Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

OuraRingで体調不良を同僚にそっと伝える方法

 OuraRingで体調不良を同僚にそっと伝える方法

OuraRingで体調不良を同僚にそっと伝える方法

13baeabe6f414defa311a640ea09c943?s=128

Takao Aoki

August 04, 2022
Tweet

More Decks by Takao Aoki

Other Decks in How-to & DIY

Transcript

  1. Oura Ringで体調不良を それとなく伝える方法 2022/08/04

  2. 自己紹介:青木 隆雄 ウフルでIoTツールのenebularを担当 Oura Ringは2022年3月から使用 Gen3のシルバーを愛用 技術者ではありません Hello! 2

  3. 急に具合が悪くなったとき 一緒に仕事するメンバーや顧客に連絡する ◉ 今日ちょっと熱が37.5度ありまして… ◉ 急な腹痛があり朝一の会議出られないです… 3

  4. プレゼンス機能は不在かどうかしかわからない 4 いる いない

  5. 多少グラデーションがあってもよさそう 5 いる いない どんな気持ちか どんな体調か

  6. Oura Ringを使う Oura Ringで自分のコンディション情報を自動的にSlackに 表示すれば周りの人も気遣いやすくなるのでは 6

  7. やったこと Oura Ring データ同期 Slack ステータス変 更 Cloud データ取得 7

  8. データ同期 リングとスマホはアプリを起動した タイミングでのみ同期される リアルタイムではない 起床時に必ずアプリとリングを同期 する運用 8

  9. データ取得 9 Node-REDでフローを作成 今回は睡眠スコアを使用

  10. データ取得 10 Developerサイトからトークンを入手して、 OuraRingノードにセットすればデータを取得できる

  11. データ取得 11 やり方はこちらのブログを見てください。 https://flows.nodered.org/node/node-red-contrib-get-oura-data

  12. データ取得 12 活動時間 睡眠 1日1回スマホと リングを同期 起床 7:00 Oura Ringが睡眠の質を計測 最低1日1回データが取れればよい。

    たまに昼寝するとスコア が改善することがある。
  13. データ取得 13 1時間おきタイマーでフローを起動するようにセット enebularクラウド実行環境 スケジュールトリガー

  14. ステータス変更 14 実際に定期的にSlackのステータスを自動的に変更できた 伝えたいメッセージ 視覚に訴える絵文字

  15. enebularについて フローを作れる Node-REDのフローを すぐに作れます。 フローを動かせる デバイスやクラウド にデプロイして、 ずっと動かせます。 公開できる 作ったフローやノー

    ドをすぐに公開でき ます。 15
  16. クラウド版エディター Webフローエディターといい ます。 一時的なURLも発行されるの で何かをすぐに試すときに 便利です。 アカウント登録後、すぐにフローが作れます ローカル版エディター Enebular editorといいま

    す。 Win/Mac/Linuxで動作しま す。じっくり作りたい時に 便利です。 16
  17. クラウド実行環境 Web APIをつくったり、フ ローのタイマー実行ができ たりします。 フローを動かすこともできます エージェント実行環境 ラズパイなどにインストー ルすると、enebularと接続 され、フローの状態やログ

    を見ることができます。 17
  18. Discover 作ったフローを公開できま す。 公開されているフローをす ぐに自分のenebular環境で 試すことができます。 公開できる プライベートノード 作ったノードを自分のプロ ジェクトだけに限定的に

    シェアできます。 enebularユーザー向けに公 開することもできます。 18
  19. まとめ ◉ Slackステータスで体調をそれとなく伝える仕組みが できたが、本当に伝わっているかどうかは不明 ◉ Oura Ringは睡眠指標しか使ってないので、他の指標 の意味を調べて、他の用途を考えたい ◉ enebularのスケジュールトリガーは簡単な自動化に役

    立つ 19
  20. 付録 フローの一部を解説します

  21. 21 睡眠スコア 現時点では睡眠に関するデータ はAPI Version 1のみ Changeノードで取り出します

  22. 日付の指定 ◉ Momentノードでstartとendの日付を取得 ◉ テンプレートノードで整形して、OuraRingノードに渡します 22

  23. 分岐処理 23 スコアごとに異なるステータスをセットするために Switchノードで分岐する

  24. Slack 24 ステータスに表示したい文字列とアイコンを定義

  25. Slackに投稿 25 Slack Statusノードを使用してステータス部分を変 更する

  26. Any questions ? お気軽にご連絡ください ◉ taoki@uhuru.jp ◉ @zawakarui 本資料は、私個人の意見であり、所属企業・ 部門見解を代表するものではありません。

    Thanks! 26