Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

ヨーガン・アペロの名著『Management 3.0』の待望の邦訳のご紹介

7a29c02251394fc05ebd88c631c562dc?s=47 Taku Fujii
January 04, 2022

ヨーガン・アペロの名著『Management 3.0』の待望の邦訳のご紹介

今年の夏に刊行する予定のヨーガン・アペロの名著『Management 3.0』の待望の邦訳の概要を紹介するチラシです。

7a29c02251394fc05ebd88c631c562dc?s=128

Taku Fujii

January 04, 2022
Tweet

Transcript

  1. ヨーガン・アペロの名著 『Management 3.0』の待望の邦訳 のご紹介 (株)オージス総研 技術部ビジネスイノベーションセンター 藤井 拓 本書(原書タイトル『Management 3.0:

    Leading Agile Developers, Developing Agile Leaders』)(以降、マネジメント 3.0 本と呼ぶ)は、アジャイル開発の土台となる自 己組織化や奉仕型リーダーシップなどに基づく新たなマネジメントのあり方を提案す るものです。本書の特徴は、そのような新たなマネジメント理論(マネジメント 3.0 モデル)を理論的に説明するとともに、実践するための様々なプラクティスを提案し ていることです。理論面は、複雑系の科学、マネジメント理論、社会学などに基づい ています。提案されているプラクティスは、新たなマネジメントを組織に少しずつ試 し、取り入れることに非常に役立ちます。 マネジメント 3.0 本の構成 第 1 章-第 3 章では、マネジメント 3.0 の基礎となる複雑系の科学、アジャイル開 発が説明されています。第 4 章以降は、マネジメント 3.0 モデルの 6 つの視点の各々 が理論的に説明する章と実践に関する章の 2 章で説明されます。 マネジメント 3.0 モデル(マーティー) 書籍 『Management 3.0』の図を基に作成 チームに委任する 人々を元気づける 制約を揃える コンピテンスを育む 構造を成長させる すべてを改善する
  2. マネジメント 3.0 モデル各章の内容の概要は、以下のとおりです。  第 1 章:線形な思考がどのようにしばしば間違った結論を導くかという点を説明する。さらに、本 書の中心をなすアイデアであるマネジメント 3.0 モデルの

    6 つの視点を紹介する。  第 2 章と第 3 章:アジャイルソフトウェア開発と複雑系理論の概要を説明する。これらアジャイル なマネジメントの 2 つの土台となり、次の章以降に説明される 6 つの視点をもたらす。  第 4 章と第 5 章:マネジメント 3.0 モデルの最初の視点である「人々を元気にする(Energize People)」を説明する。これらの章で、人々が組織の最も大切な部分であることと、人々が前向き で、創造的で、モチベーションを持ち続けるようにマネージャーはできうることすべてを行わねば ならないことを説明する。  第 6 章と第 7 章:「チームに委任する (Empower Teams)」を説明する。これは、チームが自己組 織化できるという概念であり、マネジメント 3.0 モデルの 2 番目の視点である。この視点には、委 任、権限、信頼が必要になる。  第 8 章 と第 9 章:「制約を揃える(Align Constraints)」という概念を説明する。これは、自己組織化 はいかなる方向にも導きうることに気づき、人々や共有されたリソースを守り、人々に明確な目的 や規定されたゴールを与えねばならないということである。  第 10 章 と 第 11 章:「コンピテンスを育む(Develop Competence)」を説明する。チームメンバー の能力が不十分だとチームは自らのゴールを達成できないという問題を説明する。そのため、マネ ージャーは人々のスキルと規律を育むことに貢献しなければならない。  第 12 章 と 第 13 章:「構造を成長させる(Grow Structure)」を説明する。多くのチームが複雑な組織 の状況の中で仕事をし、コミュニケーションが流れる社会的なネットワークの形を考えることが重 要であることを説明する。  第 14 章 と 第 15 章:マネジメント 3.0 モデルの 6 番目で最後の視点である「すべてを改善する (Improve Everything)」を取り上げる。この視点では、可能な限り長く失敗を免れるように人々、チ ーム、組織が継続的に改善をしなければならないことを説明する。  第 16 章:本書の結論であり、マネジメント 3.0 モデルを復習し、いくつかの他のマネジメントモ デルと比較する。 マネジメント 3.0 本の日本語リソース Speaker Deck の藤井のデッキ(https://speakerdeck.com/takufujii)で、『Management 3.0 モデル 超入門』、『Management 3.0 モデルのエッセンスポスター』のような日本語のリソースを提供し ています。