$30 off During Our Annual Pro Sale. View Details »

VPoEになって最初にやったこと

 VPoEになって最初にやったこと

2022/10/06 ログラス x asken エンジニアリングマネジメント勉強会
「EMになって最初にやったこと」

Tsuyoshi Yasunishi

October 07, 2022
Tweet

More Decks by Tsuyoshi Yasunishi

Other Decks in Business

Transcript

  1. VPoEになって最初にやったこと 株式会社asken VPoE 安西 剛 2022/10/06 ログラス x asken エンジニアリングマネジメント勉強会

    「EMになって最初にやったこと」
  2. 自己紹介 安西 剛(ヤスニシ ツヨシ) 株式会社asken VPoE エンジニアリング
 マネジメント
 コーチング
 プロダクト


    マネジメント
 × ×
  3. あすけんとは? 食生活改善アプリ『あすけん』 食事を記録すると、栄養士からの食事改善アドバイスが 自動で届くサービス「あすけん」。 会員数750万人を超え、「ヘルスケア(健康)/フィットネ ス」カテゴリのダウンロード数&売上ともに「No1」 (data.ai調べ)

  4. あすけんの状況 750万会員突破!

  5. あすけんの採用 サーバーサイドエンジニア ヘルスケアアプリ・あすけんのサーバサイドエンジニア募集!(Wantedly) インフラエンジニア 急成長中のヘルスケアアプリを支えてくれるインフラエンジニア募集!(Wantedly) iOSエンジニア 急成長中のヘルスケアアプリのグロースに携わる!iOSエンジニア募集!(Wantedly) Androidエンジニア 世界中のユーザーの健康を支えるヘルスケアアプリの開発をお任せします!!(Wantedly)

  6. 今日のメッセージ マネージャーは「構造」を 動かすことが仕事 (と言い切ってみる)

  7. ①VPoEになった経緯 2021年2月〜

  8. None
  9. None
  10. None
  11. ②最初にやったこと 「情報収集」&「観察」

  12. None
  13. ③組織の課題と方向性

  14. 感想 とてもいい会社・組織だなと思った

  15. None
  16. None
  17. None
  18. None
  19. 今はより良くなり課題が変化している

  20. None
  21. None
  22. 【重要なポイント】 個人の問題ではなく構造の問題

  23. ④施策

  24. None
  25. None
  26. None
  27. None
  28. None
  29. NLP(神経言語プログラミング)によると 人間はイメージしていることを 実現させてしまう

  30. None
  31. None
  32. Goal Creation で大切なこと① 目標設定はスキルである

  33. None
  34. None
  35. None
  36. Goal Creation で大切なこと② 言葉を紡ぎだす

  37. Goal Creationとは 有りたい未来を 言葉にすること

  38. マネージャーは 有りたい未来を 言葉にした

  39. askenエンジニアチームの組織 co-learning ともに、学ぶ プロダクト開発は不確実性が高く、常に「正解がわからないこと」と対峙することになります。 わからないことをわかるようにし、不確実性をコントロールするためには、「学ぶ」必要があります。 ただ、一人で学ぶには限界があります。 ユーザ、プロダクト、開発プロセス、エンジニアリングなど、 様々な要素に対してチームで学んでいくことにより、 今は想像できないような進化をしていける組織を目指しています。

  40. コンピテンシーの言葉の設計

  41. None
  42. None
  43. askenエンジニアチームの組織 co-learning ともに、学ぶ プロダクト開発は不確実性が高く、常に「正解がわからないこと」と対峙することになります。 わからないことをわかるようにし、不確実性をコントロールするためには、「学ぶ」必要があります。 ただ、一人で学ぶには限界があります。 ユーザ、プロダクト、開発プロセス、エンジニアリングなど、 様々な要素に対してチームで学んでいくことにより、 今は想像できないような進化をしていける組織を目指しています。

  44. 学びのサイクル 個人もチームも プロダクトも このサイクルを大切 にしていく

  45. 組織・チーム・個人全てで行う

  46. 組織全体で伝える・考える場 Engineer All Hands 月1回エンジニア定例会

  47. ⑤最初にやったことの意味を ふりかえり 大切だと思ったことを言葉にしてみる

  48. いくつかの 構造を動かしている

  49. 今日のメッセージ マネージャーは「構造」を 動かすことが仕事 (と言い切ってみる)

  50. None
  51. None
  52. None
  53. None
  54. 個人 組織 現在 3ヶ月後 1年以降 近未来 個人 中遠未来 個人 近未来

    組織 中遠未来 組織 ※シンプルに4つ分けられるわけではなく、グラデーション
  55. 個人 組織 現在 3ヶ月後 1年以降 ※シンプルに4つ分けられるわけではなく、グラデーション

  56. None
  57. 個人 組織 現在 3ヶ月後 1年以降 課題の構造化 課題の構造化

  58. None
  59. 個人 組織 現在 3ヶ月後 1年以降 マネージャーの Goal Creation

  60. 個人 組織 現在 3ヶ月後 1年以降 マネージャーの目標の 質が上がるとチームの 目標の質が上がる マネージャーの Goal

    Creation
  61. 個人 組織 現在 3ヶ月後 1年以降 中期的方針

  62. 個人 組織 現在 3ヶ月後 1年以降 中期的方針 チームが短期的に何 をやるべきかわかり やすくなる 個人が短期的に何を

    やるべきかわかりや すくなる
  63. 個人 組織 現在 3ヶ月後 1年以降 コンピテンシー

  64. 個人 組織 現在 3ヶ月後 1年以降 コンピテンシー 個人が何をやるべき かわかりやすくなる

  65. 学びのサイクル 個人もチームも プロダクトも このサイクルを大切 にしていく

  66. 個人 組織 現在 3ヶ月後 1年以降 ふりかえり 学び 目標・プランニング ふりかえり 学び

    ふりかえり 学び 目標・プランニング 目標・方針 過去 個人 チーム 組織
  67. 構造を動かすことによって得られること ?

  68. None
  69. 構造を動かすことによって得られること モメンタム!

  70. None
  71. 構造を動かすことによって得られること モメンタム(動き、勢い、推進力)

  72. 大切だなと思うこと① 構造を動かすことによって得られること 未来に向けた モメンタム(動き、勢い、推進力)

  73. 今日のメッセージ マネージャーは「構造」を 動かすことが仕事 (と言い切ってみる)

  74. 構造を動かしてないときは マネジメントと言えないのでは?

  75. 構造を動かしてないときは マネジメントと言えないのでは? 例:手を動かす、資料を作る、採用活動をする

  76. 自分が構造を動かしているのか作業をやっているのかを 理解しておく必要があるのではないだろうか? 大切だなと思うこと②

  77. 大切だなと思うこと③ 構造に余白を作る

  78. 自分以外が考える余地を 大きめに作っておく 人は自分で考え自分で決 めたことをやるのが最も パフォーマンスが高い

  79. 大切だなと思うこと④ 土台と構造を扱うスキル (垂直的成長と水平的成長)

  80. 構造を取り扱えるのは 能力の一つ

  81. 構造を取り扱うと 多くの人に影響する

  82. 構造を取り扱うと 多くの人に影響する ↓ 慎重に取り扱う必要がある

  83. 土台 価値観・倫理観・在り方

  84. 土台 価値観・倫理観・在り方 スキル 構造を取り扱う スキルの使い方である「土台」が大事 (機会があれば土台の話もしたい)

  85. 水平的成長 知識・スキルの向上 垂直的成長 「器」の大きさ 視点・認識の高さ深さ スキルの使い方

  86. 最後に

  87. 構造 = モデル

  88. マネージャーこそ モデリングをすべき!