Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

そのプランニングに意思、乗せていますか?

 そのプランニングに意思、乗せていますか?

アジャイルをゆるく語りたい! でLTしたスライドです

イベント
https://rakus.connpass.com/event/246437/

166179f92d3bf392db9c148c2b7e6f5a?s=128

Jun Nakajima

June 16, 2022
Tweet

More Decks by Jun Nakajima

Other Decks in Business

Transcript

  1. そのプランニングに
 意思、乗せていますか?
 2022/06/16 アジャイルをゆるく語りたい! #アジャイルLT Jun Nakajima

  2. 自己紹介
 なかじま(@jnuank_)
 • 前職でスクラムを実践
 • ユーザベースにJoinしてからXPを実践してます
 • モブプロ/ペアプロ/DDD/TDD/アジャイル好き
 • 前職から日々の開発のカイゼンを率先してやってた


    • 社内でKAIZEN 和尚と呼ばれることがあります
 2
  3. 今日話したいこと
 • プランニング、雰囲気でやってた
 • プランニングの強度を高めるためにやったこと
 3

  4. 私が経験したよくあるリリース計画
 • 今あるベロシティをベースに考える方式
 ◦ PdMからこんな機能を作りたいとなる
 ◦ ストーリーを出して、見積もる
 ◦ チームのベロシティを元にどのくらい掛かるか見積もる
 ▪

    ビジネスサイドと話し、リリース日を決める(スコープ の調整もする)
 4
  5. 進捗が悪くなったとき
 5 ※画像はイメージです

  6. こう考える
 6 このままだとリ リース日に間に 合わない エンジニア スコープ小さくす るかリリース日を 延期してもらおう

  7. 実際に提案をする
 7 スコープ小さくするかリ リース日を延期ってできま せんか じゃあスコープを小さくし ましょうか

  8. 何度かやって、営業から刺さる一言
 8 何度も何度もスコープを小さくし て極限まで削っている中で、更 にスコープを小さくしてと言われ るのは正直辛い セールス 進捗が良くない時に、他 の選択肢ってないので しょうか?

  9. 意思が弱いプランニングになってないか
 • チームのベロシティを元に、優先順にバックログを当てはめ るやり方だけだと、そこに自分たちの意思が乗りにくいので は?(もしくは意思が弱い)
 • 計画に対する意思が弱いから、ビジネスサイドに辛い二択を 何度も迫ってしまっているのでは?
 9

  10. もやもやした状態で別のチームへ


  11. 新規チームでの計画づくり
 • 既存のプロダクトに新機能を開発するチームに入る
 ◦ 新規チーム
 ▪ 見積もりで参考にするベロシティはない
 ◦ 1イテレーション=1週間で動く
 •

    1stリリース日は事業計画の都合から、動かせない
 確実に終わらせるために、プランニングの強度を高める必 要があった
 11
  12. 計画の強度を高めるために
 • 目標を達成するために、どう進めるかを言語化する
 ◦ いつまでに何を終わらせるか
 ◦ 何を諦めるか、何を諦めてはいけないか
 ◦ ゴールを達成するために、どう進めるか
 12

  13. いつまでに何を終わらせるか


  14. いつまでに何を終わらせるか
 • リリース日から逆算し、いつま でに何ができていないといけな いかを洗い出す
 • そのマイルストーンを達成でき るようにストーリーをプロットし ていく
 14

  15. バーンダウンを引く
 • 計画線には、傾きが緩やかな箇所と急な箇所を作る
 • 新規チームのベロシティは最初安定しない
 ◦ チームは日々学習し、成長する
 • イテレーションごとに成長する自分たちを考慮し、達成すると いう意思を込める


    15
  16. 何を諦めるか、何を諦めてはいけないか


  17. 諦めてはいけないものの認識を揃える
 • 各イテレーションで、必ず達 成することの認識を合わせる
 • このイテレーションで達成した い本質は何とするかという意 思を込める
 17

  18. 諦めたものは早いうちに回収する
 • 諦めると言っても、品質を犠牲にしたままリリースをするわけ ではない
 • 次のストーリー(2周目など)でしっかりやることが前提
 • 機能の骨子となる1週目を作るのは重いため、それを優先す るという意思を反映している
 18

  19. ゴールを達成するために、どう進めるか


  20. イテレーションプランニングにも意思を込める
 • バーンダウンで計画したポイント分をToDoに乗せるだけでは なく、どうやれば全てを完全Doneできるのか
 • 進め方に意思を込める
 ◦ 一部技術的なリスクがあるなら最初に優先したり、ペア・モ ブで認識を揃えながら進める、など
 


    20
  21. デイリーは今日のゴールを話し合う
 • 今日どこまで終わらせたいかチームで認識を揃え、障害とな るものがあれば共有する
 • イテレーション開始時に計画したToDoを全て完全Doneでき なそうであれば、一旦何かを諦めることも考える
 ◦ 各イテレーションで認識を揃えた「必ず達成すること」を 指針にする


    21
  22. 実際にやってみての感想


  23. 思い通りにはいかないが、変化に適応できる
 • ここまでやっても、状況は容赦なく変化する
 • 諦めてはダメな箇所の認識を揃えることで、やりたいことの 本質は守りつつ、計画を適応させていった
 ◦ 実際に進捗が遅れたときも、一旦諦めることで挽回をす ることができた
 23

  24. まとめ


  25. まとめ
 • 究極的には成果を出すことが大事
 ◦ 成果が無ければビジネスサイドの信頼が得られない
 • プランニングの強度を高めるには、成果を出せるよう計画を 適応し続けること
 • 強度を高めるには、何をやり遂げる必要があるかをはっきり

    させ、計画に意思を込めること
 25
  26. Thank you!