Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

Ansible 使うとき何考えてるの/ansible-role-reuse

5fa4d3c8c505fd20da374c5e933bac0d?s=47 zinrai
February 08, 2021

Ansible 使うとき何考えてるの/ansible-role-reuse

Ansible Night in Tokyo 2019.07
https://ansible-users.connpass.com/event/135965/

5fa4d3c8c505fd20da374c5e933bac0d?s=128

zinrai

February 08, 2021
Tweet

Transcript

  1. Ansible 使うとき何考えてるの

  2. 自己紹介 @zinrai やってること コンテナによるアプリケーション実行基盤の整備 メトリクス管理・監視基盤の整備 ログ管理・監視基盤の整備

  3. Ansible 歴 2014/07 〜

  4. お話しすること

  5. 私が、どのように考え、 Ansible でサーバーを構成管理しているかをお話する。

  6. サーバー構築

  7. サーバー構築とは何だろうか。

  8. 私は、様々なソフトウェアのインストールと設定を組み合わせ、サービスが提供可能 なサーバーを作り上げる行為だと考えている。

  9. サーバー構築手順書

  10. Apache インストール Apache 設定 NTP インストール NTP 設定 etc.

  11. ソフトウェアのインストールと設定が手順書の中に書かれているのではないだろう か。

  12. Ansible でのサーバー構成管理

  13. apache2 ( Apache インストール ) apache2_conf ( Apache 設定 )

    ntp ( NTP インストール ) ntp_conf ( NTP 設定 ) etc.
  14. 様々なソフトウェアのインストールと設定を組み合わせ、 サービスが提供可能なサーバーを作り上げるを Ansible の Role で表現するものであ ると考えている。

  15. 「インストールしてから設定する」を Ansible では Role Dependencies で表現でき る。 cat << EOF

    > apache2_conf/meta/main.yml --- dependencies: - role: apache2 EOF https://docs.ansible.com/ansible/latest/user_guide/playbooks_reuse_roles.html# role-dependencies
  16. Role を分割することで見えてくるもの

  17. ソフトウェアをインストールする Role は、サーバー固有ではないので、再利用でき る。

  18. Role を再利用可能な状態にしておくことで、そのサーバー固有の設定だけに注力すれ ばよくなる。

  19. Role の再利用性の実例

  20. Ansible の記事や本などで、「Role の再利用性」というものをよく目にするが、 Role が再利用されると実際どのようなことが起きるのかを例で示す。

  21. サーバー固有の Role は 2 つ ( 水色は再利用している Ansible Role )

  22. サーバー固有の Role は無し 再利用できる状態にしていた Role のみでサーバーが構成できている。

  23. まとめ

  24. サーバー構築は、様々なソフトウェアのインストールと設定を組み合わせ、サービス が提供可能なサーバーを作り上げるという行為である。

  25. Ansible で、ソフトウェアのインストール、設定をそれぞれ Role に分割し、これらを 組み合わせることでサーバーを構成する。

  26. Role を再利用可能な状態にしておくことで、そのサーバー固有の設定だけに注力すれ ばよくなる。

  27. Role の再利用性を高めておくと、最終的には Role を組み合わせるだけの状態にな る。

  28. サーバーの構成管理について非常に秀逸なコメントをしているものがあるので、最後 に紹介する。 実際のコメント https://twitter.com/inoryo/status/1115248088963145728 自分の考え https://twitter.com/zinrai/status/1115768141529747456

  29. 自分達のサーバーインフラと向き合い構成管理が辛くない方向に持っていくことが必 須である。

  30. おわり