Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

内製化をネクストステージへ〜クラスメソッドのSaaSソリューション〜

 内製化をネクストステージへ〜クラスメソッドのSaaSソリューション〜

2021年10月5日に開催されたDevelopersIO 2021 Decade Day 1で、「内製化をネクストステージへ〜クラスメソッドのSaaSソリューション〜」という話をしました。

164a161443835d8479c19d33241cab2a?s=128

smokeymonkey

October 05, 2021
Tweet

Transcript

  1. 内製化をネクストステージへ 〜クラスメソッドのSaaSソリューション〜 2021/10/5 アライアンス統括部 佐々⽊ ⼤輔

  2. 7⽉1⽇ PR

  3. 今⽇お話すること • なぜクラスメソッドがSaaSソリューションを提 供するのか • SaaSソリューションとして何を提供するのか • 私が思い描く未来

  4. 今⽇お話すること ⾃⼰紹介 •佐々⽊⼤輔 • クラスメソッド株式会社 • 取締役 / アライアンス統括部 部⻑

    • 北海道江別市在住 • インフラエンジニア出⾝ • 趣味︓筋トレ、ランニング、サウナ
  5. なぜクラスメソッドがSaaSソリューションを提供するのか

  6. クラスメソッドの経営理念 オープンな発想と⾼い技術⼒により、 すべての⼈々の創造活動に貢献し続ける

  7. クラスメソッドの経営理念 オープンな発想と⾼い技術⼒により、 すべての⼈々の創造活動に貢献し続ける ︖

  8. 創造活動に貢献するとは 創造活動 ↓ ⼈々がやりたいこと 企業の本来事業 貢献 ↓ やりたいことの阻害要因を排除

  9. 阻害要因とは 阻害要因 ↓ やり⽅がわからない やる⼈がいない やる時間がない ノウハウがない 他にやることがある

  10. 排除するために提供できる⼿段とは 排除するために提供できる⼿段 ↓ • サービスやソリューションの提供 • 技術⽀援(コンサル、サポート等) • 内製化⽀援 •

    技術ブログによる情報発信
  11. つまり… お客様が本来やりたい事業に 注⼒できるように それを阻害する全ての要因を 排除すること ↓ 創造活動に貢献 ︕

  12. そのためにクラスメソッドが選んだビジネスパートナー

  13. AWS様との協業により⾏った創造活動への貢献 • 2015年7⽉から2021年6⽉まで、AWS事業責任 者として従事 • AWSを活⽤したサービスやソリューションを数 多くリリースしお客様にご提供 • 2,600社以上のお客様をご⽀援 •

    更に創造活動に貢献するために…
  14. 2021年6⽉を持ってAWS事業責任者を引退

  15. 2021年7⽉より新規事業を起ち上げ

  16. なぜクラスメソッドがSaaSソリューションを提供するのか l近年、パブリッククラウドベンダがISVベン ダーへの⽀援を強化

  17. AWSによるISVベンダー⽀援(テクノロジーパートナー制度)

  18. AWSによるISVベンダー⽀援(AWS SaaS Boost)

  19. なぜクラスメソッドがSaaSソリューションを提供するのか l近年、パブリッククラウドベンダがISVベン ダーへの⽀援を強化 l結果、多くのISVベンダーが lパブリッククラウドと組み合わせたり、 lパブリッククラウドの機能を補完する lプロダクトをリリース

  20. そして、クラスメソッドがやるべきことは お客様の創造活動へ貢献するために 顧客の課題解決に最適な⽀援を⾏うこと

  21. なぜクラスメソッドがSaaSソリューションを提供するのか AWSだけでなく ISVベンダーのプロダクトを お客様の課題に合わせて ご提供することは 創造活動への貢献になる

  22. なにを提供するのか

  23. 提供するSaaSソリューション • MDS (Modern Data Stack) • Jamstack (Webコンテンツ配信) •

    セキュリティ • カオスエンジニアリング • クラウドコールセンター • ゲーム開発の効率化/⾼速化 • 中国のでのサービス提供
  24. ソリューションが 提供する価値 お客様が抱える課題 MDS (Modern Data Stack) ⾊々なサービスから データを集めたいが、 それぞれAPIの仕様の

    違いなどがあり、まと めるのが⼤変 いろいろなサービスを 使⽤しているが、各 サービスごとのダッ シュボードを確認する のが⼤変 サービス標準のレポー ト機能やダッシュボー ドだと組み合わせ可能 なデータに制約があり、 ⾒たい指標を確認でき ない 多くのサービスに対応 したコネクタで効率よ くデータを集積 集約されたデータによ り統⼀したダッシュ ボードで確認 各種サービスのデータ をクラウドDWHに集約 し⾃由に組み合わせる ことで様々な指標から 分析
  25. MDS (Modern Data Stack)

  26. ソリューションが 提供する価値 お客様が抱える課題 Jamstack (Webコンテンツ配信) Webサイトに多数のア クセスがある結果、表 ⽰が遅い レガシーなCMSを使っ ており、チューニング

    が⼤変 画像や動画などのリッ チコンテンツが多く、 それらの表⽰に時間が かかる グローバルに配置され たキャッシュサーバを 使いコンテンツを最適 に配信 集約されたデータによ り統⼀したダッシュ ボードで確認。 リッチコンテンツのサ イズ最適化により⾼速 に表⽰。
  27. ソリューションが 提供する価値 お客様が抱える課題 セキュリティ(1) 多要素認証を簡 単に導⼊したい ログの管理と分 析を⾏いたい Webアプリケー ションを悪意あ

    る攻撃から防ぎ たい ログの管理と分 析を⾏いたい 多要素認証を簡 単に実現。アプ リケーションへ の組み込みも簡 単 膨⼤なログも迅 速に分析可能 WAF運⽤が楽、 新たな脆弱税に も迅速に対応 プロフェッショ ナルエンジニア による⼿動脆弱 性診断を実施
  28. ソリューションが 提供する価値 お客様が抱える課題 セキュリティ(2) ノードをマルチ ウェアから保護 したい 設計や設定のミ スを常時回避し たい

    コンテナアプリ ケーションを保 護したい GDPRに対応した い ノードにセキュ リティ保護を導 ⼊ 設計ミスや運⽤ 時の設定ミスを 検知し通知 コンテナにもセ キュリティ保護 を導⼊ Webサービスを 簡単にGDPR対応
  29. ソリューションが 提供する価値 お客様が抱える課題 システム障害対策(カオスエンジニアリング) 開発したシステムに擬 似的な障害を起こし、 障害への耐性を⾼めた い システム更新やアップ デートがあるたびに障

    害試験を繰り返し実施 したい 障害で発⽣した状況を モニタリングし分析し たい 疑似的な障害のシナリ オを作成し実⾏ 負荷試験の⾃動化や定 期実⾏を実現 障害発⽣時の負荷状況 をモニタリング
  30. ソリューションが 提供する価値 お客様が抱える課題 クラウドコールセンター コールセンターの新設 や移転が⼤変でコスト がかかる コロナ禍で多くのオペ レーターが在宅となり、 リモートで使える問い

    合わせ管理が必要 コールセンターではな くコンタクトセンター として電話以外の受付 もしたい コールセンターのクラ ウド化、⼩規模から⼤ 規模まで容易に準備可 能 問い合わせ管理システ ム、ボット連携、FAQ などを簡単に構築 ⾳声通話だけで無くビ デオやメッセージング サービスなどでも受付 可能
  31. ソリューションが 提供する価値 お客様が抱える課題 開発の⾼速化/効率化 開発機材について、開 発委託会社への貸出、 廃棄、修理など、ハー ドウェア管理が⼤変 ゲーム開発で共通的に 必要な機能を全てスク

    ラッチで開発すると無 駄なコストがかかる ローカル環境でビルド すると機材が占有され たり、負荷が⾼くなり 他の処理ができなくな る クラウド上で開発する ため機材の管理が不要 ゲーム開発で共通的な 機能をサービスとして 利⽤することで、開発 時間短縮がイニシャル コスト軽減 クラウド上でビルドす るためローカル環境に 影響がなく、コストも 軽減
  32. ソリューションが 提供する価値 お客様が抱える課題 中国でのサービス提供 中国でサービス提供するためには、 グローバルとは別に中国独⾃の環境 が必要だが、その環境がない 中国独⾃のデータ保護法に関する知 ⾒が無い AWSが中国向けに提供しているChina

    リージョンを利⽤することで、中国 でサービス提供が可能 中国の国際データ通信ライセンスを 保有する通信業者を利⽤することで、 グレートファイアウォールに悩まさ れることなく、中国でサービスが提 供可能
  33. 私が思い描く未来

  34. クラスメソッドの経営理念 オープンな発想と⾼い技術⼒により、 すべての⼈々の創造活動に貢献し続ける

  35. それはつまり… お客様が本来やりたいビジネスに 注⼒できるように それを阻害する全ての要因を 排除すること

  36. 私は⾯倒くさいことが⼤嫌いです

  37. ⾯倒くさいこと≠やりたくないこと ↓ やるべきことだけど ⼿間がかかったり 時間がかかったり 無駄が多かったり すること

  38. 誰かが⾯倒くさいと思うことは きっと他の誰かも思ったこと

  39. ⾞輪の再発明をするのではなく 既にある策を活⽤することで 解決できる「⾯倒くさい」はたくさんある

  40. 既にある解決策=SaaSソリューションを 多くのお客様に提供することで お客様の「⾯倒くさい」を駆逐したい

  41. まだ無い解決策は⾃分たちで作って 多くのお客様に提供することで お客様の「⾯倒くさい」を駆逐したい

  42. 誰もが やりたいことや やるべきことに 注⼒できる世界にしたい

  43. すべての⼈々の 創造活動に 貢献し続けたい

  44. None
  45. セッション後は、チャット欄のURL、または下記QRコードより アンケートへのご協力をお願いいたします。 SNS投稿にはこちらをお使いください:#devio2021 https://forms.gle/UQxgJyrGBLu3NAyU9 16:20-16:50 「内製化をネクストステージへ 〜クラスメソッドのSaaSソリューション〜」 Q&A Q&A