200726_cb_0726オンライン勉強会vol5fix

53848257eca44f1d604e428e3e967010?s=47 kuro_wd
July 26, 2020

 200726_cb_0726オンライン勉強会vol5fix

53848257eca44f1d604e428e3e967010?s=128

kuro_wd

July 26, 2020
Tweet

Transcript

  1. vol.5 200726 コーチング勉強会 オンライン

  2. はじめに イベントの目的 イベントはコーチ同士がつながり・ 学び・高めあう場所 2 「コーチングが当たり前の世界を目指して」 コーチング勉強会が 「コーチングを学ぶ入り口になる」

  3. はじめに 肯定 肯定し意見を出しあって高めあうための ディスカッションを。 3 ルール①

  4. はじめに 尊重 コーチングのスタイルは多様、 それぞれを尊重し学びにする。 ルール② 4

  5. はじめに 協働 コーチング勉強会に上下関係は一切ない。 みんな「同志」、みんなで創っていく場 ルール③ 5

  6. はじめに 写真撮影します アウトな人は撮るときにカメラをオフ 名前を事前に変えてください。 お願い 6

  7. 10:00 〜 10:05 オープニング 10:05 〜 10:55 百太郎「人と関わり続けて20年の経 験から得た一つの答え」 10:55

    〜 11:05 休憩 11:05 〜 11:50 クロ「コーチングスキルを高める ワークショップ」 11:50 〜 11:55 感想共有タイム 11:55 〜 12:00 エンディング 本日のスケジュール
  8. 百太郎さんのプレゼン

  9. ▶百太郎 人と関わり続けて20年の経験 から得た1つの答え

  10. はじめに 教員、部活指導、人事、 キャリアコンサルタント、そしてコーチ どの関わりにも成長する人には共通点が! 10

  11. 人と関わり続けて20年 経験から得た1つの答え 目次 ①自己紹介 ②教師・監督として ③人事担当者として ④見つけた答えと僕の想い 11

  12. 人と関わり続けて20年 経験から得た1つの答え 目次 ①自己紹介 ②教師・監督として ③人事担当者として ④見つけた答えと僕の想い 12

  13. 自己紹介 百太郎(モモタロウ) 1977年奈良県生まれ 公立高校(2年) ↓ 大阪私立高校(13年) (クラス担任、部活監督、教科指導) ↓ 一般企業人事(4年突入) (人事面談、採用担当、社内研修)

    2019年1月 国家資格キャリアコンサルタント取得 趣味 サウナ カラオケ ワクワクのループを生み出す 人生サポーター 13
  14. 人と関わり続けて20年 経験から得た1つの答え 目次 ①自己紹介 ②教師・監督として ③人事担当者として ④見つけた答えと僕の想い 14

  15. ・外的な強制力が主体性を削っていく ・考える機会を奪ってしまう 教育現場でぶち当たった壁 右向け右で失う主体性 ・なんとか成長させてやりたい ・自分の経験を伝えたい ・決められたことを実行できる人に育って欲しい ・しっかり管理してあげないと 15

  16. なんとかしないと! 他のチームはどうしている? 16 鬼監督の独裁 スポーツの成績は 良いんだけど、応 援してくれる人は 少ない。 レギュラー選手 とそれ以外の選

    手の雰囲気が大 きく違う。 成績もいいが、何より 選手一人ずつがテキパ キ動いている。
  17. やりたいことはマシーンを作ることじゃない! なんとか自律できる人になってもらいたい!! たどりついたのがコーチング 選択する、決定する、自分で組み立てる練習を繰り返す! 17 各自の目標設定シートの導入

  18. チーム・クラスの目標設定 自分の目標設定 PDCAを自分で回せる状態作り 集団の中での個の存在承認 目標設定シートの導入 ①長期・短期 ②最大目標・中間目標・最低目標 ③自分との約束 目標設定シート 18

  19. コーチング的関わり導入後の変化 ・それぞれの評価基準 ・指示待ち状態が減る ・「相談」というミーティングへ ・ミニコーチの誕生 ・卒業後のフィードバック 良かったこと 19 あらわになった課題 ・自分との約束が守れない

    ・自信のなさ
  20. 課題への対応 20 あらわになった課題 ・自分との約束が守れない ・達成後のイメージの追加 ・他者貢献のイメージ作り ・自信のなさ ・行動リストの作成 ・自信貯金 ・できたこと数え

    対集団から対個人へと変化
  21. 人と関わり続けて20年 経験から得た1つの答え 目次 ①自己紹介 ②教師・監督として ③人事担当者として ④見つけた答えと僕の想い 21

  22. 人事担当者として 与えられたミッションは「離職率の低下」 22 入社時は法務担当予定 ところが… 入社すぐに人事担当者が産休に… ↓ 右も左もわからず人事担当に

  23. まずは個人面談の導入から 23 ここぞとばかりにコーチング! が、しかし… 社員はクライアント ではないという事実 ・今日はどんな話をしたいですか? ・腹の探りあいは不毛

  24. 評価面談しか経験ない人に、 話される場から話す場へと意 識を変化してもらう 面談実施に心がけていること 24 ・面談目的の共有 ・コーチングしないコーチング

  25. コーチングしないコーチング 25 ヒーローインタビューで話す楽しさを! 効果的な4つの称賛

  26. 効果的な4つの称賛 純粋な称賛 26 労う称賛 尊重する称賛 承認する称賛 ・素敵ですね ・わーすごい! ・そうなんですね! ・そんな気持ちなん

    だね ・そんなことが あったんだね ・ためになります! ・参考になります! ・コツや秘訣は? ・長いあいだ努力さ れたんですね ・耐えてきたんだね ・抱えてきたんだね 参考文献:傾聴メッセージ 著者 :荒木 信雄
  27. 効果的な場面 27 年長者、目上の人 労う称賛 尊重する称賛 フレーズ例 ・どんなご苦労がありましたか? ・どのようにして乗り越えられてきたんですか? ・一番努力されたエピソードはどのようなものですか? フレーズ例

    ・これまで頑張ってこられたコツを教えてください。 ・困難を乗り越えるために必要だったことを教えてください。 ・どうしたら◦◦さんのようになれるのでしょう?
  28. 面談実施後の変化 28 ・離職率の低下 離職率 2017年度 21% → 2019年度 3% ・面談研修の導入

    ・ちょっといいですか?の増加 イメージとしては… 面談は体験セッション 「ちょっといいですか」は有料セッション
  29. 人と関わり続けて20年 経験から得た1つの答え 目次 ①自己紹介 ②教師・監督として ③人事担当者として ④見つけた答えと僕の想い 29

  30. 教員、人事の立場で得た答え 成長する人は 「主人公」として生きている 人と関わり続けて20年 経験から得た1つの答え 30

  31. スポットライトを当てる どんな立場でもできること あなたに興味関心があるというメッセージ 31

  32. 僕の想い① 肩が凝ったらマッサージ 心が凝ったらカウンセリング 筋肉つけたかったらトレーニング 前に進みたかったらコーチング 32

  33. 僕の想い② 全米を泣かせることも 日本列島を震撼させることも できないけど 半径10メートルの人を 幸せにすることはできる 33 MISSION ワクワクのループを作ること!

  34. 忘れたくないこと 主役はあくまでも クライアントであるということ 34 みなさんのコーチングで 主体的に生きる人を増やしてください!

  35. 休憩

  36. クロのワークショップ

  37. 自己紹介 コーチング×クリエイティブ #1989年大阪生まれ、芸大卒。 #コーチング勉強会代表 #広告代理店でディレクター #独学でコーチング # 100人無料コーチングを達成 #情報発信・イベント #イメージとモチベーションを高める

    クロ スタイル 37
  38. 自己紹介 ・優しい人正直な人が報われる世界にしたい ・コーチングをコミュニケーションの当たり前にしたい ・世界により良い革新を起こしたい 志 38

  39. クロのワークショップ 価値観を見つける クライアントの価値観を見つけ 目標達成へのスピードを加速させる ワークショップのテーマ 39

  40. クロのワークショップ そもそも… 価値観とは? 40

  41. クロのワークショップ ①自由に働きたいから起業した ②人の悩みを解決するのが好きだから コーチになる ③父親の背中に感動したから職人を目指す 41 ???価値観はどーれだ???

  42. クロのワークショップ ①自由に働きたいから起業した ②人の悩みを解決するのが好きだから コーチになる ③父親の背中に感動したから職人を目指す 42 実は本質的な価値観を 理解している人はとても少ない

  43. クロのワークショップ 感情が大きく動く瞬間 喜怒哀楽とセットで言語化されたもの 〇〇に喜びを感じる。 〇〇に悲しみを感じる。 43 価値観とは??? 様々なシーンの前提となる汎用性がある表現

  44. クロのワークショップ 価値観に沿った行動ができた時、 人は最大のパフォーマンス(=強み)を発揮できる。 だからこそ、クライアントの価値観を正しく認識し、 価値観にあった行動を選ぶことは極めて重要。 なぜ価値観が大事? 44 最大のパフォーマンスを発揮するため ブースターであり・コンパスでもある

  45. クロのワークショップ 45 感情→思考→行動→結果 ▶行動のフェーズ 価値観 なぜ価値観が大事? 行動の根本にある「前提となる要素」 価値観からすべては始まっている。 アドラー心理学ではライフスタイルとも呼ぶ

  46. ①シーン設定・・・20% ②イメージ・・・50% ③言語化・・・30% 46 価値観を見つける流れ時間配分 ワークショップの実施

  47. ①シーン設定 47 人の価値観は6歳から12歳で決定するといわれている。 その期間が第一に焦点を当てる。 「その期間で最も喜びを感じたシーンはどこですか?」 思いつかなければほかの年代のシーンでも構いません。 「他にもありますか?」 複数出して見てその中から一つをクライアントと決定する 20% ワークショップの実施

  48. ②イメージ 48 シーンについて出来るだけ具体的にイメージと言語化してもらい そのシーンの中から最も心が動いた瞬間を切り取る コーチも同じようにイメージする。 「そのシーンの中から最も感情が動いたワンカットを写真に 切り取りたいのですがどんなワンカットになりますか?」 そのワンカットを出来るだけ具体的にする。 例「9回の裏でヒットを打ってボールが三遊間へ飛んでいく 客席には応援団がいて、その隣で母の歓喜の顔が映っている」

    「そのシーンが最も心が動いたワンカットですか?他に もありますか?」 そのシーンが最も心動いたシーンかを確認して精査する 50% ワークショップの実施
  49. ③言語化 49 「喜びを感じたのはあなたにどんな価値観があるからですか?」 「〇〇に喜びを感じるという言葉にするなら」 言語化の手伝いを「私は〇〇ではないかと感じました」とアイメッ セージを使って共に考える。 しっくりくる言語化ができるまで何度もクライアントと精査する。 ポイント:「結果・行動」の言葉を使いすぎない。 例:スイングすることに… 野球が好きだから…

    30% 言語化できたらそれを復唱してもらう、メモしてもらうなど 相手により残るように促しましょう。 仲間と共に積み上げた成果を最高な舞台で披露することに… 喜びを感じる。→だからスイングが楽しい、だから野球が好き ワークショップの実施
  50. 50 クライアント役 ワークショップの実施 役割 コーチ役 実際にセッションしてみましょう! グループセッションの進行 役割の決定(初回のみ) ↓ コーチ役がクライアント役に15分間のセッション

    ↓ 役割を交代 セッション15分を交互に
  51. 51 ▶注意事項 ・時間経過を運営メンバーからメッセージで連絡します。 ・困ったことがあればメインルームに戻ってきてください。 ・電波が悪い回線落ちたなどのトラブルの場合はもう一度zoomのリンクをクリックして参加し てきてください。 連絡 メッセージを使って進行の連絡 Kurosawaから皆さまへ:セッション交代してください セッションが終われば感想共有タイム

    5分(予定) 本日全体の感想をシェアしてください。 ワークショップの実施
  52. 10:00 〜 10:05 オープニング 10:05 〜 10:55 百太郎「人と関わり続けて20年の経 験から得た一つの答え」 10:55

    〜 11:05 休憩 11:05 〜 11:50 クロ「コーチングスキルを高める ワークショップ」 11:50 〜 11:55 感想共有タイム 11:55 〜 12:00 エンディング 本日のスケジュール
  53. ご参加いただき ありがとうございました。 アンケートのご協力を お願いします!