WooCommerce による EC サイトの 新しいカタチ

WooCommerce による EC サイトの 新しいカタチ

Fukuoka WooCommerce Meetup with PayPal & Snow Monkey 第一回【西日本番外編】ビジネスパーソン向け

677e512c803c40c0180d4514f876a21f?s=128

Shohei Tanaka

July 09, 2019
Tweet

Transcript

  1. WooCommerce に よる EC サイトの 新しいカタチ WooCommerce Meetup Fukuoka #1

    2019/07/09
  2. HELLO! I am Shohei Tanaka I am here because I

    love to give presentations. You can find me at @tshowhey 2
  3. 3 今世界で利用されている2大オープンソース・ソフトウェア

  4. 4 経済産業省 : 電子商取引に関する市場調査 https://www.meti.go.jp/press/2019/05/20190516002/20190516002.html EC市場は堅調な伸び 一般経済研究では25%までは 行くと言われている。 アメリカはすでに10%近い。

  5. INSTRUCTIONS FOR THIS SESSION 1. EC サイトを作る前の準備  WordPress のサイト構築者はコンテンツサイト や企業サイトを構築経験者が多くいらっしゃいま

    すが、EC サイトを作ったことのない方が多く、 EC サイトは難しいと思われる方が多いのですが、コ ンテンツサイトなどを作るときと一緒で、要処を抑 えたら比較的簡単に構築できます。  時間の掛かる新たな特別な知識や技術はそこ まで要りません。  要は何のためのサイトかということを意識 でき れば様々な見え方や解決方法が見えてきます。 2. 準備を元に実際に構築する  準備において必要だった機能を実装していきま す。出来る限り既存の仕組みと公式の仕組みを 使ったほうが良いです。 More info on how to use this template at www.slidescarnival.com/help-use-presentation-template This template is free to use under Creative Commons Attribution license. You can keep the Credits slide or mention SlidesCarnival and other resources used in a slide footer. 5
  6. 1. EC サイトを作る前 の準備 EC サイトのために 必要なものと何のた めに必要なのかを 考える。

  7. “ アマゾンの企業理念 地球上で最もお客様を 大切にする企業 7

  8. 8 Customers Shop Developer Supplier Payment Shipment EC に関わる全体的に重要な物を考える

  9. 9 Customers Shop Developer Supplier Payment Shipment システムを考えるために必要な要素を考える。

  10. まずは商品(サービス)を購入してもらう のに必要なことを洗い出す。 ▸ 商品の流通(物流を考える) ▸ 商品提供までのリードタイム ▸ 支払い方法 ▸ 法的に必要な資格等の確認

    上記の部分で必要なものが揃っているかどうかを調査・確認する。 10
  11. セキュリティー& マーケティング 販売の仕組みと同じぐらい大事な事 11

  12. セキュリティー 個人情報を取り扱うために慎 重な対応が必要。 サイトが動けば良いでは決し てイケない。 運営者が意識するだけで、後の運用や運営がスムーズに行きます。 マーケティング サイトを作っただけでは人は やってこない。 本当に大事なのは作った後。

    ユーザーがスムーズに購入 できなければ売上は伸びな い。SEOも含む。 12
  13. 13 2. 準備を元に実際に構 築する WooCommerceで 出来ないことは ほぼないけど。。。

  14. WooCommerce でそもそもいいのか? クライアントの要望 マーケットの規模 将来的な成長性 14

  15. ECシステムには大き く3種類ある ASP MALL OSS 15

  16. クライアントの状況や要望と マーケットに合わせてツールは選ぶべき ❏ 保守運営が(独自で)出来る ❏ 販売方法を複雑にしたい ❏ コンテンツの多いECサイトにしたい ❏ 売上をしっかり上げたい

    ❏ 将来的に自由度の高いシステムにしたい 16
  17. 5 orders 一秒間に可能な処理数 5,000 user login 同時にログイン可能なユーザー数 18,000 orders 一時間に可能な処理数

    17 ※サーバースペックを最大限にカスタマイズする必要があります。
  18. WooCommerce で開発する時に決めること。 Themes  Storefront がデフォルト テーマとして存在。  準拠しているテーマを利用 するなどを選ぶ。   SnowMonkey など日本製

    作者のテーマも増えていま す。  独自で作ることも可能。 Extension Plugins  拡張プラグインは多数ありま す。  公式サイトでも約 300 の拡 張プラグインがある。  WordPress.org 内でも WooCommerce で検索する と6,000近いプラグインが存 在。 Customise  様々な filter hook や action hook を活用すること で、デザインカスタマイズか ら機能カスタマイズが出来ま す。  テーマのfunctions.phpに 追加するよりも、機能用の独 自プラグインを作成した方が 管理はしやすい。 18
  19. 導入時に大事なのは決済 クレジット決済 現在、ネットショップの 半数以上の決済手段と して定着。 銀行振込 クレジットカードを持って いない人やクレジット カードを利用するのが 怖いという人。

    後払い決済 購入後に支払いたいと いう層が一定数いる。 代引きなどでも構わな いが注文時に決済した くない人。 19 希望する支払い方法がないと購入に至らないケースも。
  20. 今の EC の流れ スマホファースト 20

  21. 今の EC の流れ キャッシュレスとロ グインレス 21

  22. THANKS! Any questions? You can find me at @tshowhey &

    cs@artws.info 22