リーン・スタートアップとMVP/lean-startup-mvp

889584e036476a9fcf87a82146b627b0?s=47 Atsushi Harada
November 07, 2019

 リーン・スタートアップとMVP/lean-startup-mvp

889584e036476a9fcf87a82146b627b0?s=128

Atsushi Harada

November 07, 2019
Tweet

Transcript

  1. リーン・スタートアップとMVP mofmof inc.

  2. リーン・スタートアップ

  3. 新規事業よくある勘違い • いいアイディアさえあれば事業はうまくいくだろう • ユーザーさえ獲得すればビジネスなんて後からなんとでもな るだろう(とある美容系アプリは30万DLされてもサーバ費く らいの売上しか確保できなかった) • 完成品を作らなければユーザーの正確なインサイトは得られ ないだろう

  4. アメリカの起業家エリック・リース⽒が提唱。 IMVUというコミュニケーションサービスを作る中で体験し たことを体系的にまとめた⼿法。 「リーン⽣産⽅式」由来し、スタートアップ向けに、時間・ 労⼒・資源・情熱のムダ を最⼩限にするための⽅法論。 簡単に⾔うと、より早く失敗するための⼿法と⾔っても良い。

  5. リーン・スタートアップの特徴 • 最低限のコストと短いサイクルで仮説・検証を繰り返す • 製品を作るよりも前に、徹底的に顧客と課題の存在を確かめ る • 顧客インタビューやMVPなど、バッチサイズを極端に⼩さく して、学習機会を最⼤化させる

  6. 新規事業のおおまかな3つのステージ 課題/解決フィット 製品/市場フィット 拡⼤

  7. 新規事業のピラミッド 顧客と課題の存在を検証 (リーンキャンバス・インタビュー) ソリューションの検証 (MVP開発) スケール (機能追加・グロース)

  8. スタートアップが失敗する理由20位 出典: http://thebridge.jp/2014/09/top-20-reasons-why-startups-fail-report-pickupnews ୭΋ཉ͕͠Βͳ͔ͬͨ

  9. 課題を先に検証する理由 • 課題が存在しない顧客をターゲットにしてしまうと、⽅向転 換(ピボット)する際に全てゼロからやりなおすことになる • 課題が存在することが検証されていれば、⼿段であるソ リューションは何通りも存在する

  10. MVP

  11. Zappos ü 靴のオンライン通販サービス ü CSに全⼒を費やす⽂化 ü 配送料無料・返品可能であることが特徴 ü サイトから注⽂が⼊ったら、創業者⾃ら商品を買いに⾏って 発送を⾏い、ニーズの検証を⾏った

    ü システムで動かしているように⾒せて、裏側では⼈⼒で動い ているというMVPモデルは「オズの魔法使い」と呼ばれてい る
  12. グルーポン ü 共同購⼊型クーポンサイト ü MVPはWordPressで作られた単なるブログ ü クーポンをPDFで⼿作業を作成しメールにて配布 ü 共同で購⼊するクーポンというモデルが成⽴するかを検証した

  13. Dropbox ü クラウドでファイル共有するサービス ü もともとファイルサーバーを⽴てれば出来たことを圧倒的に⼿ 軽にした ü MVPはプロダクトさえ作らずに、フェイクデモ動画を作成し て公開した ü

    結果70,000⼈のユーザーのメールアドレスを獲得
  14. mofmofでのMVP

  15. mofmofでのMVPとは • 開発を請け負っているので、ハリボテではなく実際に動くプ ロダクトを提供する • 事業の有効性を、実際のユーザーに使ってもらって検証する ことを⽬的とする • 3ヶ⽉以内で期間を固定して、そこまでに実現出来る範囲の プロダクトを作る

    • スコープの定義は、ユーザーに使ってもらうことで価値の検 証が出来ることを必ず担保しなければならない
  16. DRY原則よりもYAGNI原則 • DRY原則も⾮常に重要だが、先をみこし過ぎた設計をしないこ と • 「今必要な設計・今必要なコード」が正義 • 意図的に、今必要ないことは今考えないという選択をすること • ただしスピードを優先するからといって、いい加減な設計・

    コードを肯定する理由にはならない • 時間が許す限り、良い設計・良いコードにすること
  17. 遠い先のことを計画しすぎない • ⼈が直感的に認識できる期間は3ヶ⽉程度が限界 • 3ヶ⽉をこえる計画は、⼤抵計画を動かさざるを得なくなる • 直近の計画は詳細に、遠い未来の計画は⼤雑把に • 計画は変更されることを前提に計画すること