Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

goodbye-python-repl

 goodbye-python-repl

4861686276b2f990387eaef28b099db0?s=128

Niyarin

July 19, 2020
Tweet

Transcript

  1. goodbye-python-repl Niyarin

  2. 電卓代わりのPython REPL ・S式ユーザでも電卓的に立ち上げているのはたまに見る ・私もよくやる 1

  3. 複雑なことは慣れたツールが良い ・Pythonの関数は少し苦手 末尾再帰されない (今は改善されたかもしれないが) 3系のmapが残念 (一回イテレートが必要。電卓としては面倒) ・letが欲しい 「電卓部はPython(風?)で良いけど、それ以外はSchemeでやりたい」 → Py的なsyntax

    と S式との共存 or syntax 切り替え 2
  4. SRFIを使う? (SRFI 49) SRFI 49 → S式と共存できるインデントで構造を作るsyntaxの提供 「インデントがいるような長い式はSchemeでやるので.. それよりかは、中置記法が欲しい」 define

    (fac x) if (= x 0) 1 * x fac (- x 1) 3
  5. SRFIを使う? (SRFI 105) SRFI 105 → {}内で中置記法とf(x)形式の記述ができるsyntaxの提供 {n > 5}

    ;(> n 5) {a + b + c} ;(+ a b c) {cons(1 2)} ;(cons 1 2) 4
  6. SRFI 105は一見良さげだが. ・SRFI 105は中間に置いた手続きをただ頭に置くだけ ・演算子の混合は自力で評価する手続きor syntaxを書く必要がある (演算子の順序の解決もユーザーまかせ) → $nfx$をユーザが定義する必要がある {1 cons

    2} ;(cons 1 2) {+(1 2)};(+ 1 2) {1 + 2 * 3};($nfx$ 1 + 2 * 3) 5
  7. SRFI 105は一見良さげだが. ・{}というprefixを書くのが電卓として面倒である ・+-*/の間に空白が要求されているのも良くない (もちろんこれらはただの手続き(シンボル)なのでデリミタが必要) {1 + 2} 6

  8. ・REPLを交換可能なリーダーを作って実装する ・当初はこの計画だった 自前のPython風readerを作る? 7 (let loop () (eval (switchable-read)) (loop))

    通常のScheme reader (read手続き) Python風 Scheme reader 何らかのトリガーで切り替える (例:特定のシンボルが打ち込まれた時 )
  9. Hyってやつはどうなんだ? ・S式→ Python ASTな言語 ・欲しいのはSchemeなので次点候補として ・どうやってhyからreplを呼ぶのか分からなかった(できそうだけど) ・あるいは read関数+eval関数か (同じ環境でevalできるかは不明) →

    あとでしらべる。 8
  10. goodbye-python-repl (今回作ったもの) ・python replからgoodbye-replするとGaucheに移動する 9

  11. やっていること ・仕組み自体はとても簡単 単純にオブジェクト変換して、中で立ち上げたGaucheに渡す ・実際は、Gaucheの-eオプションにdefineで包んで渡している (電卓程度なので、簡単なものしか変換できないけど) Python object [1,2,3] Scheme object

    (1 2 3) ['gosh', '-e', '(begin (import (scheme repl)(scheme base)(srfi 69))(define a `( 1 2 3)))'] 10
  12. リテラルで表現できないものの扱い ・ハッシュテーブル (scheme hash-table) or (srfi 69) or (srfi 125)

    の例 quasiquoteでうまくリテラル部に挿入する ・辞書in辞書やリストinリストでもうごく(はず)。 [1 , {“a”:2,”b”:3}] `(1 ,(alist->hash-table `((“a” . b) (“b” . 3)))) 11
  13. ちゃんと変換するなら (実装したのは、list,dict,string,int,float,boolとかぐらいだけど) list,range→ list dict → (scheme hash) set →

    (scheme set) tuple → vector or (scheme ilist) or (scheme rlist) bytearray → bytevector file → file オブジェクト → record or (scheme hash) 12
  14. 目を背けている場所 ・関数 ・最悪、pyバイトコード → Scheme すればできるが... ・py関数オブジェクトを良さげなデシリアライズツールとかあるのかな? ・ポインタの問題 a = [1,2,3]

    b = a を変換するとScheme処理系によってはa,bは別の位置を指すことがある 13
  15. see-you-python-replもやろうと思えばできる good-bye-python-replは行きっぱなしなので... ・Scheme → Python object をやるだけ もう少し工夫するなら、 2度目のREPL突入時、1度目のREPLを落とさず、上書きする機構をつける →

    定義した 補助関数とか消えなくて済む そもそも中間式、S式を頻繁にスイッチするなら、リーダースイッチ方式にするべき (7Pのやつ) 14
  16. おしまい/感想 ・小ネタとして考えていただけなのでジョークツール程度の出来だった 期待はできません ・Scheme → python FFI ってどうなのかな オブジェクトの変換とかやっていて思っただけ 15