Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

質問を”聴く”技術

 質問を”聴く”技術

2022年4月22日 株式会社万葉の全社集会で発表した内容です。
質問に的確にこたえるためには、まずその背景から理解するといいよという話です。

C67596c92e9d161d314f69de3f05f00c?s=128

やきとりい

April 22, 2022
Tweet

More Decks by やきとりい

Other Decks in Business

Transcript

  1. 2022.Apr. 鳥井雪 株式会社万葉全社集会発表資料 質問を“聴く”技術

  2.  質問に返ってくる答えには的確な答えと的外れな答えがある  的確な答えの例  的外れな答えの例  何が違うのか?  質問の構造

     質問は前提・問題・表に出る言葉 で構成されている  回答前に「前提・問題」を理解する  質問者は「前提・問題」の共有を意識する  まとめ 今日の話題の流れ
  3. 的確な答えと的外れな答え

  4. https://twitter.com/yotii23/status/1506878988748136452  ある日のTwitter(140文字以内で今の心境などを適当にながすミニブログ)のわ たしのつぶやき 質問に返ってくる答えには的確なやつと的 外れな奴がある

  5. なるほどね~。確かに原語と比べてみると、 どこで問題が混入したか分かるな。(❤をつける) https://twitter.com/dankogai/status/1506881948030885893 的確な答えが返ってくることもある

  6. それはコンピューターが究極的には01の処理をしている ことをおっしゃってますか? そういう考え方もできま すが今その話してなくてですね、というのも「変数」と いう言葉が表現するべき抽象レベルはそこじゃないです よね、プログラミングという行為において「変数」とい う言葉が思考上で担っている役割と言葉の乖離の話をし ています、抽象度のレベルの違いががありますね。 常にバイト列を意識してプログラミングするわけでない ので…(早口)

    [引用RTで]「いや、変数には数しか入らない」 (※スクショは控えさせていただきます。) だが的外れな答えが返ってくることも…
  7. 何が違うのか、それは“何を問うているの か”への推察の精度の違い なるほどね~。確かに原語と比べてみると、 どこで問題が混入したか分かるな。(❤をつける) それはコンピューターが究極的には01の処理をしている ことをおっしゃってますか? そういう考え方もできま すが今その話してなくてですね、というのも「変数」と いう言葉が表現するべき抽象レベルはそこじゃないです よね、プログラミングという行為において「変数」とい

    う言葉が思考上で担っている役割と言葉の乖離の話をし ています、抽象度のレベルの違いががありますね。 常にバイト列を意識してプログラミングするわけでない ので…(早口)
  8.  前提:今つぶやきの主(わたし)は小学生向けのプログラミングの入門書を書い ていて、変数について解説したい  問題:“数”という文字が入っていることで理解の邪魔になりそう つぶやきの背景(前提)と問題

  9. 質問の構造

  10. ➢ 前提:質問者が置かれている状況 ➢ 何をしようとしているか ➢ どんな知識や経験があるか ➢ 興味の焦点はどこか 例:小学生に変数の解説がしたいプログラマー ➢

    問題:質問者が解決したい内容 ➢ 何に困っているか 例:変数の”数“が用語の実態とずれていて混乱 を招きそう ➢ 質問文:表にでる言葉 例: 質問には構造がある
  11. 「いや、変数には数しか入らない」 (※スクショは控えさせていただきます。) 的外れな答え 的確な答え 的確な答えと的外れな答えの違いは 質問の“下部構造”をとらえているか

  12. 別に質問文から問題や前提をエスパーする必要はない  分からなければ聞けばよい  「それってxxがしたいってことですか?」  「それが分かると何ができるようになりますか(何が解決しますか)?」(※怯えさせない ように) 当の質問者も問題が把握できてないこともあるので、対話で理解が深まることもある。 急いで回答する前に、

    「自分は質問者の問題や前提を把握できているか?」と意識することが大事 答える前に質問を“聴く”
  13.  「AとBを試してみたんですけどうまくいかなくて、Cのやり方を教えてほしい のですが」(前提の共有)  「xxに困っているんですけど、~ですか?」(問題の共有) 応用(質問を深堀するとき) ➢ 「ちゃんと答えたいのでくわしく聞かせてくださいね、それってxxがしたいっ てことですか?」(前提の共有) ➢

    「質問の意図を掴みそこねたのですが、それが分かると何がうれしいやつです か?」(問題の共有) 逆に質問するときは「前提」や「問題」の 共有を意識するとスムーズ
  14. まとめ: 質問には構造がある。 構造の理解を意識するといい回答 ができる。

  15. 自分が答えようとしているのが質問かどうかも 一度立ち止まって考えてもいいかもしれませんね! (有益な知見が得らえたのでわたしは良かったです) Twitterにおける隙 隙があったとはいえ、発端のツイートは別に質問じゃなくない??? 蛇足(あるいは一番大事なこと)

  16. これからも楽しく質問に答えて いきましょう!