Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

[PO祭り2021Spring]いかに大量の新機能を スピーディーに提供するか

[PO祭り2021Spring]いかに大量の新機能を スピーディーに提供するか

More Decks by gota from Mobility Technologies

Other Decks in Technology

Transcript

  1. いかに大量の新機能を スピーディーに提供するか 21/03/13 株式会社Mobility Technologies Masaki Gota

  2. Mobility Technologies Masaki Gota (@go_go_pdm) うなぎ大好きプロダクトマネージャー システム企画・要件定義を約 10年経験 ・ソフトバンク:コールセンター DX企画(4年)

    ・Akerun:PdM 兼 カスタマーサクセス責任者( 3年) ・DeNAからMoT:タクシーアプリ「GO」PdM(3年)  ※ 20年4月にJapanTaxiと合併し現職 タクシーアプリ「GO」リリース時からPdMとして主にユーザ向 けネイティブアプリのプロダクトマネジメントを担当
  3. Mobility Technologies(通称:MoT)とは? Mobility Technologiesは、 タクシーアプリ『JapanTaxi』などを運営するJapanTaxiと、 DeNAのタクシーアプリ『MOV』、 次世代AIドラレコサービス『DRIVE CHART』などが事業統合し、 2020年4月から新体制でスタートした モビリティDXカンパニーです。

  4. 事業一覧 ユーザ向けアプリだけでなくタクシー会社のDXも (BtoBtoC) 配車関連事業 広告決済事業 乗務員向け ソリューション事業 DRIVE CHART・ ドラレコ事業

    次世代向け R&D事業
  5. 事業一覧 ユーザ向けアプリだけでなくタクシー会社のDXも (BtoBtoC) 配車関連事業 広告決済事業 乗務員向け ソリューション事業 DRIVE CHART・ ドラレコ事業

    次世代向け R&D事業 IoT機器などのハードウェア開発 AIを活用した予約機能や乗務員様向けの探客機能など 最新技術が盛り沢山
  6. 出典『CBインサイツ』February 11, 2021 <アジア太平洋地域> 資金調達額の多いスタートアップ 日本で唯一のランクイン

  7. いかに大量の新機能を スピーディーに提供するか

  8. 2019年pmconf 「打席に立ち続けられるプロダクトチームを作ろう」 変化や多様なプロダクトに柔軟に対応できるか • 高い打率で、打席に立ち続けるために • 専門家×多様性:80点を出さない ◦ PdMグループにデータアナリスト・ UXリサー

    チャー・デザイナーが存在している https://type.jp/et/feature/12069/ 今日は以下の続編の位置付け
  9. 実際の現場では どのように動いてきたか

  10. 大量の新機能って いかほどよ?

  11. 大量っていかほど? 一例をお伝えすると…ユーザ向けアプリ • 3年連続3回  リブランディングと大型UI変更 • 上記やりながら、わかりやすい新機能と小改善もどんどん出す

  12. 大量っていかほど? ユーザ向けアプリ以外にも、プロダクトが沢山ある(他にもある) 12 Wi-Fi Direct Taxi Meter Taxi Printer MOV後部座席

    タブレット 乗務員端末 決済機 外部デバイス 車両信号 DRIVE CHART Bluetooth機器 AWS IoT 4G
  13. 大量っていかほど? 2020年4月に合併したので

  14. 大量っていかほど? 14 AWS IoT 4G 4G Bluetooth機器 Taxi Meter Taxi

    Printer JapanTaxi タブレット 乗務員端末 JapanTaxi ドライブレコーダー 4G 運行管理ソフト 扱っているプロダクトが 倍!(統合進めているが)
  15. 大量っていかほど? ちらっ。 すべて新機能。改善系などはまた別にある。

  16. どうやって こなしてきたのか?

  17. Ⅰ.組織体制

  18. 前提 徐々に組織が変わっていったという前提で。

  19. ① PdM・PjM・PMMが分かれている Takaaki Umada, Director at The University of Tokyo

    「PM と PMM のためのコミュニティマネジメント」より引用 https://now.mo-t.com/n/n7b29430b438b ※ PMMはビジネス組織に所属。PdM等はPdM専門組織に所属。
  20. ② PdM組織に多様なスペシャリスト人材  → PdM本来の業務に集中ができる

  21. ③ プロダクトマネージャーの人数も多い! PdM 部門 ビジネス 部門 開発部門 管理部門 PjM デザイナ

    アナリスト リサーチ QA PdM ユーザ 向け 乗務員 向け 管理者 向け 決済PF ハードウェ ア AI機能 広告Tab 他も…
  22. Ⅰ.組織体制 ① PdM・PjM・PMMが分かれている ② PdM組織に多様なスペシャリスト人材 ③ プロダクトマネージャーの人数も多い! プロダクトマネージャーとして ロードマップや1つ1つの機能要求に集中することができる。 それでもやることいっぱいで大変(笑)

    ・新機能はいっぱい ・開発中/済機能のデリバリー(問合せ対応含め) ・ロードマップ調整 などなど
  23. Ⅱ.PdM個人としてのスキル

  24. 1年間に約40の 要件定義をした ※大小問わず

  25. 毎日新しい機能の実現方法と 新しい課題の解決方法を考え る日々

  26. ① (かつて)個人的な横の動きと連携強化 PdM 部門 ビジネス 部門 開発部門 管理部門 PjM デザイナ

    アナリスト リサーチ QA PdM ユーザ 向け 乗務員 向け 管理者 向け 決済PF ハードウェ ア AI機能 広告Tab 他も… ドメイン知識獲得・相談のしやすさ → 各作業を高速化 今ではこれが組織と してできてるよ
  27. ② コスパの良い開発QAとMVP意識 必要なこと • アーキテクチャやシーケンス、各APIなどの理解 意識すること • MVP ◦ 1つ機能の中でもさらにPriorityをPRDに記載

    • あるものを利用する ◦ 前作ったあの機能を利用したら実現できるんじゃん? • 分岐と画面を減らす(QA効率化にもなる) ◦ この画面、本当に必要か? ◦ エラー画面むやみに増やしすぎない、など
  28. Ⅱ.PdM個人としてのスキル ① 個人的な横の動きと連携強化 ② コスパの良い開発QAとMVP意識  ※ でも理想は捨てない!! おかげさまで課題解決・要件定義のスキルがだいぶ向上

  29. いかに大量の新機能を スピーディーに提供するか

  30. いかに大量の新機能をスピーディーに提供するか ① 組織化・役割分担によって各作業を効率化 ② 個人・組織的な横の動きと、各人のコスパ意識 プロダクトマネージャーとして「ロードマップ」「要件定義」に集中するこ とができる!  ↓ 組織の利益拡大に繋がる!

  31. Mobility Technologies Masaki Gota ご質問・交流は以下にご連絡を! Twitter @go_go_pdm Wantedly https://www.wantedly.com/id/masaki_gota_a Linkedin

    https://www.linkedin.com/in/masakigota/ 会社のWantedlyからお話聞くでも交流受付中! https://www.wantedly.com/projects/448805