Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

ポストSDGsのサステナビリティとウェルビーイング ― ESG投資および非財務情報法の開示/Sustainability_well-being

ポストSDGsのサステナビリティとウェルビーイング ― ESG投資および非財務情報法の開示/Sustainability_well-being

SDGs、ESG投資とともに、非財務情報の開示の3つの開示の法制化が進んでいます。それは①気候変動、②生物多様性というサステナビリティに関わるものと、③人的資本というウェルビーイングの3つです。

以下の構成です。
1.サステナビリティ、SDGs、ソーシャルインパクトとは何か?
2.なぜそれが重要になっているのか?
3.ではどうしたらいいのか?

今後以下で取り組みを公開していきます。
https://www.gaiax.co.jp/about/social-impact/

Tomohiro Kimura

April 01, 2022
Tweet

More Decks by Tomohiro Kimura

Other Decks in Education

Transcript

  1. サステナビリティ

    ウェルビーイング
    木村 智浩  2022/4/1 ガイアックス社員総会
    奈良県御所市(奈良県で一番人口の少ない市、ごせし)に
    移住後、「耕さず、肥料・農薬を用いず、草や虫を敵としない」自然農で、種から育てたお米

    View full-size slide

  2. 木村智浩
    1980年12月、奈良県
    御所市(ごせ)生まれ。
    早稲田大学卒業後、株式会
    社ガイアックスに入社。
    妻と娘4人の6人家族。

    View full-size slide

  3. 奈良県生まれ。早稲田大学卒業後、起業家輩出の株式会社ガイアック
    スに入社。
    4児の父。子どもたちは、モンテッソーリ園、また、体験型学習中心
    の自由学校に通う。
    ポジティブサイコロジー・プラクティショナー(セグリマン博士)
    国家資格キャリアコンサルタント。
    ミネルバ大学教授らのProject MINTコーチ
    日本最大級の保育者研修「保育アカデミー」を運営
    元ソニー上席常務の天外伺朗の天外塾にて「ティール時代の教育と子
    育て」が2020年より開講

    View full-size slide

  4. 4/7まで
    銀座で上映
    テストなし
    宿題なし
    チャイムなし
    先生といわれる大人が
    いない
    認可のある小中学校
    僕を見つけてください

    View full-size slide

  5. 一人には無理です、
    みなさんのお力を借りたいです。
    今地球・社会・私たちの身に
    おいて、
    何が起こっているのか
    そして、ガイアックスにどん
    な機会があるのか

    View full-size slide

  6. サステナビリティについて
    SDGs、ソーシャルインパクトとは

    View full-size slide

  7. 65歳
    インド人の平均寿命
    (2007年)
    35歳
    インドの男性コット
    ン従事者の平均寿命
    虫のつきやすいコットン栽培は農薬を多用。農薬・借金苦により寿命が短いと言われるインドの
    男性コットン従事者の平均寿命は何歳?(インドの平均寿命65歳(2007年))

    View full-size slide

  8. 死者1,100人
    負傷者2,500人
    2013年4月バングラデシ
    ュ・ダッカのラナ・プラザ
    縫製工場の倒壊
    月給1万円
    当時はその半額
    バングラデシュの縫
    製業の最低賃金(月
    給)2021年
    世界のファストファッション工場、バングラデシュ

    View full-size slide



  9. 日本で供給される服
    (国産5%、海外生産95%)
    のうち、
    消費者の手に届くのは?

    View full-size slide

  10. 50%未満
    日本で供給される服
    (国産5%、海外生産95%)
    のうち、
    消費者の手に届くのは?

    View full-size slide



  11. 環境負荷軽減、サプライチェーンの
    人権にこれだけ取り組んでいても、
    作ったものの半分を捨てているのが
    持続可能な社会でしょうか?

    View full-size slide



  12. 今、求められているのは、
    本業とは別に社会によいことをする
    ことではない

    View full-size slide

  13. ソーシャル・インパクトとは
    アウトプットではなく、
    アウトカムをみる


    インプット(投入) 
    ⇒ 事業・活動 
    ⇒ アウトプット(結果) 
    ⇒アウトカム(成果)

    View full-size slide

  14. ソーシャル・インパクトとは
    たとえよいことをしようと思って
    始めたことでも
    マイナス面がある
    それをしっかりと見つめること

    View full-size slide

  15. グリーンウォッシュ、SDGSウォッ
    シュでいいですか?
    本質的な取り組みなしに取引はでき
    なくなる。調達できない。
    オフィスのエネルギーは?電力会社
    は?調達先は?取引先は?石鹸は?
    機器は?紛争鉱物は?ゴミは?
    従業員の幸福度は?
    非財務情報の開示が法制化される

    View full-size slide

  16. ソーシャル・インパクトとは
    ”主流となっているファイナンスに異議を唱え
    るものなんだ。
    ファイナンスや価値やパフォーマンスは、金銭
    的リターンなのですか?という挑戦状を突き付
    けるんだと。私達の資本に対する意識を変える
    んだ。
    SDGS格付けでよい評価をもらうことでも、認
    証、ランキングの順位がゴールでもないんだ。
    普通によいことをすれば、世界中の人々が充実
    感と自己実現に満ちた人生を生きられる社会、
    公平で自由な社会をつくれるという幻想自体が
    課題なんだ。
    人新世(アントロポセン)の負の影響に抗い、
    反対することだ。


    国際的な思想家リーダー、持続可能な投資アドバイザー、学
    者、社会的価値の先駆者JED EMERSON氏(BLENDED
    VALUE創業者)の
    SOCIAL IMPACT DAY 2020講演、
    SOCAP2017でのスピーチより

    View full-size slide

  17. ソーシャル・インパクトとは
    今までの経済活動、投資、金融資
    本主義に対する批判的切り込み、
    抵抗の活動
    持続可能な投資アドバイザー、学者、社会的価値の先駆者
    JED EMERSON氏(BLENDED VALUE創業者)

    View full-size slide

  18. ソーシャル・インパクト

    インテグリティ

    ヴァルネラビリティ


    View full-size slide

  19. なぜ、重要なのか?
    経済成長しても幸福度が上がらないどころじゃない

    View full-size slide

  20. 時代認識
    コロナの次

    View full-size slide

  21. 日本のサンゴ礁
    8割消滅
    日本の周辺海域では2024
    年~2030年までに約8割
    のサンゴ礁で白化が常態化
    世界のサンゴ礁
    7~8割消滅
    世界のサンゴ礁のおよそ70
    ~90%は、20年以内に消
    滅。このままいくと2℃の
    温暖化で99%以上が死滅。
    2030年に、サンゴ礁の何割がなくなっている?

    View full-size slide

  22. 世界の山火事
    8~10倍
    世界の山火事の規模、過去
    40年間で8~10倍に拡大
    焼失面積
    10倍
    氷に覆われたグリーンラ
    ンド、2017年に起きた
    山火事で燃えた面積は
    2014年の10倍
    失われる森林

    View full-size slide

  23. 熱帯夜
    2.6倍
    過去30年間の日本の熱帯
    夜の平均日数は、1910年
    からの30年間の平均の約
    2.6倍に
    西日本豪雨クラ
    スの大雨
    3.3倍
    西日本豪雨並みの大雨の
    発生頻度は2021年には
    3.3倍に
    温暖化してるの?

    View full-size slide

  24. 猛烈な雨
    1.9倍
    『アメダス』のデータによれ
    ば、計測を開始した1975年から
    の10年と、ここ10年を比べる
    と、1時間に80MM以上の猛烈な
    雨が降った回数が1.9倍に増加。
    海洋熱波
    2倍
    海洋熱波(急激に海水温
    が高まる現象)の発生頻
    度は現在、1980年度比
    の約2倍。
    温暖化してるの?

    View full-size slide

  25. 氾濫危険水位
    5.7倍
    氾濫危険水位の超過河川は、
    4年で5.7倍。
    空気だけでなく、土中環境も

    View full-size slide

  26. 暖化防止の国際条約「パリ協
    定」で掲げられている1.5度と
    2度の目標の間には大きな影響
    の差が出ることがわかってきて
    います。
    1.5℃と
    2.0℃は
    大きく違う
    世界の平均気温はす
    でに産業革命以前か
    ら1.09度上昇
    出典:http://ato4nen.com/

    View full-size slide

  27. 人類の生存ライン1.5℃
    早ければ2030年には人類の生存ライ
    ンの1.5℃上昇の世界に(環境省)
    このままだと3.0℃上昇
    各国の現政策を達成したとしても、
    約3度上昇(CLIMATE ACTIONT
    RACKER)
    ティピングポイントを越えてしまう、
    ホットハウス現象へ。

    View full-size slide

  28. 1.5℃ラインは、2030年にCO2半減
    残された時間はあと3年
    2020年から10年間の場合、毎年7.6%の削減が必要ですが、2025年から5年間
    の場合、毎年15.4%の削減が必要となり、これはほぼ不可能と言われています。
    つまり、私たちに残された時間はあと3年ほどしかありません。
    出典:http://ato4nen.com/

    View full-size slide

  29. 残された時間はあと3年
    気候危機による壊滅的な影響を回避するために必要
    な、1.5度の気温上昇に抑えるためには、2030年に
    は2010年比で温室効果ガスを半減させなければなり
    ません。


    そのためには世界全体で、2020年から10年間の場
    合、毎年7.6%の削減が必要ですが、2025年から5年
    間の場合、毎年15.4%の削減が必要となり、これは
    ほぼ不可能と言われています。つまり、私たちに残さ
    れた時間はあと3年ほどしかありません。

    View full-size slide

  30. 排出量ゼロどころじゃない
    CO2排出量が少ないシナリオ、非常に少ないシナリオ
    (2050-2060年にCO2排出量が実質ゼロ)でも
    1.5度を超える可能性が5割以上の確率。


    IPCC(国連気候変動に関する政府間パネル)は2021年
    8月9日、これまでの予測よりも10年早い2021-
    2040年に世界の平均気温上昇が産業革命以前から
    1.5度以上に達するとの新たな予測を発表。
    報告書は、温暖化の要因が人類の活動にあることは明
    白だと断言。


    View full-size slide

  31. 報告書の信頼度


    IPCC(国連気候変動に関する政府間パネル)の報告書
    の執筆には、66カ国から200人以上の研究者が(日
    本からの10人を含め)参加。1万4000本の論文を引
    用し、3回の査読を経てまとめられ、さらに、執筆者
    以外の世界中の研究者や各国政府から寄せられた7万
    8000ものレビュー(疑問・指摘など)すべてに対応
    し、その内容を公開している。


    View full-size slide

  32. では、どうしたらいいのか?

    View full-size slide

  33. 画像:NHKスペシャルより

    View full-size slide

  34. CO2削減の鍵
    食・農・女性
    世界をリードする科学者と政策立案者の
    綿密な調査に基づく、地球温暖化を逆転
    させる最も確実な100の解決策
    ドローダウンプロジェクトより

    View full-size slide

  35. 私は何をすべきか?
    気候危機に関する最も一般的な質問は、「私は
    何をすべきか? 」というものです。
    どうすれば、個人や団体が、最短時間で、気候
    変動の緊急事態に最大の影響を与えることがで
    きるのか?
    ほとんどの人は何をしたらいいのかわからない
    し、できることは不十分だと思っているかもし
    れません。

    View full-size slide

  36. それは、生命を生かす(増
    やす、再生させる)方向
    か?それとも、そうではな
    いか?
    リジェネレーション(再生)
    とは、あらゆる意思決定と行
    動の中心に「生命」をおくこ

    View full-size slide

  37. 生命を生かす(増やす、再生させる)
    方向か?それとも、そうではないか?
    その行動は、より多くの生命を生み出すのか、それとも減らすのか?
    未来を癒すのか、未来を盗むのか?
    人間の幸福を高めるものなのか、それとも損なうものなのか
    病気を防ぐのか、病気から利益を得るのか?
    生計を立てるのか、それともなくすのか?
    土地を回復させるのか、劣化させるのか?
    温暖化が進むのか、遅れるのか?
    人間のニーズに応えるものなのか、人間の欲求を満たすものなのか?
    貧困を減らすのか、拡大するのか?
    基本的人権を促進しているのか、否定しているのか?
    労働者に尊厳を与えるものなのか、それとも労働者を貶めるものなの
    か?
    1.
    2.
    3.
    4.
    5.
    6.
    7.
    8.
    9.
    10.
    11.

    View full-size slide

  38. ガイアックスにどんなチャンス
    があるのか?
    危機とは、危険と機会

    View full-size slide

  39. ESG投資
    2016年の総額から
    は55%の増加


    資産全体における
    ESG投資額は40%
    近くに

    View full-size slide

  40. リジェネレーション





    サステナビリティ

    ウェルビーイング


    1.

    View full-size slide

  41. 利益から変わる


    「利益主義みたいなものが資本主義の
    原点だったけれども、それが地球の破
    綻とか社会の破綻を生んでいることに
    みんなが気付き始めて、今までの右肩
    上がり成長という時代から、もう一度
    目的を探し直す時代に変わっている」

    View full-size slide

  42. ポスト資本主義
    シェアリングエコノミー
    共感資本社会
    ギフト経済
    感謝経済
    社会的共通資本
    ドーナツ経済学
    ガンジー経済学
    ティール社会
    etc

    View full-size slide

  43. ポストSDGSは
    サステナビリティと
    ウェルビーイング
    日本の骨太方針・成長戦略に
    従業員のウェルビーイングから、ステークホルダーの
    ウェルビーイングへ。
    ポストSDGSで、ウェルビーイングが最有力。
    1.
    2.
    3.

    View full-size slide

  44. 非財務情報の開示


    気候変動
    生物多様性
    人的資本情報(ISO30414)


    View full-size slide

  45. ぜひガイアックスとこのムーブメント
    を加速させましょう!
    既にガイアックス卒業生は
    全国各地でこれを実践している!
    その叡智を協働し社内に取り込む
    これが本質的な取り組み。日本最先端の実践

    View full-size slide

  46. なお、現在オフィシャルサイトにて
    サステナビリティの取り組みを公開中

    View full-size slide

  47. 社会と環境の問題を分けて考える
    環境に問題があれば、いつも最も苦
    しむのが貧しい人々
    この二つの問題を分離して考えるの
    は大きな間違い
    私たちが長い間
    犯してきた誤り
    それは「社会と環境の
    問題を分けて考える」
    こと
    貧困と環境問題

    View full-size slide

  48. 地球を我が家のように感じますか?
    私の選択、行動、態度は、他人に、世界に影響
    を与えています。
    しかし、この繋がりが世界規模に広がり行動に
    複雑になるとともに、私たちは他人に対しての
    責任を感じづらくなりました。
    我が家を
    なくした私
    地球、地域を我が家に感
    じる?
    なぜ心の中が空虚なのか

    View full-size slide

  49. システム思考
    ただ、世界は複雑で高度につながっていることで、
    つながっていないように思える
    私たちの一つひとつの選択や行動の
    影響は、想像以上に他人や世界へと
    つながっている。
    ピーター・センゲ

    View full-size slide

  50. 私と世界と地球の癒しは同時

    View full-size slide

  51. 欠乏に対抗する

    View full-size slide

  52. 私と世界と地球の癒しは不可分

    View full-size slide