Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

ソース公開を通じて分かった非中央集権型アプリケーション(DApp)とは

 ソース公開を通じて分かった非中央集権型アプリケーション(DApp)とは

8ca514f93117daca13d14c7c87a02d46?s=128

GMO次世代

October 20, 2017
Tweet

More Decks by GMO次世代

Other Decks in Technology

Transcript

  1. ソース公開を通じて分かった非中央集権型 アプリケーション(DApp)とは GMOインターネット株式会社 次世代システム研究室

  2. アジェンダ 非中央集権型アプリケーション (DApp) GMOブロックチェーンオープンソース 提供プロジェクト DApp開発の注意点 問題点 まとめ

  3. DAppとは何か DApp: Decentralized Application サービス提供者(第三者)を信頼することなく、当事者間で動作するプログラム 従来 DApp (P2P)

  4. DAppのメリット 中間マージンの削減 信頼性を担保するためのシステム投資 サービス提供者に情報や資産を預けるリスクの排除 支払いに必要なカード情報等 取引に必要な株や仮想通貨

  5. DAppに不可欠なスマートコントラクト • スマートコントラクトのロジック・実行結果はブロックチェーン に記録され、公開される。 • 利用者はロジックを確かめ、結果を確信して実行する スマートコントラクト実行基盤としてはEthereum が有名

  6. EthereumベースのZ.com Cloud ブロックチェーン • アクセスコントロールされたデータス トア • 代払い機能 • API

    • セミパブリック型ネットワーク PaaS型ブロックチェーンプラットフォーム 「Z.com Cloud ブロックチェーン」 ConoHaブロックチェーン もあります
  7. アジェンダ 非中央集権型アプリケーション(DApp) GMOブロックチェーンオープンソース 提供プロジェクト DApp開発の注意点 問題点 まとめ

  8. 提供イメージ デモ環境もあります

  9. ラインナップ • 医療機関カルテ共有システム • 転売抑止チケット • 地域トークン • トークントレーダー

  10. 医療機関カルテ共有システム 患者自身で医療機関への医 療情報(カルテ)の共有ができ るスマートコントラクトサービ ス

  11. 転売抑止チケット + チケットレス 不正転売の抑止とチケットレ ス化を実現するスマートコント ラクトサービス

  12. 転売抑止チケットのポイント 複数の業者が相乗りできる チケットを販売代理店が発券したことが保証される チケットの転売には所有者自身の鍵の移転が必要 困難

  13. 地域トークン トークンの発行・運用ができる スマートコントラクトサービス トークンはERC20準拠

  14. 補足:ERC20 Ethereumにおけるトークンの標準仕様のこと 新たな資金調達手段(ICO)に利用されるなど注目されている ※ERCはEthereum Request for Commentsの略 https://github.com/ethereum/EIPs

  15. トークントレーダー トークンを取引所に預けること なくエンドユーザ同士で直接ト レードできるスマートコントラク トサービス Indexer: 取引所 Maker: 売買情報を掲示する人 Taker:

    取引情報を元に約定 (売買)注文をする人 ERC20準拠
  16. トークントレーダー Indexer: 取引所 Maker: 売買情報を掲示する人 Taker:約定(売買)注文をする人

  17. トークントレーダー 許容量設 定 許容量設 定 Indexer: 取引所 Maker: 売買情報を掲示する人 Taker:約定(売買)注文をする人

  18. トークントレーダー ブロックチェーン に許容量記録 Indexer: 取引所 Maker: 売買情報を掲示する人 Taker:約定(売買)注文をする人

  19. トークントレーダー 売出 Indexer: 取引所 Maker: 売買情報を掲示する人 Taker:約定(売買)注文をする人

  20. トークントレーダー 買付 Indexer: 取引所 Maker: 売買情報を掲示する人 Taker:約定(売買)注文をする人

  21. トークントレーダー 注文転送 Indexer: 取引所 Maker: 売買情報を掲示する人 Taker:約定(売買)注文をする人

  22. トークントレーダー 承諾 マルチサイン Indexer: 取引所 Maker: 売買情報を掲示する人 Taker:約定(売買)注文をする人

  23. トークントレーダー 取引指示 Indexer: 取引所 Maker: 売買情報を掲示する人 Taker:約定(売買)注文をする人

  24. トークントレーダー ブロックチェーンに記録 取引成立 Indexer: 取引所 Maker: 売買情報を掲示する人 Taker:約定(売買)注文をする人

  25. トークントレーダー 結果確認 結果確認 Indexer: 取引所 Maker: 売買情報を掲示する人 Taker:約定(売買)注文をする人

  26. トークントレーダー解説 実装の元となった「SWAP」について 「許容量」の意味 「取引指示」詳細

  27. トークントレーダーは「SWAP」の実装です SWAPとは オフチェーンで当事者間で直接価値の移転を行うためのプロトコル定義 詳細は「Swapの重要な点」で検索(あとで)

  28. 「許容量」に関係するERC20の関数 ERC20の(スマート)コントラクトで定義されている「approve」「allowance」 https://theethereum.wiki/w/index.php/ERC20_Token_Standard

  29. 「許容量」の意味 許容量の設定はapprove関数で行う approve("取引コントラクトのアドレス", 数量) 許容量はallowance関数で確認できる Maker/Takerは取引コント ラクトの許容量を設定する ※Indexerでは無い 許容量を超えた 取引は指示できない

  30. 取引指示について Indexerが取引指示をする理由 =板情報を更新するため TokenTraderコントラクトで取引が処理される Taker/Makerのサインを含むので、Indexerは取引指示に対して 何も修正できない

  31. TokenTraderコントラクトが取引指示を処理する https://github.com/zcom-cloud-blockchain/oss-token-trader/blob/master/provider/contracts/TokenTrader.so l#L13-L35

  32. TokenTraderコントラクト詳細 _makerAddress: Makerのアドレス (_maker|_taker)TokenAddr: Maker/Takerのトークンコントラクトのアドレス (_maker/_taker)Amount: Maker/Takerのコントラクト数量 (_maker/_taker)Sign: Maker/Takerのサイン Takerのアドレスはサインに

    含まれない
  33. TokenTrader.sol サインの検証部分 Takerの サイン内容 Makerの サイン内容 recoverAddress()でIndexerが知りうる注文内容と、 Taker/Makerがサインした注文内容を検証

  34. アジェンダ 非中央集権型アプリケーション(DApp) GMOブロックチェーンオープンソース 提供プロジェクト DApp開発の注意点 問題点 まとめ

  35. DAppとしてのコントラクトのあるべき姿 コントラクトには何の権 限も持たない。

  36. コントラクトアンチパターン modifier onlyFromAdmin() 作成者の特権

  37. このコントラクトの問題点 コントラクトの実質的な管理者 が存在する事になる →中央集権的 modifier onlyFromAdmin()

  38. アジェンダ 非中央集権型アプリケーション(DApp) GMOブロックチェーンオープンソース 提供プロジェクトについて DApp開発の注意点 問題点 まとめ

  39. サービス提供者の問題 そもそも利用に必要な仮想通貨を持って るの?(=エンドユーザ問題) これだとサービス提供者に利益 がない 利用者・minerだけのメリット

  40. 解決策 代払い機能を使って解決 サービス提供者はProxyコントラク トでアクセス権を制御 利用者はAPI経由でコ ントラクトをcallする

  41. アジェンダ 非中央集権型アプリケーション(DApp) GMOブロックチェーンオープンソース 提供プロジェクト DApp開発の注意点 問題点 まとめ

  42. まとめ DAppによって中間マージンを減らし、コストの削減が可能です。 仮想通貨の代払い機能を備えたZ.com Cloud ブロックチェーンでDAppを構築する事 で、幅広いユーザにサービスを提供することが可能となります

  43. ご清聴ありがとうございました GMOブロックチェーン オープンソース提供プロジェクト https://guide.blockchain.z.com/ja/docs/oss/