Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

EnebularMeetup_GoogleCalendar

 EnebularMeetup_GoogleCalendar

NearMugi

June 03, 2022
Tweet

More Decks by NearMugi

Other Decks in Technology

Transcript

  1. 定期的な予定をGoogleカレンダーへ 簡単に追加できる仕組みを作ってみた 2022.06.02 【オンライン】enebular developer meetup

  2. 自己紹介 NearMugi(ニアムギ) 普段はねこIoTLTで活動しています。 ねこ2匹飼っています。

  3. イントロ 今回は「定期的な予定をGoogleカレンダーへ 簡単に追加できる仕組みを作ってみた」お話で す

  4. イントロ 我が家では定期的な予定(例えば子どもの迎えの担当)を Googleカレンダーを使って家族で共有しています。

  5. イントロ そこで妻より・・・ ・Googleカレンダーの予定をコピーするのが面倒 ・簡単にコピーできる方法ない?

  6. イントロ 確かに手間がかかります ・コピーしたい予定をクリック ・複製を選択 ・日付を変更 ・保存

  7. イントロ 簡単に複製する機能はなさそうだったため、作ってみました

  8. 仕組みの概要 入力を簡単にするため、スプレッドシートにある情報を Googleカレンダーへ自動で反映させるようにしました 一つ一つ予定を入れるよりも楽!

  9. 仕組みの概要 ただ、スプレッドシートを開いて編集するのも手間なので AppSheetを使ってLINEから入力できるようにしています。

  10. 仕組みの概要 全体像はこんな感じです ① ② ③ ④ ①LINEからSpreadSheetへ ②Cronで定期的に取得 ③カレンダー情報と比較 ④カレンダーを更新

  11. Node-RED の部分 Node-REDのフローは以下の通りです。 1. Googleカレンダーの情報を取得 2. スプレッドシートの情報を取得 3. 差分(追加/更新/削除)を判別 4.

    Googleカレンダーへ反映
  12. Node-RED の部分 1. Googleカレンダーの情報を取得 Googleカレンダーへアクセスするノードがありませんでした・・ そのためPython + execノードで処理しています

  13. Node-RED の部分 (補足)Googleカレンダーにアクセスするソースについて 取得(Get)・追加(Insert)・更新(Update)・削除(Delete)を指定する テキストファイルを渡すと、いい感じに処理してくれるプログラムを用意しました 1文字目がG の場合は Googleカレンダーの情報をGetする

  14. Node-RED の部分 追加・更新・削除の場合 同じように1文字目が I の場合は追加 Uの場合は更新 Dの場合は削除 となります。

  15. Node-RED の部分 2. スプレッドシートの情報を取得 スプレッドシートはノードがあるので、簡単にデータを取得できます

  16. Node-RED の部分 3. 差分(追加/更新/削除)を判別 ここが一番の難関でした。 判別のルールは以下の通りです。 スプレッドシート : o ,

    Googleカレンダー : x -> 追加 スプレッドシート : o , Googleカレンダー : o(完全一致) -> スキップ スプレッドシート : o , Googleカレンダー : o(一部差分) -> 更新 スプレッドシート : x , Googleカレンダー : o -> 削除
  17. Node-RED の部分 比較できるようにGoogleカレンダーのデータと、スプレッドシートのデータを整形しま す 取得したGoogleカレンダーのデータ こんな感じに整形

  18. Node-RED の部分 どのように整形しているかというと、splitノードで1行ずつ読み、jsonata形式でコネコ ネしてファイルに出力しています

  19. Node-RED の部分 スプレッドシートのデータも同様に整形していきます 取得したスプレッドシートのデータ こんな感じに整形

  20. Node-RED の部分 Googleカレンダーと違い、1行目がヘッダーであること、途中に空白行があることに注 意して整形します。 取得したデータ スプレッドシート

  21. Node-RED の部分 整形の考え方はGoogleカレンダーとやり方は同じです ヘッダーや空白行はスキップします

  22. Node-RED の部分 データの形式は揃ったのであとは比較するだけです。

  23. Node-RED の部分 整形のときと同じようにsplitノードやchangeノードで比較・・・ したかったのですが断念しました・・・ 日付のあり/なしで追加と削除は出来そうかなと思ったのですが 更新を判定するには他の項目(summaryなど)もチェックするので お手上げでした。

  24. Node-RED の部分 そのため、比較用のプログラムを用意して解決しました Pythonでは素直に出来ました

  25. Node-RED の部分 4. Googleカレンダーへ反映 すでに材料と道具が揃っています。比較した結果をプログラムに渡してあげればOKです。

  26. まとめ ・データの読み込み・比較・書き込みといったお勉強のようなシステム  作りでした。 ・Googleカレンダーのノードがあるといいな。。 以上となります。 ご清聴ありがとうございました。