Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

学びの文化を育む社内読書会のススメ

 学びの文化を育む社内読書会のススメ

「ドリコム総選挙」にて発表した内容です。

Atsushi Takayama

July 19, 2019
Tweet

More Decks by Atsushi Takayama

Other Decks in Business

Transcript

  1. 学びの文化を育む
    社内読書会のススメ
    ドリコム総選挙
    pixiv Inc.
    Atsushi Takayama
    2019.7.19

    View full-size slide

  2. 2
    自己紹介
    ● 高山温 / @edvakf
    ● ピクシブ株式会社
    ○ 2012年入社
    ○ 主にサーバーサイドエンジニア
    ○ 2016年からCTO
    https://devpixiv.hatenablog.com/entry/2015/05/25/103250

    View full-size slide

  3. ソフトウェア
    エンジニア
    お仕事:ソフトウェアというシステムを
    作って課題を解決する
    言語:プログラミング言語
    扱うハードウェア:コンピュータ
    3
    CTO
    お仕事:開発組織というシステムを作っ
    て経営課題が自動的に解決される状
    態を作る
    言語:自然言語(日本語など)
    扱うハードウェア:脳

    View full-size slide

  4. 「エンジニアは四六時中
    学び続けるべきか否か」
    という話は一旦置いといて
    5

    View full-size slide

  5. 「学びの文化」は良いもの
    6

    View full-size slide

  6. 7
    学びの文化
    ● 「今より良いやり方」を模索する
    ○ 今までと違うやり方を頭ごなしに否定しない
    ● 学ぶ環境が良い
    ○ 詳しい人がいる & 詳しい人に聞いても嫌な顔されない
    ○ 同じことを学びたい人が周りにいる

    View full-size slide

  7. 「学びの文化」
    促進のためにいくつかの
    取り組みを行ってきました
    10

    View full-size slide

  8. 今日は特に
    読書会について話します
    15

    View full-size slide

  9. 16
    読書と読書会は似て非なる行為
    ● 読書と一概に言っても様々
    ○ 流し読み ←→ メモを取ったり背景調査までしながら読む
    ○ 読後の脳の状態は全然違う(参考:『エンジニアの知的生産術』)
    ● 読書会の効果
    ○ 参加者の共通理解ができる
    ○ 本にまつわる雑談を通じてチームメンバーを知れる

    View full-size slide

  10. 17
    私の好きな読書会のスタイル
    ● 章の担当者が事前に章を要約→読書会で要約を読んでディスカッション
    ● 好きなところ
    ○ かなりハイペースで完走する(2ヶ月程度で1冊終わる)
    ○ ディスカッションがメイン
    ○ 資料が非参加者にとっても嬉しいものになる

    View full-size slide

  11. 気がつけば読書会が
    社内のいたるところで
    開催されていた
    20

    View full-size slide

  12. 23
    読書会は「学びの文化」を育むか?
    ● 読書会だけではダメなんだろうなと思っている
    ○ 様々な取り組みと合わせて効果を発揮するはず
    ○ チャレンジを称える土壌や、大胆な抜擢など
    ● 会社が存続していくためには未知を切り拓いていくしかない
    ● 読書会はチームに自信を与えてくれる良いツール

    View full-size slide