社内勉強会の作り方(2) 〜続けるための10のこと〜

8db3c91c8b3d3e5686f62fbf43c303dd?s=47 Tatsuya Sato
October 07, 2016

社内勉強会の作り方(2) 〜続けるための10のこと〜

2016年10月7日 DevLove関西 「社内勉強会を続けるコツ」での発表資料。
https://devlove-kansai.doorkeeper.jp/events/51876

8db3c91c8b3d3e5686f62fbf43c303dd?s=128

Tatsuya Sato

October 07, 2016
Tweet

Transcript

  1. 社内勉強会の作り方(2) 〜続けるための10のこと〜 Oct/07/2016 Tatsuya Sato Corporate IT Department, Rakuten, Inc.

    http://www.rakuten.co.jp/
  2. 2 宣伝

  3. 3 大阪サテライト、やります! Register! http://tech.rakuten.co.jp/

  4. 4 http://plaza.rakuten.co.jp/rakutentech/

  5. 5 エンジニアの採用、やってます http://corp.rakuten.co.jp/careers/engineering/

  6. 6 本題の前に 自己 紹介

  7. 7 佐藤 竜也 さとう たつや @satoryu 楽天株式会社 コーポレート情報技術部 2009年新卒入社(7年目)

  8. 8 お仕事 • いわゆる情シス • でも、RubyやRailsで内製してます。 – ごく一部ですが

  9. 9 プライベートな活動 • OSS Gate – OSS 開発者を増やすため、なりたい人の初め てのコントリビューションをサポートするコミュニ ティ

    – 2ヶ月に1度、最終土曜日に開催 • 現在、東京と札幌 – https://oss-gate.github.io/
  10. 10 続けることが何かを変える。 • 新しいことを始めると、はじめは色々言わ れる。 • 真面目に続けると何かが変わる。 • 続けなければ変わらない。

  11. 11 ここから聞いてください 本題

  12. 12 社内勉強会やってま…した • 2011年10月 から4年間 • 最初から携わってたのは自分ひとり

  13. 13 過去にこんな記事書きました。 https://satoryu-diary.herokuapp.com/20140403.html

  14. 14 で、LTもやりました。 http://www.slideshare.net/satoryu/20141024-rtcpreevent2014-tatssato-40689454

  15. 15 どんな内容? • 運営でぶちあたる辛い状況のメンタル面で の対応の話

  16. 16 期待しすぎて絶望する場面が多数 絶望 絶望 絶望 絶望 絶望 絶望 絶望 絶望

    絶望
  17. 17 絶望の 簡単な乗り越え方

  18. 18 何においても 期待しない

  19. 19 最後の希望 同じ想いを持つ仲間 を見つける。

  20. 20 今日の話 • 運営を継続するときのコツ • 約4年間の中で生き残った10こを紹介 – たまたま自分の場合は役に立っただけかも – でも、何かのアイデアのヒントになれば

  21. 21 継続で気を使うこと • 運営を大きくわけると3つ – コンテンツ – 集客 – 総務

    • それぞれでかかるコストを低くしないと続か ない
  22. 1. 開催日を固定する

  23. 23 開催日を固定する • ”毎月第2 水曜日は勉強会” のような感じ • 運営が場所を確保しやすい • 参加者も予め先の予定を空けやすい。

  24. 2. 昼休みに開催

  25. 25 昼休みに開催 • 業務後は参加しづらい人が多い – 早く帰りたい人が多い – 仕事が遅くまでかかる – 歓送迎会がある。

    • 昼休みは抜け出しやすい – 毎日誰でも取ってるので理由として完璧 – 勉強会がつまらなかったらランチに行けばいい
  26. 26 良い例 不定期 水曜昼 12時

  27. 3. サクラを用意する

  28. 28 サクラを用意する • はじめのうちは講演者は集まってこない。 • なので、お願いしまくる。 • けど、「お願いした」は言わない。

  29. 4. アナウンスは常に対象者全員に

  30. 30 アナウンスは常に対象者全員に • 「知らなかった」の不公平感を無くす。 • 弊社の場合、全エンジニアが入っている メーリングリストがあったのでそれを利用 • 運営負荷が増える原因になるかも

  31. 5. 雑務は全部やる

  32. 32 雑務は全部やる • 講演者には講演にのみ集中してもらう。 • 理想は、当日来て話してもらうだけ。

  33. 6. でも、無理はしない

  34. 34 でも、無理はしない • 出来ない約束はしない。 – 謝礼? – 地方拠点へのリモート接続? – 何かよくわからないデバイスを使いたい?

    • とはいえ、出来ることは増やしたい。 • チャレンジは1回につき最大1つまで。 – 失敗しても「ゴメンナサイ」で許される範囲
  35. 7. 業務としてやらない

  36. 36 業務としてやらない • 業務としてやるリスクがある。 – 予算削減対象 – 活動報告のコスト – 「それ、あなたの仕事のことでしょ?」

    • もちろん、経営層にスポンサーがいれば業 務としてやっても良さそう。 – 自分はやらなかったけど
  37. 8. 社内の文脈を忘れない

  38. 38 社内の文脈を忘れない • 社外から講演者を呼ぶ場合、社内からも講 演者を出す。 – 社外からは「専門家」、社内からは「すぐ聞ける 人」 • 「それ、ウチじゃあねぇ」と思わせないように

    社内の文脈につなげる。
  39. 9. 自分のものにしない

  40. 40 自分のものにしない • これは個人的なポリシー • 「私の勉強会」とは言わない。 • モットーを大切に。 – 主役は、スピーカーと参加者、つまり社員。

  41. 10. やらない

  42. 42 やらない • 時にはやらない。 • 昨年11月に無期限活動休止宣言 – 理由: つかれた。

  43. 43 やらない • やらなくても良かった。 • 知らない人が勝手にTech Talkという名前で やってくれた。 • 落ち着いて勉強会に参加できるようになっ

    た。
  44. 最後に

  45. 45 モットーをもっと持とう • うまくいかないと「何のためにやっているの か?」にぶち当たる。 • モットー(コンセプト)を持とう。 – 例: 社員による社員のための社員の勉強会

    • 一度決めると、判断がしやすくなる。 – モットーに合わないからやめる、など。 • モットーを見直すのも大切
  46. 本当に最後 心を支えてくれた言葉を紹介

  47. 47 Uncharted roads • 地図にない道 • 社内勉強会の運営はそれぞれの社内の文 化に依存 • なので、皆さんがこれから通る道は皆さん

    それぞれ
  48. 48 これでおしまい 一寸先は闇。 未知への挑戦に道はない。 キツネ様は教えてくれた。 「道が無ければ作ればいいさ」 - BABYMETAL LEGEND 2015

    〜 New Year Fox Festival