Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

E2EテストをCI/CDにつなぎ 品質とプロセスを民主化する / CircleCI x mabl webinar

E2EテストをCI/CDにつなぎ 品質とプロセスを民主化する / CircleCI x mabl webinar

「DX時代の製品開発スピード高速化入門セミナー / CircleCIとMablで高品質な製品をスピーディにリリースしよう!」の発表スライドです。

https://www2.circleci.com/JP-CircleCI_Mabl.html

A760a90c9afd981004343b9861f1e8b4?s=128

Dai Fujihara

June 08, 2021
Tweet

Transcript

  1. E2EテストをCI/CDにつなぎ 品質とプロセスを民主化する Dai Fujihara, mabl Inc. CircleCI x mabl webinar

    2021/06/08
  2. About Me 『アジャイル開発とスクラム』 https://www.amazon.co.jp/dp/4798129704/ 、『リーン開発 現場』 https://www.amazon.co.jp/dp/427406932X 藤原 大 /

    Dai Fujihara Japan Lead at mabl Inc. CEO at Sekai Co., Ltd. • 現在: 独立してスーパーアジャイルコーチ 開発組織 技術顧問(プロセス、 QA中心) CTOやEMへ コーチング mabl 日本顧客向け業務全般担当 • メルカリ: エンジニアリングマネージャ( EM) Software Engineer in Test(SET) テスト自動化、QA組織立ち上げ • 楽天: EM、アジャイルコーチ • 某SIer: Javaエンジニア • 活動: ◦ 『アジャイル開発とスクラム』寄稿 ◦ 『リーン開発 現場』翻訳 ◦ Twitter: @daipresents ◦ https://daipresents.com/service/
  3. アジャイル・DevOps 時代 テスト

  4. 現状をとりまいているも アジャイル・DevOps時 代に突入 イテレーティブ&インクリメンタ ル す やいリリースとフィードバッ ク 正しいも を正しく作りたい

    アジャイル・DevOpsを 支える技術 進化 CI/CDサービス コモディティ化 Docker, k8s 急速な広がり クラウド環境 繁栄 求められるアジャイルな テスト 従来からテストフェーズがボト ルネックになりがち アジャイルなテスティング 事 例不足・マニュアル依存 さてどうしよう?
  5. テストフェーズがボトルネック 要件定義 設計 リリース before 開発 テ ス ト after

    テスト 要件定義 設計 開発 リリース
  6. Hello mabl!

  7. インテリジェントなテスト自動化 • クラウド/SaaSで初期コスト低 • 簡単操作でテスト 作成や修正可能 • AIでテストを自動修復、自動画面分析 • クロスブラウザ対応、並列/同時実行、など

    クラウドならで 恩恵多数 • CI/CDへ 組み込みも簡単
  8. ノーコードでかんたんにテスト作成 • mablトレーナー(Chrome拡張か デスクトップアプリ)がテスト作成や 修正サポート • ひとつ 動きをステップで記録 • ステップを並べてシナリオとして管

    理 • プログラミング 経験が不要
  9. AIがUI変更を検知してテストを自動修復

  10. AIによる画面差分 検知

  11. ローコードでかんたんにテスト作成 • ローコードプログラミングも可能 • IF文、関数化、変数も利用可能 ◦ 例:パラメタ付き関数を作れ る「FLOWS」 • …細かい操作もJSで対応可能

  12. None
  13. mablが解決すること テスト 自動化をすぐ 簡単に導入したい SaaSによるイニシャルコスト 削減 クラウド実行によるクロスブラ ウザ対応、スケール メリット テスト自動化

    作成・ 運用コストを下げたい QAがいなくてもノーコードで 作成・運用コスト削減 繰り返し行っているマニュア ルテストコスト削減 アジャイルな品質保証 を実現したい 継続的テストでQAがボトル ネック 解消 より高いスピード・生産性・品 質 実現
  14. 成功 鍵 民主化

  15. 一言でいうと スプリント 最後に テストをしない。 そ ために ? QAが最後 砦になってしまっていませんか?

  16. 継続的テストするしかない プログラム テスト & 自動化 インフラなどあらゆる開発アクティビティ デザイン スプリントレビュー スプリントプランニング ふりかえり

    スプリント ここでも テスト デ リ バ リ ! 仕様 設計 実装 テスト ここでも テスト ここでも テスト ここでも テスト たまに第三者検証 フェーズ
  17. 継続的なテスト 実現

  18. テスト自動化 タイムライン例 キックオフと ゴール設定。 継続的にテスト作成 (10〜20件)。 不安定なテスト 安 定化とリファクタリン グ。

    継続的にテスト作成 (20〜〜50)。 不安定なテスト 安定化とリ ファクタリング。 テスト自動化ツール セットアップ完了。 自動化基本トレーニング。 自動化応用トレーニン グ。 利用手順など 整備。 CI/CD統合。 まず リリース前テス トやSTGデプロイタイミ ングで実行。 四半期レビュー 30日 60日 90日 成功に向けてテスト作成 継続とメンテナンス。 APIテストへ カバレッジ 拡大(同時にリグレッショ ンテスト削減) じめて リグレッション テスト作成(まず 5〜10 件)。 通知設定。 定期実行 開始 。
  19. 民主化へ 道 り 開発チーム全体をまきこむ • メンバー全員をツールに 招待する • メンバー全員に結果を知 らせる(Slack連携など)

    • 戦略や戦術を浸透させる (計画づくり、ハンズオン) さらなる民主化へ • プロダクトチームに境界 必要ない • テストやテスト以外もど んどん民主化が進む • プロセスや品質保証が 人やフェーズで なく活 動になる CI/CDに組み込む • CI/CDパイプライン 「開 発 流れ」 • プロセス、フェーズ、アク ティビティを流れに組み込 んで自分ごとにする • 流れも変化する。変化に 合わせて改善を続ける
  20. Thank you mablをもっと詳しく知りたい? mabl.com/japan でお待ちしております。 無料トライアルやデモリクエストもお気軽にどうぞ。