完全テレワークを実現した企業のカルチャーを支える Slack 活用実践事例

164a161443835d8479c19d33241cab2a?s=47 smokeymonkey
August 05, 2020

完全テレワークを実現した企業のカルチャーを支える Slack 活用実践事例

2020年8月6日(水)に開催された『Why Slack?導入事例紹介セッションウェビナー「Slack で実現するニューノーマル」』の登壇資料。

164a161443835d8479c19d33241cab2a?s=128

smokeymonkey

August 05, 2020
Tweet

Transcript

  1. 完全テレワークを実現した企業の カルチャーを⽀えるSlack活⽤実践事例 2020/8/5 Why Slack? 導⼊事例紹介セッション ウェビナー クラスメソッド株式会社 取締役 佐々⽊⼤輔

    1
  2. ⾃⼰紹介 •佐々⽊⼤輔 • クラスメソッド株式会社 • 取締役 / AWS事業本部 本部⻑ •

    北海道江別市在住 • インフラエンジニア出⾝ • 趣味︓筋トレ、ランニング、サウナ 2
  3. 3 会社概要 代表者 設 ⽴ 本 社 拠 点 資本⾦

    従業員 横⽥ 聡 2004年7⽉7⽇ 東京都千代⽥区神⽥佐久間町1丁⽬ 11番地 産報佐久間ビル8階 東京、札幌、⼤阪、福岡、上越、沖 縄 ベルリン、バンクーバー等 1億円 400名(2020年3⽉) 事業内容 関連会社 認定 • クラウド(AWS)に関するコンサルティング、設計、構築、運⽤ • ビッグデータ分析基盤に関するコンサルティング、設計、構築、運⽤ • モバイルアプリケーションに関する企画、デザイン、開発、運営 • オムニチャネル基盤構築サービス「カスタマーストーリー」の企画、 開発、運⽤ • ⾳声認識(Amazon Alexa)技術に関するコンサルティング • サーバーレスアーキテクチャに関するコンサルティング、構築、運⽤ アノテーション株式会社(http://an.classmethod.jp/) プリズマティクス株式会社(https://prismatix.jp/) オープンな発想と⾼い技術⼒によりすべての⼈々の創造活動に貢献し続ける クラスメソッド株式会社
  4. 4 ⽉間290万PVを誇る技術ブログ Developers.IO • http://dev.classmethod.jp/ ⽉間290万PV、80万UUを誇る、社員が執筆するIT技術に特化し たオウンドメディアです。 AWS、ビッグデータ、モバイル、IoT などの記事を掲載中です。 ユーザに有益な情報であれば社内のノウハウも

    余すところなく記事化 現在20,000本以上の記事を掲載(2020年3⽉現在) AWS関連の技術記事を約9,000本掲載 憶測やセオリーだけでなく、 実地検証に基づく「やってみた」記事を公開 ⽇次で記事⼀覧を取得できるRSSの提供 [RSS] https://feed.classmethod.jp/blog/daily.rss
  5. 5 クラスメソッドのコロナ禍での判断

  6. 6 テレワーク推奨宣⾔ •1⽉16⽇に⽇本で初の感染者を確認し たことを受け、対応の検討を開始 •1⽉27⽇、テレワーク推奨を宣⾔ • 混雑が予想される場所への外出の⾮推奨 • 在宅勤務の推奨 •

    オフィス・⾃宅における感染予防のマス ク、⼿洗い、除菌の徹底 • 主催するセミナーを延期、またはオンラ インセミナーに切り替え
  7. 7 警戒レベル引き上げ •⽇本国内で死者が発⽣し、感染者が急 激に増加 •2⽉20⽇、事業継続計画(BCP)に基づ き警戒レベルを引き上げ • 全社員在宅勤務とし出社禁⽌ • 出張禁⽌、海外渡航の禁⽌

    • 来客や顧客訪問の禁⽌ • 全営業活動をオンラインに • ⼤⼈数が集まる場への参加⾃粛推奨 • 全セミナーをオンラインへ切替
  8. 8 事業継続計画(BCP)の⻑期化宣⾔ •4⽉7⽇に緊急事態宣⾔が発令 •4⽉17⽇に事業継続計画(BCP)の⻑ 期化を宣⾔ • 9⽉末まで出社禁⽌、以降状況に応じて 判断 • 12⽉末まで出張禁⽌

    • 12⽉末まで海外渡航禁⽌ • 12⽉末までイベント参加禁⽌
  9. 9 詳しくはYouTubeで https://dev.classmethod.jp/management/20200616-corporate-management/

  10. 10 100%テレワーク (必要に応じて出社可) クラスメソッドの現状

  11. 11 テレワークにおいて重要なことはカルチャーの維持

  12. 12 カルチャーとは • 企業で働く⼈たちが時間をかけて積み重ね てきた、意識的あるいは無意識的に共有さ れている価値観や⾏動規範 • つまり企業内メンバー全員の共通認識であ り、相互に期待値をコントロールするベー スとなるもの

    • カルチャーに沿った意識や⾏動が、相互に期待 されるべきもの • カルチャーに外れた意識や⾏動は、期待されな いもの/期待されてはいけないもの • だからこそ明⽂化され共有されるべきもの
  13. 13 カルチャーに齟齬が発⽣すると・・・ • 期待と結果(意識/⾏動)がズレる • ズレから不信感が⽣まれる • 不信感が不満になる • カルチャーを維持する唯⼀の⼿段はコミュ

    ニケーション • カルチャーが「共有されている価値観や⾏動規 範」である以上、コミュニケーションは不可⽋ • 齟齬はコミュニケーションレスから⽣まれる • 齟齬はコミュニケーションによって修正できる
  14. 14 企業に必要なコミュニケーション • 企業内コミュニケーションにおいて重要な のは、全員が同じ場所で同じ情報を共有で きること • オフィスでも⾃宅でも、東京でも地⽅でも、国 内でも国外でも、場所に制約を受けない •

    国内と国外の間にある時差(時間)の制約を受 けない • 情報がオープンに伝わり、情報の格差が発⽣し ない
  15. 15 時と場所に制約を受けない オープンなコミュニケーションが カルチャーを維持する秘訣

  16. Slack

  17. 17 Slackとは • コミュニケーションツールでは無い • コミュニケーションプラットフォームであ る • 社内外総てのコミュニケーションの基盤 •

    Slackによって、時と場所に制約を受けないオー プンなコミュニケーションを実現できる
  18. 18 Slack活⽤実践事例

  19. 19 基本⽅針 •可能な限りSlackだけで業務が完結す るように設計する •Slackの機能で完結できるものはそれ を使う •Slackの機能で⾜りないものは既存 Appを使う •それでも⾜りないものはAppを作る

  20. 20 Slackの機能を利⽤ • リマインダー • 定期的に⾏う作業を登録、該当⽇時に通知 • チャンネルに通知されるため、メンバー全員が確認で きる

  21. 21 Slackの機能を利⽤ • ワークフロービルダー • 運⽤チームに作業依頼を発⾏ • 作業依頼内容をテンプレート化 • チャンネルを⾒れば作業依頼の発⾏状況が誰にでもわ

    かる
  22. 22 Slackの機能を利⽤ • Slackコネクト • パートナー/関連会社/外部ベンダとのやり取りは全て Slackコネクトを使って⾏う • コミュニケーション⼿段を統⼀可能に

  23. 23 通知 • Googleカレンダーのスケジュールを通知 • 他のメンバーへのスケジュール共有にもなる • 従量課⾦のサービスの利⽤料⾦を通知 • 使いすぎを防⽌

    • 特定のメールを受信すると通知 • アラートメールをフックに対応開始 • 障害通知と復旧通知 • 外部サービスの状況を迅速にチェック • 天気予報を通知 • 外出や休憩の参考に
  24. 24 Appの活⽤ • 簡単なアンケートはPollyで • Yes/Noだけならリアクションで可

  25. 25 Appの⾃作 • ⾃動翻訳Bot • ベトナムとの共同開発プロジェクト • ⾃動翻訳Appを作成 • ベトナム語の投稿に⽇本語訳を投稿

    • ⽇本語の投稿はベトナム語に翻訳し投稿 • Q&A検索Bot • 特定のメッセージを受信 • データベースにアクセス • メッセージに類似したページを応答
  26. 26 その他 • 絵⽂字によるコミュニケーション • カスタム絵⽂字を⾃由に登録可能 • 社内外のちょっとした流⾏語がどんどん 登録されていく •

    登録した絵⽂字はリアクションとして利 ⽤可能 • 特に絵⽂字ネイティブ世代は様々なシー ンで絵⽂字を活⽤ • 現時点で6000を越える絵⽂字が登録 • 社内ガイドライン違反の絵⽂字は絵⽂字 警察(有志)が削除 • コミュニケーション促進に⼤きく寄与
  27. 27 その他 • ⼤量のmiscチャンネル • 雑談チャンネルはチャンネル名の頭にmisc-と付与 • 趣味、嗜好、スポーツ、ネタ、コンテンツ、その他⾃ 由に作って良い •

    全社員⾃由参加 • 様々な種類の雑談が⽇夜⼤量に⾏われている • コミュニケーション促進に⼤きく寄与 • 雑談はカルチャー維持の⼤事な⼿段
  28. まとめ • Slackはコミュニケーションツールでは無い • 社内外総てのコミュニケーションが集約され る、コミュニケーションプラットフォームで ある • 今⽇お話した活⽤の実装は弊社技術ブログで ご紹介しています

    • https://dev.classmethod.jp/ • 是⾮皆さんの活⽤事例もシェアしてください 28
  29. 29