Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

Webサービスの思想とかについて考えてた。#esa_io #トノコト

Webサービスの思想とかについて考えてた。#esa_io #トノコト

ken_c_lo / TAEKO AKATSUKA

November 29, 2014
Tweet

More Decks by ken_c_lo / TAEKO AKATSUKA

Other Decks in Design

Transcript

  1. Webサービスの思想について考えてた。
    #トノコト
    @ken_c_lo / @taea
    TAEKO AKATSUKA
    , LLC.
    @TokyuRubyKaigi 08 - 2014/11/29

    View full-size slide

  2. 2
    おめでとうございます!!!
    つらいドラだった

    View full-size slide

  3. 3
    フリーランスで Web デザイン&グラフィックデザイン業してます
    赤塚 妙子 Taeko Akatsuka
    @ken_c_lo(ケンシロウと…読むけど正直後悔しています)
    twitter https://twitter.com/ken_c_lo/
    rss

    View full-size slide

  4. 4
    https://pplog.net/

    View full-size slide

  5. 5
    https://esa.io/

    View full-size slide

  6. 6
    - https://esa.io
    - 小さな開発チームのための、ドキュメント共有サービス
    - Markdown で書ける
    - 現代版 Wiki
    - 豊富な Webhook(idobata/slack/hipchat...)
    - WIP( 作業中 ) 状態で公開
    - 何度も更新しながら 1 つの Post を育てていく
    Expertise Shari ng Application for small teams.

    View full-size slide

  7. 7
    - 2014/11/13 法人化しました
    - 合同会社 esa / esa, LLC
    - @fukayatsu : Programmer
    - @ken_c_lo: Designer
    - オープンβ版 公開
    - チーム申請をたくさん頂いているため、早い方々か
    ら日々少しずつ申請許可中(ありがとうございます!
    - もうしばらくお待ちください :bow:
    - 2015 年の前半には有料サービス化
    / Open β version
    , LLC.

    View full-size slide

  8. 8
    esa でググると 3 位 !

    View full-size slide

  9. 9
    名前かぶりライバル
    欧州宇宙機関(European Space Agency)
    - なぜかトリぽい(偶然の一致)
    - 勝てないので、いつか使ってもらうのが目標
    - esa.esa.io

    View full-size slide

  10. 10
    Save as WIP
    作業中として保存 / 共有

    View full-size slide

  11. 11
    Save as WIP
    作業中として保存 / 共有

    View full-size slide

  12. 12
    Revision
    利用規約の diff も公開

    View full-size slide

  13. 13
    最初から完璧を求めず、何度も更新しながら情報を育てる。
    情報の時間軸を通してサポートしたい

    View full-size slide

  14. 14
    Web サービスの思想につい
    て考えてる
    (生煮え)#トノコト
    !?

    View full-size slide

  15. 15
    思想が違うとアウトプットが違う
    機能としては似ていても、全然違うものになる。

    View full-size slide

  16. 16
    思想ってナニ?
    ポエム?

    View full-size slide

  17. 18
    『無名の質』
    QWAN = Quality without a Name
    ある中心的な質が存在する。それは人、町、建物、荒野などの生命や精神の根
    源的な規範である。この質は客観的かつ正確ではあるが、名付けることはでき
    ない。
    この質を自己の生命に求めることは、万人にとっての基本的命題であり、すべ
    ての個人の物語の要である。それは、自分が最も生き生きとする瞬間や情況を
    求めることである。
    (中略)
    建物や町の無名の質は、人びとの平凡な日常生活から間接的に生成されるだけ
    で、人為的にそれをつくることはできない。ちょうど、花が種から生成される
    だけで、人為的にそれをつくれないのと同じである。
    ── C. アレクサンダー著 / 平田翰那 訳 『時を越えた建設の道』
    ── 江渡浩一郎 著 『パターン、Wiki、XP 〜時を越えた創造の原則 P.42 より

    View full-size slide

  18. 19
    『無名の質』
    QWAN = Quality without a Name
    街や建物が一定の質を保ったまま、
    ボトムアップで勝手に自己増殖していく。
    Web サービスも同じな気がする。
    - その街「らしさ」をちゃんと保ちながら成長する
    - 上からの押し付けではなく
    - ある一定の厳しいルールがあるわけではなく
    - それぞれが自律的にそれぞれの幸せを求めて動いた結果
    - 気づけば自然とそうなっているような

    View full-size slide

  19. 20
    『ナンカイイ』
    の醸成 (\( ⁰ ⊖ ⁰)/)
    ナンカイイ
    - 設計
    - 見た目
    - 機能
    - 使われ方
    - コミュニティ
    - ユーザー
    - 開発チーム
    - ので使いたくなる

    View full-size slide

  20. 21
    確かに何かを超えた時から、
    そこに確固たる規範が生まれ、
    サービスがキャラを獲得する。
    それらはいつから生まれたのかよくわからない。
    pplog はいつ pplog になったのか?
    esa はいつ esa になったのか?

    View full-size slide

  21. 22
    目の前の命題に対して、
    問いを重ねることで、
    『無名の質』を
    獲得できるのではないか?
    # 生煮え

    View full-size slide

  22. 23
    命題
    なぜ?
    チーム内でドキュメントを書かせたい

    View full-size slide

  23. 24
    なぜ書かれないのか?
    なぜ書かせたいのか?
    チーム内でドキュメントを書かせたい
    対象・ユーザー・
    世間への問い
    作り手である自分への問い
    なんでそれが作りたいのか?
    2 方向への問い

    View full-size slide

  24. 25
    なぜ書かれないのか?
    対象への問い
    書く話題が思い浮かばない
    書いても反応がない
    自分の中で完璧にしてから共有し
    たいと思ってハードルが上がって
    しまってズルズル書けずにいる
    書くのが楽しくない、気が重い
    - テンプレート機能
    - ファシリテーションしやすい仕組み
    - 自作テンプレート
    - 後から整理しやすいカテゴリ
    - みんなが常駐している場所に通知
    - Webhook
    - コメント欄が盛り上がる仕掛け
    - comment → Webhook
    - 会話にならないリアクションを拾う
    - star(引用付きも?)
    - 完璧じゃなくても OK
    - Save as WIP
    - 後から整理しやすいカテゴリ
    - 書く(見る)のを楽しく
    - Twitter を見るような感覚
    - 業務アプリぽくないデザイン
    - かわいみ (\( ⁰ ⊖ ⁰)/)
    - 書きやすさ

    View full-size slide

  25. 26
    なぜ書かれないのか?
    書く話題が思い浮かばない
    書いても反応がない
    自分の中で完璧にしてから共有し
    たいと思ってハードルが上がって
    しまってズルズル書けずにいる
    書くのが楽しくない、気が重い
    - テンプレート機能
    - ファシリテーションしやすい仕組み
    - 自作テンプレート
    - 後から整理しやすいカテゴリ
    - みんなが常駐している場所に通知
    - Webhook
    - コメント欄が盛り上がる仕掛け
    - comment → Webhook
    - 会話にならないリアクションを拾う
    - star(引用付きも?)
    - 完璧じゃなくても OK
    - Save as WIP
    - 後から整理しやすいカテゴリ
    - 書く(見る)のを楽しく
    - Twitter を見るような感覚
    - 業務アプリぽくないデザイン
    - かわいみ (\( ⁰ ⊖ ⁰)/)
    - 書きやすさ
    機能

    View full-size slide

  26. 27
    実は、ツリー上に上から考えるのではなく、
    大体は、機能から思いついたりするのだけど、
    後から検証して、
    「何のために?」のストーリー
    にきちんとストーリーに辻褄が合っていること
    が重要だと思う。
    全体に
    「必然性」
    を根付かせる作業

    View full-size slide

  27. 28
    なぜ書かせたいのか?
    作り手である自身への問い
    発信する情報に常に高い完成度を
    求められる傾向に疑問を持ってい

    自律的なチーム開発のためにはモ
    チベーションを高く保つことが重

    自分自身が毎日使うものを作りた

    - 完璧ではなくても、生煮え状態でも出し
    てもらったほうが得るものが多い
    - 完璧を求めることで機会損失をしてる
    - 生煮えだと口出しの余地があるし面白い
    - 完璧になった時点で共有してもタイミン
    グ的に遅い、ということがよくある
    - せっかくチームなのだから1人で完璧を
    期さなくても
    - 文章で思いや感情を共有して相互理解を
    深めることでモチベーションが高まる
    - 文章で問題を共有することで解決の機会
    が増える
    - ドッグフーディングが好き
    - 作る人自身がユーザーなら、プロダク
    トに必要なことがよくわかるから
    - 楽しく作ったものの方がヨイもの

    View full-size slide

  28. 29
    なぜ書かせたいのか?
    作り手である自身への問い
    発信する情報に常に高い完成度を
    求められる傾向に疑問を持ってい

    自律的なチーム開発のためにはモ
    チベーションを高く保つことが重

    自分自身が毎日使うものを作りた

    - 完璧ではなくても、生煮え状態でも出し
    てもらったほうが得るものが多い
    - 完璧を求めることで機会損失をしてる
    - 生煮えだと口出しの余地があるし面白い
    - 完璧になった時点で共有してもタイミン
    グ的に遅い、ということがよくある
    - せっかくチームなのだから1人で完璧を
    期さなくても
    - 文章で思いや感情を共有して相互理解を
    深めることでモチベーションが高まる
    - 文章で問題を共有することで解決の機会
    が増える
    - ドッグフーディングが好き
    - 作る人自身がユーザーなら、プロダク
    トに必要なことがよくわかるから
    - 楽しく作ったものの方がヨイもの
    思想

    View full-size slide

  29. 31
    「賛成する人がほとんどいない、大切な真実はなんだろう?」
    ── ピーター・ティール 著『ゼロ・トゥ・ワン―君はゼロから何を生み出せるか』

    View full-size slide

  30. 32
    賛成する人がほとんどいない
    正しさを証明できない
    (しようがない)
    ようなこと
    - それを間違っていると他人が言うことは簡単だけど、そもそも正誤の問題ではない
    - リリースしてみてユーザーにウケがよい方を取る、という方法論では得られないもの
    - 答えは自分自身の中にある
    - 自分が普段考えていること
    - 大切にしている物事の判断基準
    - 何故だかよくわからない強い拘り
    - 人生哲学
    サービスの思想の根幹になる

    View full-size slide

  31. 33
    http://fukayatsu.hateblo.jp/entry/2012/06/09/170628

    View full-size slide

  32. 34
    https://twitter.com/ken_c_lo/status/46691457796546560

    View full-size slide

  33. 35
    機能・スタイル
    思想・哲学
    命題
    対象・ユーザー・
    世間への問い
    目の前にある解決したい問題
    作り手である自分への問い
    なんでそれが作りたいのか?
    サービス全体に「必然性」を根付かせる。
    なぜ?
    なぜ?

    View full-size slide

  34. 36
    緻密に必然性を検証していくと
    きちんと骨格が作られて、
    自走するサービスが出来上がる、気がする。
    # 生煮え

    View full-size slide

  35. 37
    今気づいたけど、これ、
    本題の前くらいまでしかしゃべれなさそう

    View full-size slide

  36. 38
    ありがとうございました (\( ⁰ ⊖ ⁰)/)
    Expertise Shari ng Application for small teams.
    https://esa.io/

    View full-size slide