Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

新規開発のスーパーカオス期からの スクラム導入Step by Step

kakehashi
October 28, 2021

新規開発のスーパーカオス期からの スクラム導入Step by Step

kakehashi

October 28, 2021
Tweet

More Decks by kakehashi

Other Decks in Business

Transcript

  1. 新規開発のスーパーカオス期からの

    スクラム導入Step by Step

    AI在庫管理(新規事業)の設計勘所 

    https://connpass.com/event/223220/ 


    2021/10/05(火) 新田 智啓


    View full-size slide

  2. Copyright © KAKEHASHI Inc. All Rights Reserved.

    アジェンダ

    スクラムのステップアップ

    • 自己紹介

    • スクラムの前提

    • カケハシとSCMドメイン

    • 入社当時 (2020/8-2020/12)

    • スクラム本格導入の変革期 (2021/1-2021/4)

    • スクラムステップアップ1 (2021/5-2021/6)

    • スクラムステップアップ2 (2021/7-2021/8)

    • スクラムステップアップ今後


    View full-size slide

  3. Copyright © KAKEHASHI Inc. All Rights Reserved.

    自己紹介

    スクラムのステップアップ

    株式会社カケハシ


    新田 智啓

    (Shinden Tomohiro)

    SI企業数社でエンジニアとして数十の開発プロジェクト開発に
    関わる


    その後サイバーエージェントでアドテク関連のDSPやDMPの
    開発チームの開発責任者などを経験

    新規事業のプロダクト開発のチーム立ち上げに関わる


    株式会社メルペイではバックエンドのエンジニアリングマネー
    ジャとして入社しエンジニア組織の組織開発などを中心に活
    動


    株式会社カケハシのビジョンや新たな事業チャレンジに共感
    し、開発ディレクター/スクラムマスタとして参画


    View full-size slide

  4. Copyright © KAKEHASHI Inc. All Rights Reserved.

    紹介内容

    スクラムのステップアップ

    スクラムでの開発を始めていなかったチームが

    スクラムイベントを1歩ずつ進めていく事例を紹介します


    • スクラムの計測が弱いまま進んだ最初のつまづき

    • チームとして計測を活用しながら進む、計測ポイントの変化

    • スクラムをベーシックに始めて、要素を増やしていくステップ


    View full-size slide

  5. Copyright © KAKEHASHI Inc. All Rights Reserved.

    スクラムの前提


    View full-size slide

  6. Copyright © KAKEHASHI Inc. All Rights Reserved.

    スクラムの最善なプロセスは状態によって変化する

    スクラムのステップアップ

    チーム フェーズ 周辺環境

    View full-size slide

  7. Copyright © KAKEHASHI Inc. All Rights Reserved.

    スクラムの最善なプロセスは状態によって変化する

    スクラムのステップアップ

    スクラムガイド 2020 https://scrumguides.org/docs/scrumguide/v2020/2020-Scrum-Guide-Japanese.pdf
    スクラムの定義 の中の抜粋


    View full-size slide

  8. Copyright © KAKEHASHI Inc. All Rights Reserved.

    スクラムの大事な原則は変わらない

    スクラムのステップアップ

    透明性 検査 適応

    View full-size slide

  9. Copyright © KAKEHASHI Inc. All Rights Reserved.

    やりたいことはこれ

    スクラムのステップアップ

    • スプリント

    • スプリントプランニング

    • デイリースクラム

    • スプリントレビュー

    • スプリントレトロスペクティブ


    View full-size slide

  10. Copyright © KAKEHASHI Inc. All Rights Reserved.

    やりたいことはこれではない

    スクラムのステップアップ

    • スプリント

    • スプリントプランニング

    • デイリースクラム

    • スプリントレビュー

    • スプリントレトロスペクティブ


    手段の一つとしての標準の提示に過ぎない


    View full-size slide

  11. Copyright © KAKEHASHI Inc. All Rights Reserved.

    スクラムの価値基準 

    確約(Commitment)集中(Focus)
    公開(Openness)尊敬(Respect)勇気(Courage)
    スクラムでやりたいことは1つ

    スクラムのステップアップ

    透明性
    検査
    適応
    より良い
    プロダクト
    スプリントプランニング
    デイリースクラム
    スプリントレビュー
    スプリント
    レトロスペクティブ
    やりたいこと

    View full-size slide

  12. Copyright © KAKEHASHI Inc. All Rights Reserved.

    スクラムの価値基準 

    確約(Commitment)集中(Focus)
    公開(Openness)尊敬(Respect)勇気(Courage)
    スクラムでやりたいことは1つ

    スクラムのステップアップ

    透明性
    検査
    適応
    より良い
    プロダクト
    スプリントプランニング
    デイリースクラム
    スプリントレビュー
    スプリント
    レトロスペクティブ
    やりたいこと
    目的を意識して形を変えていく

    View full-size slide

  13. Copyright © KAKEHASHI Inc. All Rights Reserved.

    スクラムの価値基準 

    確約(Commitment)集中(Focus)
    公開(Openness)尊敬(Respect)勇気(Courage)
    スクラムでやりたいことは1つ

    スクラムのステップアップ

    透明性
    検査
    適応
    より良い
    プロダクト
    スプリントプランニング
    デイリースクラム
    スプリントレビュー
    スプリント
    レトロスペクティブ
    やりたいこと
    今日の話

    View full-size slide

  14. Copyright © KAKEHASHI Inc. All Rights Reserved.

    仮説検証プロセス:見える化のための計測 → 透明性

    スクラムのステップアップ

    学習する

    (Learn)

    測定する

    (Measure)

    構築する

    (Build)

    透明性 検査 適応
    今日の話

    View full-size slide

  15. Copyright © KAKEHASHI Inc. All Rights Reserved.

    カケハシとSCMドメイン


    View full-size slide

  16. Copyright © KAKEHASHI Inc. All Rights Reserved.

    * 2021年9月時点 (正社員のみ)
    ドメイン組織
    PRM領域 サプライチェーンマネジメント領域
    Musubi
    Insight 開発
    6人
    PMM
    4人
    Musubi
    開発
    10人
    Pocket
    Musubi 開発
    7人
    プロダクトリー

    2人 新規機能
    開発
    2人
    AI在庫管理
    開発
    6人
    SRE他全社共通
    14人
    プラットフォーム/共通基盤開発
    4人
    処方箋情報基盤開発
    2人
    ファルマー
    ケット開発
    2人
    PMM
    3人
    プロダクトリー

    2人
    PF
    領域

    View full-size slide

  17. Copyright © KAKEHASHI Inc. All Rights Reserved.

    カケハシのSCMドメインの状況

    スクラムの最善なプロセスは状態によって変化する

    スクラムのステップアップ

    チーム フェーズ 周辺環境
    激しく

    変わる!!

    激しく

    変わる!!

    いくらか

    変わる

    スクラムで理想とする環境とは程遠い・・・


    View full-size slide

  18. Copyright © KAKEHASHI Inc. All Rights Reserved.

    2020年8月 新田入社当時

    Product Manager

    チームの状況

    Scrum Master

    Engineer

    Designer

    Data Scientist

    AI在庫管理チーム

    View full-size slide

  19. Copyright © KAKEHASHI Inc. All Rights Reserved.

    2021年 現在

    チームの状況

    AI在庫管理チーム
    大型新機能チーム ファルマーケット 2021/3 参画
    Pharmacist

    Product Manager

    Scrum Master

    Engineer

    Designer

    Data Scientist


    View full-size slide

  20. Copyright © KAKEHASHI Inc. All Rights Reserved.

    カケハシの会社状況 https://speakerdeck.com/kakehashi/kakehashi-hui-she-shuo-ming-zi-liao-202106-1c8c30a3-c72c-4159-8d8c-2df3e36fbbe5?slide=2

    会社の状況

    ※会社説明資料から参照

    View full-size slide

  21. Copyright © KAKEHASHI Inc. All Rights Reserved.

    入社当時(2020/8-)


    View full-size slide

  22. Copyright © KAKEHASHI Inc. All Rights Reserved.

    入社当時(2020/8)

    スクラムのステップアップ

    Trelloでやること全てがカンバンに書かれている状況

    スプリントなどは特に無し


    組織課題・採用・機能・タスク・将来想定

    社内整備・顧客要望・ etc etc


    View full-size slide

  23. Copyright © KAKEHASHI Inc. All Rights Reserved.

    入社当時(2020/8)

    スクラムのステップアップ

    まずは別カンバンを作りスプリント単位でプランニングし、運用する
    スプリントバックログのカンバン作成


    プランニング→デイリースクラム→レトロスペクティブ

    基本のスクラムイベントを導入


    View full-size slide

  24. Copyright © KAKEHASHI Inc. All Rights Reserved.

    入社当時(2020/8)

    スクラムのステップアップ

    スプリントバックログのカンバンで

    Todo・Progress・Review・Done の

    ステップでやっていることを可視化


    そして計測



    View full-size slide

  25. Copyright © KAKEHASHI Inc. All Rights Reserved.

    入社当時(2020/8)

    スクラムのステップアップ


    View full-size slide

  26. Copyright © KAKEHASHI Inc. All Rights Reserved.

    入社当時(2020/8)

    スクラムのステップアップ

    それぞれがやっていることは表面的には分かる

    ゴールに対してバックログが消化されていない

    詳細化のチャレンジもしたが見積もりは大・中・小程度のざっくりし
    た状態


    試行錯誤


    View full-size slide

  27. Copyright © KAKEHASHI Inc. All Rights Reserved.

    入社当時(2020/8)

    スクラムのステップアップ


    もう少しで動く機能が出来るはず

    耐える時・・・



    View full-size slide

  28. Copyright © KAKEHASHI Inc. All Rights Reserved.


    予定の日になっても結合出来ない!

    いつまで経っても機能が完成しない!

    ゴールが見えない!





    入社当時(2020/8)

    スクラムのステップアップ


    View full-size slide

  29. Copyright © KAKEHASHI Inc. All Rights Reserved.

    スクラム本格導入の変革期 (2021/1-)


    View full-size slide

  30. Copyright © KAKEHASHI Inc. All Rights Reserved.

    スクラム本格導入の変革期 (2021/1-)

    スクラムのステップアップ

    タスク タスク
    タスク
    実装を止める!

    ゴールまでの全てのタスクの洗い出しMVPの見積もりに時間を投
    入する

    全体タスクの総量を精緻にする

    設計込みでAPIのリスト化

    バックエンドの機能一覧


    View full-size slide

  31. Copyright © KAKEHASHI Inc. All Rights Reserved.

    スクラム本格導入の変革期 (2021/1-)

    スクラムのステップアップ

    計測の仕組みを再構築し、詳細に管理できるようにする!

    Github の IssueやProjectsからGraphQL APIを使ってデータを取得し、redashでグラフ化
    (ラベルを使って見積もりを付ける)

    backend
    frontend
    forcast
    infra

    View full-size slide

  32. Copyright © KAKEHASHI Inc. All Rights Reserved.

    スクラム本格導入の変革期 (2021/1-)

    スクラムのステップアップ


    View full-size slide

  33. Copyright © KAKEHASHI Inc. All Rights Reserved.

    スクラム本格導入の変革期 (2021/1-)

    スクラムのステップアップ


    View full-size slide

  34. Copyright © KAKEHASHI Inc. All Rights Reserved.

    スクラム本格導入の変革期 (2021/1-)

    スクラムのステップアップ

    差込件数

    差込比率



    設計・実装比率

    比率別ステータス


    View full-size slide

  35. Copyright © KAKEHASHI Inc. All Rights Reserved.

    バーンアップチャート



    バーンダウンチャート



    バーンダウンリポジトリ別

    スクラム本格導入の変革期 (2021/1-)

    スクラムのステップアップ


    View full-size slide

  36. Copyright © KAKEHASHI Inc. All Rights Reserved.

    スクラムステップアップ1 (2021/6-)


    View full-size slide

  37. Copyright © KAKEHASHI Inc. All Rights Reserved.

    スクラムステップアップ1 (2021/6-)

    スクラムのステップアップ

    ユーザーストーリー
    タスク タスク
    タスク
    ユーザーストーリーベースで管
    理することで、

    ユーザーへの価値提供単位
    ので認識を合わせていくことを
    目指す


    スクラムとしての理想の形を目指す


    View full-size slide

  38. Copyright © KAKEHASHI Inc. All Rights Reserved.

    スクラムステップアップ1 (2021/6-)

    スクラムのステップアップ

    GithubのIssueのRef機能を使って参照の
    紐づきを管理

    PyGithubを使って紐付いたestimateの合計を親の
    ユーザーストーリーIssueラベルに反映させる 

    ユーザーストーリー単位の
    IssueとGithub Projects
    タスク単位の
    IssueとGithub Projects
    (いままで通り)
    紐付け

    View full-size slide

  39. Copyright © KAKEHASHI Inc. All Rights Reserved.

    スクラムステップアップ1 (2021/6-)

    スクラムのステップアップ


    View full-size slide

  40. Copyright © KAKEHASHI Inc. All Rights Reserved.

    スクラムステップアップ2 (2021/7-)


    View full-size slide

  41. Copyright © KAKEHASHI Inc. All Rights Reserved.

    スクラムステップアップ2 (2021/7-)

    チームの状況

    AI在庫管理チーム
    大型新機能チーム ファルマーケット 2021/4参画
    Pharmacist

    Product Manager

    Scrum Master

    Engineer

    Designer

    Data Scientist

    処方箋送信基盤チーム
    採用活動

    View full-size slide

  42. Copyright © KAKEHASHI Inc. All Rights Reserved.

    スクラムステップアップ2 (2021/7-)

    スクラムのステップアップ

    スクラムマスタはチーム外からのサポートで

    チームでの完全自治を目指す

    • リリースまでのゴールの明確

    • リリースゴール差分なども計測可能

    • redash等での計測も習慣化出来ている

    • 短期効率優先

    • スクラムイベント時間短縮最小化


    開発に集中するフェーズ!!


    View full-size slide

  43. Copyright © KAKEHASHI Inc. All Rights Reserved.

    スクラムステップアップ2 (2021/7-)

    スクラムのステップアップ

    無事リリース! 🎉🎉🎉

    https://signal.diamond.jp/articles/-/847


    View full-size slide

  44. Copyright © KAKEHASHI Inc. All Rights Reserved.

    スクラムステップアップ今後


    View full-size slide

  45. Copyright © KAKEHASHI Inc. All Rights Reserved.

    スクラムステップアップ今後

    スクラムのステップアップ

    チームサステナビリティ
    ユーザーストーリー
    タスク タスク
    タスク
    タスク タスク

    View full-size slide

  46. Copyright © KAKEHASHI Inc. All Rights Reserved.

    スクラムステップアップ今後

    スクラムのステップアップ

    リリースに向かって機能開発を短期効率的に進めていた


    中長期に向かって良いチームとは何かを改めて考える

    • 短期的な効率以外にも必要なこととは何か?

    • 技術的負債のような開発しづらさへの対応をどうやるか?

    • ナレッジの属人性が高く様々なリスクへの対応は?


    View full-size slide

  47. Copyright © KAKEHASHI Inc. All Rights Reserved.

    スクラムステップアップ今後

    スクラムのステップアップ

    バス係数をトラッキング


    バス係数とは

    「チームの中で何人がバスに轢かれたらそのチームは破綻するか」とい
    うシンプルなもので、この数値(人数)が高いほど良いチームとされる 


    View full-size slide

  48. Copyright © KAKEHASHI Inc. All Rights Reserved.

    スクラムステップアップ今後

    スクラムのステップアップ


    View full-size slide

  49. Copyright © KAKEHASHI Inc. All Rights Reserved.

    チームの将来の状況


    View full-size slide

  50. Copyright © KAKEHASHI Inc. All Rights Reserved.

    2021年 現在

    チームの状況

    AI在庫管理チーム
    大型新機能チーム ファルマーケット 2021/4参画
    Pharmacist

    Product Manager

    Scrum Master

    Engineer

    Designer

    Data Scientist


    View full-size slide

  51. Copyright © KAKEHASHI Inc. All Rights Reserved.

    2022年 XX月

    チームの状況

    AI在庫管理チーム
    大型新機能チーム ファルマーケット 2021/4参画
    Pharmacist

    Product Manager

    Scrum Master

    Engineer

    Designer

    Data Scientist


    View full-size slide

  52. Copyright © KAKEHASHI Inc. All Rights Reserved.

    スクラムの最善なプロセスは状態によって変化する

    スクラムのステップアップ

    チーム フェーズ 周辺環境
    激しく

    変わる!!

    激しく

    変わる!!

    いくらか

    変わる


    View full-size slide

  53. Copyright © KAKEHASHI Inc. All Rights Reserved.

    スクラムの価値基準 

    確約(Commitment)集中(Focus)
    公開(Openness)尊敬(Respect)勇気(Courage)
    スクラムでやりたいことは1つ

    スクラムのステップアップ

    透明性
    検査
    適応
    より良い
    プロダクト
    スプリントプランニング
    デイリースクラム
    スプリントレビュー
    スプリント
    レトロスペクティブ
    やりたいこと
    状況に合わせて形を変えていく

    View full-size slide

  54. Copyright © KAKEHASHI Inc. All Rights Reserved.

    今日紹介したもの以外に取り組んだこと (一部紹介)

    ■ 様々なふりかえりを実施

    KPT、KPT2、KPT+YWT、タイムライン

    Speed Car and Abyss、

    さまざまなカスタマイズしたふりかえり

    試したツール : Trello、Jamboard、figjam


    ■ スクラムイベントの実験

    プランニングから独立したVoting セッション

    さまざまな整理の形式でのバックログリファインメント

    さまざまな形でのスプリントレビュー


    View full-size slide

  55. Copyright © KAKEHASHI Inc. All Rights Reserved.

    失敗を恐れず、チャレンジをすること

    新しい実践こそ、新しい知見を得るための元


    全ての施策が上手くいくわけではない前提で

    チャレンジをしていく、変化していく


    View full-size slide

  56. Copyright © KAKEHASHI Inc. All Rights Reserved.

    状況に合わせてスクラムイベントを変化させ

    開発プロセスを進化させよう!


    View full-size slide