失っていたり、完全に嫌われている状態 ・話をする時間をとってくれない ・メールも電話も連絡つかない

    ・会議に参加してくれない
  22. 22 © 2021 PLAY Inc. Lv5 反対運動を繰り広げる 業務改革を進めないための行動をしている状態 例) ・反対派の仲間を増やそうとしている

    ・経営陣を取り込んでひっくり変えそうとする こうなると全面対決しかなく、かなり厳しい状況
  23. アンチパターン 抵抗勢力から逃げる・無視する

  24. アンチパターン 抵抗勢力と敵対する

  25. アンチパターン 抵抗勢力を見下す

  26. ダメ、ゼッタイ

  27. 27 © 2021 PLAY Inc. 業務改革を 前に進めるには

  28. 28 © 2021 PLAY Inc. 抵抗勢力をLv2~3までに留める 抵抗勢力はLv2までであればむしろ健全 Lv3でも致命傷まではなりづらい 抵抗勢力を無くすのではなく、 膨れ上がらないようにする努力を

    Lv 2 Lv 1 Lv 0 Lv 5 Lv 4 Lv 3 抵抗勢力レベル ←無関心 敵対→
  29. 29 © 2021 PLAY Inc. 抵抗勢力をLv2~3までに留める 抵抗勢力はLv2までであればむしろ健全 Lv3でも致命傷まではなりづらい 抵抗勢力を無くすのではなく、 膨れ上がらないようにする努力を

    Lv 2 Lv 1 Lv 0 Lv 5 Lv 4 Lv 3 抵抗勢力レベル ←無関心 敵対→ この間を狙う
  30. 30 © 2021 PLAY Inc. 事前に仲間に入れる トップマネジメントからGOサインをもらった直 後に、抵抗勢力になりそうな部門・人をプロ ジェクトメンバーにアサインする 序盤からLv2の批判を受けた上で進められる

    ので、大きく脱線しづらくなる
  31. 31 © 2021 PLAY Inc. 抵抗勢力を尊重する 自分の意見が無視されてしまったら、誰しも多 少なりとも憤るはずです そのフラストレーションが結果Lv2が3や4に繋 がってしまうので、反対意見を取り入れたり折

    衷案を出せるようにしましょう 相手の顔を立てることが重要です
  32. 32 © 2021 PLAY Inc. 批判をリスト化する 反対意見がいくつも出てきた際は、リスト化し てみましょう リスト化すると冷静に考えることができ、課題 が解消された場合は合意できる可能性が高ま

    ります。
  33. 33 © 2021 PLAY Inc. 個別に話す 複数人で会議した場合、周囲の意見に流され てしまうことはよくあります。 抵抗勢力が強くなっている場合、本来反対で ない人まで流されてしまうケースがあります

    また、同じ抵抗勢力でも人によってその理由 は様々である場合が多いので1人ずつ話して 課題を洗い出していきましょう
  34. 34 © 2021 PLAY Inc. 数値で示す 業務の可視化ができている場合は、反論でき ない数値で説得することができる。Lv3の状態 に陥った際は特に有効 ・現在かかっている工数を示す

    ・業務改革を進めるコストを数値化する ※ドヤ顔して嫌われないように気を付けてくだ さい
  35. 35 © 2021 PLAY Inc. それでもダメな時は。。。。

  36. 代打を送る Lv4以上になった場合、残念ながらあなた自身が対 処しきれない可能性があります 別の担当者を立て 立て直しを図ることも考えましょう

  37. 偉い人を召喚する 上手くいけばLv5でもひっくり返せます そのため、早い段階でトップマネジメントの 協力を得ることが重要になります しかし内心反対意見を抱えたままになる可能性もある ので、奥の手として使いましょう

  38. 38 © 2021 PLAY Inc. 体制づくりの流れ ①業務改革を企画する ②賛同してくれる人を探す ③トップマネジメントに打診する ④必要なポジションを集める

    目的、現状の仮説、アクションの仮説を立てる(最初はざっくりで OK) ①でつくった企画をもとに賛同する人を仲間に入れる お墨付きをもらうことで、人と予算をアサイン 抵抗勢力も含めて推進に必要なポジションを招集
  39. 39 © 2021 PLAY Inc. 業務改善の引き出しを広げよう ウェブメディアで事例・ツール情報 日々発信しています!

  40. 40 © 2021 PLAY Inc. 業務改善の最新情報 プロセスマイニングラボ