Unity3DとOculus Riftで VR空間にWebコンテンツを表現する

Unity3DとOculus Riftで VR空間にWebコンテンツを表現する

2016年10月12日 GMOエンジニアトークにて公開

8ca514f93117daca13d14c7c87a02d46?s=128

GMO次世代

October 13, 2016
Tweet

Transcript

  1. 11.
  2. 15.

    15 ・Unity 3D 5.4.1 ・Oculus Runtime ・Awesomium SDK 1.7.5.1 WebViewテクスチャプラグイン

    ・Leap Motion SDK 3.1.3 VRに最適化されたハンドトラッキングエンジン Orion 開発環境 : VR-Ready PC
  3. 17.

    17 VRを 構成する 3要素 没入感 インタラク ティブ性 リアル タイム 開発ポイント

    1. 空間作り ライティング オブジェクトの色・配置 2. 違和感のない演出 オブジェクトの動き 情報のリアルタイム性 3. インタラクション オブジェクトの選択 オブジェクトの操作
  4. 20.

    20 線形補完 球面線形補完 spherical linear interpolation linear interpolation 違和感のない演出 ズームアニメーションの工夫

    縮小 2点の座標と角度の中間を求め アニメーションの軌跡を算出 奥でも手前でも視認性を 保つためにスケールを調整