Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

育休で半年間開発リーダーが居なくなる!? 残されたメンバーのチームビルディング

F4d27b642da2867b9d63c42c76ca7ccc?s=47 pokotyamu
June 18, 2022

育休で半年間開発リーダーが居なくなる!? 残されたメンバーのチームビルディング

スクフェス大阪 2022 福岡トラック 13:25 ~ 13:45 の発表です。

F4d27b642da2867b9d63c42c76ca7ccc?s=128

pokotyamu

June 18, 2022
Tweet

More Decks by pokotyamu

Other Decks in Business

Transcript

  1. 2022/06/18 スクフェス⼤阪 福岡トラック 13:25 ~ 13:45 @pokotyamu 育休で半年間開発リーダーが居なくなる!? 残されたメンバーのチームビルディング

  2. ⾃⼰紹介 2 冨⽥ 英祐(えーちゃん) @pokotyamu ふりかえりお兄さん / 認定スクラムマスター 1991年⽣まれ、福岡県福岡市出⾝の30歳 九州⼯業⼤学の⼤学院卒

    株式会社フィードフォース新卒7年⽬ Rails エンジニア兼・アジャイル推進室室⻑ 好きなこと カメラ(Sony) / 野球観戦(ホークス) / スヌーピー
  3. 福岡よいとこ⼀度はおいで 3

  4. 株式会社フィードフォースの紹介 4 B2Bマーケティング ⽀援サービスを 複数展開しています

  5. アジャイル推進室の活動 5 個別コーチング 1on1 の⽀援 (スクラム)チームの お悩み相談 社内にいい感じのチームを 増やしていきたい!!!

  6. アジャイル推進室の活動 6 個別コーチング 1on1 の⽀援 (スクラム)チームの お悩み相談 今回はこっちの話

  7. 登場⼈物: 今回の⽀援先チーム 7 フロントエンド 開発リーダー 直近3ヶ⽉組 古株 業務委託

  8. 8 半年、育休取ります! フロントエンド 開発リーダー

  9. 育休中のチーム構成 9 直近3ヶ⽉組 古株 業務委託

  10. 10 誰にどこまで お願いしよう… レビューフロー どうすれば… 負担が 偏りそう…

  11. いい感じのチームにしていくには どうしたらいいだろ… 11

  12. ちょうど RSGT 2022でいい話を聞いた 12 「いい感じのチーム」へのジャーニー / @yohhatu 出典: https://www.docswell.com/s/yohhatu/5YE47Z-journey-to-goodteam

  13. このチームにとっての 北極星とコンパスを考えてみた 13

  14. リーダーがチームに戻ってきた時に どんなチームになっててほしいか? 14

  15. 15 半年間のロードマップ作り

  16. ざっくりとチームの⽅向性(コンパス)を設定 16

  17. 期待値調整のためのドラッカー⾵エクササイズ 17 ࣗ෼͸Կ͕ಘҙͳͷ͔ ࣗ෼͸Ͳ͏͍͏;͏ʹ࢓ࣄΛ͢Δ͔ʁ ࣗ෼͕େ੾ʹࢥ͏Ձ஋͸ͳʹ͔ʁ νʔϜϝϯόʔ͸ɺࣗ෼ʹͲΜͳ੒ՌΛظ଴͍ͯ͠Δͱࢥ͍ͬͯΔ͔ʁ ͦͷਓʹͲΜͳ੒ՌΛظ଴͍ͯ͠·͔͢ʁ GSPN։ൃϦʔμʔ 5 つの設問について話し合う

  18. 期待値調整のためのドラッカー⾵エクササイズ 18 ࣗ෼͸Կ͕ಘҙͳͷ͔ ࣗ෼͸Ͳ͏͍͏;͏ʹ࢓ࣄΛ͢Δ͔ʁ ࣗ෼͕େ੾ʹࢥ͏Ձ஋͸ͳʹ͔ʁ νʔϜϝϯόʔ͸ɺࣗ෼ʹͲΜͳ੒ՌΛظ଴͍ͯ͠Δͱࢥ͍ͬͯΔ͔ʁ ͦͷਓʹͲΜͳ੒ՌΛظ଴͍ͯ͠·͔͢ʁ GSPN։ൃϦʔμʔ 5 つの設問について話し合う

    お互いのこと詳しくないので あなたはどんな⼈?から始めた
  19. 4つの不安に対して⼈となりを知っているか?は重要 19 無知と 思われる 不安 無能と 思われる 不安 ネガティブ と思われる

    不安 邪魔 していると 思われる 不安 「こいつ何もわかってな い、何も知らない」 「俺の貴重な時間を取り やがって」 「こいつ全然できない、 何も任せらんないな」 「いつもグジグジ⾔いや がって」 出典: Building a psychologically safe workplace | Amy Edmondson | TEDxHGSE
  20. 普段の開発はモブプロベース 20 みんなでレビュー 歴史的経緯説明 開発の知⾒共有

  21. モブプロのあとにファイブフィンガーでふりかえり 21 歴史的経緯説明 開発の知⾒共有 休憩短かった〜 開発の知⾒共有 できた! ナビゲーターむずい 🖐 🤟

    ✌ 🖐
  22. ファイブフィンガーの効能 22 とっても上⼿くやれている 上⼿くやれてる感触あり 可もなく不可もなく 不安は少しある 全然ダメ、絶望的 ⼈間は絶対評価より、相対評価が得意 絵⽂字や数字に置き換えることで、お気持ち表明のハードルを下げる

  23. スプリント終わりに「熱気球」でふりかえり 23 ロードマップに近づけているか 定点観測を⾏う

  24. 時々、ふりかえりのやり⽅を変えてみる 24 象 死んだ⿂ 嘔吐 みんなが⾒てみぬ ふりをしている問題 今は放置しているが 放おっておくと 問題が発⽣しそうなもの

    ⾊々遠慮して ⾔えないこと 問題に向き合う時間を 意図的に取ってみた
  25. ‒ メンバーの⽇報 “普段⾔えないような問題点にフォーカスした⼿法ということで、 地獄のような議論の場になるかと思っていたが、 終始なごやかでメンバー全員が⾊々と 思っていることを⾔える場になった” 25

  26. ふりかえりが嫌にならない⼯夫 26 軽い話題 重い話題 たまにやる 頻繁にやる 熱気球 象、死んだ⿂、嘔吐 ファイブフィンガー ふりかえりを

    使い分ける
  27. ⼩さい1歩のカイゼンが 次の楽しさにつながる 27

  28. ありたい姿(ロードマップ)を決めた効能 28 ふりかえりによる 軌道修正が⾮常に楽だった ありたい姿 ふりかえり ふりかえり ふりかえり ふりかえり ふりかえり

    ふりかえり ふりかえり
  29. 29 開発ペースも落とすことなく 機能リリース!!

  30. 結局何をやっていたか? 30 透明性 検査 適応 スクラムの「経験主義」 の三本柱に従って動いた

  31. 学びの循環が⽣まれる 31 ⾃分の環境 コミュニティー インプット アウトプット

  32. 特にスクフェス系は Discord でワイワイしている 32 X

  33. 何か1つ 週明けに試してみよう! 33

  34. 聞いた話と⾃分たちを⽐較する 34 チーム構成 ビジネス状況 スキルセット 価値観

  35. ちょっとずつ社内の仲間をコミュニティに誘う 35 もし興味あれば スクフェス⼤阪参加します? ええええ! めっちゃ興味あります!

  36. すでにめっちゃ楽しそうにしてて最⾼!!!!!! 36

  37. 37 仲間が増えることで 動かせる世界が⼤きくなるはず!

  38. まとめ 38 ありたい姿を決めるチームビルディング ふりかえりによる軌道修正の⼤切さ コミュニティとのつながりの⼤事さ

  39. ぜひぜひ懇親会で話しましょう! スクフェス福岡(2023.3.3~4)もお楽しみに! 39