Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

予約したくても遅すぎるホテルのWebサイト

 予約したくても遅すぎるホテルのWebサイト

ホテルの顧客体験はWebサイトの閲覧からスタートしています。
ホテルのWebサイトで表示が遅延していたり、繋がりにくかったりしたら、そのホテルでの宿泊に期待が持てるでしょうか?
お客様へのホスピタリティを考えるならば、Webサイトでの顧客体験というデジタルホスピタリティを改善しなくてはいけないのです。

デジタルトランスフォーメーション(DX)とは、現実世界とデジタル世界が1対1で対応することを指します。
御社のホテルの快適さは、Webサイトでの快適さから始まり、そこに象徴されるのです。
日本のホテルのWebサイトは高速とは言い難いが故に、高速化に余念がない予約ポータルサイトへお客様が流れています。

本セミナーでは、日本のホテルのWebサイトの表示速度について、実際の計測データをご覧頂き、現状を知るきっかけをご提供します。

5a71e890ac3ab65ace01af9ed5734159?s=128

Yoichiro Takehora
PRO

February 20, 2020
Tweet

Transcript

  1. 予約したくても遅すぎるホテルの Webサイト ホテルの命運を左右するDX時代のデジタル ホスピタリティ 2020年2月20日 株式会社Spelldata 竹洞 陽一郎

  2. 自己紹介 • 株式会社Spelldata 代表取締役社長 • ACM(Association For Computing Machinery)会員 •

    CMG(Computer Measurement Group)会員 • ISACA(Information Systems Audit And Control Association)会員 • 日本統計学会 賛助会員 • 情報処理学会 会員 • 日本技術者教育認定機構 広報・普及委員会 委員 • 日本科学技術連盟 賛助会員 • 日本マーケティング学会 会員 • HTML5J パフォーマンス部部長 • 統計学を基礎から学ぶ! 中西塾主催 • Webサイトパフォーマンスに関係する仕事を始めて、もう14年目 • やってきた事 • VMware … 日本人初のVCPトレーナー • Akamai … プロフェッショナルサービス • Verizon Business … プリンシパルコンサルタント • Keynote Systems … 日本代表 • Catchpoint Systems … 日本代表
  3. そもそも何故Web が重要なのか Webサイトの役割の再確認

  4. Webサイト の役割って 何?

  5. 知ってもらう事

  6. 情報交換は経済取引の前提条件 • 知らなければ、調べられない • 知らなければ、予約できない • 知らなければ、訪れることはない 知っている という事を 知っている

    知らないという 事を知ってい る 知らないと いう事すら 知らない
  7. DX(デジタルトランスフォーメーション)とは • 現実世界とネットワーク世界で、モノや人、組織などが、1対1で対応して存 在する • ネットワーク世界に、モノや人、組織がデータとして存在することで、コン ピュータの処理を通して、人は認知を拡大できる ― エリック・ストルターマン教授(スウェーデン ウメオ大学)

  8. マッピング

  9. None
  10. 情報の伝達速度が 経済取引を加速する The Fuel For Economic Growth ― Deloitte

  11. DXと情報伝達速 度 単にインターネット上に、自社や自施設、従業員、自社 の活動がデータとして存在するのでは足りず、その データが高速に伝達されてこそ、価値ある「情報」とな る。

  12. そもそも「情報」とは何です か?

  13. 情報理論 クロード・シャノン が開拓した数学 理論

  14. 情報の価 値とは Webサイトに書かれた文章、掲載した画像や 動画は、単なるデータでしかない 読み手が、そのデータを見て、驚きが大きい ほどに情報の価値が大きくなる 人によって知っている情報は異なるため、情 報の価値も人によって異なる 情報理論は、情報の価値が受け取る人の既 知の情報によって確率的に分布することを明

    らかにした
  15. 情報の価値 ― 情報エントロピー

  16. • どうやっていくの? • 部屋は空いてる? • 金額は? • ペットはOK? • ハラルフードは出せる?

    • 子供連れは良いの? • 年配向けのサービスはある? 決め手となる情報は?
  17. 皆さんのWebサイトは、 お客様が知らないことを どれだけ書いていますか?

  18. 情報の価値 を高める 高解像度の写真 高解像度の動画 ダイナミックプライシング

  19. 遅いWebになるのでは?

  20. 実は今でも 遅いです

  21. リッチなコンテンツ で高速なWebサイ ト 世界のホテルと同レベルのWebサイトを 目指す

  22. None
  23. 世界のOTAや ホテルが やっている事 Webパフォーマンス計測 と高速化

  24. 高画質画像や高解像度動 画を怖がらない 計測して真の遅延要因を改善すれば、リッチなコンテンツ のWebサイトが運用できる

  25. サーバに 問題あり

  26. 他社サービスで遅延

  27. レンタルサーバのディスクの性能が悪い

  28. 中国で許可されていないサービスを入れて 遅延

  29. 中国本土向けのサイトで入れてはいけない GOOGLE FACEBOOK TWITTER YOUTUBE チャットツール

  30. 日本のWeb品質は低い

  31. 高速化の効果 機会損失の最小化と各種施策の効果の 最大化

  32. Googleのディープラーニングによる分析(2017年)

  33. 精神物理学 ― ヴェーバー・フェヒナーの法則(1860年)

  34. ライリーの小売引力の法則(W.F.Reilly, 1929) P = × A D2 P=購入確率、α=係数、A=魅力、D=距離(サイト速度) 購入確率は、商品力×販売力を、距離(サイト速度)の二乗で割ったもの

  35. MATモデル スタンフォード大学の説得技術研究所 Model from Dr. BJ Fogg at Persuasive Tech

    Lab at Stanford University
  36. Webサイトの魅力とサイトの品質の関係 購 買 モ チ ベ ー シ ョ ン

    低 高 購入完了までの 操作と所要時間 難しい 簡単 買う(Conversion) 商品力 ブランド力 ロイヤリ ティ サイトの操作性・反応速度 買わない (Abandon)
  37. 表示速度の遅延は 機会損失を招く 性能が悪いと、色々な施策の効果を削ぐ

  38. SEO対策 … INDEXING 登録されなければ、順位には載らない

  39. SEO的に本当に速 度が重要なのは クローリング

  40. 100~500MSでHTMLが送信されないと クローリングから漏れる “自分のサイトに1日あたり何ページクロールされているのかをSearch Consoleのクローリングの統計で確認して、その数が理に叶っている かどうかを確認するというのは、このケースに当てはまっているかどうかを推測する方法ですね。 そして、もう一つ、ページが返ってくるまでの平均時間であるレスポンス時間を確認できますよね。 これはブラウザ上でページを読み込むのに掛かる時間と同じではないです。 ですからPagespeed Insightsで調べる必要はなくて、サーバにリクエストを個々に送った時の純粋な時間の方です。 例えば、このHTMLページが欲しいとか、この画像が欲しいとか、このPDFファイルが欲しいといった、情報を入手するための平均時間です。

    ここではどのくらいの秒数を目指すべきかというガイドラインみたいなものは一切言えないのですが、一般的に、大体100~500MSぐらいのレ スポンス時間であればクローリングしやすいと確信しています。 もしもあなたが確認したとき、その時間が1000MSを超えているということは、ページの読込は1秒以上掛かっているということですから、それ は本当にあなたのサーバは遅い部類に属しているという兆候です。 本来、私達がクローリングできるページ数を制限している一つの要因でしょう。”
  41. クローリングの BOTはアメリカの シカゴから来る

  42. クローリングされたHTMLのダウンロード時間

  43. まとめ おもてなしのスタートとなるWEBサイトに する

  44. Webサイ トの品質 改善に取 り組みま しょう デザインで決まるわけではない 情報の価値と情報伝達の速度で決まる 情報の価値は驚きの大きさ 情報の価値を大きくするため に、お客様が知らないことをよ

    り詳細に伝える 適時性が高いデータ 高解像度の画像 高解像度の動画 リッチなコンテンツが遅延を招 くのではない 真のボトルネックを知って、それを 改善することで、魅力あふれるコ ンテンツを国内・海外でも高速に 配信可能
  45. Spelldataの強み • Spelldataは、基礎を研究・検証している • ソフトウェア工学 • 統計的品質管理 • ネットワーク処理 •

    リバースエンジニアリング • ハードウェア • OS • システムを構築する技術と、システムを改善する技術は似ているようで異なる • 様々なWebサイトの実績と症例を積み重ねることで、「改善する」引き出しを増やす
  46. どうして一般の制作 会社では直せない? ”We cannot solve our problems with the same

    thinking we used when we created them.” Albert Einstein
  47. 皆様のWebサイトの計測をやっ ています 7-A20 是非、お立ち寄り下さい