Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

20221Q MVVアワード発表資料

20221Q MVVアワード発表資料

A7094f28dd0bbe6033975d3116c4eb5d?s=128

Yamaguchi Takuya

April 17, 2022
Tweet

More Decks by Yamaguchi Takuya

Other Decks in Business

Transcript

  1. ©2021 crassone ナレッジ共有(山口拓弥) 2022/04/07

  2. 2 目的 | 目的 この発表を通してお伝えしたいこと

  3. 3 この発表を通してお伝えしたいこと 目的 | 2021 4Q でどんなことをしたのか? いろいろとやってきたことはあるのですが、その中でもハイライトを紹 介します。 プログラミングチックなこともそうでないこともたくさんあります。

    「あいつがんばってたんだな」とちょっとでも思ってもらえると嬉しい です。 (僭越ながら)真似できそうな点はどこか? せっかくこういう場をいただいたので、聞いてくださるみなさんのため になる発表にしたいなと思っています。 聞きながら「あ、これなら明日からできるかも」と考えていただけると とっても嬉しいです。
  4. 4 実績 | 実績 実は結構がんばってました

  5. 5 2021 4Q にやったこと オンボーディングの流れや内容を 整えました すでに昼礼発表でお伝えした通りです。お伝 えする内容の整理整頓や資料のストック情報 化に取り組みました。Notion を使うことで

    再現しやすい状態にできたのもよかったで す。 本業(プロダクト開発)のかたわら、こんなことをやってました。 実績 | クラッソーネ開発者ブログにたく さん機能を追加しました 埋め込めるパーツの種類を増やしたり、目次 をつけたり、見た目を整えたり、著者ごとの ページを作ったり... 色々と進化させまし た。 世界中の人が使えるライブラリを たくさん公開しました 日本の住所を解析する、Slack 通知のテスト をプログラム上でしやすくする、画像から白 地な部分を取り除く、...みたいな、たくさ んのライブラリをリリースしました。
  6. 6 2021 4Q にやったこと 週末も何かしらチャレンジし続けられた三ヶ月でした プライベートの予定(アメフト)が全然なかったのもありますが... 週末にも何かしらコードを書き続けられたのはよかったところです。私、お疲れさま! 土日も精力的に行動していました。 実績 |

  7. 7 なんでそんなにたくさんのことができるの? 実績 | きっかけはすべて「自分のため」 オンボーディングもブログの開発もライブラリの公開も、すべては自分 の仕事(生活?)がよりよくなると思ったから行動しました。 「あの人の役に立ちそうだからやろう」みたいなかっこいい動機ではあ りません。まじで。 でも、せっかくだから他の人にも共有しよう

    せっかく作った仕組みなので、自分だけで抱えておくのはもったいない です。ライバルとか競合だったらまた話は変わりますが、今の僕にはそ ういう相手はいないので、広く公開しています。 (使ってもらえたら嬉しいし) こういう活動を「息を吐くように」やっています 文字通りの意味で「四六時中」こういうことを考えています。「この不 便なツール、どうしたらもっと便利にできるかな」「何度も同じこと繰 り返してるな、そもそもなくせないかな」みたいに。
  8. 8 「息を吐くように」ってどういうこと? 15:00 マッチング PF ミーティン グにて問題が提起された 「決定分析のための表がタスクリストっぽく なってません?」という話が出た。 確かに、プロジェクトの情報を集約する場所

    はなさそうだった。 その気軽さとスピード感を、具体的な事例を使ってみてみましょう。 実績 | 15:20 自分のためにプロジェクト を管理するページを作った 「テイクレートの変更」という大きめなプロ ジェクトについて情報を集約するページを 作った。Q. 誰のため? A. 僕のため。 15:22 他の人にも役立ちそうな感 じがしたので川口さんにシェア 「とりあえず作ってみました、よかったら 使ってみてください!」というニュアンスで 共有した。ちょっとずつ使われていきそう。
  9. 9 最近、自分の仕事の効率を 上げるために何をしましたか?

  10. 10 自分の効率を上げた仕組みは 他の人にも役立ちそうですか?

  11. 11 他の人にも役立ちそうな仕組みは 他の人にもシェアしましたか?

  12. 12 FAQ| FAQ みなさんの悩みは僕が解決します

  13. 13 よくある質問にお答えします Q. 自分が抱いている悩みが他の人にも当てはまるかわ からない... 自信ない... 大丈夫、多分他の人も抱いている悩みなので勇気を出してシェ アしましょう。チームメンバー全員じゃなかったとしても、隣の席 のあの人は苦しんでます。 Q.

    自分にとっては便利な仕組みだけど、他の人にシェア できるほどすごくない... 大丈夫、そんなことはないのでとりあえずシェアしましょう。他の 人がもっとすごい仕組みを見つけてたら、きっとその人が追加 でシェアしてくれます。 Q. 急にシェアなんてして怒られないかな ... 心理的安全性が行方不明です。今すぐ宮田さんに相談しましょ う。 FAQ |
  14. 14 まとめ| まとめ 聞いてくださりありがとうございました

  15. 15 最近、自分の仕事の効率を 上げるために何をしましたか?

  16. 16 自分の効率を上げた仕組みは 他の人にも役立ちそうですか?

  17. 17 他の人にも役立ちそうな仕組みは 他の人にもシェアしましたか?

  18. 18 リンク集 リンク集 | • 昼礼発表資料(オンボーディングの改善) • クラッソーネ開発者ブログ • クラッソーネ開発者ブログ

    山口が書いた記事たちのページ • Stamp Extractor | 紙に押されたハンコの画像から背景透過画像を自動生成 • デモンストレーション | JapaneseAddressParser • yamat47/slack_notifiee(Slack 通知をプログラムでテストしやすくするライブラリ) • yamat47/number_to_kanji(アラビア数字を漢数字に変換するライブラリ) • GitHub のプロフィールページ • テイクレートの変更のプロジェクトページ 先ほどは紹介しなかったですが、他にもドキュメンテーションを結構やってました。 • 運営向けヘルプページ • サイトマップの更新方法 • コードを書くときのガイドライン(の土台作り) お時間あるときにご覧ください!