$30 off During Our Annual Pro Sale. View Details »

熊本地震_地理空間情報

 熊本地震_地理空間情報

*

Toshikazu SETO

May 29, 2016
Tweet

More Decks by Toshikazu SETO

Other Decks in Education

Transcript

  1. 1 熊本地震情報連携会議@インプレス 2016.5.28 ج൫৘ใͱͯ͠ͷ஍ཧۭؒ৘ใͱ ࡂ֐৘ใࢧԉʹ͓͚Δ՝୊ ੉ށ णҰ ౦ژେֶۭؒ৘ใՊֶݚڀηϯλʔɾಛ೚ߨࢣ 0QFO4USFFU.BQ 'PVOEBUJPO

    +BQBOʗ 04(FPࡒஂ೔ຊࢧ෦
  2. 2 災害時に求められる地図・地理空間情報? →多くの材料は事前(平時)に整備する必要 • 骨格としての基盤データ【一般図】 • 地理院地図、自治体地図、住宅(民間)地図など • 前/後の比較ができるように時系列的にも整備する必要 •

    二次利用可能&オンライン・オフライン問わず使える基盤地図 (Google  Mapsは大変便利だが、利用規約の面で二次利用は困難な 場合も) • 災害に特化したデータ【主題図】 • 例えば避難所・浸水想定など災害に関連する個々の情報 • 災害に関する主題図(cf.  ハザードマップ) • いわゆる行政のオープンデータなどに期待出来る面も l 災害時にリアルタイムで移り変わる時-­‐空間情報 l 点・線・面いずれも。特に今回は、避難所データ/人の集中度把握 l 全体的な状況を集計し分かりやすく加工した情報
  3. 3 Source:  http://qiita.com/tosseto/items/f9e1b7c2747c5263da66

  4. 4 OSM以外での熊本地震に関する活動… • cartodbを用いた 様々な主題図の可視化 https://tosseto.cartodb.com/   • ZDC社の混雑統計を用いた 混雑度推計

     http://sekilab.iis.u-­‐ tokyo.ac.jp/archives/1404/  
  5. 5 熊本地震で共有された地理空間情報のごく一例

  6. 6 空間データ自体をみんなで構築する: Volunteered  Geographic  Information

  7. 7 OpenStreetMap とは • 地理空間データベース(点・線・面)の基盤構築がメイン。 Key:valueと呼ばれるタグでデータ整備(約57,000種類の定義) • ODbL(オープンデータベースライセンス)でWeb提供、二次利用・商用可 – 商用地図サービスと異なり、オンライン・オフライン問わず、

    原則無償で利用可 – 地図データが充分でないところでも、データを集めることができれば、 自由に地図をつくれる • 2004年7月にイギリスで開始され、世界で約270万ユーザーが登録 Source:  https://www.mapbox.com/osm-­‐data-­‐report/
  8. 8 Crisis  Mapping: 主にクラウドソーシングによる 緊急事態発生時のボランタリーな地理情報による情報支援 代表例としてのOpenStreetMapやUshahidi Source:  http://haiti.openstreetmap.nl/

  9. 9 Source:  http://qiita.com/nyampire/items/24755286be57c42348ee 日本でのOSMx災害対応についての重要な指摘

  10. 10 http://bit.ly/22rXEsM OSMで支援できる部分も…例えば、基盤的な地図が少ない中山間地域

  11. 11 Source:  http://tasks.hotosm.org/project/1784# • 初心者やCrisis  Mappers  Japan:建物など   • OSMマッパーや専門家:

    データチェック・土地利用などやや高度なデータ タスク管理ツールによる役割分担
  12. 12 http://bit.ly/25scRPy 2016年4月9日〜5月9日までにOSM上にマッピングされたデータ

  13. 13 Source:  http://bit.ly/1RzJH3W

  14. 14 Source:  http://bit.ly/1TGun7S 新規ユーザーが圧 倒的に多いが、 シニアも支援

  15. 15 おわりに • 災害時に必要な地理空間情報・地図ツールは多様 uOSMの活動だけでは、現場と直接つなぐ手立てを十 分に持っていない ⇔OSMの様々なサービスへの採用(オフラインマップ アプリ、facebookなど)を通じて波及する可能性も? u災害対応にOSMを活かすとしたらそのメリットは? uオンライン・オフラインを問わず活用可能

    u自由なライセンスでデジタル地図・紙地図に展開可能 u復旧や復興といった生活再建のフェーズでの利用 可能性
  16. 16 Thank  you  & Questions ? tosseto@csis.u-­‐tokyo.ac.jp http://researchmap.jp/tosseto