インセプションデッキの作り方/how-to-make-inception-deck

889584e036476a9fcf87a82146b627b0?s=47 Atsushi Harada
November 07, 2019

 インセプションデッキの作り方/how-to-make-inception-deck

889584e036476a9fcf87a82146b627b0?s=128

Atsushi Harada

November 07, 2019
Tweet

Transcript

  1. インセプションデッキの 作り⽅ mofmof inc.

  2. 頭の体操(1分間) メモ:来客のために⼿⼟産を⽤意したいの で買ってきてほしい。代⾦は⼀旦⽴て替え ておいてください。 いくらでどんなものを買いますか?

  3. 頭の体操 解説 • 来客は誰か? • どんな⽬的で必要なのか? • どんな⼿⼟産がいいのか? • いくらの⼿⼟産がいいのか?

  4. なぜインセプションデッキを作るのか

  5. 顧客が本当に必要だったもの

  6. 顧客が本当に必要だったもの • 顧客⾃⾝が必要なものを的確に表現出来 るわけではない • 顧客には解決したいものがあっても、正 しいソリューションの形は知らない • 本当に必要なものは、探していかなけれ ばならない

  7. どうやって⽬的を達成するか ✗ どんなものを作るか

  8. ⽬的を知らなければ • 「こういう機能があったら便利に違いない!作ろ う!」 • それは本当に⽬的を達成の役に⽴つだろうか? • 「機能A・機能B・機能C、全部必要!作らなきゃ!」 • そんなに機能作り込んだら、逆にユーザーは使いにくくな

    るのでは? • 何を作るべきで、何を作るべきでないか、⽬的の達成 に近づくかどうかで判断しなければならない • ⽬的を知っていれば、もっとユーザーにとって価値の あるものを作るために時間を使えたかも知れない
  9. インセプションデッキ • プロジェクトの⽬的を理解し合意するこ とが出来るドキュメント

  10. とあるエピソード • 昔々とある社員名簿管理システムを開発していた ときにインセプションデッキをつくったときの話 • 業務システム=コスト削減が⽬的でしょ? • コストを削減したいのではなく、担当者⾃⾝が Excelによる煩雑な管理から開放されて、代わりに 社員⼀⼈ひとり向けのサービスを⼿厚くすること

    に時間を割きたいという⽬的だった • 開発者は、⾃分が思っているより「⽬的」を理解 していないと⾔うことを⾃覚する必要がある
  11. インセプションデッキ紹介

  12. インセプションデッキ • 11枚のスライドを埋めるだけ

  13. Ϗ δ ϣ ϯ

  14. ϓ ϩ μ Ϋ τ ͷ Ձ ஋

  15. ϓ ϩ μ Ϋ τ ͷ Ձ ஋

  16. ε ί ʔ ϓ

  17. ε ς ʔ Ϋ ϗ ϧ μ ʔ

  18. ٕ ज़ త Ϧ ε Ϋ

  19. Ϧ ε Ϋ

  20. ໾ ׂ

  21. ε έ δ ϡ ʔ ϧ

  22. ༏ ઌ ॱ Ґ

  23. ε έ δ ϡ ʔ ϧ

  24. 実際に書いてみよう

  25. None
  26. None
  27. 注意点 • なんでもかんでも盛り込み過ぎて機能列 挙にならないようにする • 「◯◯が出来て、△△しやすくて、□□も出 来る!」 • 「ニーズ」「価値」「競合との差別化」 部分が重複しないようにする

    • 伝わる⾔葉にするには出来るだけ重複な くシンプルに表現すること
  28. None
  29. ςϯϓϨʔτ w <જࡏతͳχʔζΛຬͨͨ͠Γɺ જࡏతͳ՝୊Λղܾͨ͠Γ>͍ͨ͠ w <ର৅ސ٬>޲͚ͷɺ w <ϓϩμΫτ໊>ͱ͍͏ϓϩμΫτ͸ɺ w <ϓϩμΫτͷΧςΰϦʔ>Ͱ͢ɻ

    w ͜Ε͸ <ॏཁͳར఺ɺରՁʹݟ߹͏આಘྗͷ͋Δ ཧ༝>͕Ͱ͖ɺ w <୅ସखஈ>ͱ͸ҧͬͯɺ w <ࠩผԽͷܾఆతͳಛ௃>͕උΘ͍ͬͯΔɻ
  30. ྫ 5PSJEFST w <ৼࠐۀ຿Λޮ཰త͔ͭਖ਼֬ʹॲཧ>͍ͨ͠ w <؅ཧ৬>޲͚ͷɺ w <5PSJEFST>ͱ͍͏ϓϩμΫτ͸ɺ w <ৼࠐۀ຿ࣗಈԽαʔϏε>Ͱ͢ɻ

    w ͜Ε͸ <੥ٻॻ 1%'ͳͲ ͷ಺༰ͷղੳɾநग़ɾ ৼࠐσʔλ DTW ࡞੒ͷࣗಈԽ>͕Ͱ͖ɺ w <ָͨ͢ৼࠐͷ੥ٻॻؙ౤͛ϓϥϯ>ͱ͸ҧͬͯɺ w <ଞࣾޱ࠲Λར༻͠ͳ͍ɺ֎෦ͷਓΛܦ༝͠ͳ͍ ͨΊɺߴ͍҆શੑ>͕උΘ͍ͬͯΔɻ
  31. ϞϦϞϦͷྫ 5PSJEFST w <ৼࠐۀ຿Λޮ཰త͔ͭਖ਼֬ʹॲཧ>͍ͨ͠ w <؅ཧ৬>޲͚ͷɺ w <5PSJEFST>ͱ͍͏ϓϩμΫτ͸ɺ w <ৼࠐۀ຿ࣗಈԽαʔϏε>Ͱ͢ɻ

    w ͜Ε͸ <੥ٻॻ 1%'ͳͲ ͷղੳɺձܭσʔλ΁ͷ ม׵ɺৼࠐޱ࠲৘ใͷه࿥ɺצఆՊ໨ͷඥ෇͚ɺࢧ ෷͍؅ཧ>͕Ͱ͖ɺ w <ָͨ͢ৼࠐͷ੥ٻॻؙ౤͛ϓϥϯ>ͱ͸ҧͬͯɺ w <ࣗ෼Ͱ੥ٻσʔλΛ؅ཧɺखೖྗͰ੥ٻ৘ใΛೖྗɺ $47ग़ྗɺग़ྗ࣌ͷจࣈίʔυબ୒͢Δػೳ>͕උ Θ͍ͬͯΔɻ
  32. ॏෳͷྫ 5PSJEFST w <੥ٻॻͷ಺༰Λ؆୯ʹσʔλԽ>͍ͨ͠ w <؅ཧ৬>޲͚ͷɺ w <5PSJEFST>ͱ͍͏ϓϩμΫτ͸ɺ w <ৼࠐۀ຿ࣗಈԽαʔϏε>Ͱ͢ɻ

    w ͜Ε͸ <੥ٻॻ 1%'ͳͲ ͷ಺༰ͷղੳɾநग़ɾ ৼࠐσʔλ DTW ࡞੒ͷࣗಈԽ>͕Ͱ͖ɺ w <ָͨ͢ৼࠐͷ੥ٻॻؙ౤͛ϓϥϯ>ͱ͸ҧͬͯɺ w <੥ٻॻͷ಺༰Λ0$3Ͱղੳͯࣗ͠ಈతʹσʔ λԽͯ͘͠ΕΔػೳ>͕උΘ͍ͬͯΔɻ
  33. お題:NOREL 10分くらい

  34. やってみよう • 4,5⼈のグループに別れる • 各⾃プロダクトオーナーになったつもりで書いて みよう • 書いてみたエレベーターピッチをグループで各⾃ 発表 •

    グループごとに合意して⼀つのこれなら勝てると 思うエレベータピッチにまとめよう • グループごとに発表する • どういう議論があって、そのエレベータピッチに なったのか?
  35. ⼤事なポイント • 実際のプロジェクトでインセプションデッキを作るとき • 各⾃が仮説を⽴てて作ってみること • 誰かが作ったものに対してレビューするやり⽅をすると、ほと んど議論が発⽣せず「なんとなく合意」になってしまう • 評論家にならないこと

    • 「それ必要?」「意味なくない?」「それ儲かるの?」という批判は せず(それが最初から分かるなら苦労しないよ。。)に、「⾃分はこう思 いますがどうですか?」という⾵に建設的に意⾒を述べよう • プロダクトの価値を、⾃分で他⼈に説明出来ないのなら、 ゴールを理解したとは⾔えない。それはただ聞いてただけ。
  36. None
  37. 作ってみよう • 各スライダーは同じ位置に置かないこと • 「品質」は定義が曖昧になりがちなので 削除した⽅が良い(やるなら明確にしてか ら) • 保守性の⾼いソースコードのこと? •

    ⾒た⽬がキレイであること? • バグの発⽣率が少ないこと?
  38. テーマ あなたはとあるプロジェクトのプロダクトオーナー に任命され、上司にこう説明されました。 「予算は300万円、納期は2ヶ⽉でアルバイトの求⼈ サービスを作って欲しい。応募者側は応募出来る機 能が必要で、企業側は応募者を管理する機能が必要 だ。何か聞きたいことある?」 質問例) ・予算は追加できますか?

  39. τϨʔυΦϑɾεϥΠμʔ యܕతͳϑΥʔε ػೳΛͥΜͿἧ͑Δ είʔϓ ༧ࢉ಺ʹऩΊΔ ༧ࢉ ظ೔Λࢮक͢Δ ࣌ؒ MAX MIN

    MAX MIN MAX MIN
  40. ⼤事なポイント • プロダクトオーナーに書いてもらうときには 必ずこのように説明しよう • 「全て重要なのは承知です。でも全てが潤沢であ ることはほとんどないので、何か課題があったと きに何を優先とするべきかを事前に決めて起きた いのです」 •

    トレードオフスライダーはそれぞれがトレー ドオフの関係にあることを理解してもらうこ とも⼤きな⽬的の⼀つ
  41. 最後に

  42. インセプションデッキをつくるとき • インセプションデッキは、このドキュメ ントを作ることが⽬的ではない • 議論した上で合意すること⾃体が⽬的 • もし議論がなく合意された場合は、基本 的に失敗しているのでやり⽅を変えよう

  43. インセプションデッキをつくるとき • 1スライドに対して30分以上はかけて議論し よう • 本来はプロダクトオーナーが作るものだが、 開発者も作って、主体となって進める⽅が上 ⼿くいく • 機能開発のミーティングと⼀緒にやってしま

    うと後回しにされがちなので、別途時間を確 保してつくること
  44. インセプションデッキをつくるとき • プロダクトオーナーの頭の中にあることを引 き出すように議論する • 評論家になってはいけない、あなたはチーム メンバーなのであって傍観者ではない • プロダクトの価値を、⾃分で他⼈に説明出来 ないのなら、ゴールを理解したとは⾔えない。

    それはただ聞いてただけ
  45. 運⽤⽅法 • 教科書的には常に⾒えるところに掲⽰することが 推奨されている • が、ただの景⾊になる • 事務所の都合で出来ない • オススメ

    • チームに新メンバーが⼊ったとき、全員に対しても う⼀度説明する • 内容を更新したとき、全員に対してもう⼀度説明す る • GitリポジトリのREADMEに貼っておく
  46. テンプレート https://github.com/agile-samurai- ja/support/tree/master/blank-inception- deck

  47. 参考スライド https://www.slideshare.net/nawoto/head-first-inception-deck IUUQTXXXTMJEFTIBSFOFU5BLBP0ZPCFSFNBTUFS

  48. 振り返り • 気付いたこと、良かったことを書き出し てみよう • 書き出した内容をチームで共有しよう