AS_NL_202010_OptaPlanner_Week

A01b5464b2bc090d4fe6580c0b18cb92?s=47 kamorisan
September 15, 2020

 AS_NL_202010_OptaPlanner_Week

A01b5464b2bc090d4fe6580c0b18cb92?s=128

kamorisan

September 15, 2020
Tweet

Transcript

  1. SEPTEMBER 1-3, 2020

  2. None
  3. SEPTEMBER 1 EST NEW YORK CEST PARIS Event Opening Kickstarting

    your OptaPlanner project: patterns and common practices, by Duncan Doyle Vehicle routing with OptaPlanner, by Jiri Locker Visualizing Indictments: Explaining the solution to the user and identifying deficient resources, by Christopher Chianelli Explanation by Example: the OptaPlanner way, by Daniele Zonca, Tommaso Teofili, Rui Vieira Event End 10:00 16:00 10:10 16:10 11:00 17:00 11:25 17:25 12:00 18:00 13:00 19:00 10 MIN BREAK 10 MIN BREAK
  4. Kickstarting your OptaPlanner project: patterns and common practices OptaPlanner プロジェクトの初期段階でパターンや共通のプラク

    ティスを使用することは、ソリューションの実装を成功させる鍵とな ります。このセッションでは、 Red Hat のエキスパートが顧客に OptaPlanner アプリケーションを実装する際に使用するプラクティ スを取り上げ、この種の開発プロジェクトの最適かつコントロールさ れたスタートを保証します。 About the speaker, Duncan Doyle :  Red Hat の Application Services 担当プロダクトマネージャー  Red Hat のコンサルティングとサービスの経験を持つ Duncan は、大規模な Red Hat の顧客と  幅広く仕事をし、先進的なオープンソースのソリューションを大規模に構築してきました。 Speaker: Duncan Doyle
  5. Vehicle routing with OptaPlanner このライトニングトークでは、 OptaPlannerを使用して配送経路問 題を解決する方法を学びます。オープンな実世界のデータを使っ て最短走行時間に最適化する方法や、車両ルートを地図上で可 視化する方法を見ていきます。トークの第 2部では、Spring

    Bootや Reactなどの一般的な技術を使って構築された配送経路問題の Webアプリケーションのライブデモを行います。 About the speaker, Jiri Locker:  QAのバックグラウンドを持つソフトウェアエンジニア  OptaWeb Vehicle Routing のリード開発者 Speaker: Jiri Locker
  6. Visualizing Indictments: Explaining the solution to the user and identifying

    deficient resources あなたはOptaPlannerを使ってビジネス問題の最適解を作成したとしますが、 なぜ解が最良だと言えるのでしょうか?最良の解を提供するだけでなく、なぜ それが最良の解なのかを説明し、どんな決定も正当化することが、今日の社会 ではますます重要になってきています。 この講演では、OptaPlannerのIndictmentシステムを利用して、 ユーザーに解を説明する方法を探ります。トピックは以下の通りです。 • スコアの可視化 • ボトルネックの原因となっているリソースの特定 • スコアの可視化を用いた、異常動作を引き起こす制約条件の識別 About the speaker, Christopher Chianelli:  OptaPlannerのソフトウェアエンジニア  従業員のために最適なシフトスケジュールを作成できるオープンソースのWebアプリケーションである  OptaWeb Employee Rosteringの主要な開発者です。 Speaker: Christopher Chianelli
  7. Explanation by Example: the OptaPlanner way さまざまなビジネス領域でAIや予測モデルが遍在していることを考えると、そのようなシステムが関係する すべての利害関係者から信頼されることがますます重要になってきています。これは、AIの「予測」が人間 に具体的な影響を与えることができる場合、例えばヘルスケアや金融などの領域では、さらに重要になって きます。

    説明可能なAI(XAI)は、AI/予測モデルがどのように説明(複雑なモデルの内部の仕組みを人間が理解で きるように表現)によって予測を生成するかについての洞察を提供し、そのようなモデルを不透明でなく、よ り信頼性の高いものにすることを目的とした研究分野です。 Red Hat の TrustyAI イニシアチブは、説明可能性を取り入れて、ビジネスプロセスの自動化の分野におけ る意思決定の信頼性を促進し、運用上のメトリクスや説明責任の実行時のトレースを行うことを目的として います。 この講演では、TrustyAIイニシアチブ、XAI一般と反実仮想的な説明について簡単に触れ、その後、 OptaPlannerをどのように活用して、異なる意思決定/予測モデルの反実仮想的な説明の手法を構築し、 説明可能性ツールキットに統合したのかを掘り下げていきます。また、OptaPlannerベースの反実仮想生 成エンジンのデモをお見せします。 About the speaker,  Daniele Zonca:   プリンシパルソフトウェアエンジニアで、TrustyAI アーキテクト。Red Hat Decision Manager と TrustyAI イニシアチブのアーキテクトと   して、オープンソースプロジェクト Drools と Kogito に貢献しており、特に予測モデルのランタイムサポート (PMML)、ML の説明可能性、   ランタイムトレース、意思決定モニタリングに力を入れています。  Rui Vieira:   分散コンピューティング、機械学習、統計学のバックグラウンドを持ち、TrustyAIイニシアティブで働くソフトウェアエンジニア。   近年は、Process Automation に力を入れている。  Tommaso Teofili:   TrustyAIイニシアチブで働くプリンシパルソフトウェアエンジニアで、XAI研究を中心にKogitoに貢献しています。また、長年のASFメンバーであり、   機械学習と情報検索の分野でオープンソースの貢献者でもあります。 Speaker: Daniele Zonca Speaker: Rui Vieira Speaker: Tommaso Teofili
  8. SEPTEMBER 2 EST NEW YORK CEST PARIS Event Opening Tasks

    Optimization: understand the chained models, by Donato Marrazzo Business Optimizer: "I bet you I’m better than a human", by Justin Goldsmith Getting started with Constraint Streams, by Lukáš Petrovický Event End 10:00 16:00 10:10 16:10 11:00 17:00 12:00 18:00 13:00 19:00 10 MIN BREAK 10 MIN BREAK
  9. Tasks Optimization: understand the chained models 一般的な組織の問題は、タスクを人や機械に分配することです。タ スクには固有の制約があります:それらは連鎖していて、同じス ロットには収まりません。このような問題を認識し、対処することを 学びましょう。

    About the speaker, Donato Marrazzo:  Red HatのEMEAシニアソリューションアーキテクト  ビジネスプロセスの自動化、意思決定管理、ビジネス最適化を担当。 Speaker: Donato Marrazzo
  10. Business Optimizer: "I bet you I’m better than a human"

    制約解法は、人工知能(AI)の中でも見落とされがちなテクニックですが、従業員、資産、時間、お金など の限られたリソースを使って、ソリューションを最適化するために使用できます。この複雑なタスクを単純 化するには、リソースと制約をわかりやすくモデル化し、さまざまな高度なアルゴリズムを使用してソリュー ションを生成する必要があります。 このインタラクティブなセッションに参加して、OptaPlannerがどのように制約解決でビジネスを支援してき たかを聞いてみましょう。Business Optimizerの簡単な紹介の後、以下のユースケースにどのように適用 できるかを見ていきます。 - 従業員の勤務表:看護師やサービス担当者などが、24時間対応できる体制と適切なスキルを持ってい ること - 配送計画:貨物や人を乗せたトラック、列車、ボート、飛行機などの配送計画をすること - タスク割当:人、スキル、納期等、制約の中でを最大限に効率化するためのタスクの割当 - ゲリマンダーの打倒:立法区のための公平な地図の作成 About the speaker, Justin Goldsmith:  Red Hat のFSIのシニアアーキテクトとして、Red Hat® のBusiness Automation技術を幅広く手掛けてきました。  彼は、ビジネスルール、プロセス、制約の最適化に基づいたクライアント向けの多数のアプリケーションの構築を成功させてきました。 また、継続的イ ンテグレーション/継続的デリバリー(CI/CD)と DevOps に焦点を当て、ソフトウェア開発ライフサイクルの各ステップ  における自動化の利点を強調しています。彼の多様なプロジェクトの背景には、彼のユニークな視点があり、クライアントがビジネス目標 を満たす持 続可能なアプリケーションを構築するのを支援しています。 Speaker: Justin Goldsmith
  11. Getting started with Constraint Streams DRLの時代は終わりを迎えます。 Constraint Streams は、スコア制約を書くためのシンプルな Java

    API です。このセッションでは、あなたが始められるように、ヒントや コツをお伝えします。 About the speaker, Lukáš Petrovický :  Red Hat のプリンシパルソフトウェアエンジニア。  OptaPlanner を専門としています。彼は最先端のプロジェクトや技術に興味を持っています。 Speaker: Lukáš Petrovický
  12. SEPTEMBER 3 EST NEW YORK CEST PARIS Event Opening Business

    use cases and the impact of Optaplanner, by Satish Kale Back to school: create a timetable with OptaPlanner and Quarkus, by Radovan Synek Everyone has a plan until they get punched in the face: The need for continuous planning, real-time planning, non-disruptive planning, etc, Geoffrey De Smet Event End 10:00 16:00 10:10 16:10 11:00 17:00 12:00 18:00 13:00 19:00 10 MIN BREAK 10 MIN BREAK
  13. Business use cases and the impact of Optaplanner 計画問題は非常に面白い。これらの問題は一般的に、相互依存性を持ち、いくつか の制約を遵守し、他の制約を「できる限り収容する」というものです。これは、一般的

    に人間が得意とする主観的な分析と、人間が絶対に苦手とする、対象の組み合わ せの指数関数的な増加が混在していることを意味します。人間の線形的な進行を理 解することができますが、計画問題を解くためのデータセットを増やすことで生まれる 組み合わせが指数関数的に増加すると、人間では対処できません。そこで、アルゴ リズムのサポート、使い易さ、柔軟性、拡張性に優れた Optaplannerが活躍します。 本セッションでは、典型的な計画問題の事例と、実際の適用事例について、いくつか ご紹介します。 About the speaker, Satish Kale:  スペシャリストソリューションアーキテクトのマネージャー。 20年のITソリューション構築経験を持つテクノロジーリーダー。現在は Red Hat のNA Telcoマーケットでビジネス指向のソリューションセールスをリードする責任者。 Red Hat史上最大規模の案件に複数回貢献。 2009年 には、APJ (Asia Pacific - Japan) 地域の「Best Solution Architect」として表彰されました。 4年連続で150%以上の売上を達成。 「President's Club Award」を 3 回連続で受賞。 Speaker: Satish Kale
  14. Back to school: create a timetable with OptaPlanner and Quarkus

    今回は、OptaPlannerを使って学校の時間割をスケジュールする方法を紹介します。あっという 間に次の学年の準備をしてみましょう。 OptaPlannerは、QuarkusやSpring Bootとうまく統合された、計画やスケジューリングの問題を 最適化するオープンソースの AI制約条件ソルバーです。配送計画、従業員の勤務表、メンテナン スのスケジューリング、タスクの割り当て、学校の時間割、クラウドリソースの最適化、会議のスケ ジューリング、ジョブショップのスケジューリング、ビンのパッキングなどの NP困難な問題を解決す るために使用できます。 OptaPlannerでこのような問題を最適化することで、一部の企業では年間数億ドル、数百万キロ グラムのCO2排出量を削減しています。 OptaPlannerは、あなたの問題解決にも役立ちます。 About the speaker, Radovan Synek:  Red HatでOptaPlannerプロジェクトのコアソフトウェアエンジニア。私の 10年以上のIT業界での経験のほとんどは、     Business Automationのポートフォリオの周りで過ごしてきました。これまでの私の主な焦点は、最適化、 BPM システム、 ソフトウェア品質エンジニア リングです。オープンソースでのソフトウェア開発とテスト、新しいことを学ぶこと、  風景写真を撮ること、おいしいお茶を飲むことを楽しんでいます。 Speaker: Radovan Synek
  15. Everyone has a plan until they get punched in the

    face: The need for continuous planning, real-time planning, non-disruptive planning, etc 計画が計画通りに実行されることはほとんどありません。だからといって、計画 が役に立たないわけではありません。逆に、現実が計画に合わないときは、既 存の計画から始めるのがまだいい。しかし、それは私たちの計画がアジャイル でなければならないことを意味します。 このセッションでは、計画の俊敏性に対処するための最も一般的なパターンと、 それらがどのように連携して機能するかを説明し、実演します。 About the speaker, Geoffrey De Smet:  OptaPlanner のリーダー Speaker: Geoffrey De Smet
  16. OptaPlanner Week: Archives Link Day1 - Link Day2 - Link

    Day3 - Link