Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

キンスキ流ライトコースの使い倒し方_20190511

 キンスキ流ライトコースの使い倒し方_20190511

C05073477fa0b4788a7e8260c6c7ec69?s=128

キンスキ

May 11, 2019
Tweet

Transcript

  1. キンスキ流 ライトコースの使い倒し方 サイボウズ株式会社 kintone大好き松井 2019/05/11

  2. 自己紹介 松井 隆幸 2013年入社、6年は代理店営業を担当。 寝ても覚めてもkintoneが大好きで、 活用情報メディア「キンスキ 」を開設。 副業で始まり、2019年4月より公式活動に! blog Movie

    illust 各種コンテンツ作成中!
  3. キンスキとは? ・2018年3月より開始 ・ブログ、動画、ラジオで活用情報を発信 ・100記事以上、月間約7,000PV kintoneの活用情報を発信するメディア

  4. コンセプト 非開発者のkintoneユーザーが 自ら情報を集め、業務改善ができる そのために ノンコードの活用情報をWebに増やす!

  5. 業務アプリを⾃分たちで作れるクラウドサービス kintoneとは

  6. ド ラ ッ グ & ド ロ ッ プ プ

    ロ グ ラミ ング & 専 ⾨ 知識 従来の業務システム 自分で作れる
  7. 7

  8. データベース コミュニケーション フ ォ ー ム 作 成 企業間利⽤ アクセス権

    変更履歴 管理 グラフ アプリ間 連携 プロセス 管理 申請・承認 フロー フォーム 作成 ⼀覧作成 絞り込み コメント メッセージ スペース プロセス管理 管理機能 テンプレートは100種以上!
  9. 事業戦略説明会より https://cybozu.co.jp/com pany/ir/meeting/

  10. kintoneは 何でもできる 魔法のツール

  11. 機能が無い時は ⾜りない機能を付け⾜す ⼟台はサッと作れて、必要な時に追加する

  12. 追加する 連携サービス 個別開発 多種多様なパッケージが 販売・公開されており 自社に合う物を追加できる 市場にない機能は 独自の開発が可能 仕様はWebで公開中

  13. とても大事なこと あれこれと⼯夫する アイデアはすぐに試す、ダメなら戻す

  14. 本日のアジェンダ 1.活用度を向上させる裏技 2.現場に使われるアプリのコツ

  15. 活用度を向上させる裏技 うわっ•••私のキントーン、 文字多すぎ•••? 開発ナシで誰でもできる 画像を使ったkintoneの魅せ技で ユーザーの活用度を向上しよう! 「コピー&ペーストでできる」 まさかの活用Tipsに あなたも驚くはず!

  16. ユーザーの活用度を向上 画像に関する裏技で

  17. うわ...私のkintone、文字多すぎ...?

  18. 添付できたっけ? 開発無しで 画像貼付!

  19. 基本的な考え方 リッチエディターに コピー&ペーストする 手順は簡単3STEP

  20. 手順1:画像アプリを用意 添付ファイルがあれば何でもOK! 大事なのは みんなが見える こと

  21. 手順2:サムネイルをコピー サムネイル表示にして右クリック → コピー

  22. 手順3:リッチエディタに貼り付ける

  23. ラベル リッチエディター ポータルの本文 アプリの説明欄 コメント スペースの本文 リッチエディタなところ

  24. ラベル アプリの使い方説明

  25. アプリの説明欄 他アプリへの誘導

  26. リッチエディター 操作説明(GIFファイル)

  27. コメント ファイル添付(してる風)

  28. 秘密兵器で更に便利

  29. Wordの表挿入 表を選択してコピーする

  30. ポータル ポータルを綺麗にする!

  31. ഒ ഒ 効果 ഒ

  32. 詳細はブログ記事へ! https://www.kinsuki.com/entry/gazo_tips

  33. 目的 みんなが迷わない 導線を作る

  34. kintone(システム)は難しい ・ITが不慣れな人 ・頻繁に使わない人 誰でも迷わない導線

  35. 導線 フィールドの位置も導線

  36. 迷わないアプリ作成のコツ×2 ユーザーに 教わった

  37. 作るコツ1 どこで躓くのか 何に時間がかかるのか 利用者をよく見る

  38. 例えば ・業務に合ってない? ・見つけづらい?

  39. 作るコツ2 利用者をよく聴く

  40. 例えば: ・すぐ答えられない ・検索に時間がかかる 見つけにくい構成?

  41. None
  42. None