Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

ノーコード界隈で話題の Make(旧Integromat)で LINE Botを作ろう!

ノーコード界隈で話題の Make(旧Integromat)で LINE Botを作ろう!

9998f03d0ff1d9da73a455f4fc58f4a5?s=128

tmitsuoka0423

March 10, 2022
Tweet

More Decks by tmitsuoka0423

Other Decks in Programming

Transcript

  1. ノーコード界隈で話題の Make(旧Integromat)で LINE Botを作ろう! 2022/03/10 @RPA Community&LINEDCコラボイベント

  2. 光岡 高宏 @mitsuoka0423 ライブデモ担当 プロトアウトスタジオ5期の講師 モノづくり筋肉を鍛え続けるジム ”プロトアウトジム”を立ち上げました 沖中(がいこつ) おきなかがいこつ サポート担当

    AE〇Nで店長していましたが 昨年秋からプログラミング勉強開始!  自作の「のこるん」アプリで クラウドファンディングしました!
  3. make&LINE Bot発信用LINE Bot - 今後、makeやLINE Botについての情報を 継続してお届けします。 ぜひ友達になってください。

  4. Make (旧Integromat) https://www.make.com/en

  5. Make (旧Integromat) - 先月の2月22日にTwitterでMake発表 - イベント準備中にMakeが発表され、 運営陣がざわつく

  6. Make (旧Integromat) - iPaaS、ノーコードツールの1つ - 同じ分野のサービスに - IFTTT - Zapier

    - Power Automate - などがある - UiPathなどのデスクトップの操作を 自動化するツールとは違うタイプ
  7. Make (旧Integromat) - めちゃくちゃ簡単にツール同士をつなげることできる。 - 例えば、 - レシート写真の文字を読み取り(OCR) - スプレッドシートに書き込み

    - LINEに送る - を、コードを書かずに実現できる
  8. Make (旧Integromat) - Messaging APIを使って LINE Botを作ることができる。 - ※LINE Notifyではない

    - オウム返しするLINE Botを作るなら 2つつなげるだけ、とシンプル。
  9. (付録) make Integromat からのアップデート アップデート内容ピックアップ - Webhookを起点とするシナリオが並列・瞬時に実行可能になった - Make REST

    APIが追加された - Makeのデータ取得や操作が可能に - 管理者ロールでユーザーの追加・削除が可能になった - プラン・価格設定が変更された https://www.make.com/en/help/about-make/make--what-s-new-and-what-s-changed
  10. ライブデモシナリオ

  11. 用語説明 モジュール シナリオ

  12. シナリオ一覧 基本編 - MakeでLINE Bot開発 - オウム返し - 友達に一斉送信 応用編

    - 送信した画像の文字を読み取ってスプレッドシートに書き込む - LINEに送ったファイルをGoogle Driveにアップロードする 番外編 - メール転送を受け取ったらLINEにメッセージを送信する (LINE Notify利用)
  13. MakeでLINE Bot開発 - オウム返し

  14. 友達に一斉送信

  15. 送信した画像の文字を読み取ってスプレッドシートに 書き込む

  16. LINEに送ったファイルをGoogle Driveにアップロードする

  17. メール転送を受け取ったらLINEにメッセージを送信す る(LINE Notify利用)

  18. 参考リンク - make.com - https://www.make.com/en - LINE公式アカウントの作成 / LINE Botの初め方

    - https://zenn.dev/protoout/articles/16-line-bot-setup - IntegromatでLINEBot連携 @inoue2002 - https://zenn.dev/inoue2002/articles/3067c574b3a605