ソース公開を通じて分かった非中央集権型アプリケーション(DApp)とは

8ca514f93117daca13d14c7c87a02d46?s=47 GMO次世代
October 20, 2017

 ソース公開を通じて分かった非中央集権型アプリケーション(DApp)とは

8ca514f93117daca13d14c7c87a02d46?s=128

GMO次世代

October 20, 2017
Tweet

Transcript

  1. ソース公開を通じて分かった非中央集権型 アプリケーション(DApp)とは GMOインターネット株式会社 次世代システム研究室

  2. アジェンダ 非中央集権型アプリケーション (DApp) GMOブロックチェーンオープンソース 提供プロジェクト DApp開発の注意点 問題点 まとめ

  3. DAppとは何か DApp: Decentralized Application サービス提供者(第三者)を信頼することなく、当事者間で動作するプログラム 従来 DApp (P2P)

  4. DAppのメリット 中間マージンの削減 信頼性を担保するためのシステム投資 サービス提供者に情報や資産を預けるリスクの排除 支払いに必要なカード情報等 取引に必要な株や仮想通貨

  5. DAppに不可欠なスマートコントラクト • スマートコントラクトのロジック・実行結果はブロックチェーン に記録され、公開される。 • 利用者はロジックを確かめ、結果を確信して実行する スマートコントラクト実行基盤としてはEthereum が有名

  6. EthereumベースのZ.com Cloud ブロックチェーン • アクセスコントロールされたデータス トア • 代払い機能 • API

    • セミパブリック型ネットワーク PaaS型ブロックチェーンプラットフォーム 「Z.com Cloud ブロックチェーン」 ConoHaブロックチェーン もあります
  7. アジェンダ 非中央集権型アプリケーション(DApp) GMOブロックチェーンオープンソース 提供プロジェクト DApp開発の注意点 問題点 まとめ

  8. 提供イメージ デモ環境もあります

  9. ラインナップ • 医療機関カルテ共有システム • 転売抑止チケット • 地域トークン • トークントレーダー

  10. 医療機関カルテ共有システム 患者自身で医療機関への医 療情報(カルテ)の共有ができ るスマートコントラクトサービ ス

  11. 転売抑止チケット + チケットレス 不正転売の抑止とチケットレ ス化を実現するスマートコント ラクトサービス

  12. 転売抑止チケットのポイント 複数の業者が相乗りできる チケットを販売代理店が発券したことが保証される チケットの転売には所有者自身の鍵の移転が必要 困難

  13. 地域トークン トークンの発行・運用ができる スマートコントラクトサービス トークンはERC20準拠

  14. 補足:ERC20 Ethereumにおけるトークンの標準仕様のこと 新たな資金調達手段(ICO)に利用されるなど注目されている ※ERCはEthereum Request for Commentsの略 https://github.com/ethereum/EIPs

  15. トークントレーダー トークンを取引所に預けること なくエンドユーザ同士で直接ト レードできるスマートコントラク トサービス Indexer: 取引所 Maker: 売買情報を掲示する人 Taker:

    取引情報を元に約定 (売買)注文をする人 ERC20準拠
  16. トークントレーダー Indexer: 取引所 Maker: 売買情報を掲示する人 Taker:約定(売買)注文をする人

  17. トークントレーダー 許容量設 定 許容量設 定 Indexer: 取引所 Maker: 売買情報を掲示する人 Taker:約定(売買)注文をする人

  18. トークントレーダー ブロックチェーン に許容量記録 Indexer: 取引所 Maker: 売買情報を掲示する人 Taker:約定(売買)注文をする人

  19. トークントレーダー 売出 Indexer: 取引所 Maker: 売買情報を掲示する人 Taker:約定(売買)注文をする人

  20. トークントレーダー 買付 Indexer: 取引所 Maker: 売買情報を掲示する人 Taker:約定(売買)注文をする人

  21. トークントレーダー 注文転送 Indexer: 取引所 Maker: 売買情報を掲示する人 Taker:約定(売買)注文をする人

  22. トークントレーダー 承諾 マルチサイン Indexer: 取引所 Maker: 売買情報を掲示する人 Taker:約定(売買)注文をする人

  23. トークントレーダー 取引指示 Indexer: 取引所 Maker: 売買情報を掲示する人 Taker:約定(売買)注文をする人

  24. トークントレーダー ブロックチェーンに記録 取引成立 Indexer: 取引所 Maker: 売買情報を掲示する人 Taker:約定(売買)注文をする人

  25. トークントレーダー 結果確認 結果確認 Indexer: 取引所 Maker: 売買情報を掲示する人 Taker:約定(売買)注文をする人

  26. トークントレーダー解説 実装の元となった「SWAP」について 「許容量」の意味 「取引指示」詳細

  27. トークントレーダーは「SWAP」の実装です SWAPとは オフチェーンで当事者間で直接価値の移転を行うためのプロトコル定義 詳細は「Swapの重要な点」で検索(あとで)

  28. 「許容量」に関係するERC20の関数 ERC20の(スマート)コントラクトで定義されている「approve」「allowance」 https://theethereum.wiki/w/index.php/ERC20_Token_Standard

  29. 「許容量」の意味 許容量の設定はapprove関数で行う approve("取引コントラクトのアドレス", 数量) 許容量はallowance関数で確認できる Maker/Takerは取引コント ラクトの許容量を設定する ※Indexerでは無い 許容量を超えた 取引は指示できない

  30. 取引指示について Indexerが取引指示をする理由 =板情報を更新するため TokenTraderコントラクトで取引が処理される Taker/Makerのサインを含むので、Indexerは取引指示に対して 何も修正できない

  31. TokenTraderコントラクトが取引指示を処理する https://github.com/zcom-cloud-blockchain/oss-token-trader/blob/master/provider/contracts/TokenTrader.so l#L13-L35

  32. TokenTraderコントラクト詳細 _makerAddress: Makerのアドレス (_maker|_taker)TokenAddr: Maker/Takerのトークンコントラクトのアドレス (_maker/_taker)Amount: Maker/Takerのコントラクト数量 (_maker/_taker)Sign: Maker/Takerのサイン Takerのアドレスはサインに

    含まれない
  33. TokenTrader.sol サインの検証部分 Takerの サイン内容 Makerの サイン内容 recoverAddress()でIndexerが知りうる注文内容と、 Taker/Makerがサインした注文内容を検証

  34. アジェンダ 非中央集権型アプリケーション(DApp) GMOブロックチェーンオープンソース 提供プロジェクト DApp開発の注意点 問題点 まとめ

  35. DAppとしてのコントラクトのあるべき姿 コントラクトには何の権 限も持たない。

  36. コントラクトアンチパターン modifier onlyFromAdmin() 作成者の特権

  37. このコントラクトの問題点 コントラクトの実質的な管理者 が存在する事になる →中央集権的 modifier onlyFromAdmin()

  38. アジェンダ 非中央集権型アプリケーション(DApp) GMOブロックチェーンオープンソース 提供プロジェクトについて DApp開発の注意点 問題点 まとめ

  39. サービス提供者の問題 そもそも利用に必要な仮想通貨を持って るの?(=エンドユーザ問題) これだとサービス提供者に利益 がない 利用者・minerだけのメリット

  40. 解決策 代払い機能を使って解決 サービス提供者はProxyコントラク トでアクセス権を制御 利用者はAPI経由でコ ントラクトをcallする

  41. アジェンダ 非中央集権型アプリケーション(DApp) GMOブロックチェーンオープンソース 提供プロジェクト DApp開発の注意点 問題点 まとめ

  42. まとめ DAppによって中間マージンを減らし、コストの削減が可能です。 仮想通貨の代払い機能を備えたZ.com Cloud ブロックチェーンでDAppを構築する事 で、幅広いユーザにサービスを提供することが可能となります

  43. ご清聴ありがとうございました GMOブロックチェーン オープンソース提供プロジェクト https://guide.blockchain.z.com/ja/docs/oss/