$30 off During Our Annual Pro Sale. View Details »

"1st try and team productivity"

"1st try and team productivity"

@ Productivity Engineering − Forkwell Meetup #4

Yutaro Sugai

March 18, 2017
Tweet

More Decks by Yutaro Sugai

Other Decks in Technology

Transcript

  1.  > ͸͡ΊͯͷऔΓ૊ΈͱνʔϜͷੜ࢈ੑ Sansan株式会社 Eight事業部 インフラエンジニア 菅井祐太朗

  2. Copyright © 2014 Sansan, Inc. All rights reserved. 1 >

    チェックイン みなさんこんにちはー!
  3. Copyright © 2014 Sansan, Inc. All rights reserved. 2 >

    ⾃⼰紹介 l Sansan株式会社 Eight事業部 l インフラエンジニア l 活動(現在) l ⼀般社団法⼈LOCAL理事 l 活動(以前) l Chef実践⼊⾨ l Asakusa.rb l るびま(Rubyist向けWeb Magazine)編集 l 最近、Go⾔語の勉強をはじめました。
  4. Copyright © 2014 Sansan, Inc. All rights reserved. 3 >

    ⾃⼰紹介 l 趣味 l のりもの(電⾞、⾶⾏機) l ⾳楽 l 演奏: ドラム l 聴く: くるり、アジカン、寺嶋由芙、BiSH、虹のコンキスタドール l 料理 l お酒 l 読書 l ゲーム(最近はPC) l インターネット
  5. Copyright © 2014 Sansan, Inc. All rights reserved. 4 >

    ⾃⼰紹介 l ⼀般社団法⼈LOCAL理事 l https://www.local.or.jp l ⽬的: 北海道の技術者コミュニティの活動を⽀援し、盛り上げる l 活動 l オープンソースカンファレンス北海道の運営 l LOCALが⾏うイベントの企画運営 l 北海道内 l 東京 l イベント⽀援 l 学⽣交通費⽀援制度 l 会場確保やスタッフなどイベント運営の補佐
  6. Copyright © 2014 Sansan, Inc. All rights reserved. 5 >

    アジェンダ l ⾃⼰紹介 l Sansanの紹介 l Eightとサーバーレス l サーバーレス化をふりかえって l まとめ
  7. Copyright © 2014 Sansan, Inc. All rights reserved. 6 >

    Sansanの紹介 ビジネスの出会いを資産に変え 働き⽅を⾰新する
  8. Copyright © 2014 Sansan, Inc. All rights reserved. 7 >

    法⼈向け名刺管理サービス「Sansan」 営業を強くする名刺管理
  9. 8

  10. Copyright © 2014 Sansan, Inc. All rights reserved. 9 >

    リコメンド
  11. Copyright © 2014 Sansan, Inc. All rights reserved. 10 >

    リコメンドサーバーレス化のきっかけ https://www.slideshare.net/YotaroFujii/jaws-days-2017eight
  12. Copyright © 2014 Sansan, Inc. All rights reserved. 11 >

    リコメンドサーバーレス化のきっかけ https://www.slideshare.net/YotaroFujii/jaws-days-2017eight
  13. Copyright © 2014 Sansan, Inc. All rights reserved. 12 >

    サーバーレス化 Eightでのリコメンドアーキテクチャを バッチからサーバーレス化して 刷新しリアルタイム処理を⽬指した
  14. Copyright © 2014 Sansan, Inc. All rights reserved. 13 >

    サーバーレス化にあたって チーム内にサーバレス経験者 0
  15. Copyright © 2014 Sansan, Inc. All rights reserved. 14 >

    サーバーレス化したときのがんばりポイント l システムはまるでピタゴラ装置 l 各サービスが連携して動作する l CPUやメモリの消費量がわからんので、関数の仕様を知る開発者 とのコミュニケーションが⽋かせなかった l 全体像を⾒てどこがつまるとやばいか開発者と認識を合わせる必 要があった l アプリケーションエンジニアと密に連携、協⼒できた l 権限管理がわりと⼤変 l どこにロールを挟めるか確認 l どんなアクションをしたいか開発者からヒアリング
  16. Copyright © 2014 Sansan, Inc. All rights reserved. > ピタゴラ装置

    https://www.slideshare.net/YotaroFujii/jaws-days-2017eight
  17. Copyright © 2014 Sansan, Inc. All rights reserved. 16 >

    サーバーレス化後のきれいな姿 旧:⽇次バッチ 新:リアルタイム・ストリーミング・アーキテクチャ データ加⼯ データ収集 レーティング データ キャッシュ リコメンド ⽣成 配信 ユーザ⾏動 24時間 リアルタイム データ加⼯ ⾏動ログ ユーザ⾏動 レーティング データ リコメンド ⽣成 キャッシュ 配信
  18. Copyright © 2014 Sansan, Inc. All rights reserved. 17 >

    サーバーレス化による成果 https://www.slideshare.net/YotaroFujii/jaws-days-2017eight
  19. Copyright © 2014 Sansan, Inc. All rights reserved. 18 >

    サーバーレス化をふりかえって • 良くないものは良くないといいつつ、改善していく意識 がしっかりあった • お互いの専⾨分野を守りつつ、協⼒することができた • わからないことを明確にして、早期にその道のプロに聞 くことができた • DevとかOpsとか⾔いたくないが、事業に必要なものを必 要なタイミングで⼿探りで作ったらうまくできた • 普段⾔いにくいありがとうを⾔う社内制度で、リコメン ドのサーバーレス化後にいくつもうれしいコメントをも らうことができた
  20. Copyright © 2014 Sansan, Inc. All rights reserved. 19 >

    サーバーレス化をふりかえって 直接⽣産性アップではないかも しれないが、モチベーションを 上げる良いきっかけになった
  21. Copyright © 2014 Sansan, Inc. All rights reserved. 20 >

    サーバーレス化をふりかえって
  22. Copyright © 2014 Sansan, Inc. All rights reserved. 21 >

    「チームが機能するとはどういうことか」 • ここらへんができていたのかなと思う • 「共創的な対話する⼒」 • 「質問する、情報を共有する、⽀援を求める、証明されてい ない⾏動を試みる、失敗について話す、意⾒を求める」 • →これらは直感的に必要なことだとわかる
  23. Copyright © 2014 Sansan, Inc. All rights reserved. 22 >

    「チームが機能するとはどういうことか」 • ここらへんができていたのかなと思う • 「うまくいくときは、前⽅の道がひらかれていない」 • →ピンと来にくいけど、試⾏錯誤の最中に必要なコミュニケー ションがあるからかなという理解 • 「チーミングには、気づきとコミュニケーション、信頼、協 ⼒、積極的な省察が⽋かせない」 • 「率直に意⾒を⾔う。質問すること、意⾒を求めること、過 ちについて話すことが含まれる」 • 「間違いを認めたり、助けを求めることができるか。また、 これが評価されるか」 • →これらは⼼理的安全性の話ですね
  24. Copyright © 2014 Sansan, Inc. All rights reserved. 23 >

    「チームが機能するとはどういうことか」 • 書評は以下のURLから参照可能です • http://hokkai7go.hatenablog.jp/entry/2017/02/07/090 655
  25. Copyright © 2014 Sansan, Inc. All rights reserved. 24 >

    まとめ • まとまりきっていないが、チーム学習の⼊⾨になったと 感じている • 技術的な詳細を聞きたい⽅は • Serverless Meetup #4(未定) • AWS Summit tokyo(5/30-6/2)