ソフトウェアテスト #TechLunch

ソフトウェアテスト #TechLunch

2012/03/07(水) @ Livesense TechLunch
発表者:塩足 拓也

E60aa4f80303f3f386898546ddb3686a?s=128

Livesense Inc.

April 23, 2014
Tweet

Transcript

  1. ソフトウェアテスト Takuya Shiotari 2012/3/7

  2. 目的 テストの基本的な手法について身につける

  3. テストとは ×エラーがないことを示して行く過程 ×プログラムが意図された機能通りに正しく動作す ることを示すこと ×プログラムが思い通りに動くことの確信を作って 行く過程 エラーを見つけるつもりでプログラムを実 行する過程 定義

  4. 自己診断テスト 以下の仕様を満すテストケースを示しなさい。 入力ダイアログから3つの整数を読む。 この3つの値は、それぞれ三角形の3辺の長さをあ らわすものとする。 プログラムは、三角形が不等辺三角形、二等辺三 角形、正三角形のうちのどれであるかを示すメッ セージを表示する。

  5. 回答 1. 意味のある不等辺三角形を表すテストケースを持っているか。 2. 意味のある正三角形を表すテストケースを持っているか。 3. 意味のある二等辺三角形を表すテストケースを持っているか。 4. 意味のある二等辺三角形の場合に、2つの等辺を含む3種類の組合せすべてを試すことのできる少な くとも3つのテストケース

    5. 1つの辺がゼロの値をもつテストケースを持っているか。 6. 1つのへんが負の値を示すテストケースを持っているか。 7. ゼロより大きい3つの整数をもち、そのうちの2つの和がそれ以外の1つと等しいようなテストケースを 持っているか。 8. 7.において、1辺の長さが他の2辺の長さの和に等しいことを少なくとも3種類の順列のすべてに対して ためすことのできるテストケースをもっているか。 9. ゼロより大きな3つの整数のうち、2つの数の和がそれ以外の1つの数より小さくなるテストケースを 持っているか。 10. 9.において、少なくとも3種類の順列全てを考慮することのできるテストケースを持っているか。 11. すべての辺が0であるテストケースを持っているか。 12. 整数でない値をもつテストケースを少なくとも1つは持っているか。 13. 数値の個数が間違っていることをためすテストケースを少なくとも1つは持っているか。 14. それぞれのテストケースについて、入力の値に対して予想される出力を示したか。
  6. 自己診断テストの目的 • プログラム自体は簡単 • ただ、テストの難しさはそれに関係ない

  7. テスト技法の目的 全ての入力パターンを試すわけにはいかない • 三角形の例 コンピュータがとりうる全ての数の組み合わせは天文 学的数字 非現実的 省略しましょう!

  8. テスト技法の目的 テストを省略するとバグが出てしまう バグが出そうなところだけをもれなくテストする 効果的なテストケースを設計

  9. 設計手法の分類 ブラックボックス 同値分割 限界値分析 ホワイトボックス 命令網羅 条件判定網羅 条件網羅

  10. ホワイトボックステスト • 命令網羅 ◦ 全ての命令を実行 • 条件判定網羅 ◦ 全ての分岐を実行 •

    条件網羅 ◦ 複数条件で起こりうる真・偽の組合わせ経路を実行 プログラムの内部構造や論理を調査して、エ ラーを見つけること
  11. ブラックボックステスト プログラムの内部構造と動作に関知せずにエ ラーを見つけること • 同値分割 ◦ 入力値を意味のあるグループに分けて、それぞれの代 表値でテスト • 限界値分析

    ◦ 入力値を意味のあるグループに分けて、それぞれの境 界値でテスト
  12. None
  13. ソフトウェア・テストの原則 1. テストケースの必須条件は、予想される出力または結果を定義しておくことである 2. プログラマは自分自身のプログラムをテストしてはならない 3. プログラム開発グループは、自分たちのプログラムをテストしてはいけない 4. それぞれのテストの結果を完全に検査せよ 5.

    テストケースは、予想できる正しい入力条件ばかりでなく、予想しない誤った場合も考 えて書かなければならない 6. プログラムを調べるのに、それが意図されたようにうごくかどうかをみただけでは、なか ば成功したにすぎない。残りの半分は、意図されなかった動きをするかどうかを調べる ことである 7. プログラマが本当に使い捨てのものでない限り、そのテストケースも使い捨てにしては ならない 8. エラーは見つからないだろうという仮定のもとにテストの計画を立ててはいけない 9. プログラムのある部分でエラーがまだ存在している確率は、すでにその部分で見つ かったエラーの数に比例する 10. テストとは、非常に創造的であり、知的に挑戦しがいのある仕事である
  14. 人間によるテスト技法 • チェックリストによるコード検査 • グループのウォークスルー • 机上チェック • 仲間内の検討

  15. テスト手法 ホワイトボックス・テスト ブラックボックス・テスト

  16. ホワイトボックス・テスト プログラムの内部構造や論理を調査して、エ ラーを見つけること • プログラムが仕様と一致することを保証できない • 必要な経路が抜けていることを発見できない • データに依存するエラーは発見できない 全エラーを見つける

    徹底的な経路テスト 不可能
  17. ブラックボックス・テスト プログラムの内部構造と動作に関知せずにエ ラーを見つけること • プログラムに全くエラーがないことを保証することはでき ない • プログラム・テストの基本的な考え方には、経済学的な 見方が必要 全エラーを見つける

    徹底的な入力テスト 不可能