Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

ヒューマンスキル / The Humanskills

Kengo TODA
August 09, 2023

ヒューマンスキル / The Humanskills

現職にて前職の行動規範のひとつ「ヒューマンスキル」について話したときのスライドを公開用に調整したものです。

現職のカジュアル面談はこちらからどうぞ。
https://jobs.henry-app.jp/we-are-hiring

Kengo TODA

August 09, 2023
Tweet

More Decks by Kengo TODA

Other Decks in Business

Transcript

  1. ヒューマンスキル
    一般公開版
    2023年8月 Kengo TODA(@Kengo_TODA)
    1

    View full-size slide

  2. whoami
    X (Twitter): @Kengo_TODA
    GitHub: KengoTODA
    株式会社ヘンリーでSRE (Site Reliability Engineer)などを担当。転職前は基盤開発、製
    品開発、パフォーマンス・チューニング、駐在員など手広くやる開発者。
    元SpotBugsコアの中の人。現spotbugs-gradle-pluginメンテナ。
    2

    View full-size slide

  3. Objective
    前職(株式会社ワークスアプリケーションズ、以下W社)の行動指針「ヒューマンスキル」に
    ついて紹介し、エンジニアの興味のスイッチを押してみたい。
    叶うなら現職(株式会社ヘンリー)の文化に対して良い影響を与えてみたい。
    3
    という目的で作成したものを Slideshareで公開してみたものがこの文書です。

    View full-size slide

  4. Disclaimer
    筆者は株式会社ワークスアプリケーションズの現役社員ではなく、また文書の内容も保証
    されたものではありません。特に、この文書の内容をもって現関係者に話をすることは慎
    んでいただければと思います。自己の好奇心ないし考察の糧とする範囲に留めていただ
    ければと思います。
    4
    よろしくお願いします!

    View full-size slide

  5. Agenda
    1. ヒューマンスキルってなんだ
    2. W社のヒューマンスキルとは
    3. 作法としてのヒューマンスキル
    4. 技術としてのヒューマンスキル
    5. 覚悟としてのヒューマンスキル
    6. マネジメントが配慮すべきこと
    7. 現職に取り込めそうなところ
    5
    20分目安で話しました。読むのは 10分くらいで足りるはず。

    View full-size slide

  6. ヒューマンスキルってなんだ
    敵を作らず波風を立てないための行動?”社会人”必須スキル?
    ● 下手に出る
    ● 顔色をうかがう
    ● イエスマン
    ● ごますり
    ● ヨイショ
    ● 根回し
    ● 楽天的
    ● 焼きそばパンを買ってくる
    ● ビール瓶はラベルを上にしてコップが空いた瞬間にうんたらかんたら
    6
    社会の歯車と書いてヒューマンと読む世界線だ …

    View full-size slide

  7. ヒューマンスキルってなんだ
    敵を作らず波風を立てないための行動?”社会人”必須スキル?
    ● 下手に出る
    ● 顔色をうかがう
    ● イエスマン
    ● ごますり
    ● ヨイショ
    ● 根回し
    ● 楽天的
    ● 焼きそばパンを買ってくる
    ● ビール瓶はラベルを上にしてコップが空いた瞬間にうんたらかんたら
    7
    「今まで世になかった問題解決」を行いたい集団の行動規範としては弱い。

    View full-size slide

  8. W社のヒューマンスキルとは
    一般的な定義は別として、W社の「ヒューマンスキル」については書籍やインターネットで
    は以下のような行動規範として説明されています:
    ● ビジネス環境であっても「人間」の心を考える
    ● 人としてまっとうで魅力的であれ
    ● 相手の立場を理解したコミュニケーションを実現する
    ちなみにW社の行動規範は5つあります。他の4つの行動規範についてはSlackのtimes
    チャネルに書いたので、関心をお持ちの方はそちらを見てください。
    8
    私のtimesチャネルを見てみたい方は入社しよう!まずはお気軽に カジュアル面談から!!!

    View full-size slide

  9. W社のヒューマンスキルとは
    本来は時間をかけて会得するものだと思いますが、ここではある程度就業経験をお持ち
    の方向けに、3つに分けてわかりやすく説明することを試みます。
    9
    技術(Active)
    作法(Passive)
    覚悟(Readiness)
    筆者独自の整理なので、 W社の人や元Wの人に言っても「ハァ?」ってなります。

    View full-size slide

  10. 1.作法としてのヒューマンスキル(Passive)
    人を不快にしない、人間関係を問題解決の障害にしない常時発動型スキル。
    ● 相手を尊重し、話しかけられることを歓迎する=挨拶をする(最重要)
    ● 返答は速やかに返す(クイックレスポンス)
    ● 時間の約束を守る
    ● 笑顔、見た目の清潔感、真摯さ、誠実さ
    ● 叱るとき、厳しいフィードバックをするときは個別にする
    10
    あとから矯正するのは難しそうなので、新卒で W社に入ってよかった。

    View full-size slide

  11. ので……
    手のひらを返しますが、相手によってはこういう作法が実際必要かも?
    多様な人間と働くうえで、柔軟性はできる範囲で持ち合わせていたいですね。
    ● 顔色をうかがう→話しかけてほしくないタイミングとかはあるかも。
    どんな時間帯やタイミングなら話しやすいか聞いてみるとか、定期
    1on1を
    入れてもらうとかも有効。
    ● ごますり→ごまは行き過ぎとしても、否定から入るとショックを感じやすい人はいるかも。クッ
    ション言葉とかサンドイッチ話法とかを組み入れてみても良いか。
    ● 根回し→相手が即決できない立場だったり、自分から全く新しい話題を出す場合なんかは
    やったほうがいいことも多い。
    ● ビール瓶はラベルを上にしてコップが空いた瞬間にうんたらかんたら
    →相手がマナーだと思っていることには敬意を払うのもひとつの手法。
    11
    結局はヒューマンとうまくやる方法なので、考えるべきことはなにかと相手に依存しますね。

    View full-size slide

  12. 褒める文化、超大事!
    12
    今年は負けねぇぞ!!!!!
    株式会社ヘンリーではバリューの体現者はもちろん、仲間をたくさん褒めた人も褒めてい
    ます。こういうのとても大切だと思います!

    View full-size slide

  13. 組織的に問題解決を進めるためのエンジンとなる動的発動スキル。
    ● ひとつの目的を共有するチームであることを意識して動く
    ○ バイアスを見極めて論点を整理する
    ○ 解きたい課題を共有したうえで議論を進める
    ○ 異なる立ち位置の人々が納得できるよう調整する
    ● 人間の弱さ(バグ)を理解して先回りする
    ○ 事実と感情を分けたうえで、双方を大切に扱う
    ○ 人間という生物が忘れがちなこと、勘違いしがちなこと、都合よく解釈しがちなこと、ミスしがちなこと、
    失敗が怖いこと、壊れやすいこと、すべてを受容して問題解決を進める
    2.技術としてのヒューマンスキル(Active)
    13
    欲しい未来(誰をどこに動かしたいか)から逆算するという点で「なぜなぜ思考」と近い。

    View full-size slide

  14. 補足:ひとつのチーム
    14
    課題
    課題を
    解決するという
    共通の目的
    資源の競合、
    視点の不一致、
    個人攻撃
    我々はなぜここにいるのか?存在理由(レゾンデートル)を定期的に振り返ろう!

    View full-size slide

  15. これ、GitHubで見たやつだ!
    15
    コードの保守性
    顧客の課題解決
    いいですね!
    ここはこう書いた
    ら、わかり
    やすいかも?
    このコードは
    エレガントさが
    足りない!
    顧客に喜んでほしいから、気づきをチームと共有してコードを改善していきますよね!それです!

    View full-size slide

  16. 3.覚悟としてのヒューマンスキル(Readiness)
    「問題解決の核」となり周囲をEnergizeする、できるとやるの間を埋める覚悟。
    ● ミッションやビジョンを理解して周囲を巻き込む
    ○ 部下への権限委譲と継続的なサポート、他部署との議論、適切な対象とタイミングでのフィードバッ
    ク、直接関係も面識もない人を探して問題提起を始めるなどなど
    ● 相手の期待値を上回り感動させる
    ○ 私がそこまでやる必要、ある?の線を越えて向こう側に行く
    ● やっていることに加えて、やったことで成し得る成果を見つめる
    ○ イソップ寓話「3人のレンガ職人」
    ○ 顧客への価値提供にピンを留め、 Doneの瞬間まで見届ける
    16
    このへんは他の行動規範「ブレークスルー」「他責 NG」とかも入ってきてるかもしれない。

    View full-size slide

  17. コンテキストを共有している人たち
    コンテキストを共有している人たち
    余談:駐在員の面白さ
    17
    課題
    集団のはざまで情報の非対称性を解して同じ目標を目指すだけでは、単なる SPOFになってしまう…

    View full-size slide

  18. コンテキストを共有している人たち
    コンテキストを共有している人たち
    余談:駐在員の面白さ
    18
    課題
    自分を経由しなくても交流が活発に進むようにできると理想的。全員が「核」になればできる!

    View full-size slide

  19. ヒューマンスキルを極めるとどうなるか
    ● 周囲が「この人なら課題を解決してくれる、力になってくれる」と確信する
    ● いるだけで場が明るくなり、意見交換や相談が進む
    ● 仲間が話し終わったあと、前向きになって帰っていく
    ● ◯◯さんがいるので発注しました、とお客様に言ってもらえる
    19
    もちろん絶え間ない挑戦と実現力があってはじめてできることです。普通にやれてる仲間に感謝!

    View full-size slide

  20. マネジメントが配慮すべきこと
    20
    どんな行動規範も誤用や悪用には警戒が必要です。
    ● 根性論、精神論、周囲への甘えにならないように見ていく
    ● 誇りを持って一致団結できるレゾンデートル(錦の御旗)を掲げ続ける
    ○ 口を酸っぱくして同じことを言い続ける
    ○ 目先のTODOばかりに注力してしまい理想を追えない状態があるなら解決する
    ● 多様性を確保する一方で、同じ価値観を持つ(ミッションに共感する)人を採用する
    ● etc.
    単純なものではないので、行動と観察を通じて会得する必要があり、マネジメントの責任は重大。

    View full-size slide

  21. 現職に取り込めそうなところ
    最近定めたバリューについて、ヒューマン
    スキルを下敷きにするとより具体的に考え
    られる部分や、ほかチームのふるまいか
    ら学べるところが多くありそう!という話を
    しました。
    21

    View full-size slide

  22. まとめ
    ヒューマンスキルという考え方、問題解決にピンを止めてプロフェッショナル道を突き進ん
    でも必ず残る「WETな部分」との付き合い方を考えるときの参考になりそうな気がします!
    22
    ご清聴ありがとうございました! TODA先生の次回作にご期待ください!

    View full-size slide

  23. 余談:買収されてった会社のValue
    W社はHR事業を売却しており、その会社のValueは以下の通り。らしい。
    ● Work fun! 「遊び心で仕事を楽しむ」
    ● Ownership「当事者意識を持ってやり切る」
    ● Respect「一緒に働く仲間とお客様を尊重する」
    ● Know our Customers「お客様の価値を創造する」
    ● Solve「本質を追求し問題を解決する」
    ● Honor the Challenge「失敗を恐れず挑戦する」
    ● Integrity「品格を持って誠実に取り組む」
    この中では Work fun!, Ownership, Respect, Integrity あたりにヒューマンスキルの雰囲気
    を感じますね。
    23
    いい感じに因数分解されていてわかりやすい!

    View full-size slide

  24. 参考文献
    A. 君の会社は五年後あるか? 最も優秀な人材が興奮する組織とは (角川oneテーマ
    21)
    B. 「年間100曲」ペンギンスのコーライトな日々(”ワークスウェイ”タグ)
    C. 理念を浸透させて自律を促せば規律は最小限でいい(リクルートマネジメントソ
    リューションズ)
    D. WHIの7つの「Value」に沿ったエピソードを語ってください! by Works Human
    Intelligence Advent Calendar 2022
    E. 人を動かす(D・カーネギー)
    F. カッツモデルとは 今こそ活用したい戦略的人材育成のフレームワーク(Lightworks
    Blog)
    24

    View full-size slide